スポンサーリンク

箱根駅伝2022(第98回)【16人エントリー・出場21チーム一覧】

2022年1月2日(日)3日(月)箱根駅伝2022が行われます。

2021年12月10日(土)に、16人エントリーが発表されます。

オンラインにて、受付の為、正確な時間は分かりませんが、
例年通りなら、10日(金)の夕方中には発表されると思います。

発表され選手氏名と、1万m持ちタイム、今シーズン中心の実績を追記します。

スポンサーリンク

箱根駅伝2022(第98回)【16人エントリー・出場21チーム一覧】

選手名、持ちタイム、今シーズンの実績となります。

全…全日本大学駅伝
出…出雲駅伝
箱予…箱根予選
全予…全日本予選
日本…日本選手権など
20、19はその年のもの

スポンサーリンク

[前回1位]駒澤大学

出雲駅伝5位、全日本大学駅伝1位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
田澤 廉③ 27分23秒44 全7区1位、出6区2位、日本1万2位、箱2区7位、20箱3区3位
鈴木芽吹② 27分41秒68 関東IC2部5千4位、日本1万3位、箱5区4位
唐澤拓海② 28分02秒52 出4区8位、関東IC2部1万3位5千3位
白鳥哲汰② 28分14秒86 箱1区14位
青柿 響② 28分20秒42 全2区10位
花尾恭輔② 28分29秒82 全8区4位、出雲3区4位、関東IC2部half2位、箱7区4位
山野 力③ 28分32秒71 関東IC2部half9位、箱9区6位
東山静也③ 28分56秒27 全5区8位
安原太陽② 29分08秒88 全6区2位、出2区3位、関東IC2部5千14位
佃 康平④ 29分15秒94 全3区11位、関東IC2部half7位、箱8区4位
金子伊吹② 29分29秒64  
新矢連士④ 29分30秒36  
佐藤条二① 5千13分40秒99 全1区1位
篠原倖太朗① 5千13分53秒92 出1区8位、日本IC5千m2位、関東IC2部1500m
赤星雄斗② 5千13分57秒55 全4区4位
大坪幸太③ 5千14分10秒05  
主なエントリー漏れ:赤津勇進②28分30秒64

 連覇を狙う駒澤大。エース田澤選手の他、9月に疲労骨折をした鈴木選手が往路を目指せる状況として満を持してエントリー。今年大きく成長した花尾・唐澤・安原選手ら2年生が非常に多くなっています。

 1年生も佐藤選手だけでなく篠原選手も間に合っています。秋口に故障していた選手の多くが間に合い、十分に連覇を目指していける陣容です。

[前回2位]創価大学

出雲駅伝7位、全日本大学駅伝不出場

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
フィリップ ムルワ③ 27分35秒29 出3区1位、日本IC1万m2位、全予4組2位、関東IC2部1万2位、箱2区6位
嶋津雄大④ 28分14秒23 出6区9位、日本IC1万m6位、全予4組24位、関東IC2部1万12位、箱4区2位、20箱10区1位
濱野将基③ 28分37秒06 出4区9位、全予1組27位、箱6区7位
桑田大輔② 28分38秒46 出5区7位
吉田 凌① 28分41秒28 20高4区10位
緒方貴典③ 28分42秒44 出1区11位、関東IC2部half13位
葛西 潤③ 28分43秒40 箱3区3位、20箱6区16位
新家裕太郎③ 28分45秒93 出2区10位、日本IC5千m8位、全予3組40位
山森龍暁② 28分56秒78 全予2組26位
三上雄太④ 29分03秒20 全予3組30位、箱5区2位
溝口泰良② 29分12秒16  
石井大揮② 29分15秒38  
小暮栄輝① 29分16秒81  
中武泰希④ 29分26秒21  
松田爽汰③ 29分32秒49  
本田晃士郎③ 29分33秒78  
主なエントリー漏れ:小野寺勇樹④292714、永井大育④292726

 前回は出場4度目で、往路優勝&アンカー途中までトップを走った中で総合2位の大躍進を遂げた創価大。前半シーズン苦戦も、仕上げてきています。

 ムルワ&嶋津選手だけでなく、葛西・緒方・濱野選手ら多くが1万m28分台を達成。そのレギュラー争いの激しさに、前回の2位メンバーが実力で漏れてしまうほど。今年もまたバルサ旋風が見られるかもしれません。

[前回3位]東洋大学

出雲駅伝3位、全日本大学駅伝10位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
宮下隼人④ 28分37秒36 全8区6位、箱5区3位、20箱5区1位
石田洸介① 28分37秒50 全4区1位、出5区1位、20高1区14位
柏 優吾③ 28分49秒72 出6区7位、日本IC1万m11位、関東IC1部5千14位
前田義弘③ 28分57秒80 全2区8位、出3区6位、日本IC1万m10位、関東IC1部half13位、箱3区8位、20箱8区6位
清野太雅③ 29分03秒59 箱10区9位
奥山 輝② 29分05秒45 出2区9位
九嶋恵舜② 29分05秒71 全3区8位、出4区2位、関東IC1部1万19位、箱6区14位
木本大地③ 29分06秒85  
村上太一② 29分07秒76  
佐藤真優② 29分24秒06 全1区12位、関東IC1部half10位
大沼 翼③ 29分32秒48 日本IC5千m13位
蝦夷森章太④ 29分46秒16 20箱7区6位
松山和希② 5千13分48秒80 全7区13位、関東IC1部5千18位、箱2区4位
児玉悠輔③ 5千13分55秒22 出1区7位、箱1区9位
梅崎 蓮① 5千14分14秒95 全5区4位、20高1区11位
吉田 周① 5千14分18秒44  
主なエントリー漏れ:及川瑠音③285552

