スポンサーリンク

【順位予想&結果速報!!】第50回全日本大学駅伝関東地区予選会2018

シェアする

参照サイト:http://daigaku-ekiden.com/yosenkai/

本日、17時30分より、第50回全日本大学駅伝関東地区予選がスタートします。

ここでは、その通過校・順位予想、 そして結果速報も行っていきます。

スポンサーリンク

ページコンテンツ

順位予想

天気予報

13時~16時:晴れ、33度、7m
17時:晴れ、31度、6m
18時:晴れ、30度、6m
19時:晴れ、29度、5m
20時:晴れ、28度、5m
(ウェザーニュース天気より)

まず、天気予報も考えた方がいいのですよね。雨が降って体感温度が下がるのと、暑いのとでは、ペースなどレース展開が変わってきますし、それにより、チームにより有利不利が変わってきます。

そして、今年は…酷暑の大会ですね。30度近い中を走らなければならないのは2年前と同じです。この時は3組まで30分切りが誰も出ないスローペースになり、勝負の4組では、それまで通過圏内にいた2校が途中棄権してしまう異常事態となってしまいました。同じようなことにならないことを願います。なお、風が少しあるの、これで少し体感気温が下がって、走りやすくなればいいのですが…

基本的には1~3組はスロー気味になるかなぁと思います。誰か飛び出しても無理に追わないのではと感じます。そう考えて予想。

通過校&順位予想

1位帝京大学…やっぱり強いかなぁと。飛び出しに注意?
2位大東文化大学…いいオーダー トップ通過予想も考えた
3位國學院大學…終盤の組の強さを発揮できれば面白い
4位明治大学…1組がうまくきまればスムーズに流れる
5位法政大学…穴がなくいいオーダー もっと上かも?
6位拓殖大学…この暑さ、このスローなら2年ぶり再来あるか?
7位順天堂大学…今年も楽な通過とはいかないかも?
8位日本体育大学…大穴予想。とにかく粘っこくいければ
(以上、通過校予想)
9位国士舘大学…終盤の3組4組がどうなるか
10位創価大学…序盤がどこまでついていけるか
11位日本大学…ワンブイ以外の3組4組がどこまでいけるか
12位中央大学…とにかく2組。3組4組の流れが変わる
13位城西大学…今回は序盤の組で差がつかない展開かと
14位東京国際大学…やはり3組4組が苦しいかなと思う
15位筑波大学…面白いけど、暑いと爆発はきついか?
16位山梨学院大学…永戸選手以外少しずつ力不足かと

スポンサーリンク

17位東京農業大学…健闘する組もあるかも
18位亜細亜大学…ひとまず3組4組は少し戦えるかも
19位上武大学…最下位と思ったけど、暑ければ上ある?
20位専修大学…関東ICの調子からするとしんどいかなと

すごく悩みましたね。シュミレーションからも更に何度も変えました。ひとまず自分はこんな感じで行きます。皆さんも最終予想をどうぞ!

スポンサーリンク

結果速報

そして、続きに組ごとの簡単な速報を掲載していきます。お楽しみに!

日程・ルールなど

日程:6月30日(土)17時30分競技開始~20時台発表?

開催地:浦和駒場スタジアム

選考方法

①1チーム13人エントリー、出走は8名

②10000mのタイムレースを行う。1組2人ずつ、4組のレース。基本的に、組が進むほど早い選手がエントリーするようにする

③8人の合計が早いチーム上位8チームが全日本本戦の出場権を得る

タイムテーブル

16時~:最終オーダー締切(医者の診断書が必要な場合のみ、2名まで変更は可能)

17時30分:競技開始1組
18時10分:2組スタート
18時40分:3組スタート
19時30分:4組スタート
20時台:結果発表

1組
レース展開

1000m3分08秒、2000m6分10秒、3000m9分15秒、4000m12分25秒のスローペースで展開。5000mは15分35秒。1000m3分10秒の展開。大東大久保選手が引っ張り続けていている。上武・橋立選手が唯一遅れている。

ここで、日大・加藤選手が一人飛び出して大逃げへ!日大・阿部選手も2番手で集団を引っ張り、日大勢が仕掛ける。拓大・吉原選手が転倒するアクシデントがあったが、何とか追いすがる。

6000m18分40秒で通過、時期に加藤選手が追いつかれる。強風の影響もあり逃げ切れない。集団は30人程に。有力どころでは創価大が2人とも遅れている。7000m21分52秒で通過、今度は帝京・遠藤選手が飛び出す展開に。8000m24分49秒で初めて1000m3分を切る。2位集団は10秒以上離れる。明大・坂口選手が集団からこぼれる。

9000m通過は、帝京遠藤選手は27分49秒、2位集団は28分11秒で中大安永選手が引っ張る。

残り500mを切るところ、中大・関口選手にアクシデント。止まってしまう。残念ながら途中棄権で、中大は失格に…。

個人順位は1位帝京・遠藤、2位國學城西法大2人とも国士大などが雪崩れ込んだ。

大まかな順位など

2組

選手変更:東国大・栗原卓也②⇒真船恭輔③

レース展開

中大・舟津選手がいきなり飛び出す。日体大2人、城西・西嶋、順大・野田選手がついていく。ただ、すぐに集団に吸収。1000mは3分00秒。舟津、日体・森田、西嶋、帝京・岩佐、日体・岩室選手などが上位。トラックは日陰が増えたものの、風も強くなる展開に。

