スポンサーリンク

[1部下位]第98回関東インカレ陸上2019【大学別長距離5種目結果得点まとめその2】

シェアする

第98回を迎えた関東インカレ陸上2019も大盛り上がりでしたね。少し時間が立ちましたが、簡単に振り返りをしていきます。

箱根駅伝中心の本サイトでは、

長距離5種目(1500m、5000m、10000m、ハーフマラソン、3000m障害)の大学チーム別の結果、それについての簡単な総評、今後の展望・戦力分析を記載します。

次は、関東インカレ1部長距離5種目の合計得点が10点未満だったチームからになります。

スポンサーリンク

関東学生競技連盟サイト

第98関東インカレ陸上2019全結果

第98回関東インカレ陸上2019・1部長距離5種目得点上位校

こちらをご覧ください

第98回関東インカレ陸上2019・1部長距離5種目得点下位校

スポンサーリンク

8位中央大学9点

10000m:11位森 凪也②29分30秒52 16位加井虎造③29分39秒72 25位池田勘汰③30分12秒87
1500m:1組12位眞田 翼③3分58秒96 2組8位冨原 拓④3分55秒27 3組2位舟津彰馬④3分50秒14
1500m決勝:3位🥉舟津彰馬④3分58秒01+6点
ハーフマラソン:12位矢野郁人③67分24秒 17位岩佐快斗④67分44秒 30位大森太楽③68分32秒
3000mSC:1組3位萩原璃来③9分01秒48
3000mSC:7位萩原璃来③8分57秒81+2点
5000m:8位三浦拓朗②14分09秒55+1点 30位助川拓海①14分52秒54

点数はそこまでではないですが、でも実はチーム力が上がっているかもしれないという結果ですね。

ひとまず点数獲得からみると、1500m関東IC有終の美となる舟津選手、優勝争いをしたうえでの3位表彰台。トップに立ちたかったでしょうが、上2人が強かった。

また、3年連続決勝進出の3障萩原選手がついにポイント獲得の7位。ついに2戦連続で戦い抜く力を身に付けました。また、未完の大器2年三浦選手が華型種目5000mで入賞争い!わずかの差でポイント獲得!これは嬉しいですね。

最もこのほか、入賞には届かない中で大きな収穫があり、10000m森選手やハーフ矢野選手がかなりの粘りの走りを披露。暑い中の粘りは見事。特に森選手の走りはとても評価が高かったみたいです。

ほかにも加井・岩佐選手も久しぶりにいい走りをしましたね。全日本予選、いい手応えがあるかもしれませんよ。

9位順天堂大学8点

10000m:22位藤曲寛人④29分47秒98 23位橋本龍一④29分51秒24 27位牧瀬圭斗②30分16秒19
1500m:1組2位野口雄大③3分45秒86 2組3位原田凌輔②3分51秒63 3組6位森 優太④3分54秒68
1500m決勝:4位野口雄大③3分58秒57+5点 8位原田凌輔②3分59秒68+1点
ハーフマラソン:7位難波皓平④66分03秒+2点 16位矢野直幹③67分38秒 40位鈴木雄人④70分34秒
3000mSC:1組7位森下舜也③9分14秒52 8位野田一輝④9分16秒99 2組10位長山勇貴①9分20秒01
5000m:24位清水颯大③14分38秒53 29位伊豫田達弥①14分51秒38 35位平 駿介①15分19秒27

昨年野口・原田選手がW入賞を果たした1500mがまず見物でしたが、面白かったですね。野口選手が残り500mから大逃げ作戦を敢行。大いに盛り上がりました。

さすがに本命と言われていた選手らからは刺されましたが他の選手の先行は阻止しましたね。またローペースから大混戦となった入賞争いも、原田選手が2年連続で8位。しっかりと得点を確保しました。

またハーフマラソンでは4年難波選手が久々に存在感を示しました。2年連続となる7位入賞でポイント獲得。暑い中の耐久レースとなる彼の強みが出てきますかね。

長距離としてはポイントはこれだけですが、10000m藤曲・牧瀬選手が粘りのレース。橋本選手も今季は上がってこない中、最低限では走れた感じがします。清水選手も何とか走ったかな?また、箱根走っていない矢野選手のハーフ16位もポイントです。戦える人数は確実に増えているのではないでしょうか。

ただ、3障も力を入れている順大としては、予選突破者を出せなかったのは悔しいかなぁ。森下・野田選手ら実力者を配しましたが…レベルが上がってきていますね。来年挑戦できる選手は次こそ入賞以上いきたい。

10位城西大学7点

10000m:5位荻久保寛也④28分57秒12+4点 32位西嶋雄伸④30分28秒41 37位大里凌央③30分39秒48
1500m:1組11位福島正訓②3分58秒15 2組DNS佐藤友哉② 3組
ハーフマラソン:20位梶川由稀③67分49秒 24位宮沢真太④68分07秒 41位中原佑仁④71分03秒
3000mSC:1組10位山本 嵐②9分19秒64 2組8位宮下璃久②9分15秒90 9位土子将輝①9分16秒34
5000m:6位荻久保寛也④14分06秒01+3点 10位菅原伊織③14分10秒66 21位菊地駿弥③14分37秒16

