スポンサーリンク

【速報・結果】全日本大学駅伝2021(第53回)~各大学詳細まとめも!

レース速報します。

どこが勝つか最後まで分かりません!

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2021速報

スポンサーリンク

順位変動&区間賞

※総合順位は選抜を含みません。

順位 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 ゴール
1位 駒大 順大 東国 東国 早大 東国 駒大 駒澤大
2位 中大 法大
10秒
早大
1分01秒
早大
37秒
順大
17秒
順大
19秒
青学
18秒
青山学大
8秒
3位 國學
1秒
早大
11秒
順大
1分02秒
明大
1分04秒
青学
19秒
明大
1分21
東国
41秒
順天堂大
1分22秒
4位 青学
5秒
明大
14秒
法大
1分31秒
順大
1分14秒
東国
33秒
駒大
1分36
明大
1分37秒
國學院大
1分55秒
5位 法大
11秒
國學
15秒
拓大
1分36秒
法大
1分18秒
東洋
58秒
青学
1分36
順大
1分40秒
東京国大
2分15秒
6位 日本選
12秒
東国
21秒
明大
1分38秒
青学
1分24秒
法大
1分15秒
法大
1分36
早大
2分25秒
早稲田大
3分31秒
7位 早大
13秒
駒大
45秒
國學
1分49秒
國學
1分31秒
明大
1分19秒
早大
2分05
國學
2分34秒
明治大
3分48秒
8位 第一
14秒
東洋
50秒
青学
2分01秒
東洋
1分35秒
中大
1分39秒
國學
2分24
中大
3分50秒
中央大
4分08秒
    以上、     シード権
9位 明大
16秒
中大
53秒
東洋
2分12秒
駒大
1分53秒
駒大
1分51秒
東洋
2分44
法大
4分18秒
法政大
4分41秒
10位 東国
18秒
青学
1分13秒
中大
2分16秒
拓大
2分18秒
國學
1分53秒
中大
2分48
東海
4分25秒
東洋大
5分00秒
11位 順大
20秒
拓大
1分22秒
駒大
2分20秒
中大
2分22秒
東海
2分21秒
東海
3分04
東洋
4分40秒
中央学大
6分11秒
12位 東洋
22秒
東海
1分23秒
帝京
2分59秒
東海
2分44秒
拓大
3分07秒
帝京
3分20
帝京
5分12秒
東海大
6分12秒
13位 拓大
29秒
帝京
1分38秒
東海
3分08秒
帝京
2分59秒
帝京
3分35秒
拓大
4分15
中学
5分37秒
帝京大
6分53秒
14位 札学
29秒
日本選
1分40秒
日本選
3分48秒
日本選
3分34秒
日本選
4分03秒
中学
4分48
拓大
7分09秒
拓殖大
9分33秒
15位 立命
40秒
中学
1分52秒
中学
4分14秒
中学
4分02秒
中学
4分06秒
日本選
5分55
日本選
8分37秒
日本選抜
11分17秒
16位 東海
59秒
立命
2分27秒
立命
4分49秒
日体
5分25秒
日体
6分22秒
日体
8分09
日体
8分37秒
日本体大
15分00秒
17位 中学
63秒
日体
2分54秒
日体
5分03秒
立命
6分43秒
立命
8分00秒
立命
10分50
立命
14分26
関西学大
18分03秒
18位 日体
67秒
第一
3分04秒
関学
5分44秒
関学
7分18秒
関学
10分11
関学
13分03
皇學
15分10
皇學館大
18分11秒
19位 帝京
70秒
環太
3分49秒
大経
7分02秒
大経
8分37秒
大経
10分33
皇學
13分08
関学
16分49
立命館大
18分30秒
20位 信州
82秒
信州
3分52秒
皇學
7分08秒
第一
9分14秒
皇學
11分21
大経
13分38
大経
17分30
大阪経大
20分19秒
21位 関学
86秒
大経
3分57秒
第一
7分29秒
皇學
9分20
岐協
12分11
札学
14分41
札学
18分25
札幌学大
24分15秒
22位 皇學
95秒
関学
4分04秒
札学
7分34秒
東海選
10分10
札学
12分11
環太
15分37
岐協
19分23
岐阜協大
25分20秒
23位 東海選
1分43秒
皇學
4分18秒
信州
8分02秒
札学
10分29
第一
12分32
岐協
15分54
環太
20分34
環太平大
27分22秒
24位 環太
1分47秒
札学
4分29秒
東海選
8分05秒
環太
10分36
東海選
13分14
第一
16分23
東海選
23分16
東北大
28分54秒
25位 岐協
1分54秒
岐協
4分39秒
環太
8分08秒
岐協
10分43
環太
13分29
東海選
17分52
第一
23分18
東海選抜
29分06秒
26位 大経
1分56秒
東海選
5分02秒
岐協
8分53秒
信州
12分27
信州
16分17
信州
20分10
信州
24分35
第一工大
29分19秒
27位 東北
2分53秒
東北
7分21秒
東北
12分55
東北
15分30
東北
19分02
東北
23分51
東北
27分47
信州大
32分10秒
区間賞
1区佐藤条二① 駒澤大
2区三浦龍司② 順天堂大
3区イエゴン ヴィンセント③ 東京国際大
4区石田洸介① 東洋大 & 髙橋勇輝④ 青山学大
5区佐藤一世② 青山学院大
6区丹所 健③ 東京国際大
7区田澤 廉③ 駒澤大
8区伊地知賢造② 國學院大

