スポンサーリンク

29.7.1-9の結果【男鹿駅伝・順天堂ディスタンス・伊勢崎ナイター】

シェアする

男鹿駅伝わっすれてったー
というわけで男鹿駅伝・順天堂ディスタンス・先ほど終了した伊勢崎ナイターの記録会の結果です。
コメントは早ければ明日付けます。
29.7.1 平成29年度男鹿駅伝競走大会(http://www.city.oga.akita.jp/index.cfm/13,15805,90,html)
※大学生部門
1区(9.6㎞)
1位田上 健①28分51秒 東洋大A
2位真柄光佑②29分09秒 早稲田大
3位小田太賀①29分24秒 東洋大B
4位玉利健志④29分31秒 創価大
5位後藤秀平②29分32秒 平成国際大A
6位横山 徹①29分40秒 日本大
7位宮﨑勇将③30分02秒 日本体育大
2区(9.5㎞)
1位P.M.ワンブイ③26分49秒(6→1) 日本大
2位中川翔太②28分02秒(7→6) 日本体育大
3位福田悠一①28分25秒(4→4) 創価大
4位浅井峻雅①28分29秒(3→3) 東洋大
5位三上多聞②28分51秒(2→5) 早稲田大
6位今西駿介②28分58秒(1→2) 東洋大A
3区(13.195㎞)
1位山口和也②38分57秒(6→4) 日本体育大
2位作田将希③29分00秒(4→3) 創価大
3位吉川洋次①39分03秒(2→2) 東洋大
4位遠藤宏夢②39分54秒(5→5) 早稲田大
5位山崎一輝④39分57秒(1→1) 日本大
6位田中 建③40分11秒(3→6) 東洋大B
4区(9.1㎞)
1位田中龍誠①27分36秒(2→1) 東洋大A
2位小縣佑哉②27分53秒(4→3) 日本体育大
3位梅木 陸①28分01秒(3→4) 創価大
4位阿部 涼①28分08秒(1→2) 日本大
5位谷口耕一郎④28分34秒(5→5) 早稲田大
6位中畑亮人③28分43秒(6→6) 東洋大B
5区(7.62㎞)
1位鈴木大海①23分11秒(4→2) 創価大
2位飯島圭吾①23分12秒(1→1) 東洋大A
3位渕田拓臣①23分18秒(5→5) 早稲田大
4位酒匂郁海③23分25秒(3→4) 日本体育大
5位布施晴貴③23分33秒(7→7) 平成国際大A
6位小坂太我②23分34秒(2→3) 日本大
6区(3.9㎞)
1位岩室天輝①13分37秒(4→3) 日本体育大
2位関沼和曉①13分40秒(3→2) 日本大
3位古江治夏①14分03秒(2→3) 東洋大A
4位西田 稜③14分16秒(5→5) 早稲田大
5位小倉知也①14分26秒(6→6) 東洋大B
6位蓜島ジャンマルコ立②14分39秒(7→7) 平成国際大A
7区(8.38㎞)
1位菅原勇聖③24分19秒(1→1) 東洋大A
2位小松力歩②24分25秒(3→2) 日本体育大
3位松木之衣②24分43秒(2→3) 日本大
4位鈴木渓太①24分59秒(3→4) 創価大
5位雨宮大地②25分07秒(8→8) 明治学院大B
6位阿部陽向②25分12秒(9→9) 平成国際大B
総合成績
1位東洋大A3時間5分53秒
2位日本体育大学3時間6分21秒
3位日本大3時間6分34秒
4位創価大3時間7分50秒
5位早稲田大3時間10分03秒
6位東洋大B3時間10分31秒、等
 序盤は東洋大Aと日大、途中から日体大と創価大が加わった優勝争いは最終的に1年生5人がオーダーに入った東洋大Aが制しましたね。1区起用の田上選手が区間賞を取ると一時後退するも、4区田中5区飯島選手で逆転。後ろが見え隠れする中、アンカー菅原選手が下り区間を制して区間賞、全体的に1年生が元気で早くから伸びる選手が出てきそうか。
 2位は最後に日体大が浮上してきましたね。1区が大きく出遅れますが、2区中川3区山口4区小縣の全日本予選にも出場した2年生陣がどんどん前を追い上げます。終盤にも上りで岩室選手が、下りで小松選手が好走し最後に2位まで浮上しました。若手はじわじわ育ってきているようです。
 3位には日大ですね。ワンブイ選手が起用された2区でトップに立つのは予想通りであとどれだけ粘れるかでしたが、最後は3位。一応、山崎一選手が少しずつ復調しているのと6区関沼選手が良かったのが収穫でしょうか。ここから伸びる選手がどれだけ出るか。
 4位創価大は1区玉利~4区梅木選手まで安定した走りを見せると、5区区間賞の鈴木選手で一時2位まで進出する活躍でした。トラックよりロードのほうが強いでしょうか。早大は中盤区間から徐々に離されはじめ、現在の勢いがそのままでた感じでしょうか。その中で1区真柄選手の区間2位は収穫かなと感じました。
29.7.6 The 1st Juntendo Distance(http://www.iiwanet.jp/j_trackfield/wp-content/uploads/e3e27e56e62718797890e937c6b36ebb.pdf)
5千トップ:石井秀昂(富士通)14分09秒53
 富士通に入社した石井選手が出場、順調にシーズンインできているでしょうかね
○順天堂大学
1500
塩田哲平①3分54秒90 川合健太④3分55秒06 前田智広①3分55秒14