荻久保選手が本当に強くなっていますね。初日に10000mで5位入賞すると、最終日の5000mでも粘り強いレースを展開。最後に6位まで浮上する見事な走りでW入賞!競り合いの強さに主要大会へ合わせる力と本当にいいものを持っていると思います。一人で7得点稼ぎました。心強い選手ですね。

その他健闘では、絶好調だった5000m菅原選手は、入賞までほんのわずかの秒差で10位。やはり力がついていますね。また3障が山本・宮下・土子選手とも大崩れは無かったですが、通過の決定打とまでいかなかったのは悔しいところ。若い選手も多いので、またチャレンジしてほしい。

あとは駅伝未経験ではハーフ梶川選手が良かったですかね。他結果はともかく西嶋・大里・菊池・中原・宮沢選手らはひとまず走れているところでしょうか。

全日本予選無の箱根予選というのが少しモチベーション面で難しいところがありますが、箱根駅伝で光れそうな選手もいます。箱根予選に向けて、総合力を高めていきたいところです。

11位明治大学5点

10000m:8位小袖英人③29分10秒09+1点 13位前田舜平③29分34秒35 17位村上純大③29分40秒21
1500m:1組4位佐久間秀徳②3分47秒08 2組4位河村一輝④3分51秒64 3組9位杉本龍陽①3分57秒69
1500m決勝:7位佐久間秀徳②3分59秒56+2点
ハーフマラソン:14位岸 哲也④67分28秒 22位酒井耀史③68分06秒 36位坂井大我③69分03秒
3000mSC:1組11位富田峻平①9分20秒35 2組14位岡田和大③9分31秒06
5000m:7位阿部弘輝④14分07秒29+2点 9位鈴木聖人②14分09秒56 28位櫛田佳希①14分51秒25

得点は5点でしたが、随所で健闘する場面がありました。まずは10000mでしょうね。小袖選手が入賞をもぎ取る8位!トラックで伸びてきた選手とは言え、びっくりする成績でしたね。前田・村上選手らもしっかり続いたのは収穫。

1500mは優勝候補の一角だった河村選手が、スローペースのラストの叩き合いで4位になり予選敗退する波乱がありました。その中、昨年9位だった佐久間選手が乱戦の中、7位に食い込み2点獲得。懸命に重ねていきます。

最終日は、日本選手権上がりの阿部選手が5000mに登場。今季は決して状態が上がってきていない中、7位入賞したのはエースとしての意地でしょう。また、未完の大器鈴木選手が最後の最後入賞争い加われたのも収穫です。

またハーフではまだ大学駅伝未経験の岸選手が14位。長い距離地道に積み重ねてきたところ、一つ自信にしていいのではないでしょうか。競走部全体としては2部落ちとなり、悔しいところですが、収穫はありました。

全日本予選・箱根予選と続きますが、まずは全日本予選でしょう。持ちタイム平均トップですが、僅か5枠という激戦になります。うまく走れた選手、それから不調から復活途上の選手もいます。彼らを中心にうまく繋げて行ってほしいですね。

スポンサーリンク

12位日本体育大学3点

10000m:10位池田耀平③29分22秒44 28位岩室天輝③30分19秒84 36位加藤広之②30分38秒64
1500m:1組6位小松直生③3分51秒58 2組7位佐藤慎巴②3分54秒71 3組4位菅沼隆佑③3分50秒56
1500m決勝:11位菅沼隆佑③4分01秒41
ハーフマラソン:23位廻谷 賢④68分07秒 35位冨田真佑④68分58秒 38位白永智彦④69分36秒
3000mSC:1組9位續木日向②9分17秒21 2組5位山口和也④9分06秒14 17位小松力歩④9分44秒77
3000mSC決勝:6位山口和也④8分57秒39+3点
5000m:19位中川翔太④14分28秒23 32位藤本珠輝①15分09秒08 33位佐藤慎巴②15分16秒40

とにかくまずは得点をあげられるかどうかというところ、3障に2年ぶり挑戦したエース山口選手が、しっかりと入賞を確保する6位に入ったことがまず収穫ではないでしょうか。長距離としてはこの3点のみでしたが、1部残留に貢献しました。

また、昨年末から大きな成長を遂げていた池田選手が10000mで10位に入る活躍。1部で8位が見える所にこれたのは一つやってきたことの自信にできる結果。5000mでは中川選手が昨年よりはいい形に。主力3選手が良かったのは収穫。1500m専門の菅沼選手が決勝で戦ったのもポイントでしょうかね。

あとは入賞からはちょっと遠かったかなぁ。昨年秋に良かった岩室・廻谷選手あたりは、もがく時期が長引いていて、全日本予選以降を戦うに向けて気になる点。勢いあったルーキー藤本選手は、ちょっと調整にも失敗か。今後に向けての修正ポイントです。

