スポンサーリンク

箱根駅伝2023【城西大学】戦力分析&区間オーダー予想も!

箱根駅伝2023(第99回)の16人エントリーが発表されました。

詳細まとめはこちら

2023年1月2日(月)3日(火)に箱根駅伝2023が行われます。 その16人エントリーが、 2022年12月10日(土)に行われました...

以降、

12月29日(水)に区間エントリー発表

1月2日(日)往路・3日(月)復路朝7時に、当日交代を含めて最終オーダー
1日最大4名、2日間で最大6名の変更が可能となっています。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の戦力分析と区間オーダーの予想を行っています。

続いて、区間オーダーに嬉しい悩み!?城西大学です。

スポンサーリンク

本サイトで戦力分析に、独自のランキングを使用しています。

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手

4点:主要区間で区間上位でいける選手

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

はっきりとした分け方はなく、
・過去の駅伝実績
・1万mなどの持ちタイム
・ここ数か月の大会の成績
などから、主が総合的に独断で判断しています。

ご了承ください。

箱根駅伝2023【城西大学】戦力分析&区間オーダー予想も!

 ここのところ、出場と不出場を繰り返していた城西大。この流れを切ろうと、今年ついに留学生導入に踏み切った。全日本予選では、最終組まで出場権を争う健闘を見せると、その後の記録会では好記録が続出した。

 そして箱根駅伝予選会。前回は、前半抑えて浮上できなかった苦い経験もあり、全体的に早い入り。序盤から好意に付けると、そのまま突っ切り見事3位で通過!

 2大会前を経験している3年生が主力になり、留学生を含めた1年生も力になっていた。その後も、激坂王で2人の選手が好走など、嬉しい悩みも。城西大の戦力をまとめなおします。

スポンサーリンク

11月以降の成績まとめ

11/12 日体大記録会
10000m3組
桜井優我①29分38秒20★
久保出雄大②29分48秒75★
大沼良太郎①30分18秒54★
4組
平林 樹②28分57秒48★
山中秀真③29分11秒83
5組
山本唯翔③28分25秒21★
斎藤将也①28分37秒90★
野村颯斗③29分20秒67

5000m19組
中田侑希③14分25秒41★
22組
藤井正斗④14分19秒72★
成田龍之介③14分23秒01
27組
ビクトリー キムタイ①13分31秒18★
山本唯翔③28分25秒21

11/18 第5回激坂最速王決定戦
1位斎藤将也①51分50秒
2位山本唯翔③52分49秒

11/20 上尾シティハーフ
林 晃燿②63分22秒
鈴木健真①64分06秒
山本 樹③64分21秒
古川道斗④64分33秒
藁谷誠矢④64分33秒
浅井晴大郎①64分35秒
佐藤礼旺④64分50秒

11/20 1万m記録挑戦会
8組
中田侑希③29分40秒48
9組
藤井正斗④29分20秒51
10組
ヴィクター キムタイ①28分35秒74★

戦力分析

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
山本唯翔③28分25秒21
≪22予65位、21予81位、箱5区6位、20:全7区13位、予115位≫
 城西大の主力ランナーの一人。2大会前山登りを走り区間6位の好走を見せている。今年の箱根予選は、終盤の脱水症状に陥り65位に留まるも、直後1万m28分25秒好走、激坂王も2位に入り、山登り70分台以内を見据えている。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
V.キムタイ①28分35秒74
≪22予6位、全予4組14位、関東IC5千2位≫
 城西大初の留学生ランナー。関東ICで5千m2位といきなりポテンシャルの高さを見せた。全日予選1万mが今一つで長い距離が不安視されたが、予選6位と日本人に勝利。その後1万m28分35秒に更新している。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
斎藤将也①28分37秒90
≪22予27位、全予4組26位、21高1区11位≫
 1年生ながら一気にチームのエース格になった注目ランナー。夏は一時練習を中断した状況で、箱根予選チームトップの好走し、1万m28分37秒の自己ベストを出した。1区2区を希望も、激坂王で全体のトップのタイムを叩き出し、5区候補にも挙がっている。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
野村颯斗③28分54秒48
≪22予59位、21予108位、箱6区11位、20:予159位≫
 2大会前に、当時1年で山下りを担当し、途中まで上位の走りを見せての区間11位の粘りを見せた選手。箱根予選で3年連続の好走を

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
平林 樹②28分57秒48
≪22予79位、21:予198位≫
 城西大期待の若手ランナー。2大会連続箱根予選に出場し、昨年の198位から79位と大幅にアップさせた。その後、1万m28分57秒と、初の28分台を記録した。

山中秀真③28分57秒70
≪22予75位、全予1組10位、関東IC5千18位、21:予102位、20:予221位≫
 城西大の主力ランナーの一人。昨年は連合に選ばれている。関東IC5千m決勝、全日予選序盤組で2年連続好走と、スピードがある選手。今年の箱根予選はチーム6番手。その後、1万m29分11秒をマーク。

