スポンサーリンク

2018.5.13結果・記録【第28回仙台国際ハーフマラソン・第263回日本体育大学長距離競技会5000m】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

日体大記録会の2日目と、多くのトップランナーが集結する仙台国際ハーフマラソンがありますね。 上位陣の結果と大学生の結果を記載します。  
スポンサーリンク

第28回仙台国際ハーフマラソン

参照サイト:http://www.sendaihalf.com/
スポンサーリンク

エントリー

埼玉県庁:川内優輝、安川電機:中本健太郎 Honda:設楽悠太 コニカミノルタ:野口拓也 旭化成:佐々木悟 トヨタ自動車:宮脇千博、安川電機:黒木文太 大塚製薬:松岡佑起 中電工:大崎翔也 富士通:大森 澪 東洋大学:中村拳梧④、中村 駆③、浅井峻雅② 東海大学:郡司陽大③、中園誠也③、名取燎太② 法政大学:佐々木虎一朗③ 神奈川大学:枝村高輔④、井手孝一②、佐久間勇起④、徳川稜汰④、阿比留和弘④     越川堅太③ 中央大学:二井康介③ 岸 俊樹③ 苗村隆広④ 岩佐快斗③ 吉田侑平②     岩原智昭② 矢野郁人② 大森太楽② 佐々木遼太③ 三須健乃介②     加井虎造② 神崎 裕④ 池田勘汰② 専修大学:瀬谷浩晃④ 宮下晴貴③ 松村翔太郎②

結果

1位松本 稜(トヨタ自動車)63分05秒 2位佐々木悟(旭化成)63分10秒 3位中村拳梧(東洋大④)63分17秒 4位郡司陽大(東海大③)63分24秒 5位チャールズ ディランゴ(JFEスチール)63分39秒 6位野口拓也(コニカミノルタ)63分41秒 7位川内優輝(埼玉県庁)63分41秒 8位清谷 匠(中国電力)63分43秒 9位木津晶夫(DeNA)63分44秒 10位寺田夏生(JR東日本)63分46秒 11位ジョセフ オンサリゴ(那須建設)63分50秒 12位鎧坂哲也(旭化成)63分50秒 ——————————— 越川堅太(神大③)64分02秒 作田将希(創価大④)64分44秒 佐々木虎一朗(法大③)65分07秒 浅井峻雅(東洋大②)65分32秒 白頭徹也(駒大④)65分36秒 井手孝一(神大②)65分44秒 岩原智昭(中大②)66分47秒 中村 駆(東洋大③)67分08秒 宮下晴貴(専修大③)67分31秒 徳川稜汰(神大④)68分37秒 枝村高輔(神大④)68分43秒 瀬谷浩晃(専大④)69分08秒 加井虎造(中大②)69分36秒 中園誠也(東海大③)69分40秒 63分台が結構出ましたね!最後は松本・佐々木・ディランゴ選手の争い、ディランゴ選手が抜け出したかに見えましたが、どこか痛めた感じで失速、松本選手が優勝しました!彼も結果が出るようになってきて何より。佐々木選手もロードの強さ健在ですね。 そのあと学生が頑張りました。東洋大の中村拳選手が3位表彰台!東海大の郡司選手も僅かな差で続きました。両校とも強豪校の中にあって中々駅伝出走ならないのですが、こういう選手が結果を出すとチームもわきますね!特に中村拳選手のこの1年の成長は凄いです! 他、ハーフしっかり走った越川選手、創価の主力になりたい作田選手らが続きましたかね。
スポンサーリンク

