スポンサーリンク

[20年前を振り返る]第73回箱根駅伝-6区を見てみよう!-

シェアする

復路の序盤6区になります。神大がトップで堅実に推移していきます。今回は下位のチームが健闘、専大の小栗選手が素晴らしい走りをします。

スポンサーリンク

第73回(1997年)箱根駅伝6区

皆様の情報により、追記は赤文字、修正は青文字で行います。
スポンサーリンク

第73回(1997年)箱根駅伝6区走者経歴

私も含めて当時の大会を知らない方も大勢追われると思いますので、それぞれの区の最初に、走者の持ちタイムと前年(1996年)の主要大会の成績を付記します。
・持ちタイム参考サイト(Saijo’s:http://hakonesaijo.sakura.ne.jp/73hakmain.htm)
・大会参考サイト(箱根駅伝記録館:http://www13.plala.or.jp/hakone-kiroku/、箱根駅伝の記録:http://www13.plala.or.jp/jwmiurat/)
順番は前の区の中継所通過順
名前・学年 大学名 主な戦歴
渡邊 聡② 神大 29分05秒、全4区4位、予20位、関2部1万5位、箱7区1位
工藤利寿④ 中大 29分34秒、箱6区1位
斎藤 剛③ 大東 29分37秒、出1区15位
新妻 明② 早大
境田孝将② 山学 30分04秒
萩野 聡③ 東洋 29分59秒、全7区6位、予62位、箱10区10位
秋場 実④ 東海 29分42秒
室 政敬② 順大 29分50秒、出1区9位、日3障1位、関1部3障1位、箱6区7位
河合芳隆② 駒大 29分19秒、全4区9位、予46位、日ハーフ3位、関2部ハーフ4位、箱6区10位
八張公成③ 日体 30分12秒
池谷重喜② 亜大 29分05秒、全7区5位、出1区8位、関2部1万6位、箱6区3位
川久保信③ 農大 30分18秒
小栗一秀④ 専大 29分39秒、予52位、出4区3位、箱6区9位
小林史和① 拓大 29分47秒、関2部千五7位
佐藤研司① 法大 29分53秒、出3区11位
 トップ神大は前回7区区間賞の渡邊選手をコンバート、対して2位中大は前回逆転優勝の立役者の一人となり前回6区区間賞の工藤選手で実績的には見ごたえ充分。大東と早大、山学あたりは駅伝初挑戦の選手で隠し玉なのかどうか。他、順大・室、駒大・河合、亜大・池谷、専大・小栗選手も前回6区で実績あり。なお、のちに1500m日本記録を樹立する拓大・小林線選手が一度目の箱根路を迎える。
 
スポンサーリンク

小涌園9.1㎞

順位 名前 大学 タイム 総合・トップ差 [通過]トップ差
3位 渡邉 神大 27分16秒
14位 工藤 中大 28分19秒 ②3:11
9位 斎藤 大東 27分51秒 ③4:44
6位 境田 山学 27分22秒 ④7:50
15位 新妻 早大 28分59秒 ⑤8:02
4位 荻野 東洋 27分18秒 ⑥9:20
1位 小栗 専大 26分51秒 ⑬22:31 [7]9:35
2位 池谷 亜大 27分02秒 ⑪20:55 [8]9:46
4位 河合 駒大 27分18秒 ⑧15:03 [9]10:02
7位 川久保 農大 27分33秒 ⑫21:24 [10]10:07
8位 秋葉 東海 27分47秒 ⑦13:27 [11]10:31
10位 八張 日体 28分05秒 ⑩18:06 [12]10:49
10位 佐藤 法大 28分05秒 ⑮28:27 [12]10:49
12位 小林 拓大 28分11秒 ⑭27:14 [14]10:55
13位 順大 28分16秒 ⑨15:48 [15]11:00
  神大・渡邉選手は快調なペースで下っていく。目標の区間記録からは遅れているものの3番目にいいタイムで下っていく。対して前回区間賞の工藤選手が全くペースが上がらず14番目のタイム、一気に1分以上開いてしまった。夏に故障してメンバー入りも難しいと言われていた中だったか厳しいレースとなっている。
 その工藤選手より40秒もさらに遅いペースとなっているのが早大・新妻選手で1分以上後ろだった山学・境田選手に交わされて5位転落している。早大は6区が非常に苦手な時期だが、にしてもスローペースとなっている。
 なお、一番早いタイムで下っているのは繰り上げ組から専大・小栗選手。3年連続山下りだが、今回は非常に速い。26分台通過は区間記録とほぼ変わらない。なお、経験者の池谷・河合選手もこれに続き、農大・川久保選手が食らいついている。逆に順大・室選手は力を出せておらず、拓大・小林選手らからも遅れてしまい見た目最下位と出遅れてしまった。

スポンサーリンク

函嶺洞門17.1㎞-9.1㎞=8.0㎞

順位 名前 大学 タイム 総合・トップ差 [通過]トップ差
3位 渡邉 神大 21分41秒
10位 工藤 中大 22分19秒 ②3:49
8位 斎藤 大東 22分08秒 ③5:11
5位 境田 山学 21分50秒 ④7:59  
9位 新妻 早大 22分14秒 ⑤8:35
1位 小栗 専大 21分21秒 ⑫22:11 [6]9:15
4位 荻野 東洋 21分47秒 ⑥9:26 [7]9:26
2位 河合 駒大 21分37秒 ⑧14:59 [8]9:58
7位 池谷 亜大 22分04秒 ⑪21:18 [9]10:09
6位 小林 拓大 22分00秒 ⑭27:33 [10]11:14
12位 秋葉 東海 22分25秒 ⑦14:11 [11]11:15
11位 八張 日体 22分22秒 ⑩18:47 [12]11:30
13位 佐藤 法大 22分35秒 ⑮29:21 [13]11:43
14位 順大 22分52秒 ⑨16:59 [14]12:11
15位 川久保 農大 23分53秒 ⑬23:36 [15]12:19