1区速報

 スタート直後から、第一工科大サレー選手が飛び出していく展開。2位集団は札幌学院大グレ選手が引っ張り、全体的にハイペース。1㎞過ぎ東北大や大阪経済大が遅れ始める。

 サレー選手と2位集団は10秒~15秒程まで広がるも、そこからは変わらず。1㎞2分50秒程のペースで進んでいく。地方の大学は他にもどんどん零れ落ちていっています。

 サレー選手は7㎞20分10秒ほどで通過。2位集団との差は9秒程。有力校の中では、東海大・帝京大・中央学院大あたりがすでに遅れています。

 8㎞にきて、サレー選手が苦しそうな表情。2位集団は中大・青学あたりを中心にペースアップ。一気に詰め寄りにかかる。ここで順大平・東国大佐藤・札学大グレ・東洋佐藤・拓大工藤選手らが脱落。

 8.4㎞でサレー選手を吸収。残り1㎞で青学志貴・駒大佐藤・中大吉居・國學島崎選手らが先頭集団、次いで、サレー・明大手嶋選手と続く。

 残り500m、駒大佐藤選手が仕掛けて先頭へ、これに中大吉居選手や國學島崎選手が食らいついていく。青学志貴選手は単独4番手。駒大と中大ほぼ同時リレー。

2区速報

 あっという間に大集団が出来ました。早大井川選手が引っ張り、駒大・中大・青学・日本選抜・國學院・東洋・法大・明大・東国大。これに順大三浦選手が2㎞ほどで追いついてきました。後方は、中学栗原選手が東海松崎選手を引き連れながら追っています。

 5㎞手前までに、日本選抜と駒大青柿選手が遅れだして、集団は早大井川・青学中村・東洋前田・國學木付・東国山谷・順大三浦・明大児玉・中大阿部・しんがり法大鎌田選手の9名。

 6㎞を過ぎて、法大鎌田選手がすっと前に出て引っ張り始めます。これに東洋前田選手がついていけず脱落。先頭集団は8名となっています。

 8㎞手前今度はまた早大井川選手が引っ張ります。つくのは順大三浦・法大鎌田・明大児玉・東国山谷・國學木付選手で6人の集団。青学中村・中大阿部選手は遅れていっています。

 9㎞手前順大三浦選手がついに前に。これに東国山谷選手がついていけない展開。戦闘は4名に。後ろでは、駒大青柿選手が冷静に走っていて、先に遅れた青学大や東洋大らを交わしました。後方は、東海松崎&拓大合田選手が頑張って浮上。まもなく日本選抜を捉えそうな様相。

 そして10㎞過ぎ、つまり残り1㎞、順大三浦選手がついにロングスパート。早大井川選手が付こうとするが付けず。長い長いストライドで一気に2位集団を突き放していきます。2位集団は法大鎌田選手が前へ。国学早大明大懸命につく展開。

 三浦選手がそのまま先頭でリレー。2位集団に10秒程、6位東国大に22秒ほどの差。7位駒大は45秒、8位東洋50秒、10位青学は1分13秒の差がついた

3区速報

 1㎞通過したところで、順大伊豫田選手に、早大中谷選手が追いつく。中谷選手の1㎞は2分43秒で急追。3位集団も法大を中心に少し近づいた形。そして東国ヴィンセント選手もひたひたおっています。後方では、拓大ラジニ選手が東海市村選手を連れて猛追。青学大岸本選手が前に見えています。