 表彰台常連の東洋大。全日本駅伝では不運も重なり10位となりましたが、それが実力ではないはず。4年生エース宮下選手に、若手楽しみな松山・石田選手、堅実な3年児玉・前田・柏選手らがしっかりとエントリー。

 主力選手の状態が不安視されていましたが、ここまでは多くの選手がエントリー。今回の箱根駅伝でも、強豪校の強さを見せてくれるはずです。

[前回4位]青山学院大学

出雲駅伝2位、全日本大学駅伝2位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
近藤幸太郎③ 28分10秒50 全7区2位、出1区1位、日本IC5千m1位、関東IC2部1万6位、日本1万、箱7区3位
西久保遼③ 28分21秒39 関東IC2部half1位
若林宏樹① 28分27秒72 全6区12位、出4区6位、日本IC5千m15位、U20日本5千5位、関東IC2部5千12位、20高1区3位
中村唯翔③ 28分29秒43 全2区14位、箱2区14位、20全3区3位
飯田貴之④ 28分30秒30 全8区3位、出2区7位、箱9区2位、20箱5区2位、19箱8区2位
太田蒼生① 28分32秒17 U20日本5千2位、関東IC2部5千10位、20高1区10位
岸本大紀③ 28分32秒33 全3区3位、20箱2区5位
中倉啓敦③ 28分33秒71 箱10区4位
宮坂大器③ 28分34秒23  
湯原慶吾④ 28分42秒17 箱3区14位、20箱10区5位
田中悠登① 28分46秒51 20高1区13位
志貴勇斗② 28分50秒54 全1区4位
佐藤一世② 28分50秒56 全5区1位、出3区3位、関東IC2部1万13位、箱4区4位
関口雄大③ 28分56秒09  
横田俊吾③ 28分57秒28 出6区3位、関東IC2部half11位
髙橋勇輝④ 28分58秒28 全4区1位、関東IC2部half10位、箱6区3位
主なエントリー漏れ:小原 響②282897

 出雲・全日本駅伝では2位も、「過去最高のチーム」。エントリー全選手が1万m28分台を保持しているという分厚い選手層です。エース格は、近藤・岸本・佐藤選手が無事エントリー。山経験者の飯田・高橋選手の4年生コンビがいずれもエントリー。

 他にも生きのいい1年生若林・田中・太田選手、中村・横田選手ら選手層の厚い3年生がずらり。出走10人に絞り込むのが非常に悩むほどに戦力がありますね。「パワフル大作戦」で適材適所並べることができるかどうかが、V奪回のカギです。

[前回5位]東海大学

出雲駅伝9位、全日本大学駅伝12位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
市村朋樹④ 28分03秒37 全3区14位、出1区10位、関東IC1部5千5位
溝口 仁② 28分24秒48 出2区8位、日本1500m7位
梶谷優斗① 28分27秒77 20:高1区6位
松崎咲人③ 28分39秒46 全2区7位、20:箱7区3位
神薗竜馬② 28分42秒61 全5区6位、出5区5位、関東IC1部1万18位
越 陽汰① 28分48秒37 20:高3区6位
金澤有真③ 28分48秒76  
吉富裕太④ 28分49秒83  
竹村拓真③ 28分54秒56 全8区14位、関東IC1部half16位、箱10区8位
川上勇士③ 28分59秒60 全4区5位、箱6区5位
入田優希② 29分02秒30 全6区9位、関東IC1部half20位
本間敬大④ 29分14秒44 全7区9位、出6区8位、箱7区6位
杉本将太③ 29分16秒89 関東IC1部3障6位
吉田 響① 29分42秒42  
水野龍志① 30分05秒07 出4区10位、U20日本3千5位
長田駿佑④ half63分19秒 箱9区9位、20:全6区1位
主なエントリー漏れ:石原翔太郎②280591、佐伯陽生②

 ちょうど入れ替えの時期、さらにエース選手の故障もあり、前哨戦は苦戦した東海大。ですが、11月以降新戦力の台頭もあり、戦う布陣は揃ってきました。エース市村選手に、復活してきた松崎選手。ロードに強い本間・長田選手や、前哨戦結果を出した溝口・神薗選手らがしっかりエントリー。総合力で巻き返しにかかります。