第263回日本体育大学長距離競技会【2日目】

実業団・高校生

実業団 15組 齋藤大樹(内田治療院AC)14分15秒04 16組 ウイリー キプセレム(コモディイイダ)14分05秒04 武藤健太(日清食品)14分05秒24 メシャク ムングティ(NDソフト)14分05秒76 原 法利(Honda)14分13秒75 塩田好彬(NDソフト)14分15秒16 西 智也(小森コーポレーション)14分22秒19 ムタイ ビクター(カネボウ)14分26秒63 坂本佳太(小森コーポレーション)14分29秒79 福村拳太(ラフィネ)14分35秒68 谷川智浩(コニカミノルタ)14分38秒74 日清食品の武藤選手が非常に順調ですよね。NY駅伝も走っていますし、記録会でもしっかり安定していると思います。他、原・西・坂本選手と4月に新社会人になったばかりの選手らも最終組、それぞれのシーズンインとなりました。   高校生 田澤 廉(青森山田)14分00秒27 イブラヒム ワング(札幌山の手)14分30秒91 葛西 潤(関西創価)14分33秒88 青森山田高校の田澤選手のトラック5000mの安定感は半端ないですね~。6回目の14分一桁のようです。2度目の13分台ならなかったのはおそらく悔しかったと思いますが、また糧にしてほしいですね。  

箱根1位~10位

日本体育大学 7組 續木日向①14分47秒54 福住賢翔②14分54秒92 10組 松尾拓実②14分48秒69 12組 森田諒太③14分37秒66 白永智彦③14分37秒89 廻谷 賢③14分44秒46 14組 佐藤慎巴①14分24秒64★ 島袋太佑①14分25秒58★ 小松力歩③14分32秒79 亀田優太朗②14分51秒96 冨田真佑③14分53秒91 15組 宮﨑勇将④14分11秒26 岩室天輝②14分16秒78★ 池田耀平②14分19秒72 濵田 諒③14分19秒80★ 16組 山口和也③14分23秒43 室伏穂高④14分32秒80 森崎拓海④14分42秒86 中川翔太③14分46秒17 若い力が躍動しましたね。14組で佐藤・島袋選手と両ルーキーが区間賞!15組では岩室・池田選手の2年生が頑張った、そして4年宮崎選手がついに復活しそうでしょうかね!?最終組に登場した主力はそのペースについていけなかった感じです。   東海大学 9組 守田彗登①14分49秒47 池田一成①14分50秒84 10組 米田智哉②14分44秒79 生駒大和④14分48秒58 11組 田中康靖①14分45秒02 長田駿佑①14分54秒91 12組 鈴木恒介②14分44秒89 羽田智哉③14分44秒98 14組 1位東 優太④14分21秒40★ 15組 鈴木雄太②14分25秒59 河野遥伎③14分25秒61 中嶋貴哉①14分43秒36 16組 高田凜太郎③13分59秒93★(全体トップ) 上村亮太②14分14秒51★ 市村朋樹①14分17秒89★ 本間敬大①14分36秒89 14組でコツコツ積み上げた4年東選手が14分21秒!また無名の選手が上がってきました。東海大はこういう選手が毎年現れるのはいいところだと思います。 また最終組では記録がでました。高田選手が全体トップのタイムで約10秒ベストを更新!そして今大会唯一の13分台をマークしました!こういう結果は嬉しいですね。久々の駅伝メンバーとなりますでしょうか。また、上村・市村選手といった若手選手が台頭してきています。  