 2㎞で一気に東国大ヴィンセント選手が追いついて先頭に。少しだけつくが、2.2㎞で早大中谷順大伊豫田選手が離れます。東国大が早くも先頭に。4番手は法大小泉選手、5番手國學中西・明大富田選手となっています。

 後方、2.5㎞で拓大ラジニ選手が、青学岸本選手を捉えて10位浮上。前7位集団東洋九嶋・駒大佃選手、9位中大中野選手を少しずつ追い上げていっています。

 5㎞を過ぎて、1位東国大、2位早大中谷・順大伊豫田、4位法大小泉、5位明大富田、6位國學中西、7位東洋九嶋・駒大佃、9位中大中野、10位拓大ラジニ・青学岸本、12位東海市村選手の展開。

 なお、6㎞を過ぎて、拓大ラジニ選手がさらにペースアップ。一気に7位に浮上。8位集団中大が追いつき駒大東洋と3人。青学岸本選手は11位に下げてますが、10秒程後方にまで迫っています。

3区7.4㎞
1位東国1:19:25、2位早大順大32秒、4位法大46秒、5位明大1分00秒、6位國學1分13秒、7位拓大1分24秒、8位青学東洋駒大中大1分33秒

 個人では東国ヴィン、拓大ラジニ選手がワンツー、日本人は早大中谷・青学岸本選手がほぼ同じ、次いで順大伊豫田選手、法大ルーキー小泉選手が大健闘。

 ヴィンセント選手は10㎞を過ぎて区間新記録ペース。2位争いは早大中谷選手がスパート。2位早大3位順大、拓大ラジニ選手は、国学中西選手を捉えて6位浮上。さらに前を追っていっています。岸本選手も集団を抜け出して、國學院が見える位置に。エースの戦いが暑い。

 ヴィンセント選手は32分46秒の区間新!東洋相澤選手の33分01秒を上回りました。2位は早大・順大が最終的に競る形で1分01秒02秒の貯金。法大が粘って4位、5位拓大が1分36秒、明大・國學院が続き、青学岸本選手2分01秒の8位、9位東洋中大、11位駒大2分20秒差となっています。

4区速報

 戦前、青学原監督は、3区終了時で東国大と2分まで。2分01秒差ということでギリギリのライン。4区髙橋選手は1㎞2分41秒と突っ込んでいます。少しずつ前、國學藤木選手が近づいてきています。

 1位東国堀畑選手は5㎞14分32秒、2位早大菖蒲順大石井選手は通過は分かりませんが目測見えているほど、それぞれ堅実に走っている模様。ここから詰まってくるかどうか。後方、青学高橋選手が、拓大山田・国学藤木選手を交わして6位浮上しています。

4区6㎞
1位東国1:49:30、2位早大53秒、3位順大54秒、4位明大法大1分23秒、6位青学1分38秒、7位國學1分41秒、8位拓大1分43秒、9位東洋1分54秒、10位駒大中大2分16秒

 9㎞を過ぎて、2位は早大菖蒲選手が順大石井選手を突き放して単独2位、明大小澤選手も法大松本選手を使い話して単独4位、その松本選手の背後に青学高橋選手が迫る、7位国学藤木選手の背後に東洋石田選手が迫る展開。ただ、藤木選手もここは粘っている状況です。

 10.3㎞青学高橋選手が、法大松本選手を交わして5位に浮上。さらに、前では2位早大菖蒲選手の後ろに、明大小澤選手が20秒程に詰めています。順大石井選手はその後方やや不調となっています。

 東国堀畑選手は苦しそうな表情もそのままトップキープで中継。2位早大は37秒、3位明大1分03秒、4位順大5位法大6位青学7位國學8位東洋が1分10秒~1分30秒点々と繋ぎ、9位駒大が1分53秒となっています。

5区速報

 6位青学佐藤選手が突っ込んで入っています。2.5㎞順大野村・法大川上・明大尾崎選手の集団を捉えて、一気に3位まで浮上。区間記録保持者がやはり強い。後方では4.5㎞東洋梅崎選手が國學沼井選手を交わして7位浮上。東洋大も怖い存在です。

 5㎞を過ぎて、1位東国生田選手と2位早大石塚選手がかなり詰まってきました。5.5㎞地点で15秒程。生田選手が少し苦しそうな表情になって、ぐっと詰まってきた模様。石田選手は5㎞14分10秒かなり突っ込んでいます。

 3位グループは青学佐藤・順大野村選手が追っています。明大尾崎選手が置いて行かれた模様。後方法大や東洋大も確認できます。青学佐藤選手は7㎞20分05秒、ただ前はまだ近づいてこない