[前回6位]早稲田大学

出雲駅伝6位、全日本大学駅伝6位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
中谷雄飛④ 27分54秒06 全3区4位、出6区6位、関東IC1部1万8位、箱3区6位、20箱1区6位、19箱1区4位
太田直希④ 27分55秒59 出3区6位、関東IC1部1万13位、箱2区13位、20箱8区4位、19箱8区10位
井川龍人③ 27分59秒74 全2区2位、出2区6位、日本IC5千m16位、関東IC51部千8位、箱1区5位、20箱3区14位
山口賢助④ 28分20秒40 全8区9位、箱10区7位
鈴木創士③ 28分26秒41 全7区5位、箱4区3位、20箱7区2位
菖蒲敦司② 28分58秒10 全4区5位、出1区2位、日本3障10位、関東IC1部1500m2位・3障1位
北村 光② 29分00秒51 関東IC1部3障8位、箱6区8位
千明龍之佑④ 29分00秒57 日本5千8位、関東IC1部5千3位、箱8区5位、20:箱4区7位、19:箱3区10位
室伏祐悟④ 29分04秒18  
半澤黎斗④ 29分04秒24 20:箱6区19位
桝本匡哉② 29分17秒37 U20日本1500m3位
安田博登③ 29分21秒09  
河合陽平④ 29分33秒10  
佐藤航希② 29分42秒98 全6区17位、関東IC1部half6位
伊藤大志① 5千13分36秒57 全1区7位、出5区12位、日本5千20位、関東IC1部5千17位、20:高1区5位
石塚陽士① 5千13分55秒39 全5区4位、出4区1位、関東IC1部1500m6位
主なエントリー漏れ:辻 文哉②285474、小指卓也③5千13分41秒01、諸冨 湧①300784

 大学駅伝優勝の目標を掲げながら、6位ともどかしい成績が続く早大。中堅どころで一部外れた選手がいましたが、主力選手はしっかりエントリー。エース中谷選手など、太田・千明選手ら力のある4年生、いよいよ本格化してきた井川・鈴木選手ら3年生が主力。

 これに今季好調の2年菖蒲選手や、1年伊藤・石塚選手ら今後に期待の若手もしっかりエントリー。苦手な5区山登りの克服ができれば、十分に表彰台以上を狙っていける布陣です。

[前回7位]順天堂大学

出雲駅伝10位、全日本大学駅伝3位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
伊豫田達弥③ 28分06秒26 全3区5位、出1区5位、日本IC5千m7位、関東IC1部1万6位、箱3区5位
野村優作③ 28分19秒01 全5区2位、出3区16位、日本IC5千m9位、関東IC1部1万5位、箱2区10位
三浦龍司② 28分32秒28 全2区1位、日本IC3障1位、五輪3障7位、日本3障1位、関東IC1部1500m1位5千2位、箱1区10位
四釜峻佑③ 28分36秒03 全8区2位、出6区4位、関東IC1部half4位
吉岡智輝④ 28分36秒90 日本IC1万m8位、全7区10位
牧瀬圭斗④ 28分45秒10 全6区4位、20:全6区7位
平 駿介③ 28分48秒40 全1区11位、出2区2位、関東IC1部5千15位
荒木勇人③ 28分48秒87  
西澤侑真③ 28分50秒37 関東IC1部1万15位、箱8区10位、箱8区9位
近藤亮太④ 28分51秒83 全7区9位、関東IC1部half15位
石井一希② 28分54秒78 全4区14位、出5区4位、関東IC1部5千9位、箱4区5位
海老澤憲伸① 29分06秒97 高1区47位
津田将希④ 29分12秒33 関東IC1部half7位、箱5区13位
藤原優希② 29分27秒90  
神谷青輝① 29分48秒57  
服部壮馬① 5千13分55秒56 出4区14位、日本IC3障8位、U20日本5千1位、関東IC1部3障2位、高4区4位
主なエントリー漏れ:浅井皓貴①284531、鈴木尚輝④284679

 全日本大学駅伝では、20年ぶり表彰台3位と勢いに乗る順天堂大。オリンピックランナーの三浦選手の爆発力だけでなく、戦力が整ってきています。3年生は野村・伊豫田選手がトラックで力がありますが、ロードで四釜選手が大きく成長し楽しみな存在に。

 他にも、牧瀬・石井選手らロードで手堅いランナーも揃ってきていて、どこの区間もそつなく揃えられそう。山も楽しみで、箱根も表彰台以上となるか。

[前回8位]帝京大学

出雲駅伝8位、全日本大学駅伝13位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
遠藤大地④ 28分34秒88 全3区6位、出2区5位、箱3区4位、20箱3区2位、19箱3区3位
寺嶌渓一④ 28分49秒24 全3区6位、出2区5位、箱3区4位、20箱3区2位、19箱3区3位
小野隆一朗② 28分50秒22 全1区19位、出1区9位
中村風馬④ 28分52秒37 全6区2位、出6区10位、関東IC2部1万17位、箱4区9位、20:箱7区9位
橋本尚斗④ 28分52秒73 全2区8位、出3区7位、関東IC2部1万16位、箱9区3位
細谷翔馬④ 28分53秒90 全8区13位、関東IC2部1万4位、箱5区1位
森田瑛介④ 28分54秒05 全4区11位、出4区4位
西脇翔太② 28分57秒21 全5区14位、出5区8位
福島渉太① 28分57秒49 20:高4区16位
小林大晟① 29分13秒22 全7区11位、20:高1区35位
北野開平③ 29分20秒57  
末次海斗② 29分31秒83  
安村晴樹④ 29分43秒76  
元永好多朗③ 29分45秒82  
大吉優亮② 29分55秒38 関東IC2部3障12位
新井大貴③ 30分35秒08  
主なエントリー漏れ

