スポンサーリンク

【結果速報】第98回関東インカレ陸上2019・3000m障害

シェアする

2019年5月23日(木)~26日(日)にかけて第98回関東インカレ陸上2019が行われます。

場所は、相模原ギオンスタジアム(相模原麻溝公園競技場)、相模原ギオンフィールド(相模原麻溝公園第2競技場)となります。

箱根駅伝や大学長距離を中心としたサイトの為、長距離5種目(1500m・5000m・10000m・ハーフマラソン・3000m障害)の結果速報やレース詳細についてまとめています。

こちらは、4つ目の決勝種目の3000m障害についての記事になります。

スポンサーリンク
競技日程は、

【5月25日(土)】
11時35分:3000mSC男子2部予選3部決勝
12時20分:3000mSC男子1部予選

【5月26日(日)】

12時20分:3000mSC男子2部決勝
12時35分:3000mSC男子1部決勝

なお、関東インカレ陸上についての詳細はこちら

第98回関東インカレ陸上2019【3000m障害結果速報】

スポンサーリンク

男子1部3000m障害結果速報

Q=順位決勝進出 q=タイム決勝進出

予選1組

 法大青木選手が引っ張り、明大富田・早大吉田選手らが追いかける展開。1000m2分58秒通過と早く、縦長の集団となる。1600m付近から青木・吉田選手の争いになり、これに中大萩原選手が食いつく展開に。

2000mは5分58秒で青木吉田萩原の3選手。2秒遅れて4位山学森山・東洋小田選手、単独6位で東海布川選手の展開に。青木吉田選手の争いは最後まで続き、9分00秒でそれぞれゴール。

最後までついた萩原選手が3位、森山・小田選手までが着順決勝進出。9分08秒で粘った東海布川選手らが2組目を待つ形になりました。

動画:7716chuo

1位青木涼真④9分00秒20 法政大 Q
2位吉田 匠③9分00秒67 早稲田大 Q
3位萩原璃来③9分01秒48 中央大 Q
4位森山真伍③9分07秒04 山梨学院大 Q
5位小田太賀③9分07秒80 東洋大 Q
6位布川理稀雄③9分08秒99 東海大
7位森下舜也③9分14秒52 順天堂大

8位野田一輝④9分16秒99 順天堂大
9位續木日向②9分17秒21 日本体育大
10位山本 嵐②9分19秒64 城西大
11位富田峻平①9分20秒35 明治大
12位鈴木大介③9分32秒03 国士舘大
13位富山直弥①9分36秒32 東海大
14位森田将平③9分36秒84 早稲田大
15位齋藤零司④9分37秒35 筑波大
16位齋藤紘也①9分49秒36 日本大
DNSブヌカ ジェームス② 駿河台大

予選2組

スタート直後、すっと先頭にでたのが筑波川瀬選手。さらに東海阪口・東洋小室選手らが先頭付近に付ける。1000mは3分05秒とここまではスローな展開。

2000mは6分08秒だが、その手前から一気にペースアップ。阪口・小室選手が前にきて、3位争い法大田辺人見・日体山口・早大大木選手、7位争い川瀬・城西土子選手に。

最後、阪口・小室選手がイーブンで進むところ、法大田辺選手があげてきてトップ通過。2位小室3位阪口選手、人見・山口選手までが着順通過。これについた大木選手はタイムで決勝へ。

残りタイムの1枠は、7位川瀬選手が非常にきわどいタイムでゴール。詳細タイムを待った結果、1組の布川選手に100分の4秒勝っており、初の決勝進出を決めた。

動画:7716chuo

1位田辺佑典③9分04秒28 法政大 Q
2位小室 翼④9分05秒10 東洋大 Q
3位阪口竜平④9分05秒30 東海大 Q
4位人見昂誠②9分05秒76 法政大 Q
5位山口和也④9分06秒14 日本体育大 Q
6位大木皓太④9分06秒75 早稲田大 q
7位川瀬宙夢⑤9分08秒95 筑波大 q

8位宮下璃久②9分15秒90 城西大
9位土子将輝①9分16秒34 城西大
10位長山勇貴①9分20秒01 順天堂大
11位谷口辰煕①9分22秒02 大東文化大
12位川上瑠美梨③9分22秒94 日本大
13位重山源斗③9分23秒86 筑波大
14位岡田和大③9分31秒06 明治大