 トップ争いが激しくなってきて、8㎞で3秒程。そして8.3km首位交代。1位早大浮上、東国大が2位に後退します。石塚選手はそのまま単独トップに。単独走の方が得意という早大ルーキーが先頭を突っ走る展開に変わりました。

 後方では動きが。9年ぶり出場の中央大が、三浦選手が11位から急追。9㎞過ぎに、駒大東山選手を交わして8位に浮上。予選会の不調は脱したか。また、5位に東洋梅崎選手が浮上、明大尾崎選手はここで踏ん張れるかどうか。

 3位争いm青学佐藤選手が順大野村選手を引き連れながら、懸命にトップを追っています。11㎞でトップと30秒程、そして東国生田選手を一気に捉えて2位に浮上。早大との差もじわじわ詰まってきている模様。

 早大石塚選手も最後は切り替えてトップをキープして中継します。2位順大3位青学17秒~20秒差。4位東国33秒。5位東洋大57秒健闘。6位法大75秒、7位明大80秒、8位中大1分40秒、9位駒大1分52秒、10位國學1分53秒

6区速報

 早大佐藤選手は1㎞3分00秒ゆったり進み、後方は急追。3㎞ちょうどで青学若林・順大牧瀬選手が追いついてくる。さらに東国大丹所選手が急追。出雲の後1週間ほど練習ができなかったそうですが、やはり強そうだ。

 後方では3㎞過ぎ、駒大安原選手が中大山口選手を捉えて8位浮上、いったん追いついてきた國學坂本選手も突き放しています。

 4kmを過ぎて、丹所選手が早大佐藤選手を交わして3位浮上。4.4㎞で丹所選手が追いついて、青学若林・順大牧瀬選手とともにトップ集団を形成。早大佐藤選手はそのまま後退。5位争いは東洋菅野・法大宗像選手の並走に、明大鈴木選手が追いついたところ。まだまだ混戦です。

 5㎞14分25秒ほどで東国丹所選手は通過。その中で、6㎞過ぎ青学若林選手が後退し単独3位。東国丹所・順大牧瀬選手が先頭。また4位早大の後方、単独5位に明大鈴木選手が急追。6区にエースを置いたチームが躍動しています。

 そして7.5㎞東国丹所選手のペースに、順大牧瀬選手がついていけない。東国大が再び先頭に。8㎞地点で2位順大は3秒差、3位青学は20秒差、4位早大はほとんど見えなくなりました。8.2㎞その早大佐藤選手を、明大鈴木選手が交わしていって4位浮上。佐藤選手はわき腹を抑えて非常に苦しい走りだ。

 やや雨が降り始めて6区終盤9㎞過ぎ。後方では、駒大安原選手が激しい追い上げ。東洋菅野選手はすでに捉えて、10㎞地点で法大宗像早大佐藤選手を捉えて、一気に5位まで浮上。9位から5位まで順位を上げました。

 トップ東国丹所選手は11㎞通過変わらない走りでトップ、順大牧瀬選手が5秒少しで粘っています。が、青学若林選手が急速に見えなくなってちょっと不調の走り。さらに後方では東洋菅野選手にアクシデント。一度立ち止まって屈伸するアクシデント。中大に交わされ10位へ転落。

 前方では11.5㎞で3位に明大鈴木選手が浮上。7位から3位に上げてエースの役割を果たす。青学若林選手は力がこもらない走り。後方には駒大安原選手が迫ってきています。7区8区多くの大学がまだ分からない状態でのリレーになりそう。

 その中で最後まで順調だった東国丹所選手が37分12秒と、従来の37分22秒はもっと気象条件が良かったので価値あるタイムです。。2位順大19秒、3位明大1分21秒、4位駒大・青学・法大1分36秒、7位早大2分05秒、8位國學2分25秒、

9位アクシデント合った東洋が中大を交わして、9位2分44秒、10位中大2分48秒、11位東海3分05秒、12位帝京3分20秒続いています。

7区速報

 4位駒大田澤選手が、青学近藤選手を引っ張る展開で前を追いかけます。そして、3㎞過ぎ2人で引っ張りあいながら、3位明大橋本選手に追いつきました。後方では8位國學院平林選手に、東洋松山選手が猛追。1㎞2分45秒で突っ込んで、3.4㎞ついに追い抜き8位東洋が浮上します。

 トップ東国野澤選手、順大近藤選手は1㎞3分を少し切るイーブンペースで5㎞を通過。差は25秒でやや広がったか。3位争いとなった駒大田澤・青学近藤選手の争いが視界からは入るようになってきた形。

