スポンサーリンク

【中央発條】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、中央発條になります。

スポンサーリンク

中央発條【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:中央発條陸上競技部 様

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第65回中部実業団対抗陸上競技大会
10000m
6位坂田昌駿28分53秒13
14位三輪晋大郎29分40秒01
17位吉岡幸輝30分23秒35
OP樋口大介29分17秒49
OP原嶋 渓29分51秒19
5000m
3位竹内 颯13分31秒73
9位冨田直樹13分49秒96
11位瀬戸祐希13分56秒47
OP矢嶋謙悟14分37秒71

 1万mは主力の坂田選手が6位28分53秒、また新人樋口選手がオープンながらチーム2番手となる29分17秒で走っています。5千mで素晴らしい記録が出て、竹内選手が留学生も交えながら3位13分31秒ナイスパフォーマンス。日本選手権への出場権を得ました。他、冨田・瀬戸選手ら若手が、全体的に健闘していました。

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)
5000m
17位竹内 颯13分54秒69

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
10000m
坂田昌駿29分39秒54
三輪晋大朗30分15秒04
5000m
冨田直樹13分54秒25
竹内 颯14分02秒25
瀬戸祐希14分03秒69

■第22回中部実業団陸上競技選手権大会
瀬戸祐希28分57秒51
冨田直樹29分04秒07
坂田昌駿29分09秒20
竹内 颯29分14秒45
樋口大介29分15秒17
ジェームス ルンガル29分30秒02
三輪晋大朗29分33秒05
吉岡幸輝29分37秒08
原嶋 渓29分58秒51
矢嶋謙悟30分17秒85

 勢いあるまま参加した竹内選手の日本選手権は17位13分54秒。一つ大きな舞台を経験することができました。夏明けの全日本実業団は、坂田選手が安定した成績、5千mは中部と同じメンバーで、今度は冨田選手が好走しました。

■第61回中部実業団対抗駅伝競走大会
1区(12.0㎞)7位竹内 颯34分59秒 7位通過
2区(8.3㎞)5位ジェームス ルンガル23分41秒 6位通過
3区(12.2㎞)7位坂田昌駿35分55秒 5位通過
4区(15.5㎞)3位樋口大介45分23秒 5位通過
5区(12.2㎞)3位冨田直樹36分49秒 5位通過
6区(8.5㎞)6位吉岡幸輝25分31秒 5位通過
7区(11.8㎞)3位瀬戸祐希34分57秒 6位通過

 まずは予選通過から。1区今期好調だった竹内選手でしたが、もう少し粘り切れず、通過圏外の7位でスタート。2区ルンガル選手、3区坂田選手が踏ん張って、混戦の中5位に浮上します。

 良かったのが中盤区間。エース区間にいきなり入った樋口選手が区間3位の走り、5区冨田選手も区間3位と好走。ボーダーラインを突き放します。6区吉岡選手が繋ぐと、7区瀬戸選手が区間3位好走。順位は落としましたが、出場権をがっちりキープ。もっと前が狙える内容でした。

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)
29位中央発條5時間1分20秒
1区(12.3km)35位瀬戸祐希35分58秒 35位通過
2区(8.3km)26位ジェームス ルンガル23分22秒 33位通過
3区(13.6km)29位坂田昌駿38分54秒 31位通過
4区(22.4km)29位樋口大介66分30秒 33位通過
5区(15.8km)33位冨田直樹50分18秒 33位通過
6区(12.1km)15位三輪晋大朗37分32秒 31位通過
7区(15.5km)20位竹内 颯48分46秒 29位通過

 本戦は、序盤は苦戦します。1区に回った瀬戸選手が区間35位と出遅れる形。中部ともに今回は1区が厳しかったですね。2区ルンガル選手、3区坂田選手と追い上げを図りますが、この時点で31位。予選に続けてエース区間となった樋口選手、5区冨田選手が踏ん張りますが、33位と上げきれません。

 浮上したのはここから。中堅の三輪選手が、直前に調子を上げてきていました。6区に入り区間15位と、位置を考えるとまずまず。上昇気流を作ると、7区に入った成長株武智選手が区間20位。何とか29位まで上がりました。苦しいながらも、何とか形にした印象です。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
樋口大介61分59秒
ジェームス ルンガル62分15秒
坂田昌駿62分31秒
冨田直樹62分32秒
瀬戸祐希63分27秒
竹内 颯63分28秒
三輪晋大郎63分48秒
矢嶋謙悟66分56秒

実業団ハーフにも揃って出場しました。駅伝でエース区間を走り続けた樋口選手が、本当に力尽いていましたね。61分59秒の好記録で走り切っています。大学4年時からぐっと上昇気流にのってきていましたが、まだまだ続いています。