箱根11位~20位

順天堂大学 13組 小島優作①14分32秒73 15組 牧瀬圭斗①14分41秒70 近藤亮太①14分53秒39 16組 藤曲寛人③14分10秒01★ ルーキーたちが5000m出走。小島選手がまずまず走れた感じでしょうかね。そして最終組に登場した藤曲選手驚きました!ロードのイメージだったのですが、最終組のハイペースに4000m付近まで食らいつき14分10秒の大幅ベスト!今年に入って記録が向上していましたし飛躍の年になるかな!?   駒澤大学 14組 石川拓慎①14分29秒95★ 15組 大坪桂一郎③14分27秒29 16組 伊東颯太②14分16秒07 中村大成③14分37秒89 駒大も一部の中堅選手が記録会に出てきましたね。1年石川選手が自己ベスト、飛躍が期待される2年伊東選手もベストにあと僅かの成績でした。   神奈川大学 9組 横澤清己①14分57秒47 10組 平塚翔太②14分35秒60 小笠原峰人②14分43秒50 11組 三俣友作①14分51秒71 近藤聖人①14分56秒51 12組 菊池夏規②14分35秒01★ 13組 淵田凌一①14分45秒59 14組 安田 響①14分33秒51 杉本康平②14分36秒43 宗 直輝③14分38秒82 15組 川口 慧①14分11秒54★ 藤村共広③14分18秒37★ 15組に登場した選手がやりましたね。ルーキーの川口選手がいきなりベストで14分11秒、次の大会に注目ですね!さらに足踏みが続いていた3年藤村選手も自己ベスト!主力が増えると、今後の展望が開けます。   國學院大學 11組 原 拓巨①14分51秒90 松延大誠①14分55秒85 12組 田中義己③14分35秒22★ 木下 巧②14分35秒87 小賀悠人③14分46秒32 13組 甘利大祐①14分52秒07 14組 藤木宏太①14分24秒93★ 木付 琳①14分30秒97★ 殿地琢朗①14分40秒59 相澤龍明①14分45秒83 1年生が活躍しましたね。14組と比較的上位の組でしたが、藤木選手と木付選手が早速自己ベストを出してきています。次の記録会に繋がっていくかどうかが注目ですね。   東京国際大学 9組 中村 黎③14分51秒98 三浦瞭太郎①14分56秒02 10組 坂部隼一朗①14分36秒60 菅原拓海②14分54秒99 11組 中村南斗④14分42秒51 12組 山崎冬馬②14分27秒73★ 鈴木天大②14分33秒35★ 原田和輝②14分34秒83 杉崎 翼②14分37秒95 加藤純平②14分44秒76 草場大地②14分52秒04 13組 芳賀宏太郎①14分49秒08 濱添大地④14分55秒33 15組 内山涼太③14分32秒12 佐藤雄志③14分42秒66 相沢悠斗③14分47秒56 16組 伊藤達彦③14分02秒36★ エースの伊藤選手は安定感が増してきましたね。全体の3番目のタイムです。関東ICで勝負する手応えはあるでしょうか?他。山崎・鈴木選手がベスト。15組の3人はもう少しいきたかったでしょうか。   山梨学院大学 13組 松倉唯斗①14分42秒18 14組 花田幹太③14分48秒56   上武大学 10組 岩崎大洋②14分55秒71 11組 久保田直生④14分55秒97★ 12組 坂本貫登②14分38秒41★ 淵 喜輝④14分47秒90 橋立 旋③14分52秒94 上武大が5000mに挑戦してきました。若手の坂本・岩崎選手あたりがいい結果を出しています。選手層が厚くなってくれば、連続出場も見えてきます。  
スポンサーリンク

