スポンサーリンク

2018.4.14の結果・記録【四大対抗(日体・東海・順大・国士)、法政大記録会】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

今週は大きな大会は少ないそうですが、 四大対抗戦、それから幸手マラソン、各種記録会(法大・早大・流経大) さらに世界ではボストンマラソンに川内・中本選手が出場するそうです。 まずは四大対抗・法大記録会の結果です。
スポンサーリンク

四大対抗陸上

結果記載サイト おそらく順大陸上部のHP(http://www.iiwanet.jp/j_trackfield/)
スポンサーリンク

対抗戦結果

長距離の4種目について記載します。 なお、基本的にオープンと同時スタートでしたが、分けて記載します。 1500m 1位ポール ギトンガ(国士大②)3分47秒85 2位館澤亨次(東海大③)3分50秒20 3位野口雄大(順大②)3分50秒43 4位木村理来(東海大③)3分53秒39 5位酒匂郁海(日体大④)3分53秒57 6位志賀康太(日体大④)3分56秒12 7位笹谷亮太(順大③)3分59秒98 8位石川大和(国士大④)4分02秒56 スタートからオープンの順大・塩尻選手が飛ばしていき、そして国士・ギトンガ選手らがついていく形になりました。残り500mでギトンガ選手が抜け出してトップに!1500mが得意分野になったようですね。インカレで活躍できるでしょうか? 2位から5位は実力者の舘澤・野口・木村・酒匂選手が順当に入りましたね。酒匂選手も昨年の関東ICで決勝に残っている選手です。 3000mSC 1位小松力歩(日体大③)9分07秒79 2位濵田 諒(日体大③)9分11秒49 3位森下舜也(順大②)9分13秒03 4位榎本大倭(順大①)9分16秒96 5位工藤海良(国士大④)9分21秒42 6位鈴木恒介(東海大②)9分32秒78 7位足立直哉(東海大④)9分33秒67 8位鈴木大介(国士大②)9分39秒80 最初は東海・足立選手や順大・森下選手が引っ張っていました。2000m過ぎてから日体・小松選手が出てきてそのまま優勝。やはり昨年関東ICで活躍しただけあります。更に日体・濱田選手が続き、今回は日体大がz強かった。順大が3位4位で続き、ここまでは記録的にもまずまずでしたね。 5000m 1位ライモイ ヴィンセント(国士大①)14分09秒27 2位野田一輝(順大③)14分16秒29 3位橋本龍一(順大③)14分22秒31 4位市村朋樹(東海大①)14分28秒30 5位中川翔太(日体大③)14分36秒35 6位河野遥伎(東海大③)14分42秒93 7位高田直也(国士大④)14分45秒19 8位三原卓巳(日体大④)15分01秒52 1800mで国士・ライモイ、順大・橋本選手が抜け出す。一時は強風の中13分台が出るかもしれないペースだったそうですね。2600mからはライモイ選手が抜け出しそのまま独走。最後は苦しくなりましたが見事に14分一桁でまとめました。 2位争いは野田選手やOPの国士・戸澤選手が追いついて3人の争い。余裕を残していた野田選手がここは良かったですかね。戸澤・橋本選手が続きました。そのあと、OPの選手と激しく争いながら、東海・市村選手がベストに近いタイムで踏ん張ったと思います。 10000m 1位郡司陽大(東海大③)29分48秒30 2位室伏穂高(日体大④)29分53秒73 3位湯澤 舜(東海大④)30分00秒73 4位吉岡幸輝(順大④)30分09秒67 5位宮﨑勇将(日体大④)30分13秒89 6位藤江千紘(国士大④)30分14秒37 7位内山 武(国士大④)30分15秒34★ 8位小畠隆太郎(順大③)30分56秒65 序盤は順大・小畠選手、中盤はずっとOP日体・岩室選手が引っ張り続ける展開。8000mまでは平均1㎞3分ちょっとで進むペース。東海・湯澤選手が仕掛け、反応した東海・郡司、日体・室伏選手と3人の争い。9000mからは郡司・室伏選手の2人となり、残り300mでしかけた郡司選手が優勝した模様です。 2位室伏、3位湯澤選手が続いた後、4位から7位までは大混戦。しかも全員4年生でしたが、吉岡選手が踏ん張り切りました。また7位内山選手は自己ベストを更新しています。  
スポンサーリンク