15位綱島辰弥①9分31秒26 国士舘大
16位関川大悟④9分31秒54 山梨学院大
17位小松力歩④9分44秒77 日本体育大

1部決勝

 スタート直後、東海阪口・早大吉田選手が前に出てペースを作っていく。1000mは3分02秒、阪口・吉田選手ら11名の集団。

 2000m6分01秒で通過する頃には徐々に絞られてきて、阪口・吉田・法大青木・法大人見・日体山口選手、ちょうど東洋・小室選手が遅れ始めたところだ。

 残り500mまでには阪口・吉田・青木選手の3選手が絞られてくる。4位以下は中大萩原選手らが上がってきているがまだ混沌。

 残り1周となる直前、東海阪口選手がスパート!ついていけたのは青木選手のみ、最後の直線で一騎打ちになるが、僅かに阪口選手が先んじて優勝!青木選手は連覇ならず、吉田選手3位躍進、4位争いは最後法大田辺選手が浮上した。

動画:7716chuo

1位🥇阪口竜平④8分44秒29 東海大 +8点
2位🥈青木涼真④8分44秒56 法政大 +7点
3位🥉吉田 匠③8分49秒23 早稲田大 +6点
4位田辺佑典③8分54秒25 法政大 +5点
5位人見昂誠②8分56秒15 法政大 +4点
6位山口和也④8分57秒39 日本体育大 +3点
7位萩原璃来③8分57秒81 中央大 +2点
8位大木皓太④9分02秒61 早稲田大 +1点
9位川瀬宙夢⑤9分07秒88 筑波大
10位森山真伍③9分10秒11 山梨学院大
11位小田太賀③9分23秒65 東洋大
12位小室 翼④9分28秒20 東洋大

★東海阪口選手、”ついに”学生王者の座、自ら仕掛けラスト争いを制す!

自らレースを先導した。スタートしてすぐ先頭集団を引っ張りレースを支配する。徐々に先頭集団が絞られていく中、主導権を握り続ける。残り500mまでについてきていたのは2選手。3連覇を狙う絶対的王者法大青木選手、その青木選手を4月対抗戦で倒した早大吉田選手。相手も手ごわい。

そんな中、残り1周になる直前満を持してスパートをかける。暫くして吉田選手は脱落した。しかし、青木選手はついてくる。僅かなリードのまま、最後の障害を越える。青木選手が並びかけてくるが根性でもう一度切り替える。僅か0.27秒のリードでゴールへ。

昨年も積極的なレースをしたものの脱落。その後も障害レースを続けるも、とある試合で全治3か月の大怪我を負う。ハードルが怖い時期もあったが、乗り越えた。届きそうで届かなかった関東ICNo.1の座。今後の試合もどんどん行けそうな感じだ。


★法大青木選手3連覇ならずも貫禄の2位!さらに田辺・人見選手4位5位でトリプル入賞!

惜しかったのは青木選手ですが、過去2連覇していた強さは伊達ではなかった。4月の兵庫リレカで失速し、ちょっと心配な面もありつつも、その後の記録会で一蹴していた。

今回は、2000m通過6分01秒(観戦者より)から、最後の1000mが2分43秒まで上がるレース。日本の3障ではなかなか見られないペース上昇だった。そんな中でも、最後まで際どく優勝争うのですから、やはり力がないとできない事。日本選手権でリベンジを狙う事だろう。

嬉しいのが後輩の3年田辺・2年人見選手も4位5位と続いて、トリプル入賞を果たしたこと。実は昨年もひそかに期待されていたのですが、芳しい結果とはいかなかった。これはこの2人の一年の成長だ。法大として16点もこの種目で獲得。トラックで法大が大暴れしています。

★早大吉田選手成長を遂げる3位躍進!大木選手も8位でW入賞!

躍進が元々期待されていたのは早大吉田選手。昨年もインカレで入賞、その後5区山登り候補に挙がるまでになっていた(直前の交通事故で欠場)。春に復帰すると、初戦でいきなり8分42秒をマーク、注目の存在になっていました。

余裕をもって予選を突破すると、決勝では残り1周を切るあたりまで優勝争いを展開。見事3位で走り切りました。ナイスランでした。また、今季ここまで必ずしも良くはなかった大木選手も意地で8位入賞、彼も複数回の入賞となりました。

★中大荻原選手3度目の正直で入賞!日体山口選手も主力役割果たす

非常に気温が上がった今大会ですが、7位まで8分台とさすがの1部のレベルでしたね。そんな中、6位7位にはやはりというメンツが食い込んできました。6位日体山口選手は、箱根2区でも勝負できるエース選手。2年ぶりに元々得意だった3障に得点をもたらす為に挑戦。準備期間は決して長くなかった中、しっかり対応してきました。

7位中大萩原選手は、3年連続の決勝進出!ただ、過去2回は8位の壁に跳ね返されていました。その中、今回ついに壁を突破、7位と対抗得点をチームにもたらしました。これもナイスランですね。

他、5年生筑波川瀬選手が、最初に遅れながらも、渋いレースで9位まで浮上。山学森山選手は来年期待ですかね。東洋小室選手が2000mから大きく失速したのがちょっと気がかりかな?