箱根不出場校、その他

日本大学 9組 橋口大希①14分46秒61 大池竜紀①14分51秒54 10組 池田亜久里②14分52秒35 遠田光太郎②14分53秒32 11組 疋田和直①14分47秒84 13組 鈴木康平①14分47秒81 八重畑龍和①14分50秒25 若手の選手が中心に出場していきました。鈴木・八重畑選手ら、ここからどのくらいあがっていくでしょうか。   明治大学 9組 丸山幸輝①14分57秒61 10組 長倉奨美②14分45秒42 岩本隼弥④14分53秒46 12組 寺前友喜②14分47秒23 坂井大我②14分58秒30 14組 三輪軌道③14分27秒89 佐々木大輔③14分30秒09 15組 中島大就③14分10秒24 鈴木聖人①14分15秒86 手嶋杏丞①14分24秒61 角出龍哉④14分28秒72 飯田晃大②14分45秒82 主力が多く出てきましたね。三輪・佐々木選手が少しずつ復調してきています。絶好調の中島選手、ルーキーの鈴木・手嶋選手もまずまずでした。関東IC・全日本予選に向けてチーム状態が上向きになってきていると思います。   専修大学 9組 服部友太①14分51秒81 南美空翔①14分56秒45   麗澤大学 9組 小林琢人②14分56秒47★ 13組 椎野修羅①14分33秒08★ 麗澤大はルーキーの椎野選手が自己ベスト!一気にチーム4番手のタイムで明るい話題をもたらしました。   東京農業大学 11組 西野匠哉③14分54秒34 清水友斗③14分56秒18   日本薬科大学 8組 及川雄大③14分55秒30 山本翔矢④14分59秒54 10組 溜池勇太③14分37秒74★ 大倉秀太②14分44秒24 今川深透②14分44秒67 箱根出走した日薬・溜池選手はやはりという自己ベスト!このままチームを引っ張ってくれれば。2年生もしっかり力をつけてきていますね。   流通経済大学 13組 中根翔也14分49秒41★ 浅海雄大②14分59秒46 14組 竹上世那①14分46秒74 岡島慶典②14分54秒91 鈴木壮馬②14分59秒50 15組 梶山拓郎②14分45秒20 竹上選手ら若い選手が頑張りましたね。また、梶山選手が14分台を出せるまで走力が戻ってきたのが嬉しいニュースです。   亜細亜大学 11組 柿木郁人②14分55秒09★ 15組 田崎聖良③14分16秒27★ 亜大いいですね。田崎選手がここにきてぐっと成長してきました。14分16秒でチームトップになるタイムです。 関東学院大学 6組 松下昌人④14分52秒67★ 13組 横田拓海③14分44秒89 川良昴世②14分59秒78 4年松下選手が初の14分台ですかね。少しずつでも選手層が厚くなれば。   武蔵野学院大学 7組 原田宗市①14分54秒32★ 13組 森 竜也③14分54秒69 16組 タイタス ワンブア③14分13秒16 ルーキー原田選手が健闘、14分台が増えてきています。ワンブア選手ここから関東ICうまく仕上げられるかな?   関東その他 13組 山下晃一朗(上智大③)14分52秒66   その他 12組 原 由幸(星槎道都大)14分32秒04 下舘 真樹(星槎道都大)14分44秒34 13組 田中佑典(札幌学院大)14分46秒84 上智大の山下選手はベストにあと少しでしたが、春で14分台は結構いいのでは?また、北海道からの参戦が多く、まだチームに残っている星槎道都大の原選手がいい記録を出しています。  
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ユーポン より:

     最近、記録会に合わせて、雨、高温、風になりますね。記録が若干停滞しているように見えるのはそのせいなのかなぁ?
     この中で自己ベストを出せた人は本当にすごいですね・・・今年一気にブレイクする選手も出てくるかも。

  2. りっく より:

    今期好調の中村選手がいいレベルで安定してきたと思います。東洋も関東インカレでは山本・吉川両主軸が不在で戦わざるを得ない状態なので中間層がどんどん登場して欲しいところ。

    神奈川と日体大は卒業生の穴が非常に大きく、力のある新入生を軸としてチームの立て直しを図りたいチーム。結果として今のところは無難には進めていると思います。ただこの両校、2年生がかなり不安なので今回の好記録で発破をかけられたらなとは思います。

  3. たけぽっぽ より:

    神奈川大学の動きが読めなくて一抹の不安があります。大エースの山藤選手、箱根を走った安田選手、荻野選手があまりレースにでて来ないのは、故障等でなければいいのですが・・・。
    そのなかで現在は越川選手が孤軍奮闘しているような形で、多和田、井手、宗選手あたりの活躍が不可欠かなと現状の戦力から考えます。最後に仙台ハーフを箱根10区で区間7位の枝村選手が走っていましたが、もしかして5年生?もし箱根を走ることになれば、選手層が厚いとは言いがたいチームにとって貴重な復路の戦力になるとは思いますが。