 帝京大は、4年生の選手を確実に育ててきますね。3区職人エース遠藤選手を中心に、橋本・中村・細谷・寺嶌選手ら、駅伝で頼りになる選手がずらりと並んでいます。これに新戦力森田・西脇選手らが加わります。前哨戦では、かみ合いませんでしたが、得意の箱根路で粘りの走りを見せてくれるはず。

[前回9位]國學院大學

出雲駅伝4位、全日本大学駅伝4位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
藤木宏太④ 28分10秒30 全4区7位、出3区10位、全予4組16位、関東IC2部1万5位、箱1区12位、20箱1区2位、19箱1区10位
中西大翔③ 28分17秒84 全3区11位、出4区2位、全予1組1位、箱2区15位、20箱4区3位
木付 琳④ 28分27秒59 全2区6位、出2区1位、全予2組16位、箱10区3位、20箱7区11位
島崎慎愛④ 28分27秒98 全1区3位、出1区6位、全予4組22位、関東IC2部1万、箱6区4位、20箱6区8位
平林清澄① 28分38秒26 全7区3位、出6区5位、全予3組3位
山本歩夢① 28分41秒59 U20日本5千8位
伊地知賢造② 28分56秒08 全8区1位、出5区2位、全予3組8位、関東IC2部1万19位、箱8区9位
松延大誠④ 29分06秒48  
鶴 元太① 29分07秒53  
坂本健悟③ 29分09秒74 全6区7位、全予2組10位
瀬尾秀介② 29分13秒24  
沼井悠斗① 29分19秒33 全5区11位
石川航平④ 29分26秒82  
相澤龍明④ 29分37秒07  
殿地琢朗④ 29分43秒64 関東IC2部half16位、箱5区8位、20箱10区4位、19箱8区12位
原 秀寿① 5千14分12秒95  
主なエントリー漏れ

 エース選手がやや不調ながらも前哨戦ともに4位に食い込んできた國學院大は、表彰台候補に挙がってもおかしくないチーム。スーパールーキー平林選手を中心に、2年伊地知選手や4年島崎・木付選手らが大きく成長して主要区間を担える力をつけました。

 これに前哨戦不調だったエース4年藤木・3年中西大選手がどこまで復活するか。5区山登りは激坂王優勝の4年殿地選手が満を持して準備しています。國學院大も表彰台候補です。

[前回10位]東京国際大学

出雲駅伝1位、全日本大学駅伝5位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
Y. ヴィンセント③ 27分24秒42 全3区1位、出6区1位、全予4組1位、関東IC2部1万1位5千1位、箱2区1位、20:箱3区1位
山谷昌也③ 28分11秒94 全2区5位、出1区3位
丹所 健③ 28分19秒17 全6区1位、出3区2位、日本IC5千m3位、全予4組8位、関東IC2部1万10位、箱1区14位、20:箱1区13位
堀畑佳吾③ 28分54秒91 全4区11位、全予2組6位
白井勇佑① 28分55秒12 出4区5位、日本IC5千m14位、20:高7区2位
冨永昌輝① 29分06秒37 全予2組7位、関東IC2部1500m、20:高1区26位
生田琉海② 29分09秒22 全5区13位、全予1組30位
宗像 聖③ 29分13秒94 全8区12位、出5区3位、全予1組28位、箱4区13位
三浦瞭太郎④ 29分18秒43  
渡邉正紀④ 29分23秒74  
野澤巧理④ 29分26秒26 全7区6位、全予3組9位、関東IC2部half19位
村松敬哲② 29分37秒29 全予3組26位
林 優策② 29分43秒85  
鎌田雅稀② 29分48秒71  
倉掛 響① 29分56秒51 20:高3区6位
ルカ ムセンビ③ 28分20秒09 日本IC1万m7位、関東IC2部half3位
主なエントリー漏れ:芳賀宏太郎④290782佐藤榛紀①291739

 出雲駅伝は圧勝で初出場初優勝!全日本駅伝は2度トップに立つ見せ場を作り総合5位。ついに新たな強豪校が誕生しつつあります。大エースヴィンセント選手に、丹所・山谷選手の3年生3本柱が非常に強力。往路優勝は充分に狙えるチーム。

 このほか、野澤・宗像選手ら、ロードに堅実な選手も揃っています。白井選手ら有力ルーキーもいます。注目される中でも力を発揮できれば、過去最高の5位以内は射程圏内です。

[予選1位]明治大学

全日本大学駅伝7位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
鈴木聖人④ 28分09秒24 全6区4位、箱予12位、日本5千12位、関東IC2部1万4位5千5位、箱5区9位、箱5区5位、箱1区13位
手嶋杏丞④ 28分13秒70 全1区9位、箱予20位、日本5千19位、関東IC2部1万7位、箱7区11位、箱3区7位
櫛田佳希③ 28分19秒77 箱予18位、箱4区7位、20箱8区8位
小澤大輝③ 28分20秒67 全4区3位、箱予26位、関東IC2部half5位、19:箱予47位
児玉真輝② 28分22秒27 全2区2位、箱予17位、箱1区16位、20:全1区5位
富田峻平③ 28分35秒41 全3区10位、関東IC2部5千8位、箱9区10位
橋本大輝④ 28分43秒50 全7区4位、箱予25位
杉本龍陽③ 28分46秒29 箱予72位
下條乃將③ 28分47秒86  
漆畑瑠人③ 28分53秒09 箱予168位、関東IC2部half15位
金橋佳佑④ 28分56秒70 箱4区13位
加藤大誠③ 28分56秒81 全8区15位、箱予9位、箱2区17位、20箱2区10位
杉彩文海② 28分57秒71 箱予75位
曳田道斗① 29分06秒83  
佐久間秀徳④ 29分15秒39  
新谷紘ノ介① 29分34秒96 20:高4区13位
主なエントリー漏れ:尾崎健斗①290996