鈴木顕人①3分55秒62 宮崎浩輔④3分57秒18 宮島幸太朗③3分57秒53
5千
2組:難波皓平②14分54秒56
4組:森下舜也①14分32秒48★ 内山将志①14分36秒79 吉岡幸輝③14分36秒91
  多久和能広①14分41秒84 小林 聖③14分45秒42 髙林遼哉②14分50秒11
  森 優太②14分50秒56 山田 攻③14分51秒63
5組:清水颯大①14分15秒06 江口智耶③14分22秒01 野口雄大①14分27秒01
  橋本龍一②14分30秒18 花澤賢人④14分37秒02 金原弘直③14分40秒53
  馬場スタン恵③14分51秒54
 最終組に順大の主力が登場してきましたね。清水選手がしっかりと安定感を見せてきまいた。2強以外ではまずまず順調ですかね。江口選手や4組で森下選手あたりが良かったのも収穫でしょうか。難波選手はひとまず復帰戦だったかな?夏に上がってきてほしい選手ばかりです!
○中央学院大学
3組:大津吉信②14分45秒91 杉山拓郎②14分47秒94 打越晃汰②14分49秒32
4組:國澤昇平④14分30秒16 須永康幸②14分32秒99 杉谷駿輔③14分35秒83
  篠原大輝③14分39秒68 金井優介②14分40秒57 由見光道④14分44秒30
5組:樋口 陸③14分30秒70
 樋口選手がまずまずだったでしょうか。出雲駅伝から見たい選手です。
○帝京大学
5組:島貫温太②14分12秒99 濱川 駿③14分19秒18 田村岳士②14分20秒73★
 島貫選手が学生でトップ、帝京大の一番の成長株となりましたかね。田村選手もしっかり続き、濱川選手もひとまず復調といったところでしょう。
○流通経済大学
2組:佐野健人③14分53秒88 島龍之介②14分56秒57★
3組:龍田優斗③14分42秒56★ 菊地海斗②14分44秒18 磯谷 駆②14分50秒46★
  三輪雄大②14分53秒75★ 岡島慶典①14分55秒05
4組:地福詩音③14分33秒56★ 
5組:藤崎真伍③14分29秒63★ 福留大樹④14分39秒20
 流通経済大が何気に自己ベストラッシュでしたね。関東IC入賞の藤崎選手が5千でも大きくベスト、地福・龍田選手らもあがってきて上級生が良かったですね。一時勢いがあった菊地・磯谷選手も戻してきています。箱根予選でジャンプアップしたい。
○筑波大学
2組:西 研人①14分53秒21
3組:山下和希①14分58秒10
4組:村上 諄③14分39秒68
5組:相馬崇史①15分08秒08
 まずは順調に夏に入ってほしい選手たちです。
29.7.9 トライアル in 伊勢崎ナイター競技会
高校生上位:
1500
西川魁星(市立太田高)3分51秒45
3000
千明龍之佑(東農大二高)8分08秒90
鈴木聖人(水城高)8分10秒15
栗原啓吾(東農大二高)8分10秒80
 高校生の選手が結構出場し、いい成績を出しましたね。1500mの西川選手はもちろん、3千の千明(チギラ)選手もかなりの好成績ですね。同じ東農大二高からは栗原選手も好走で一つ注目のチームでしょうか?
○東洋大学
1500
1位眞柄幸季④3分47秒31 増田健人③3分55秒33 柴田隆平①3分59秒46
3千
15組:1位西山和弥①8分06秒92 5位中村 駆②8分11秒81 小早川健④8分16秒48
  飯島圭吾①8分29秒04
 1500mで真柄選手が3分47秒で全体トップのタイム!4年間かけて記録を伸ばしてきましたね。3千では西山選手が全体のトップでやはり素質が高いことを示してきました。中村・小早川選手も今回はうまくまとめてきましたね。上り調子で夏へ入りたい。
○早稲田大学
3千
15組:大木皓太②8分31秒29
○大東文化大学
1500
浅野有紀②3分54秒85 土本剣太郎①3分59秒79
 早大は3障の大木選手が出場しましたがもうちょっといきたかったでしょうか。大東大も選手が育ってきたらいいですね
○上武大学
1500
渡辺大智②3分59秒05
3千
9組:1位西井翔馬①8分36秒04
12組:1位松倉頼人①8分33秒25 橋立 旋②8分37秒81
13組:1位齋藤 優②8分26秒68 松下恭一郎③8分33秒11 野上 蓮②8分33秒67 
14組:高田俊太③8分32秒67 佐々木守②8分34秒92 石井 僚③8分38秒33
  淵 喜輝③8分40秒10
15組:6位太田黒卓③8分14秒38 塩川香弥④8分24秒04 小林淳輝④8分40秒48
 ある程度合わせてきましたかね。主力の太田黒選手がしっかり成績を残し、塩川・高田・斎藤選手あたりがまずまずのタイムでしょうか。夏を超えて彼らが長い距離を粘れるようになってほしいところです。
○城西大学
1500
佐藤友哉②3分51秒34
3千
13組:青山拓朗③8分39秒20
14組:1位中原佑仁②8分23秒98 
15組:佐藤史弥④8分29秒45
 全日本予選出走の中原選手が調子よかったですね。14組トップです。佐藤史選手も伸びれば今後貴重な戦力になります。
○平成国際大学
1500
小沼優生②3分56秒42 佐藤駿也①3分57秒10
 小沼選手が良かったですね。