 その3位争いは、6.2㎞で決着。駒大田澤選手が単独3位に浮上、4位青学近藤選手、5位明大橋本選手に。かなり後ろで6位早大鈴木、7位法大中園選手まで確認できるところ。8位争いはなんと7㎞ほど國學平林選手が再び前へ、9位再び東洋松山選手となっています。

 10.1㎞駒大田澤選手が、順大近藤選手を交わして2位浮上!10㎞通過は28分25秒とやはり速い。10秒以内の差で粘っている青学近藤選手もいい調子。11㎞で交わして3位に浮上します。

 11㎞東国野澤選手は35分36秒。1㎞3分00秒をひた走る形になっています。なので、ここにきて一気に駒大田澤・青学近藤選手が詰めてきました。一気に20秒を切って、15秒詰まってきています。

 シード権争いはまた新たな展開に、國學平林選手が7位に浮上、法大中園選手が8位に落ちて、すぐ後ろに9位に浮上した中大中澤選手が急追。東洋松山選手は10位に落ちてしまった。中澤選手は勢いよく、11.6㎞で8位に浮上。9年ぶりの出場でシード権確保なるか非常に注目になりました。

 トップは13.5㎞ついに入れ替わり。駒大田澤選手が先頭に。ただ、優勝はまだ分からない。ガンガン引き離します。しっかり粘っている青学近藤選手も14㎞過ぎ2位に浮上。東国野澤選手はちょっと苦しいか。

 さて勝負所、16㎞過ぎてから少しずつ1位と2位の差が広がり始め15秒差。田澤選手が切り替えて、優勝に向けて貯金を作りにかかります。しかし、近藤選手も苦しい表情ながら15秒でピタリ。懸命に粘ります。

 駒大田澤選手はトップ中継。日本人最高記録だそうだが、後ろ青学大との差は18秒。必死にこらえた。3位東国大は41秒差。4位は明大浮上し1分37秒、5位順大1分40秒、6位早大2分25秒、7位國學2分34秒

後ろシード権争い、8位中大3分50秒、9位法大4分18秒、10位東海4分25秒、11位東洋4分39秒、8位から11位は50秒差となっています。

8区速報

 駒大1㎞2分53秒と落ち着いた入り。後方青学大は3㎞過ぎで18秒差全く変わらず。どちらも落ち着いた入りで様子を見ている形か。3位東国宗像選手はしっかり見えています。後方では、6位早大山口選手に、國學伊地知選手が追いつき、6位並走する形。まだまだ順位変動を予感させました。

 そして…5㎞過ぎてから、1位駒大花尾選手に、2位青学飯田選手がすっと近づいてきました。7㎞地点で3秒差に。そして8㎞地点で、飯田選手が花尾選手の背後にピタリと付けました。精神的には、駒大がプレッシャー、青学大が有利かもしれません。

 シード権争いでは動きがあり、東洋宮下選手が9位に浮上。東海竹村・法大河田選手を捉え、8位中大手島選手を懸命に追っているとのこと。酒井監督態勢になってからシード権落ちはない東洋大の粘りに注目です。

 トップ争いは変わらない。駒大花尾選手が前、青学飯田選手が斜め後ろ。8㎞で差がなくなってから、10㎞までずっとそういう形。駆け引き上は青学飯田選手は有利か。飯田選手は後ろを確認。1㎞3分ペースまで落ちているところ、飯田選手は斜め横につきつづけています。

 後方は動き。國學院大伊地知選手がなんと5位に浮上、6位明大加藤選手後退。7位早大鈴木・8位中大手島選手を挟んで、9位争い東洋宮下法大河田選手。中大の背中は見えるけど小さい。まだ我慢の展開です。

渡会橋13.6㎞
1位駒大青学4:49:07、3位東国54秒、4位順大1分24秒、5位國學2分03秒
6位明大2分28秒、7位早大2分33秒、8位中大3分53秒/9位東洋法大4分26秒、11位東海4分55秒、12位中学帝京5分42秒

 順大四釜・國學伊地知選手がハイペース、明大がスローダウン中。シード権は中大手島選手を、東洋宮下法大河田選手が少しずつ詰めてきているという状況。ですが、どうでしょうか。

 先頭は、駒大花尾選手前、青学飯田選手前のまま15㎞を通過。ちょっとずつ、どちらが優位とか言える状況でもなくなってきました。もう根性の叩き合いになりそうな様相です。また後方では、3位東国宗像選手に、順大四釜選手が追いついたところ。そして15.3km四釜選手が一気に前へ。どうやら順大が表彰台確保か。