オープン結果

オープンは大学別です 東海大学 1万 高田凜太郎③30分04秒06 鈴木雄太②30分57秒52 高田選手はさすが実力者ですね。スパートはつけませんでしたが、安定感がありました。 日本体育大学 1500m 菅沼隆佑②3分57秒91 5千 山口和也③14分24秒85 森崎拓海④14分44秒79 大泉 奨④14分55秒56 1万 亀田優太朗②30分19秒05 冨田真佑③30分31秒68 岩室天輝②30分34秒66 鈴木烈剛③31分24秒20 オープンにも実力者が出てきましたね。山口選手は主力の一人です。1万は中堅選手が出場。2年亀田・岩室選手が良かったですかね。   順天堂大学 1500m 塩尻和也④3分51秒40 前田智広②3分56秒21 5千 藤曲寛人③14分26秒09 多久和能広②14分36秒26 江口智耶④14分44秒20 馬場スタン恵④15分09秒34 1万 小林 聖④30分13秒15 矢野直幹②30分43秒71 山田 航④31分03秒13 3障 續木悠也④9分15秒23 塩尻選手がオープンで出場、1500mの好記録をアシストしています。5千は藤曲選手が最後まで粘り、1万は4年小林選手が対抗戦で入賞できるところで踏ん張りました。1万は吉岡・小林選手ら4年生が踏ん張っています。 国士舘大学 1500m 堂本将希②3分57秒72 5千 戸澤 奨④14分18秒62 多喜端夕貴④14分45秒39 1万 鼡田章宏③30分17秒02 福田有馬③30分58秒50 大西 彰③31分12秒87 3障 吉野 翔②9分30秒46 戸澤選手がほぼベストのタイムで完全復調ですね。良かったです。1万では鼡田選手が好調をキープしているようです。

第28回法政大学記録会

八王子と多摩川で分かれて?行っていたようです。それにしても参加校が増えてきています。 全結果(http://skarube.blog46.fc2.com/blog-entry-887.html?sp) 法政大学 1500m 強矢涼太③3分56秒02 守角 隼①3分56秒04 5千 多摩川組 松澤拓弥③14分20秒26★ 岡原仁志③14分27秒64 坪井 慧③14分27秒70 中光 捷①14分42秒78 2組 中村雅史②14分36秒53 須藤拓海14分42秒12★ 鈴木 快②14分53秒71★ 本多寛幸④15分00秒25 3組 田辺佑典②14分38秒06 鎌田航生①14分39秒93 多摩川で走った3年生松澤・岡原・坪井選手が良かったですね。特に松澤選手がベストです。他にも2年生以下に出走者が多くいました。中村・田辺・鎌田選手が奮起しています。   帝京大学 1500m 齋藤 槙④3分57秒38 寺嶌渓一①3分58秒85 鳥飼悠生②3分59秒51 5千 多摩川組 平田幸四郎③14分20秒49 星  岳②14分33秒30 山根昴希②14分38秒47 新関友基④14分57秒98 2組 増田 空②14分39秒82★ 幸崎一聖④14分44秒85 福島健斗②14分45秒33 井手優太④14分51秒40 三原魁人①14分55秒38 平田選手が状態いいですね。長い距離の方が得意な選手なだけに次のレースが楽しみ。   駒澤大学 1500m 小島海斗②3分52秒00 市澤長太②3分53秒02 5千 多摩川組 中村大聖③14分25秒74 1500mが組トップだったかな?小島選手がまずまずです。   國學院大學 5千 多摩川組 土方英和③14分23秒93★ 河東寛大②14分26秒64★ 臼井健太②14分50秒66 殿地琢朗①14分56秒32 4組 長谷勇汰④14分23秒88★ 稲毛暉斗③14分49秒32 國學院大がベストを出していますね。土方選手はこのタイムでベストなのは意外な印象?喰いついた河東選手もまずまずです。4組では長谷選手が奮起、箱根予選には出場していた選手が意地を見せています。   日本大学 1500m 六川恵二朗③3分59秒11 金子智哉③4分00秒34 5千 多摩川組 野田啓太②14分26秒45 山本起弘①14分55秒71 2組3組 大平健太③14分52秒38 池田亜久里②14分56秒72 伊藤直輝③14分57秒74 野田選手がまずまずキープしています。1500m得意な金子選手はこれからあげられるか。   創価大学 5千 1組 小野寺勇樹①14分48秒61 3組 中武泰希①14分41秒08★ 1年生が出場、中武選手がさっそく自己新です。   明治大学 5千 多摩川組 1位鈴木聖人①14分18秒08 5千13分台ルーキーの鈴木選手がここでデビュー。しっかり全体のトップ、次のレースに弾みが付きますね。   亜細亜大学 1500m 横田大地④3分53秒21 森木優摩②3分54秒77 5千 多摩川組 米井翔也④14分22秒07 梅本龍太④14分27秒20 2組 竹井祐貴①14分40秒74★ 焼津ハーフに続き亜大勢が健闘、米井・梅本選手ともにベストに数秒差、珍しく主力の足並みが揃っていますね!それから1500mは横田選手と昨年の全日本予選で健闘した森木選手が久々のレースで結果を残しています。ルーキーの竹井選手も自己ベスト、いい結果が出ています。   桜美林大学 3組 田部幹也④14分45秒67 学生連合3区を走った田部選手が少しずつ状態が上がってきていますかね。 武蔵野学院大学 1組 船田圭吾①14分58秒69★ 3組 安部智輝④14分59秒21 武蔵野学院大は少なくとも14分台の新入生が3人入っているようですね。そのうちの一人、船田選手がベストを更新しています。
スポンサーリンク

フォローする