スポンサーリンク

2018.7.11-14結果・速報【第2回順天堂大学長距離記録会・第31回六大学対校陸上競技大会・上武大ナイター】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

関東でも、記録会もいくつか行われていますよね。ひとまず3つほど掲載します。 ・第2回順天堂大学長距離記録会 ・第31回六大学対校陸上競技大会 ・上武大ナイター また7月15日までの大会でいい結果のものがあれば書きます(青山学院大と東北学院大対抗とか)
スポンサーリンク

第2回順天堂大学長距離記録会

トップ 3000m 藤島幹大(選手大松戸)8分34秒74 5000m 川上勇士(市立船橋高)14分31秒86 高校生の選手が奮闘していますね。藤島選手は1年生ですね。   ・順天堂大学 1500m 榎本大倭①3分57秒83 3000m 清水颯大②8分36秒32 平川貴稀③8分38秒27 小林哲平③8分46秒76 難波皓平③8分50秒76 5000m 3組 多久和能広②14分40秒14 原田宗広②14分47秒37 矢野直幹②14分56秒70 野田一輝③14分59秒97 江口智耶④15分02秒36 4組 髙林遼哉③14分42秒30 香月翔太③14分54秒95 森 優太③14分56秒00 馬場スタン恵④15分00秒87 2組3組は多久和選手らが2度出走しています。1万mに繋がっていけばいいですね。4組は高林選手がトップ、そろそろ長い距離で味が出てほしい選手です。   ・国士舘大学 1500m 川崎椋太(M1)3分56秒91(全体トップ) 院生の川崎選手が全体のトップです。来年も関東ICで見れるのでしょうか?   ・流通経済大学 5000m 4組 西村 茂③14分38秒69 西村選手5000mで安定した記録出せるようになってきていますね。
スポンサーリンク

第31回六大学対校陸上競技大会

日本体育大・東海大・順天堂大・日本大・筑波大・中京大の対抗選手権です。 競技日程(http://www.iiwanet.jp/j_trackfield/wp-content/uploads/56c9104e21a79ecb5c7c85238d387595.pdf) 番組編成(http://www.iiwanet.jp/j_trackfield/wp-content/uploads/9cbeecabd5218bccb50a748b819425c8.pdf)
スポンサーリンク

対抗結果

1500m 1位河野遥伎(東海大③)3分54秒07 2位登坂健志(筑波大M2)3分54秒26 3位相沢拓実(筑波大③)3分54秒79 4位海沼和孝(中京大④)3分55秒55 5位藤田黎士(筑波大③)3分56秒10 6位出口航輝(順天堂大①)3分56秒88 7位鈴木顕人(順天堂大②)3分57秒42 8位佐藤慎巴(日本体育大①)3分57秒79 9位森 優太(順天堂大③)3分59秒27 10位嘉村大悟(東海大④)3分59秒71 11位鈴木恒介(東海大②)4分02秒36 12位萩原 海(日本大②)4分03秒48 東海大の河野選手が優勝!地道に積み上げてきた成果が出ましたね。また筑波大が2位3位5位でこの種目トリプル入賞で荒稼ぎ!今季好調の相澤選手ではなく、院生で続けていた登坂選手がここで頭角を現したのは嬉しいところですね! また、中長距離で中々結果が出ていなかった中京大で、海沼選手が4位に食い込む快走です。順大や日体大の若手にも勝ったのは良かったですね。   5000m 気温が高くて(35度)、15時25分の対抗戦は中止、 急遽三大学対抗戦へ(順大・日大・筑波大) 1位西 研人(筑波大②)14分48秒 2位近藤亮太(順天堂大①)14分52秒 3位牧瀬圭斗(順天堂大①)14分55秒 4位高橋佐介(日本大②) 5位金子智哉(日本大③) あまりにも気温が高くて、対抗戦としては5000mは中止に。夕方に(それでも31度ですが…)、オープンで行われました。日大の中堅ランナーや順大の1年生が出場する中、制したのは筑波大の西選手!今季1万29分台をマークしましたが、その後は中々結果残せなかったのですが、これは嬉しい結果ですね。監督のコメント通り、箱根予選で64分きりを目指してほしいですね!   3000mSC 1位須崎乃亥(東海大①)9分05秒17 2位川瀬宙夢(筑波大④)9分06秒99 3位齋藤零司(筑波大③)9分08秒56 4位續木日向(日本体育大①)9分15秒08 5位榎本大倭(順天堂大①)9分16秒37 6位川上瑠美梨(日本大②)9分18秒58 7位足立直哉(東海大④)9分19秒19 8位重山源斗(筑波大②)9分19秒42 9位大倉真亜玖(日本大①)9分21秒15 10位岩村稔大(日本体育大③)9分28秒85 11位武藤広樹(中京大③)9分29秒07 12位森下舜也(順天堂大②)9分30秒44 東海大売り出し中の須崎選手がここも制しましたね。力的には抜けていたでしょうか。夏を超えての成長が楽しみ! また筑波大がここでもトリプル入賞!トラックの復活から箱根を目指している中、いい結果です。川瀬・斎藤選手が9分一桁です。ただ、川瀬選手本人は日本ICの出場権を逃し悔しさ一杯のようですが…。秋にまた別の大会でぶつけてくれれば。 他、日体大の續木選手、順大・榎本選手、日大・川上&大倉選手が関東IC標準に近いタイムに。来年の成長が楽しみになります。

オープン結果

日本体育大学 1500m 小松力歩③3分52秒62 山下大志①3分59秒76 東海大学 1500m 松崎健悟①3分54秒47 順天堂大学 1500m 原田宗広②3分59秒89 日体大の小松選手は実力者ですね。最後しっかりまとめたでしょうか。東海・松崎選手が健闘ですね。   筑波大学 1500m 才記壮人(M2)3分49秒14 薛玄太郎③3分59秒16 中京大学 1500m 寺澤怜央③3分59秒72 筑波大の才記選手が全体トップで唯一3分50秒きり!ここにきてようやく筑波大の調整がうまくいくようになってきたと思います。夏前に大きくプラスです。

上武大ナイター

判明次第追記します。  

青山学院大東北学院大対抗

3000m 橋詰太慧④8分16秒95 林 奎介④8分22秒61 湯原慶吾①8分24秒32 小野田勇次④8分27秒71 髙橋勇輝①8分27秒98 竹石尚人③8分28秒56 永井拓真③8分28秒70 吉田祐也③8分29秒13 花田凌一③8分29秒58 橋間貴弥④8分31秒57 青学大が3000mで前半戦の締め!エースの橋詰選手がさすが、残り1000mで独走し他の選手を寄せ付けませんでした。駅伝でどこで起用されるか?それから林選手はまずまず、そして湯原選手が格レース主力とがっぷり四つ…秋以降楽しみ。 他、小野田選手が少しずつあがってきているでしょうか。また1年高橋選手が、竹石・吉田選手に勝ったのは収穫と思います。
スポンサーリンク

フォローする