 17.8㎞ついにレースが動き始めた。花尾選手が淡々と走っているように見えますが、青学飯田選手が口が空いて、少しずつ少しずつ差が付き始めてきた。息が詰まるような接戦でしたが、粘った凌いだ花尾選手がそのままゴール2連覇!青学飯田選手は史上最少差の僅差8位に崩れ落ちました。

 さらに3位まで飛躍した順大、そしてまさかの区間賞の伊地知選手が走った國學院大が4位浮上、5位は見せ場を2度作った東国大、6位早大、7位は明治大。最後のシード枠は、9年ぶり中央大が逃げ切り、10年ぶりシード権獲得!9位法大、10位東洋大は14年ぶりシード権喪失となりました。

全日本大学駅伝2021各大学詳細結果

優勝校・シード校(1位~8位)

1位駒澤大学5時間12分58秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 1位 佐藤条二① 27分05秒 1位 -0秒
2区11.1㎞ 10位 青柿 響② 32分35秒 7位 45秒
3区11.9㎞ 12位 佃 康平④ 34分42秒 11位 2分20秒
4区11.8㎞ 4位 赤星雄斗② 34分18秒 9位 1分53秒
5区12.4㎞ 8位 東山静也③ 37分00秒 9位 1分51秒
6区12.8㎞ 2位 安原太陽② 37分30秒 4位 1分36秒
7区17.6㎞ 1位 田澤 廉③ 50分36秒 1位 -18秒
8区19.7㎞ 4位 花尾恭輔② 59分12秒 1位 -8秒

 見事な継走でした!1区1年生佐藤選手が区間賞デビュー。出入りの激しい2区3区青柿・佃選手が順位を落としますが最低限で踏ん張ると、4区赤星・5区東山選手が連続区間一桁。前が見える9位で繋ぎます。

 そして今回MVPと言える安原選手が区間2位快走!出雲駅伝で能力の高さを見せていましたが、強さを見せました。5人抜いてトップと1分36秒。そして青学大に追いついたのが大きかったです。

 2年ぶり7区出走の大エース田澤選手は、自信を持って前を追っていきました。13.5㎞で一気に先頭に立つと、粘る青学大も突き放し、18秒の貯金でアンカーへ。

 花尾選手は、8㎞で青学大に後ろに付かれますが、ずっと前を向いたままレース推移。自信のあった残り2㎞からロングスパート。見事に決まりましたね!2連覇おめでとうございます!!

2位青山学院大学5時間13分06秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 4位 志貴勇斗② 27分10秒 4位 5秒
2区11.1㎞ 14位 中村唯翔③ 32分58秒 10位 1分13秒
3区11.9㎞ 3位 岸本大紀③ 33分55秒 8位 2分01秒
4区11.8㎞ 1位 髙橋勇輝④ 34分08秒 6位 1分24秒
5区12.4㎞ 1位 佐藤一世② 35分57秒 3位 19秒
6区12.8㎞ 12位 若林宏樹① 39分02秒 5位 1分36秒
7区17.6㎞ 2位 近藤幸太郎③ 50分54秒 2位 18秒
8区19.7㎞ 3位 飯田貴之④ 59分02秒 2位 8秒

 惜しいレースでした。初駅伝1区志貴選手が見事なスパートで4位スタート。2区中村選手が失速も、3区岸本選手が久々でも高い駅伝力を発揮!日本人トップの区間3位で順位を上げました。

 すると4区髙橋選手がガンガン前を追っていき区間賞の獲得で6位浮上。2年連続5区となった佐藤選手がどんどん前を追っていき、これまた区間賞の走りで3位浮上!トップと19秒差で青学大に流れがいきかけました。

 ですが、6区で落とし穴。急遽出走となった若林選手が苦しみ5位後退。さらに駒大に追いつかれます。7区近藤選手は、駒大のエース選手に食いつく走りを見せ区間2位。18秒差で凌いでアンカーに望みをつなぎます。

 8区飯田選手は、自分のペースで走りながら8㎞で駒大の背後に。”後ろについて、脚をためろ”の監督の指示に従うも、ややリズムが狂ったか。勝負所で脚が残っておらず悔しい8秒差敗戦。箱根に全てをかけます。