スポンサーリンク

男子1部3000m障害結果速報

予選1組

スタート直後は、帝京橋本選手や3部茨城大小野選手が先行。さらに青学西久保選手が先頭にくる展開。1000mは小野・西久保選手を先頭で3分03秒。直後に流経大石井選手が飛び出し、農大盛田・東国鈴木選手らが対応するも7人に絞られた。

残り1周で、鈴木・盛田・橋本選手が先頭争い、4位争いは創価片岡・石井・3部小野選手、大きく開いて西久保選手、その後ろは大差がついた。そのまま盛田・鈴木・橋本選手が着順で決勝進出。片岡・石井選手が踏ん張り、タイム決勝の望みを残した。

動画:7716chuo

1位盛田和輝②9分07秒75 東京農業大 Q
2位鈴木天大③9分08秒38 東京国際大 Q
3位橋本尚斗②9分08秒41 帝京大 Q
4位片岡 渉①9分08秒45 創価大 q
5位石井闘志②9分11秒50 流通経済大 q
6位西久保遼①9分30秒16 青山学院大

7位入野翔太④9分35秒19 東京学芸大
8位藤本能有②9分37秒70 東京理科大
9位新井遼平②9分40秒00 拓殖大
10位鶴田和博④9分41秒19 桜美林大
11位横山隼人①9分43秒30 亜細亜大
12位後閑将太①9分43秒57 上武大

13位三浦隆太②9分45秒46 専修大
14位須藤健介③9分45秒96 立教大
15位河内宏太④9分48秒60 麗澤大
16位星 隆次③9分52秒96 平成国際大
DNS荻野太成④ 神奈川大

予選2組

千葉大今江選手を先頭に、1000m3分00秒と比較的早いペースで展開。明学市原、神大西方、拓大佐々木選手らが背後でまだ大集団。2000mは6分06秒で塚、この間に創価新家・帝京境選手らめまぐるしくトップが変わる。西方選手がずっと前方付近に付ける。

 2300mで新家選手が障害で転倒し失速、そこから西方選手がぐっと前に出て先頭へ。2番手争いに境・今江・佐々木選手、5番手争いに東経大川・麗澤小林選手の争いになる。

 最後は西方選手がペースを落とすもトップ通過、2番争いはラストで今江・栄選手が抜け出し、この3選手が着順通過。拓大佐々木選手が3組目の結果を待つこととなった。

動画:7716chuo

1位西方大珠②9分08秒65 神奈川大 Q
2位今江勇人④9分08秒68 千葉大 Q
3位境 勇樹③9分09秒23 帝京大 Q
4位佐々木虎太郎①9分12秒57 拓殖大
5位大川歩希①9分14秒82 東京経済大
6位小林琢人③9分22秒78 麗澤大

7位新家裕太郎①9分24秒41 創価大
8位田岡享真①9分25秒45 中央学院大
9位阿部飛雄馬④9分26秒41 東京大
10位吉田将基③9分27秒19 流通経済大
11位福脇昭也③9分30秒62 東京農業大
12位大西峻平②9分35秒39 駒澤大

13位荒幡寛人③9分37秒55 東京理科大
14位原田和輝③9分41秒09 東京国際大
15位勝俣航希②9分43秒96 専修大
16位市原拓実③9分44秒92 明治学院大
DNS上土井雅大④ 亜細亜大

予選3組

1周目を終わってから、中学吉田選手がぐっとペースアップ。1000m3分02秒とまずまずのタイム。帝京田村、創価大澤選手も前方に位置する。2000m6分05秒で通過する頃には先頭集団は8人に。直後に吉田選手が再度ペースアップ、反応したのは大澤選手のみ。3位争いは駒大酒井・青学横田選手ら

 先頭争いは残り1周を切ってから大澤選手が大きくスパート!トップ通過を果たす。2位吉田、3位は最後田村選手が浮上し、これについた駒大酒井選手まで9分10秒切りでタイム通過。5位以下は9分14秒かかり、残り2人は1組からの選出となった。