渡邉選手は順調なペースで下りきる。最低限のノルマが59分台と自らに課しているそうだが、このままいければ達成できる。中大・工藤、大東・斎藤選手はこのあたりは粘っているか。境田選手が順調で5番目にいいペースで前を追い上げる、新妻選手も小涌園からはそこまで悪くない感じだ。

その後ろ、区間記録を狙う小栗選手が、時差スタートの東洋・荻野選手を15㎞過ぎに捕らえ見た目6番に上がってきた。大平台で区間記録から5秒遅れているということでしたが、どうやら追いついてきたようだ。荻野選手も悪くないので素晴らしいペース。また、駒大・河合選手も伸びてきて一気に区間2位に上がってきた。

それから先ほど見た目14番目だった拓大・小林選手がペースアップ。見た目10番目まで浮上、東海・秋葉、日体・八張、法大・佐藤選手、それから大きく失速した農大・川久保選手も捉えている。川久保選手は室選手にも交わされ、見た目最下位。やや苦しい走りとなっている。

スポンサーリンク

小田原中継所20.7㎞-函嶺洞門17.1㎞=3.6㎞

順位 名前 大学 タイム 総合・トップ差 [通過]トップ差
7位  渡邉  神大  11分13秒  ① 
11位 工藤 中大 11分19秒 ②3:55
5位  斎藤  大東  11分02秒  ③5:00 
1位  境田  山学  10分35秒  ④7:21 
10位 新妻 早大 11分17秒 ⑤8:39
3位  小栗  専大  10分55秒  ⑫21:53  [6]8:57 
4位  荻野  東洋  11分00秒  ⑥9:13  [7]9:13 
2位 河合 駒大  10分47秒  ⑧14:33  [8]9:32 
13位  池谷  亜大  11分25秒  ⑪21:30  [9]10:21 
8位 小林 拓大 11分16秒 ⑭27:34 [10]11:17
5位  八張  日体  11分02秒  ⑩18:36  [11]11:19 
9位 秋葉 東海 11分17秒 ⑦14:15 [12]11:19
14位 佐藤  法大  11分35秒  ⑮30:43  [13]12:05 
12位  室  順大  11分20秒  ⑨17:06  [14]12:18 
15位  川久保  農大  11分59秒  ⑬24:22  [15]13:05 

神大・渡邉選手がトップを守って中継。最後でややもたついたため、60分切りはならなかったものの見事な走りだった。中大・工藤選手はやはり故障の影響からか最後まであげきれず、目標60分30秒だったが大きく時計がかかってしまった。むしろ大東・斎藤選手がかなり詰めてきた印象だ。

その後ろ、境田選手がラストの平地は一番伸びやかな走りをしている。しっかり総合4位にあげている。突き放された早大は何とか総合5位をキープ、次の繋ぎに回ったエースにタスキを渡した。

さて、その100m後ろにまで迫っていたのが見た目6番の専大・小栗選手。最後は脚がつっていた話もあったが最後まで力強い走りで59分07秒、66回大東・島嵜さんの記録を14秒更新する走りだった。復路これからを考えても優位にレースを進めていけそうだ。

続いてこちらもいいペースで走り続けた東洋・荻野選手、それから後半に入って尻上がりにペース上がった駒大・河合選手が8番目。総合順位も8位で順大を交わした格好となった。小涌園で小栗選手についていった亜大・池谷選手が最後やや苦しくなったが、60分台で走り切った。

その後ろ約1分、3チームが団子で入ってきた。一旦抜け出した拓大・小林選手に、日体・八張選手と東海・秋葉選手が詰め寄りながらのたすきリレー。日体大は9位順大に約1分半まで迫る走りになった。

その順大は、法大・佐藤選手の後ろ、個人タイムとしては62分以上かかる苦しいレースに。見た目も14番目と出遅れてしまった。最後は63分以上かかった川久保選手がリレー。最下位の単独走となり、復路の先がきつくなりそうな位置となった。

Twitterhttps://twitter.com/hakonankit

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ナナ より:

    6区はほとんどの選手が袖ありユニフォームの中で、中央の工藤選手のタンクトップ姿は印象的でしたね。

    それにしても、新妻選手は75回にもテーピングしてて最高点付近で一斉スタート組に一気に抜かれた印象が強いですが、この年もテーピングしてましたね。
    (工藤選手に抜かれながらも)前年一応経験者の新井選手がエントリーされて、当日メンバー変更されましたが、代わりの選手はいなかったのでしょうかね。

    相楽監督が走るようになった2002年以降、早稲田の6区は多少マシになっていきましたね。

    • hakonankit より:

      >ナナさん
      工藤選手はそのタンクトップでも(昨年ではありますが)しっかり走っているのが印象的ですね。今だと考えられないですが。

      早大は相楽さんが走るまで6区は本当に苦手の苦手…(苦笑) 今大会での新妻選手が62分30秒でしたが、優勝争いしていたころは63分かかっていてまだマシなくらいでした…。