スポンサーリンク

29.7.2の結果【法政大記録会・函館ハーフ。その他】

シェアする

ホクレンなどもありますが、その前にこの2週間に行われた様々な記録会を紹介します。
29.6.17 第65回東京地区国公立大学対校陸上競技大会(http://www.uttf.org/wp-content/uploads/2017/06/93b077e87d810bcd15d9619b98fba2ca.pdf)
5千
1位近藤秀一(東大3)14分39秒87 2位山田幸輝(埼大院M1)14分50秒47
 近藤選手はさすがですね。埼玉大学院の山田選手もまずまず。
29.6.24 第2回静岡県長距離強化記録会(http://www.geocities.jp/cr2nag/long/170624HTML.htm)
○早稲田大学
5千
5組:1位宍倉健治①14分09秒94 吉田 匠①14分41秒33
 最近時々関東の大学生が出場する事がありますね。早大と日体大が出場していましたが、早大の宍倉選手が組トップ。いい状態はキープしていますし飛躍してほしい選手です。
29.6.24 第23回法政大学記録会
○法政大学
5千
狩野琢己③14分43秒24 長澤圭馬①14分44秒16 強矢涼太②14分48秒26
1万
大畑和真③30分04秒86★ 佐々木虎一朗②30分10秒73 青木涼真②30分14秒26
矢嶋謙悟③30分17秒35 東福龍太郎③30分38秒30 岡原仁志②30分40秒78
土屋勇樹②30分42秒06★ 磯田和也④30分42秒84 須田大貴②30分46秒13★
竹腰皐生②30分47秒52★ 福田兼士③30分47秒64 緒方喬平④31分14秒22
 大畑選手や佐々木選手あたりも全日本予選エントリー候補だったのですよね。しっかりとまとめてきた印象です。また、欠場した矢嶋・東福選手もレースに出てきたのはほっとしました。夏に向けてあげていってほしいですね。
○帝京大学
小手川智紀④30分32秒23
○創価大学
梅木 陸①30分05秒41★ 福田悠一①30分36秒61★ 鈴木大海①30分43秒87★
坂野和久③31分10秒32 右田綺羅①31分11秒81
○拓殖大学
中野?30分51秒06
 創価大の梅木選手が初1万しっかり走り切りました。関東IC5千に出場していた選手でしたがしっかり力ついてきていますね。他に1年生も経験できました。
29.6.25 第14回13大学対校陸上競技大会(http://web.tuat.ac.jp/~rikubu/record/13dai/13dai2017.pdf)
1500
1位河合正貴(東工3)3分54秒93 2位江頭悠郎(東工4)3分58秒47 3位箱崎喜郎(東工4)3分59秒47
4位西薗亘祐(農工M1)3分59秒68 5位山田純矢(理科3)3分59秒94
5千
1位松井将器(東工M2)14分40秒16
 1500mは東工大の独占でした。以前の記録会で3人4分切りしていましたが同じメンバーがしっかり切っています。また、理科大の山田選手がひと段階上の成績になりましたね。
29.7.2 2017函館ハーフ(http://www.lap.co.jp/img/HP_sougou_1.pdf)
1位チャールズ ドゥング(小森コーポ)62分40秒
2位ポール クイラ(コニカミノルタ)62分44秒
3位ギザエ マイケル(スズキ浜松AC)63分24秒
———————————–
4位菊地賢人(コニカミノルタ)64分50秒
堀合大輔(駒大3)65分53秒
星  岳(帝京1)67分12秒
宮下晴貴(専大2)67分18秒
谷村龍生(帝京1)67分36秒
清水崚汰(拓大1)67分37秒
日野原智也(帝京1)67分55秒
元川嵩大(東経3)68分08秒
 留学生対決になりましたね。ドゥング選手とクイラ選手の一騎打ちになってドゥング選手が制しました。日本人ではコニカミノルタの菊地選手がトップ。またいずれロードでの快走を見たいですね。学生は駒大の堀合選手が良かったですね。タイムとしては66分少し切り、これからあがってくるでしょうか?他、帝京大と拓大は1年生が出走、このあたりは両校らしい戦略ですよね。


スポンサーリンク

フォローする