動画:7716chuo

1位大澤智樹③9分04秒11 創価大 Q
2位吉田光汰②9分08秒38 中央学院大 Q
3位田村丈哉④9分09秒05 帝京大 Q
4位酒井亮太①9分09秒07 駒澤大 q
5位江口清洋①9分14秒11 拓殖大
6位横田俊吾①9分14秒81 青山学院大

7位根来佑有②9分25秒83 専修大
8位鈴木玲央①9分25秒89 神奈川大
9位山形祥貴③9分30秒34 芝浦工業大
10位印藤 剛②9分36秒51 慶應義塾大
11位山本将輝③9分40秒02 麗澤大
12位宗像 聖①9分40秒45 東京国際大

13位小池 彪①9分41秒29 東京経済大
14位柿沼祐亮②9分43秒37 宇都宮大
15位村田享之④9分44秒12 東京農業大
16位八重樫一也③10分08秒98 武蔵野学院大
DNS増田慶太郎③ 首都大学東京

3部決勝まとめ

1組小野隼太(M2)9分18秒85 茨城大
2組久慈清太朗(M2)10分03秒70 群馬大

1組には学部時代に決勝経験もある小野選手。翌日のハーフも控える中、積極的なレースを展開しましたね。まだ2部レベルでも通貨の可能性がある力を保っています。

2組には群馬大の久慈選手が出走。直前の記録会で9分30秒かかっていたこともあり、1000m3分少しのペースにはちょっと苦戦しましたかね?それでもしっかり完走し、ポイント獲得しました。

2部決勝

1000m3分05秒で通過、集団はひと塊のまま。千葉今江・帝京橋本、農大盛田選手あたりが前の方でペースを作っている。

1500mで中学吉田が前に出てペースアップ。神大西方、盛田、東国鈴木選手あたりが対応するもののペースがあがってくる。

2000m6分07秒、吉田・西方・帝京田村選手ら6人の集団だったが、直後に吉田選手がスパート!単独トップに浮上し後続を後続を突き放し始めた。

吉田選手が逃げる。2位争いは西方と田村選手、4位争いは鈴木選手と駒大酒井選手、これを創価大澤・帝京境選手が食らいつく展開となる。

吉田選手はそのまま突っ切り、8分台で優勝!最終的に5秒突き放しました。2位争いは田村選手が制し2位、さらに3位には、4位争いを制した酒井選手が、ゴール直前で西方選手を交わして入った。

動画:7716chuo 様

1位🥇吉田光汰②8分59秒67 中央学院大 +8点
2位🥈田村丈哉④9分04秒77 帝京大 +7点
3位🥉酒井亮太①9分07秒40 駒澤大 +6点
4位西方大珠②9分07秒66 神奈川大 +5点
5位大澤智樹③9分08秒26 創価大 +4点
6位境 勇樹③9分09秒21 帝京大 +3点
7位今江勇人④9分09秒43 千葉大 +2点
8位鈴木天大③9分11秒96 東京国際大 +1点

9位盛田和輝②9分15秒63 東京農業大
10位片岡 渉①9分17秒97 創価大
11位橋本尚斗②9分26秒60 帝京大
DQ*T2石井闘志② 流通経済大

★5度目の3障の中学吉田選手、センス光る8分台の断トツの優勝!

やっぱりセンスあるんだろうなと思います。昨年人生3度目の3障が関東IC決勝レース。その中で、いきなり2位に食い込んできて、大学長距離ファンを大きく沸かせた存在。その後、大学駅伝も3度出走していますね。

今年はどうするのかと思いきや、その時以来ぶっつけで関東IC3障へ。今回は4連覇を目指す選手が欠場する中、優勝候補の一人そして臨みました。

結果的に、2000mを超えてから、完全に他の選手をちぎっていく圧倒的なレース。5度目の3障で見事に関東IC2部3障のチャンピョンに輝きました!全体的にタイムが伸び悩む中、一人8分台。一部のメンツの中で、是非競わせてみたいと思う選手です。


★3人決勝の帝京大は田村選手2位!境選手6位!駒大ルーキー酒井選手が3位躍進!