 前回は表彰台以上が期待されながら、まさかの時点シード落ち。序盤で遅れてから流れを作ることができませんでした。強さを求め続けた今年は、箱根予選を断トツでトップ通過。万全でなかった全日本も7位に食い込みました。

 鈴木・手嶋選手の4年生の2選手が大きく引っ張ります。これに今年大きく成長した3年小澤・2年児玉選手に、ロードでたくましい櫛田・加藤選手に、コツコツ積み上げた橋本・下條選手ら有力選手が続々出ています。今度こそ流れを作ります。

[予選2位]中央大学

全日本大学駅伝8位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
吉居大和② 28分03秒90 全1区2位、箱予13位、日本IC5千m11位、日本5千16位、箱3区15位、20:日本5千3位
三浦拓朗④ 28分20秒13 全5区3位、箱予173位、全予4組13位、箱8区7位、20箱3区12位
森 凪也④ 28分22秒28 箱予107位、箱2区16位、箱7区12位
阿部陽樹① 28分37秒35 全2区12位、箱予32位、全予2組2位、20:高1区21位
若林陽大③ 28分42秒02 全予2組4位、関東IC1部1万17位、箱6区5位、20:箱6区10位
井上大輝④ 28分45秒30  
居田優太② 28分46秒35 関東IC1部1500m3位
湯浅 仁② 28分47秒81 箱予74位、関東IC1部half21位
助川拓海③ 28分49秒58 全4区13位、箱予78位、全予1組6位
中野翔太② 28分58秒80 全3区9位、箱予82位、全予3組11位
中澤雄大③ 29分00秒40 全7区8位、箱予40位、箱7区5位
園木大斗② 29分03秒33 全予4組17位、関東IC1部5千13位
手島 駿④ 29分08秒91 全8区5位、箱予36位、全予1組7位、箱9区7位
東海林宏一① 29分24秒19 箱予76位、全予3組35位
倉田健太④ 29分31秒84 関東IC1部half8位
田井野悠介③ 29分34秒90 箱予40位、関東IC1部half14位
主なエントリー漏れ:千守倫央③281540、伊東大翔②285959

 全日本駅伝では、10年ぶりシード権獲得する8位入賞!最多出場を誇る伝統校が、ついに復活間近!?トラックで大エースの2年吉居選手に、ロード手堅い4年手島、3年中澤選手に、勢いのある中野・阿部選手ら若手選手がいます。これに、予選では不調だった4年三浦&森選手に強さが戻ってくると、箱根でも復活シード権が見えてきます。

[予選3位]日本体育大学

全日本大学駅伝15位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
藤本珠輝③ 28分08秒58 箱予15位、全予4組7位、関東IC1部1万4位5千6位、箱1区8位、20箱5区16位
大内宏樹④ 28分36秒58 箱予67位、箱8区17位
大畑怜士④ 28分41秒93 箱予91位、全予4組15位、関東IC1部1万9位
名村樹哉③ 28分46秒96 全4区15位、箱予66位、全予3組33位、箱10区17位
高津浩輝③ 28分55秒61  
九嶋大雅③ 28分56秒18 箱予140位、全予3組23位、関東IC1部3障12位
佐藤慎巴④ 28分56秒92 全1区18位、箱予58位、関東IC1部1500m
村越凌太③ 28分57秒75 箱予125位、箱5区16位
漆畑徳輝② 28分59秒31 全3区16位、箱予120位、全予1組18位
分須尊紀① 28分59秒82 全7区12位、箱予157位、関東IC1部3障10位、20:高3区20位
大森椋太② 29分01秒32 全5区16位
盛本聖也③ 29分02秒98 全2区16位、箱予42位、全予1組16位
水金大亮② 29分18秒40 全6区14位
吉冨純也② 29分18秒77 全予2組18位
加藤広之④ 29分23秒81 箱予71位、全予2組9位、関東IC1部half12位
岡嶋 翼④ 29分33秒43 全8区21位、箱予73位、関東IC1部half18位
主なエントリー漏れ

 卒業生が多くいて、苦しむと思われた伝統校日体大。ですが見事に3位通過。3年生エース藤本選手がチームを大きくけん引。予選は故障明けながらしっかりエースの役割を果たしました。上位層の選手層に課題ありも、大畑・大内・佐藤選手ら4年生を中心に、総合力で上位校との差を埋めにかかります。