3位順天堂大学5時間14分20秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 11位 平 駿介③ 27分25秒 10位 20秒
2区11.1㎞ 1位 三浦龍司② 31分30秒 1位 -10秒
3区11.9㎞ 5位 伊豫田達弥③ 34分09秒 3位 1分02秒
4区11.8㎞ 14位 石井一希② 34分57秒 4位 1分14秒
5区12.4㎞ 2位 野村優作③ 36分05秒 2位 17秒
6区12.8㎞ 4位 牧瀬圭斗④ 37分47秒 2位 19秒
7区17.6㎞ 9位 近藤亮太④ 53分33秒 5位 1分40秒
8区19.7㎞ 2位 四釜峻佑③ 58分54秒 3位 1分22秒

 出雲駅伝から見違えるような走りで見事表彰台!1区平選手がトップと20秒差でスタート。2区三浦選手が先頭集団に追いつくと、残り1㎞で満を持してスパート!狙ったレースでこの時点でトップに立ちます。

 3区伊豫田選手が区間5位まずまずの走りで3位中継。4区位石井選手が珍しく外しますが、出雲失速から5区起用の野村選手が、区間2位粘りの走り。2位に浮上します。6区牧瀬選手も区間賞相手に粘って19秒差の2位。一瞬長門監督も優勝が頭をよぎります。

 7区初駅伝の4年近藤選手が後半ややペースダウンする区間9位。順位を5位に落としトップと1分40秒差になります。ですが、ブレイク中四釜選手が区間2位力走で、15㎞を過ぎてから3位に浮上!収穫の多い表彰台でした。

4位國學院大學5時間14分53秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 3位 島崎慎愛④ 27分06秒 3位 1秒
2区11.1㎞ 6位 木付 琳④ 32分04秒 5位 15秒
3区11.9㎞ 11位 中西大翔③ 34分41秒 7位 1分49秒
4区11.8㎞ 7位 藤木宏太④ 34分27秒 7位 1分31秒
5区12.4㎞ 11位 沼井悠斗① 37分24秒 10位 1分53秒
6区12.8㎞ 7位 坂本健悟③ 38分16秒 8位 2分24秒
7区17.6㎞ 3位 平林清澄① 52分22秒 7位 2分34秒
8区19.7㎞ 1位 伊地知賢造② 58分33秒 4位 1分55秒

 長距離区間を下級生というびっくりなオーダーでしたが、選手の状態を見極めたうえでの配置でした。

 1区島崎選手が区間3位、2区木付選手も好調で、この時点でトップと15秒差の5位中継。3区中西4区藤木選手は驚きの采配でしたが、まだ本調子でない中での起用でした。何とか7位とどまります。

 5区沼井選手がうまく走れず区間11位で10位に落ちますが、6区坂本選手がいい走り。区間7位でシード権内ギリギリ8位に浮上し、下級生の長距離区間へ。

 平林選手は、3㎞過ぎで東洋大に追いつかれますが、得意の中間走で突き放していくと1つ順位を上げ7位中継。ルーキーながら区間3位好走。さらにサプライズは8区伊地知選手、どんどん順位を上げていくと4位まで浮上して58分33秒区間賞獲得!収穫が多かったですね。

5位東京国際大学5時間15分13秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 10位 佐藤榛紀① 27分23秒 10位 18秒
2区11.1㎞ 5位 山谷昌也③ 31分53秒 6位 21秒
3区11.9㎞ 1位 Y. ヴィンセント③ 32分46秒 1位 -1分01秒
4区11.8㎞ 11位 堀畑佳吾③ 34分45秒 1位 -37秒
5区12.4㎞ 13位 生田琉海② 37分35秒 4位 33秒
6区12.8㎞ 1位 丹所 健③ 37分12秒 1位 -19秒
7区17.6㎞ 6位 野澤巧理④ 52分53秒 3位 41秒
8区19.7㎞ 12位 宗像 聖③ 60分46秒 5位 2分15秒

  出雲駅伝優勝の東国大。エースの走りで2度先頭に立つ見せ場を作るも、5位。シード権獲得も課題を残しました。

 1区佐藤・2区山谷選手は終盤まで先頭集団にピタリ。しっかりトップと20秒前後の差をキープします。今回は3区起用となったヴィンセント選手は、2㎞で先頭に立つとあとは独走。区間記録を更新する走りで今回もエースの役割を果たします。

 4区堀畑・5区生田選手が頑張りますが、5区途中で早大らに捕まり4位に落ちます。ひっくり返したのが、当日変更で6区に入った丹所選手。怪我明けでしたが、中盤で単独先頭に躍り出ます!区間新記録の力走で再び群青のタスキを盛り上げます。