 中盤区間を走った坂田・冨田選手が62分台でしっかり、瀬戸選手ら3名63分台でまとめました。

2021年度記録ランキング

5000m
サイディム サイモン13分24秒17 2021/07/17ホクレンディスタンス千歳大会
竹内 颯13分31秒73 2021/05/16第65回中部実業団対抗陸上競技大会
(サイディム サイモン13分34秒69 2021/06/19東海大学記録会)
坂田昌駿13分40秒67 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会
(竹内 颯13分48秒06 2021/04/03第33回梅村学園陸上競技大会)
冨田直樹13分49秒54 2021/04/17第1回中京大学土曜競技会
(冨田直樹13分49秒96 2021/05/16第65回中部実業団対抗陸上競技大会)
瀬戸祐希13分52秒03 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会
(竹内 颯13分52秒52 2021/12/05日体大長距離記録会)
(坂田昌駿13分53秒73 2021/04/03第33回梅村学園陸上競技大会)
樋口大介14分00秒76 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会
三輪晋大郎14分02秒76 2021/07/04第2回絆記録挑戦会
吉岡幸輝14分06秒46 2021/04/17第1回中京大学土曜競技会
原嶋 渓14分13秒33 2021/11/14日体大長距離記録会
矢嶋謙悟14分25秒55 2021/09/19日体大長距離記録会
 トラックは、もう一人の留学生サイモン選手が13分24秒と、ホクレンで好記録を出しています。本来はサイモン選手が駅伝のインターナショナル区間を走りますが、夏に怪我してしまった形ですかね。

 その後、先の竹内選手の13分31秒、坂田選手も13分40秒とかなり好レース。冨田選手らも安定していましたね。

10000m
瀬戸祐希28分37秒93 2021/11/27八王子ロングディスタンス
樋口大介28分38秒42 2021/11/27八王子ロングディスタンス
竹内 颯28分51秒17 2021/12/04日体大長距離記録会
三輪晋大郎28分52秒35 2021/07/10ホクレンディスタンス網走大会
坂田昌駿28分53秒13 2021/05/16第65回中部実業団対抗陸上競技大会
冨田直樹28分53秒32 2021/12/04日体大長距離記録会

吉岡幸輝29分09秒00 2021/12/04日体大長距離記録会
原嶋 渓29分42秒86 2021/12/04日体大長距離記録会
矢嶋謙悟30分17秒85 2021/10/08第22回中部実業団陸上競技選手権大会

 1万mは年末が多いですね。その中でNY駅伝1区務めた瀬戸選手が28分37秒と昨年度はチーム1の成績。さらにロード好調だった樋口選手も28分38秒と続きました。

 NY駅伝メンバー外では、中部も走っていた吉岡選手が29分09秒とまずまずでした。

ハーフマラソン
樋口大介61分59秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
ジェームス ルンガル62分15秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
坂田昌駿62分31秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
冨田直樹62分32秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
瀬戸祐希63分27秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
竹内 颯63分28秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
三輪晋大郎63分48秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
矢嶋謙悟66分56秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン

フルマラソン
ジェームス ルンガル2時間8分25秒 2021/12/05第75回福岡国際マラソン選手権大会
(ジェームス ルンガル2時間13分45秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン)
竹内 颯2時間16分57秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン
冨田直樹2時間17分12秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン
吉岡幸輝2時間18分09秒 2021/09/12ウィーンマラソン
原嶋 渓2位間18分34秒 2022/02/06第70回別府大分毎日マラソン
矢嶋謙悟2時間19分49秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン
瀬戸祐希2時間22分12秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン

※視覚障がい選手の伴走として
矢嶋 謙悟2時間26分18秒 2022/02/06第22回日本視覚障がい男子マラソン
【世界新記録】

 福岡国際マラソンでルンガル選手が2時間8分25秒と好記録で走り切りました。その後にもまたマラソンを走るなど、積極的な活動が目立ちますね。日本人はびわ湖毎日マラソンを中心に、大量に出場。全体としてはまだまだですが、マラソンへの意識付けとしていいのかな?

 また、矢嶋選手は、視覚障がいランナーの伴走車として、何度もマラソンに出場。世界新記録樹立にも立ち会っています。こういう活動ももっと広がってほしいですね。

2022年度移籍・引退選手

坂田昌駿(NTN)

 チームの主力格の坂田選手が、移籍しました。中部地区ライバルNTN相手になります。もうチームとして、強化していくしかありませんね。

2022年度新入部員・中途加入選手

米田智哉(セキノ興産)
吉岡幸輝(引退宣言⇒復帰)

 中央発條にも、中途加入の選手がいます。北陸セキノ興産から、主力格の米田選手が入ります。まだ大卒2年目伸び盛りの選手、中央発條で活躍してくれれば。

 また、一時引退宣言をしていた吉岡選手が、新年度の前に現役復帰。マラソンなどでも結果を残しかけていた選手、心機一転また開花してくれればと思います。