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. たけぽっぽ より:

    日体大の山口選手は、今年の4年生が卒業した後のことを考えたら、往路に投入してほしいです。全日本予選会でも奮闘していたので、ぜひ主力の一人にに成長してくることを期待します。
    東洋大学は男鹿駅伝に若手選手主体で見事に優勝しましたが、ここから何人駅伝デビューできるか注目したいです。去年も出雲、全日本で1年生が走っているので、今年も酒井監督の采配に注目したいです。意外と飯島選手のほうが西山、大森選手よりもデビューが早いこともあり得そうな感じがします。

  2. ryouya0616s より:

    とりあえず日大の日本人エース山崎一輝選手、夏合宿前に6割半ぐらいまで戻してきた。
    彼が頑張らないと日大の箱根予選通過はあり得ない。
    何とか箱根予選では60分台で走って稼いでほしい。
    創価は1年生陣が素晴らしい働き、何人レギュラーに入れるか。
    あと上武大は3000m記録会で若い組とはいえ1年の2人がトップ。
    スカウト失敗した世代で良いニュース。
    特にドラ1の西井選手はようやく本領発揮か。
    今年はとりあえずじっくりと力を蓄えたい。
    あと2年からも斎藤選手が好調。
    1か月前は悪条件の中5000mベスト、3000mも8分半を切ってきた。
    去年の松下みたいにこの記録会を弾みに夏合宿で力を伸ばし戦力となれば助かる。
    あと橋立、川原、佐々木辺りもレギュラー候補か。
    今年が10回目で正念場だけに落とすことは許されない。
    後は1500mでアジア選手権の日本代表になった井上が戻ってくれば駒はそろう。

  3. りっく より:

    日体大は宮崎選手が深刻ですかね…去年は主力の仲間入りかと思ったのですが…
    彼が頑張らないと日体大は91回の箱根駅伝のように決め手を欠いてシード落ちとかありそうです。
    予選会も決め手を欠く大学は非常に厳しいと思います。そうなると日大・上武・国士舘はどのような夏を迎えるのか期待したいです。

  4. hakonankit より:

    >たけぽっぽさん
    山口選手は全日本予選であれだけ健闘したことですし、往路タイプかなと私も思っていました。ちょっと楽しみな存在になってきましたね。
    東洋大は1年生がここまで順調なのは何よりです。西山・大森・飯島選手が三本柱と思っていましたが、ほかの選手のデビューもありえそうです!

  5. hakonankit より:

    >ryouya0616sさん
    とにかくロードが得意、あるいは過去にタイムを出したことがある4年生の山崎・川口・高野・岡野選手あたりが60分台で走れるようならないと通過は苦しいですよね。
    上武大も全日本予選で心配しましたが、少し上向きになったでしょうか。橋立選手あたりがもっと伸びてくると助かります。井上選手も今から準備すれば60分台であれば可能性あるかと思います。しっかり連続出場繋げてほしいですね。

  6. hakonankit より:

    >りっくさん
    宮崎選手は記録会はいいですが、勝負時にもう少しというところで足踏みしてる印象ですかねぇ。夏を超えれば3年生後半になっていきますし、少しずつ結果が出るようになってくれればと思います。
    箱根予選は本当に総合力がないと突破が難しくなってきました。どこが”いい”チームに仕上げられるか、ですね。