藤井正斗④29分01秒93
≪22予184位、21:予202位、箱7区13位、20:全5区16位、予65位≫
 1年時に1万m29分台をマーク。2年時にメンバーに選ばれ箱根予選65位好走、箱根も7区を走った。暫く調子が上がらない時期が続き、今年の箱根予選184位。その後、1万m29分20秒と上昇傾向。

小島 拓④29分33秒64
≪22予61位、関東IChalf17位、21予174位≫
 前回箱根予選出場し174位、今年になって一気に伸びて関東ICハーフ17位、箱根予選は61位チーム4番手。4年間かけて力を付けた選手。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
木村吉希④28分55秒63
≪21予196位≫
 前回の箱根予選に出走。冬の記録会で1万m28分台を記録して、一躍主力候補に躍り出た。今年は関東IC1万mに出場するも失速。その後試合出場が無い中で、エントリーに入ってきた。

林 晃燿②29分26秒31
≪22:全予2組17位≫
 元々関東IC1500mに出場するなど、スピードに長けたランナーだったが、1万m29分26秒を出して、全日予選に出走。さらに、上尾ハーフで63分22秒と距離に対応。16人のメンバーに入ってきた。

桜井優我①29分38秒20
≪22予129位≫
 今年9月に1万m30分20秒を出すと、箱根予選出走し129位とまとめる走り。その後1万m29分38秒ベスト、着実に成長しているルーキー。

山本 樹③29分54秒16
≪20:全6区16位、予125位≫
 1年時の箱根予選で好走し、全日本駅伝6区に出走している。長らく姿を皆なかったが、今年箱根予選にエントリー。出走はせずも、その後大会に出場。上尾ハーフ64分21秒で走り切った。

鈴木健真①29分57秒99
≪22全予1組18位、21高1区6位≫
 城西大期待の1年生の一人。高校駅伝1区6位等、実績は一番。全日予選も1組でまずまず。秋は出遅れていたが、上尾ハーフ64分06秒。エントリーに間に合わせた。

大沼良太郎①30分18秒54
≪22予128位、関東IC3障、21IH3障6位≫
 3000m障害を中心に活躍していた選手だが、箱根予選のメンバーに入ると、箱根予選チーム8番手の128位でゴール。3位通過に貢献している。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
中田侑希③29分40秒36
≪22予249位、21:予193位≫
 箱根予選に2年連続出走している。今回は249位チーム12番手と失速してしまったが、11月に5千m14分25秒ベスト、1万mも29分40秒ほぼベストタイの記録をマーク。

久保出雄大②29分48秒75
≪22予139位≫
 春先に5千mのベストを連続して更新し台頭。箱根予選出走メンバーに選ばれ、チーム10番手で走り切っている。

上位10名合計:28
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

【過去3年間成績】
98回予選15位

97回総合16位
96回予選15位

 箱根予選では1年生が元気でした。まずは留学生キムタイ選手が、しっかりハーフマラソンを完走。全日予選で4組14位に留まって、距離対応間に合うのかと不安視されていたものの、全体6位好走。日本人よりは早く走ってみせた。これなら往路序盤区間どこでもいけそうだ。

 そして注目ランナーとなった斎藤選手。トラックシーズンから、全日予選最終組抜擢されるなど期待されていました。夏に練習が途切れた時期があったものの、箱根予選日本人チーム1番手。さらに、激坂王で、5区候補のチーム内主力選手を破ってトップ!往路序盤と思いきや、起用の幅が広がった。

 そのチーム内主力選手5区候補が、3年山本選手。2大会前、当時1年生で5区6位で駆け上っている実力者。1万m持ちタイムも28分25秒でチームトップに。経験と走力がぐっとあがり、かなりいいタイムを出せるのは間違いないところ。さて、5区を上るのはどちらか…。

 このほかの主力も3年2年が多い印象。2大会前山下りの野村選手と、前回連合に選ばれている山中選手が、箱根予選二けた順位とそれぞれ成長している。往路に入ってくるか。2年平林選手も一気に成長して、1万m28分台。10人のメンバーに入って来そうな勢いだ。

 4年生は、地道に上がってきた選手が多いですね。その中で予選で活躍したのが、小島選手。長い距離を中心に少しずつベストを出して、箱根予選で61位と才能開花した。手堅い区間のどこかで出走なるか。

 また、一時期結果を残していた藤井・木村選手も間に合った。藤井選手は2年時に箱根を走っている選手。木村選手は昨年末1万m28分台を出していた。10月の頃はまだ上がっていなかったが、何とか間に合わせたようだ。

 他にも秘密兵器的存在がいて、前々回予選好走した3年山本選手、1年生で箱根予選上位に来ていた桜井・大沼選手も出走候補。さらに高校駅伝1区6位好走の鈴木選手が、エントリー。出遅れていたものの、上尾ハーフで64分少しで間に合わせてきた。