[予選4位]山梨学院大学

全日本大学駅伝不出場

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
ポール オニエゴ④ 27分51秒59 箱予7位、日本IC1万m12位5千m10位、全予4組6位、関東IC1部1万3位、箱4区1位
伊東大輝③ 28分42秒54 箱予84位、全予3組22位
木山達哉③ 28分43秒31 箱予27位、全予3組6位、関東IC1部1万16位、箱7区19位
松倉唯斗④ 28分46秒35 箱予21位、全予4組18位、関東IC1部1万11位
坪井海門④ 28分50秒46 箱予150位
川口航士郎④ 29分12秒23 箱予258位
新本 駿② 29分17秒59 箱予97位、箱1区20位
橘田大河③ 29分18秒22 全予1組13位
石部夏希③ 29分22秒27  
成毛志優④ 29分24秒05 箱予134位
北村惇生② 29分24秒38  
篠原 楓③ 29分26秒37 箱予178位、全予2組35位、箱8区20位
髙木翔瑛② 29分34秒38  
岩谷 翼③ 29分35秒44  
矢島洸一④ 29分58秒55  
髙田尚暉① 5千14分08秒91 箱予83位、全予1組37位
主なエントリー漏れ:ボニフェス ムルア③280810、砂川大河①291668

 昨年より通過順位を上げて2年連続通過となった山梨学院大。オニエゴ選手が27分台の走力をつけて成長。努力で上がってきた男が、同大再建に大きく貢献。日本人ランナーも松倉・木山・新本選手ら核となる選手が出てきています。昨年の19位から大幅ジャンプアップの予感です。

[予選5位]神奈川大学

全日本大学駅伝不出場

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
西方大珠④ 28分48秒28 箱予52位、日本IC3障2位、全予4組20位、関東IC2部3障2位、箱4区10位、20:箱1区12位
川口 慧④ 28分48秒33 箱3区10位、20:箱7区8位
巻田理空② 28分52秒30 箱予29位、全予4組21位、関東IC2部1万15位
高橋銀河② 28分57秒71 箱予132位、箱9区20位
宇津野篤② 29分00秒44 箱予65位、全予2組14位、箱6区12位
落合葵斗④ 29分04秒85 箱予89位、全予3組28位、箱7区17位
横澤清己④ 29分11秒49 箱予68位、全予3組14位
大泉真尋② 29分16秒77 箱予156位
小林政澄② 29分17秒33 箱予123位
安田 響④ 29分23秒68 箱予301位、全予2組21位、箱8区11位、20:箱8区12位、19:箱8区15位
有村祐亮③ 29分28秒21  
佐々木亮輔② 29分28秒40 全予1組35位、箱10区2位
小林篤貴② 29分35秒58 箱予112位、全予1組15位
鈴木玲央③ 29分45秒25 20:箱予103位
中原優人① 29分45秒99 箱予199位、20:高3区19位
山崎諒介③ half63分49秒 箱予53位
主なエントリー漏れ:呑村大樹④290258

 故障者が多く苦しいシーズンながらも、予選5位にまとめてきた神大。一部の主力選手が復調した中で迎える箱根本戦。4年生主力の西方・川口選手や、今期大きく成長した2年巻田選手らが中心の布陣。前回は序盤からいい流れで復路までシード権争い。今年は最後までしっかり流れを作れるでしょうか。

[予選6位]法政大学

全日本大学駅伝9位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
鎌田航生④ 28分30秒61 全2区4位、箱予31位、全予4組12位、関東IC1部1万7位5千14位、箱1区1位、20:箱2区18位、19:箱8区7位
松本康汰③ 28分52秒82 全4区9位、箱予240位、箱3区12位、20:予79位
中園慎太郎③ 28分58秒54 全7区15位、箱予127位、関東IC1部3障4位、箱10区15位、20:箱8区18位
内田隼太③ 28分58秒65 全1区5位、箱予60位、全予1組12位
河田太一平③ 29分06秒76 全8区7位、全予4組26位、関東IC1部half5位、箱2区19位、20:箱4区8位
川上有生③ 29分06秒97 全5区7位、箱予122位、全予3区19位、関東IC1部1万20位、箱9区17位
小泉 樹① 29分13秒48 全3区6位、箱予56位、全予1組3位、20:高3区11位
稲毛祟斗② 29分14秒14  
山本 燎④ 29分24秒42  
細迫海気② 29分24秒60 箱予131位、全予2組5位
宗像直輝② 29分25秒43 全6区6位、箱予94位
清家 陸④ 29分28秒24 箱予56位、全予3区13位、関東IC1部half9位、箱4区11位、20:箱9区7位
扇  育③ 29分43秒48 全予1組8位
久納 碧④ 29分53秒46 20:箱1区19位
武田和馬① 30分17秒88 箱予147位、20:高5区17位
高須賀大勢② half64分26秒 箱予104位
主なエントリー漏れ

 しぶとい法政大が今年復活の予感です。全日予選・箱根予選ともに堅実な走りで突破すると、全日本駅伝は上位争いに食い込み、終盤までしぶとくシード権争いを繰り広げました。

 エース鎌田選手は終盤に追い込む走りが非常に得意な頼もしい選手。これに清家・河田選手の3本柱でしたが、内田・川上・宗像・小泉選手ら新戦力が続々台頭。松本選手らが本来の走りを取り戻せば、一気に法政大のシード権浮上があります。