チームとしては、3選手とも決勝に進出させた帝京大が俄然注目が集まっていました。特にその中で、4年田村丈選手は2年前に表彰台に立っている選手。基本的には学生ラストの3障の可能性がある決勝にかけていました。

結果として、見事に表彰台の2位!終盤まで2位争いをしたうえで、振り切れたのは4年生の意地でしょうか。最終学年で再度の表彰台は感慨深いものがあったと思います。また、3年境選手は混戦の中、6位入賞。来年もこの種目での得点が期待できるかもですね。

そして駒大も2年連続でこの種目ポイントゲット。しかも表彰台なんですよね。昨年得点した選手が予選落ちする中、ルーキーの酒井選手が決勝進出。入賞ラインからラストスパートで爆上げ!ゴール直前で3位に浮上したのはとても嬉しい事です。このまま3障も続けるかどうか注目ですね。

★終盤まで健闘も…神大西方選手悔しい4位、スピード生かした創価大澤選手5位!

悔しい4位なのは神大西方選手でしょうかね。同チームでエースの荻野選手が欠場する中、表彰台は見込まれていたと思います。2位争いを繰り広げる中、振り切られ、最後に4位になってしまいました。2年連続入賞は充分な戦績ですが、また今後の糧になれば。

また創価大大澤選手もスピード充分の選手。1500mのエントリーじゃなかったのが驚きましたが、やはり勝算あってのエントリーでしたね。組トップで予選を通過すると、決勝もしっかり戦い抜いて5位入賞。今後楽しみな存在です。

★国立大千葉大今江選手3度目の正直で初入賞!最後の入賞枠は東国鈴木選手が連続

基本的に長距離種目は、私立の強豪校が上位を占めますが、今回国立大の選手が唯一ポイントを獲得したのがこの3障。7位に千葉大の今江選手が食い込みました。

その今江選手、関東ICの標準は2年時までに切っていましたが、出場は今回が初めて。2年時は故障でエントリーできず、3年時はエントリー後に故障で欠場、そんな中、平地の走力もつけて満を持しての初出場でした。激しい争いも凌ぎ切り、見事入賞。努力が報われた瞬間です。

最後の入賞枠を獲得したのは、東国鈴木選手。彼は2年連続入賞になりますかね。もっと上位争いもできるという中、最後にやや落ちてしまったのは悔しいでしょうが、最低限の位置に入りましたね。地力はついてきています。

長距離4/5種目終了時の対抗得点

関東インカレ陸上種目の、長距離の5種目(1500m、5000m、10000m、ハーフマラソン、3000m障害)の合計得点になります。

4種目終了時です。

1部

1位東海33点
2位法大22点
3位日大20点
4位東洋15点
5位早大13点

6位駿河8点
7位中大8点
8位順大8点
9位国士5点
10位城西4点

11位明大3点
11位日体3点
13位山学2点

東海大が優勝で一気に抜け出しましたね。そして法政大は見事トリプル入賞で一気に2位浮上、早大らも得点しました。

2部
1位駒大20点
2位青学20点
3位桜美16点
4位帝京16点
5位國學13点6位上武12点
7位創価10点
8位中学8点
9位武学7点
10位神大5点11位日薬4点
12位拓大3点
12位農大3点
12位東国3点
15位麗澤2点
15位千葉2点

駒大のルーキーが加点して青学大と肩を並べました。それから帝京大が一気に加点し16点まで伸ばしました。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. サブマリン より:

    明日の決勝、今回欠場の荻野選手の分も
    西方選手には期待しています。
    神大は今シーズンもけが人が多いし、
    島﨑選手も中倉選手に競り負けるし
    明るい話題が少ないので
    最終日頑張ってもらいたいです。

    • hakonankit より:

      >サブマリンさん
      荻野選手欠場となると、今の神大がインカレで戦うのは中々苦しいものがありますかね。善戦している種目はあるので、全日本予選以降に繋がるはずです。

  2. シセン より:

    中央学院の吉田選手は1部の選手と比べると走力は足りないのですがハードリングが上手いです。特にハードルの手前でほとんど歩幅の調整をせずにハードルを飛び越えるので動きがスムーズでかつ無駄な力を使わずにスピードにのれています。それが吉田選手の才能であり強みなので走力をつけると面白い選手になりそうです。

    1部は阪口選手と青木選手のデッドヒートは非常に興奮しましたね。そして法政が3000mscで大量得点、スカウトの時点で注目されていましたがうまく爆発できたと思います。

    • hakonankit より:

      >シセンさん
       なるほどですね。ハードリングのセンスが抜群にいいというところですかね。吉田選手が、それほど3障に出場していなくてもしっかり走れるのはそこでしょうか。本人の希望があれば、もっと狙わせてみたいですが…

      1部は本当に名勝負といっていいですね。阪口・青木選手ともに力のある4年生で白熱したバトルになりましたね。個人では阪口選手、対抗得点としては青木選手率いる法大に軍配。法大はチームとして狙っていたところ、嬉しいでしょうね。