2000mは6分12秒でやはりペースダウンする。3000m9分25秒、4000m12分39秒で通過。ここまでまだ脱落者なし。5000m15分52秒、森田選手が先頭だが、かなりペースダウンしている模様。

5600m順大・野田選手が仕掛け、一気に縦長に、脱落者も出てくる。6000m18分58秒でややペースアップ。7000m22分03秒で通過、20名そこそこの集団になってきた。このあたりで再び先頭付近が牽制に。横広がりの集団となる。

8000m25分14秒で通過、ここで帝京・小野寺選手がスパート!ついたのは日体・岩室!更に明大佐々木、日大野田、帝京大岩佐がついていく!帝京2人、明大も村上がかなり上位の方。

9000m28分13秒、帝京岩佐選手がスパート!岩室のみ対応、3位争いは明大、日大、帝京の順番。残り1周、岩佐選手が更にスパート!岩室選手を突き放す。岩佐選手が30分57秒でゴール、その後岩室31分05、法大岡原、國學小中31分10秒、山学・久保、順大野田選手などが続く。

大まかな順位など

スポンサーリンク

3組

レース展開

400m67秒、1000m3分00秒で通過。ここ2組からするとハイペースで早くも縦長の展開になる。引っ張るのは中大池田選手、2番手に法大・坂東選手、3番手に中大・加井選手。記録の残らない中大がレースを先導する。

3400mここまで苦しい国士大・住吉選手がレースを引っ張る4000m12分21で通過、ここで帝京・横井選手が引っ張りだす。ただペースは大きくはあがらず、かなり横広がりとなる。5000m15分38秒と一気にスローとなった。6000m18分54秒秒。法大と日大が転倒するアクシデントがあったが、スローに助けられ問題はない。

ここで明大鈴木小袖選手が仕掛ける。7000m21分55秒で通過。小袖・坂東・順大などが先頭。7700mで坂東選手がついに先頭に!8000m24分58秒、どんどん集団が絞られていき、8~10人程の集団に!

残り2周、現在ボーダーの大東・新井選手がフラフラ、周回遅れで出場ピンチに!

残り1周、坂東選手が渾身のスパート!これに住吉選手が食いつく。そのまま、坂東、住吉選手がワンツー。3位は城西の選手が入った。トップのタイムは30分40秒、ラスト1000mは2分46秒だった。

大まかな順位など

4組

レース展開

スタート直後は大東大の選手が先頭に。塩尻とデレセ選手が転倒するアクシデントがあったが、大事にはいたらず。1000m2分56秒、日大・ワンブイ、順大・塩尻選手、國學・浦野、明大・阿部選手らが先頭で、かなり縦長の集団に。

2000m5分57秒。塩尻、ワンブイ、阿部選手と関東IC5000mトップ3が先導する。ここで山学・清水選手が転倒するアクシデント。後方になる。3000m8分51秒、塩尻・ワンブイ・専大長谷川・阿部・デレセ中大中山が前。後ろ、こぼれる選手が出てきて、ここまでボーダーの順大難波選手がいる。

5000m14分48秒で通過、先頭は15人ほど、塩尻選手が1位だが、難波選手が40位に転落してしまい順大きつい。ボーダー争いは日大と山学の1人目(ワンブイ・永戸)が先頭、2人目は日大北野が山学清水より前にいる状況だ。

6000mは17分46秒でペースアップするも、7000m20分48秒。かなりタフなレースだ。変わらず塩尻選手先頭、ワンブイ、阿部、浦野、永戸、大石、など、ムイル、法大青木選手も続く。

8000mは23分38秒、塩尻ワンブイ阿部選手の3人に法大佐藤が食いつく。先頭集団は4人。9000m26分32秒、相変わらず4人の争い。残り1周半で佐藤選手が遅れだし、塩尻ワンブイ阿部選手の争いに。後ろ、永戸浦野青木ムイルギトンガ。

残り1周切って、ワンブイ選手が一気にスパート!単独トップに、2位争いは阿部選手が前に出て追っていく。1位ワンブイ29分12秒、2位阿部3位塩尻29分14秒、4位佐藤、5位は少し空いて浦野青木ギトンガムイル永戸の順番。少し空いて土方選手ら。

結果速報

1位法政大学4:06:08.63

2位國學院大學4:06:20.02

3位城西大学4:06:60.86

4位明治大学4:07:14.01

5位帝京大学4:07:23.33

6位日本体育大学4:08:18.59

7位順天堂大学4:08:47.52

8位日本大学4:08:52.78

以上、通過校

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. シセン より:

    順位予想
    1位 帝京
    2位 國學院
    3位 法政
    4位 拓殖
    5位 大東文化
    6位 順天堂
    7位 明治
    8位 創価
    予選通過校だけですが。

    暑さで序盤組はタイムがでないと言われていますが城西の西嶋選手、中島選手をどう見るかですね。不調なら終戦ですが、もしかしたらレースを荒らし、4組は集団で粘らせる可能性もあり得ると思います。