[予選7位]中央学院大学

全日本大学駅伝11位

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
栗原啓吾④ 28分03秒39 全2区11位、箱予8位、全予4組9位、20:予16位、箱1区5位、19:箱3区13位
武川流以名③ 28分40秒48 全6区8位、全予3組2位、関東IC2部1万20位、20:箱6区5位
吉田礼志① 28分41秒60 全4区10位、箱予130位、全予4組10位、関東IC2部5千7位
小島慎也③ 28分42秒41 全予3組1位、箱3区18位相当、20:予67位
堀田晟礼① 28分49秒05 箱予186位
伊藤秀虎② 28分52秒15 全5区9位、箱予115位、全予1組9位、関東IC2部1万14位、20:予190位
吉田光汰④ 29分15秒02 全7区7位、箱予111位、全予2組40位、関東IC2部3障1位、20:予97位、箱7区14位、19:箱7区16位
堀田捷仁① 29分16秒80  
工藤巧夢① 29分21秒52 箱予262位、20:高3区25位
荻沼直人③ 29分29秒45  
松井尚希④ 29分30秒01 全1区17位、箱予98位、関東IC2部1500m5位
馬場竜之介④ 29分31秒56  
吉本光希③ 29分34秒69 全8区8位、箱予43位、20:予132位
中島稜貴③ 29分39秒69 20:全5区10位、予101位
飯塚達也② 29分48秒98  
井澗翔太② 30分07秒21  
主なエントリー漏れ:松島 匠③290581、川田啓仁③5千135187

 故障者続出の中、往年の粘りを見せて2年ぶり出場にこぎつけた中央学院大。エース栗原選手の日本人トップを取る気迫の走りが印象的でした。吉本・吉田光選手ら上級生の粘りもあります。これに武川・小島選手3年生、1年吉田礼選手に春先の勢いが戻れば、大幅に総合力がアップします。

[予選8位]駿河台大学

全日本大学駅伝不出場

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
ブヌカ ジェームス④ 27分45秒59 箱予6位、日本IC1万m1位、全予4組5位、関東IC1部5千4位1万3位、20:予4位、19:予8位、18:予9位
町田康誠③ 28分39秒82 箱予85位、全予3組24位、全予4組30位、箱9区12位相当、20:予59位、19:予80位
清野太成③ 28分49秒66 箱予54位、関東IC1部1500m8位、20:予93位
新山舜心② 28分56秒54 箱予86位、全予2組11位、20:予211位
今井隆生④ 29分26秒99 箱予205位、全予3組16位、20:予195位
池原悠月① 29分31秒04 全予1組23位
永井竜二③ 29分32秒45 箱予103位、20:予242位、19:予167位
小泉 謙③ 29分47秒36 箱予101位、20:予137位
田尻 健④ 29分48秒23 箱予99位、20:予233位、19:予214位
阪本大貴④ 29分49秒22 箱予190位、20:予251位、19:予88位、18:予258位
出仙龍之介③ 29分50秒41 箱予230位、全予2組31位
長谷部巧人② 29分53秒48  
入江泰世④ 30分01秒48 箱予203位、全予1組21位
松本圭悟③ 30分03秒18  
加藤亮太① 30分24秒08  
榊原嵩史④ 30分28秒25  
主なエントリー漏れ

 ついに初出場にこぎつけた駿河台大。留学生ブヌカ選手だけでなく、町田・清野・新山選手が1万m28分台ランナーに成長。田尻・永井選手らロードに長けているランナーの粘りもありました。注目今井選手も不調から脱しました。何か仕掛けてきそうな徳本監督です。

[予選9位]専修大学

全日本大学駅伝不出場

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
ダンカン キサイサ① 28分57秒27 箱予23位、全予4組11位、関東IC2部5千9位、20:高3区2位
木村暁仁② 29分04秒21 全予4組35位、20:予44位
田島洸樹② 29分28秒91  
服部友太④ 29分30秒66 箱予171位、箱10区14位
横山佑羽④ 29分32秒06 箱予121位、全予3組32位、関東IC2部half20位
水谷勇登② 29分38秒83 箱予106位、箱8区18位、20:予217位
高瀬 桂③ 29分45秒96 箱予10位、箱1区19位、20:予61位
国増治貴③ 29分45秒96 箱予163位、全予2組17位、箱4区20位、20:予105位、19:予241位
江口達宗④ 29分52秒04  
千代島宗汰① 29分52秒61 全予1組40位、20:高2区32位
岩間 暁④ 29分57秒60  
冨永裕憂③ 29分58秒26  
佐々木詩音④ 29分59秒37 箱予154位、20:予173位、19:予173位
野下稜平② 30分01秒73 箱予117位、全予1組22位、箱5区20位
南 里樹③ 30分09秒09 箱6区16位
中山敦貴② 30分09秒71  
主なエントリー漏れ:成島航己③293259、金久保遥④293969、南美空翔④295216

 粘りの走りで見事に2年連続本戦の座を射止めた専修大。新加入の留学生ダンカン選手に、3年高瀬選手の飛躍的な成長が非常に大きかったです。さらに予選会で離脱していた2年木村選手が直前で間に合いました。昨年は勝負にならなかった箱根路。今年はいい見せ場を作れるでしょうか。