 ここにきて面白いのが2年林選手。1500mのスピードランナーでしたが、全日予選を走ると、上尾ハーフで63分少し。一気に出走候補に名乗りを上げてきています。これはハマったら面白いか。これは、意外性の城西大が出てきてもおかしくないのではないですかね。

区間オーダー予想

 斎藤選手2区にしてみたり、キムタイ選手を1区にしてみたり、色々こねくりまわしましたよ。

1区(21.3km)斎藤将也①28分37秒90
2区(23.1km)V.キムタイ①28分35秒74
3区(21.4km)野村颯斗③28分54秒48
4区(20.9km)平林 樹②28分57秒48
5区(20.8km)山本唯翔③28分25秒21

6区(20.8km)大沼良太郎①30分18秒54
7区(21.3km)山中秀真③28分57秒70
8区(21.4km)鈴木健真①29分57秒99
9区(23.1km)小島 拓④29分33秒64
10区(23.0km)藤井正斗④29分01秒93

1区斎藤選手…最終的にスターターが今年のオーダーではしっくりくるかなと思いました。2区4区5区あたりも将来的に適性が高いかなと思いますが、1万m28分37秒と身につけたスピードも武器になると思います。十分通用するはず。

2区キムタイ選手…スピードもあり、長距離ロードもしっかり対応してきているキムタイ選手を、堂々のエース区間2区に配置すると思います。1年生並びになりますが、全日予選最終組もこの2人、そこから実力を伸ばしているので関係ないです。やはりスピードがある2人がこないと始まらないと思います。

3区野村選手…ギリギリまで悩んだのが、この野村選手の1区。これで2区斎藤・3区キムタイ選手のロマン砲打てるのでは…と考えました。最終的に、前々回魅せた下り適性を重視して野村選手を3区予想にしました。これで他校スピードランナーに対抗したい。

4区平林選手…山登りに繋ぐ重要な区間。勢いのある2年生平林選手を予想します。各主要大会、記録会堅実にまとめていて、箱根予選79位・直後1万m28分57秒をマーク。総合力で、上位校に食らいつきたいところです。

5区山本選手…前々回当時ルーキーで、5区山登りで区間6位の好走をしている山本選手。1万m28分25秒まで走力を伸ばして、満を持して登場するのではないでしょうか。その時は向かい風が吹いている中73分03秒。目標の71分切りまでは充分ターゲットになります。

6区大沼選手…この6区は陸マガ増刊号では、2人希望しているのですよね。一人は3000m障害に強い1年大沼選手。もう一人は1500mに強い2年林選手。どちらも脚力は頼もしい。箱根予選出走の大沼選手を予想しましたが、さてどちらが走るか??

7区山中選手…3年生強いランナーを一人復路に残しておきます。前回連合にも選ばれたスピードのある山中選手に復路リスタートの役目を。シード権獲得へ向けて、流れを作り直すことが出来れば。

8区鈴木選手…もう一人有力ルーキーの出走を予想します。高校時代、先の斎藤選手で高校駅伝1区で上回っている鈴木選手を予想。全日予選も走ってるんですよね。上尾64分少しで走るなど、間に合ったよう。ポテンシャルは充分、うまく繋ぎたい。

9区小島選手…復路終盤は、やってくれそうな4年生がいます。箱根予選二けた順位で大きくブレイクした小島選手を、復路エース区間9区に予想。長距離ロードは、高い安定感があります。ペースを刻めれば、区間順位が上がるはずだ。

10区藤井選手…様々な選手がボーダー付近にいて、非常に悩みましたが…最後はこの選手が務めるのではないでしょうか。1年時から主力候補に上がり、2年目に箱根も経験。もう少しのところで足踏みが続きましたが、ようやく上昇気配。有終の美を飾ってくれると思います。

まとめ

・キムタイ&斎藤&山本選手の最適区間は??
・それを含めた4区までに上位につけるか
・ハマった時に怖い予選会校ナンバーワン?

 城西大の爆発力と言うのは、本当に予想を上回ることがあります。そして、戦力が整ってきているのですよね。

 元々3年生の1万m28分台トリオと言われていた山本・野村・山中選手が、箱根予選まずまず万全、そして、山本選手が1万m28分25秒を記録して一気にエースに。2大会前の山登り区間6位から、さらに上がるでしょうか。

 これに加わってきたのが1年生。キムタイ・斎藤選手が予選でワンツー。往路序盤区間…と思いきや、斎藤選手の上りの適性も判明。これは…区間オーダーの幅が凄いことになりましたね。調子を見て、最適解が広がりそうです。

 1年生は非常に好調で、箱根予選は他に桜井・大沼選手が貢献。これに高校時代実績では、ナンバーワンの鈴木選手が、急ピッチで仕上げてメンバー入り。5名は多いですね。

 これに1万m28分台と力を付けた2年平林選手に、スピードのある林選手ら、十分対応できます。4年生は脇を固める形で、小島・藤井選手らが出走候補となっています。

 ”意外性の城西大”とは、結構前から言われていますが、なんだか予選に留まらないワクワク感が出てきた気がします。