前回は新戦力続出で周囲の予想より健闘した中での突破でした。主力もいるので、しっかりとチーム状態を整えていきたいところです。

13位山梨学院大学2点

10000m:7位ボニフェス ムルワ①29分09秒87+2点 31位井上広之④30分25秒10 35位坪井海門②30分37秒29
1500m:2組11位都築勇貴①3分56秒51 3組10位瀬戸祐希③3分58秒04
ハーフマラソン:13位山田大輔④67分27秒 29位川口竜也④68分19秒 DNF荒井祐人③
3000mSC:1組4位森山真伍③9分07秒04 2組16位関川大悟④9分31秒54
3000mSC:10位森山真伍③9分10秒11
5000m:23位松倉唯斗②14分38秒45 DNSボニフェス ムルワ①

これまでは留学生パワーもあり、関東インカレの長距離部門では、上位常連だったのですが、今回は僅か2点に。中々厳しい結果と言っていいのかな?

その2点は新しい留学生ムルア選手。大学に入って初の対抗戦で10000m7位。とにかく彼に関しては、この1年で大きく伸びる可能性もあるのでこの後の試合が大事になってきそう。

あとは、3障にトライした森山選手が見事に決勝進出。決勝では遅れてしまい10位でしたがここは健闘。またハーフで育成上がりの山田選手が13位の大健闘!こういうところは山梨学院大の良さですね。今後の大会でも貴重な選手になりそう。

ただ、他は大きく入賞ラインからは離れてしまいましたかね…。5000m松倉選手はまずまず健闘でしたが、10000m井上選手や勢い遭った坪井選手は厳しい結果に。また、長い距離での粘りを期待されたハーフの川口・荒井選手も苦しい結果に。

昨年は健闘した全日本予選ですが、今年はどうなるでしょうか?関東インカレではムルア選手以外にはあまり目途立たなかったかなぁ…。もう少し力のある選手もいますので、粘り強さを出していきたい。

大東文化大学0点

10000m:26位三ツ星翔③30分15秒43 29位片根洋平②30分21秒16 34位川澄克弥④30分35秒32
1500m:1組10位土本剣太郎③3分56秒82
ハーフマラソン:11位佐藤弘規④67分13秒 31位奈良凌介④68分33秒 34位佐藤 陸②68分50秒
3000mSC:2組11位谷口辰煕①9分22秒02
5000m:17位川澄克弥④14分27秒24

1部残留の為にも何とか点を獲得したかったところですが、長距離としては貢献とはなりませんでした。現時点では2本柱の川澄・奈良選手があまり戦える状態ではなかった感じでしょうか。彼ら2人が戦えなければ、関東インカレは苦しかった。

そのうち、川澄選手は5000m立て直しましたが、入賞に届きませんでした。奈良選手はレースには出ているのですが、精彩を欠いているレースが続いていて、ちょっと気がかりな感じか…。

収穫としては同じ4年佐藤弘選手でしょうか。ハーフで入賞まであと一歩の11位。今はもしかすると一番頼もしいかも?あとは三ツ星選手がまずまず。2年生片根・佐藤陸選手はいい経験を積めたかなという感じ。

全日本予選はこれだけ見ると、苦しそうな感じがしますが、ここからの調整のうまさは、毎年よく見るのですよね。状態が上がれば戦える選手はいるので、ここからの粘りに期待です。

筑波大学0点

10000m:39位池田 親④30分51秒73
1500m:1組DNS齋藤零司④ 2組9位小林竜也①3分56秒37 3組8位相沢拓実④3分57秒54
ハーフマラソン:25位猿橋拓己③68分09秒 DNF渡辺珠生③ DNS金丸逸樹④
3000mSC:1組15位齋藤零司④9分37秒35 2組7位川瀬宙夢⑤9分08秒95 13位重山源斗③9分23秒86
3000mSC:9位川瀬宙夢⑤9分07秒88
5000m:31位池田 親④14分59秒14 36位藤田黎士④15分42秒45

3障の川瀬選手に得点の期待が一番かかっていましたね。5年生でついに決勝進出。決勝でも懸命に戦い抜いて、9位という結果。一つ努力が形として現れましたね。

その他は1500m相沢・小林、ハーフの猿橋選手がまずまずかなぁ?2種目挑戦した池田選手はどちらもやや厳しい結果となりました。主力選手がやや苦しんだ形になりました。

結果が出てから言うのもなんですが、残念ながら全日本予選の出場を3年ぶりに逃してしまいました。練習が形にならないのはもどかしいところですし、気持ち的にも苦しいところです。

ただ、どこかで切り替えて、いい流れになってきている”箱根予選に集中できる”という風になれれば、また新しい風が吹いてくるかもしれません。

第98回関東インカレ陸上2019・2部長距離5種目得点上位校

こちらへどうぞ

第98回関東インカレ陸上2019・2部長距離5種目得点下位校

近日公開

スポンサーリンク

フォローする