[予選10位]国士舘大学

全日本大学駅伝不出場

選手名・学年 10000m持ちタイム 今シーズン実績など
ライモイ ヴィンセント④ 27分39秒80 箱予4位、全予4組4位、関東IC1部half1位、箱2区2位、20:箱2区4位、19:箱2区3位
清水拓斗④ 28分50秒63 箱予151位、全予4組29位、関東IC1部5千19位、箱3区19位、20:予60位、箱7区16位
木榑杏祐④ 28分52秒76 箱予41位、箱4区14位、20:予106位
三代和弥④ 28分55秒29 箱予100位、全予2組1位、箱9区19位
荻原陸斗④ 29分00秒79 箱予30位、全予1組20位、箱7区14位、20:箱1区20位
綱島辰弥③ 29分09秒33 箱予155位、全予3組17位、箱10区16位、20:予148位、19:予113位
福井大夢③ 29分17秒51 箱予96位、20:予152位
山本龍神② 29分20秒49 箱予175位、箱1区18位、20:予77位
長谷川潤④ 29分38秒77 箱予255位、20:予110位、箱3区19位、19:箱7区20位
清水悠雅③ 29分47秒24 箱予261位、全予1組34位、関東IC1部half11位、箱8区16位、20:予121位、箱8区13位
小早川寛人④ 29分48秒42 19:予295位
松井遼太① 29分49秒09 箱予355位
望月 武③ 30分02秒64  
田中佑樹③ 30分07秒65  
西田大智① 30分08秒44 20:高3区14位
山本雷我② 30分19秒40  
主なエントリー漏れ:中西真大②292974

 箱根予選は失敗レースも、懸命に最後の切符をもぎ取った国士舘大。大エースライモイ選手が最終学年で集大成の年。主力も木榑・荻原・三代・清水選手など4年生が並びます。山で攻めるプランもあるという同大。20番目からどこまで浮上できるか。

関東学生連合

選手名・学年・大学名 10000m自己ベスト 今シーズン実績など
中山雄太③日本薬科大 28分07秒33 箱予22位、日本IC1万m9位、関東IC2部1万18位
並木寧音②東京農業大 28分20秒49 箱予28位、20予47位
齋藤俊輔④立教大 28分32秒53 箱予19位、全予4組32位、関東IC2部1500m7位
村上航太③上武大 28分38秒47 箱予24位、20予14位、19予148位
竹井祐貴④亜細亜大 28分40秒01 箱予35位、全予1組2位、関東IC2部5千18位
山中秀真②城西大 28分57秒70 箱予102位、全予1組4位、20予221位
桐山 剛④拓殖大 29分00秒34 全8区16位、箱予79位、20予37位
古川大晃(D1)東京大大学院 29分08秒79 箱予88位、19全7区14位、18全6区15位、17全5区12位
諸星颯大③諸星大 29分09秒40 箱予39位、20予163位、19予314位
福谷颯太③筑波大 29分11秒71 箱予16位、20:予168位
大野陽人③大東文化大 29分11秒16 予46位、20予192位
厚浦大地④関東学院大 29分21秒09 箱予64位、関東IC2部half6位
辻野大輝③武蔵野学院大 29分22秒12 箱予90位、20予257位
鈴木康也①麗澤大 29分26秒14 箱予51位
宮下資大④流通経済大 29分35秒87 箱予57位、予155位、予206位、予331位
田島公太郎①慶應義塾大 29分47秒06 箱予47位、全予4組37位、関東IC1部half17位
主なエントリー漏れ

 1校1人、箱根路未経験者に限るという条件になってから、過去最速と言えるメンバーが集まりました。日薬大中山選手、農大並木選手、立大齋藤選手ら、上位校とそん色のない持ちタイムの選手、その他、激しいレギュラー争いが繰り広げられています。久々の上位あるでしょうか。

以降、
12月29日(水)に区間エントリー発表
1月2日(日)往路・3日(月)復路朝7時に、当日交代を含めて最終オーダー
1日最大4名、2日間で最大6名の変更が可能となっています。

箱根ファンの予想合戦が賑わっていきますね。


コメント

  1. なかじ より:

    管理人さん、チームエントリーまとめ、ありがとうございます。区間予想も楽しみにしてます。確かに青学に選手層の厚みを感じますが、適材適所の区間配置が鍵ですね。2区は近藤が有力ですが、岸本、佐藤ら往路配置が気になります。

    序盤は山谷、ヴィンセント、丹所を並べるであろう東京国際が主導権を握るでしょうね。創価大も葛西、ムルワ、嶋津(4区)、三上(5区)と強い。

    駿河台ブヌカ、専大キサイサが1区に来て、
    順大三浦、中大吉居らでハイペースな箱根を個人的に観たいですが、果たして。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      青学大は主力選手の配置が本当に読めないですね。岸本・佐藤選手がおっしゃる通りどこで起用されるか??東国・創価もやっぱり強そうですし、王者駒大との対決が楽しみです。

      監督の言われる通り、中大吉居・駿河ブヌカ選手が1区だとハイペースになると思いますが、果たして…?

  2. よし39 より:

    駒澤は順当で優勝の可能性を残しましたね。
    ただ、唐澤くん、芽吹くんが主要区間で上位で走れる状態なのかどうか。
    本命青学とは、5.6区以外は互換だと思うので、この2人は重要になりますね。

    箱根は、夏以降に走り込んだ量が結果に直結しますので、タータンでタイムを出したのは全く参考にならないと思ってます。

    この2校を除くと、國學院に期待してしまいます。

    • hakonankit より:

      >よし39さん
      駒澤大はなんだかんだでいいエントリーになってきましたよね。鈴木選手は疲労骨折したのが9月なので、走り込みはできてるはずですが、果たしてどのような状態で仕上がってくるか??
      國學院大も、主力の状態次第では表彰台戦線湧かせそうです。