 7区8区は準備していたという野澤・宗像選手。4年初駅伝の野澤選手が区間6位と頑張りますが、他校のエースの前に3位にダウン。宗像選手はトップを追いますが、後半やや息切れで5位にフィッシュとなります。収穫と課題も残った総合5位でした。

6位早稲田大学5時間16分29秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 7位 伊藤大志① 27分18秒 6位 13秒
2区11.1㎞ 2位 井川龍人③ 31分48秒 3位 11秒
3区11.9㎞ 4位 中谷雄飛④ 33分57秒 2位 1分01秒
4区11.8㎞ 5位 菖蒲敦司② 34分21秒 2位 37秒
5区12.4㎞ 4位 石塚陽士① 36分25秒 1位 -17秒
6区12.8㎞ 17位 佐藤航希② 39分50秒 7位 2分05秒
7区17.6㎞ 5位 鈴木創士③ 52分32秒 6位 2分25秒
8区19.7㎞ 9位 山口賢助④ 60分18秒 6位 3分31秒

 今年も途中で単独走に躍り出た早大でしたが、総合6位に留まりました。力を見せた1区伊藤選手がトップと13秒差、2区井川選手は先頭集団の先頭に立ち主導権を握った上で区間2位。4年連続3区となった中谷選手は、しっかりと単独2位に立ちます。

 ここから若手が追い上げます。4区菖蒲選手は、単独走で先頭との差を詰めて区間5位で37秒差。5区石塚選手は単独走が好きというルーキー。じわじわトップとの差を詰めて、逆転!2位に17秒差をつけて単独トップ。昨年のような展開に持ち込みます。

 しかし、急遽出走となった6区佐藤選手が体調不良で区間17位。7位後退とシード権争いへ。それでも7区鈴木8区山口選手と前年メンバーが奮闘。特に練習詰めていたわけでない鈴木選手が区間5位。何とか6位でゴール。故障者が多い中、踏みとどまりました。

7位明治大学5時間16分46秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 9位 手嶋杏丞④ 27分21秒 9位 16秒
2区11.1㎞ 2位 児玉真輝② 31分48秒 4位 14秒
3区11.9㎞ 10位 富田峻平③ 34分31秒 6位 1分38秒
4区11.8㎞ 3位 小澤大輝③ 34分11秒 3位 1分04秒
5区12.4㎞ 10位 尾崎健斗① 37分17秒 7位 1分19秒
6区12.8㎞ 4位 鈴木聖人④ 37分47秒 3位 1分21秒
7区17.6㎞ 4位 橋本大輝④ 52分28秒 4位 1分37秒
8区19.7㎞ 15位 加藤大誠③ 61分23秒 7位 3分48秒

 前半にスピードランナーを詰め込んだ明治大、箱根予選上がりながら、今年も存在感を示しましたね。1区エース級の手嶋選手でスタート、2区児玉選手が先頭集団でうまく粘って区間2位。3区故障明けの富田選手は区間10位。この時点で総合6位につけます。

 4区はついに初の駅伝3年小澤選手が躍進!区間3位の走りで先頭もうかがえる3位に浮上。やはり楽しみな選手です。5区ルーキー尾崎選手は調整合わなかったか区間10位で7位後退。6区エントリーのエース鈴木選手はさすがの走り。じわじわ順位を上げていき。再び3位まで進出します。

 長距離2区間にはロードの方が光る選手。7区には一般入試からスピードランナー集う、明大の主力に割って入った橋本選手。しっかりペースを刻んで区間4位。3位の見える4位で繋ぎます。アンカー加藤選手はやや調整不足か区間15位となりますが、収穫もあった総合7位でした。

8位中央大学5時間17分06秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 2位 吉居大和② 27分05秒 2位  
2区11.1㎞ 12位 阿部陽樹① 32分43秒 9位 53秒
3区11.9㎞ 9位 中野翔太② 34分30秒 10位 2分16秒
4区11.8㎞ 13位 助川拓海③ 34分51秒 11位 2分22秒
5区12.4㎞ 3位 三浦拓朗④ 36分19秒 8位 1分39秒
6区12.8㎞ 11位 山口大輔① 38分54秒 10位 2分48秒
7区17.6㎞ 8位 中澤雄大③ 53分14秒 8位 3分50秒
8区19.7㎞ 5位 手島 駿④ 59分30秒 8位 4分08秒

  関係者を初め、多くの駅伝ファン沸きましたね。古豪中大が9年ぶり出場で10年ぶりシード権獲得です。

 満を持して1区起用の吉居選手はトップと0秒差区間2位とまずまずの走り。2区抜擢のルーキー阿部選手はやや苦しみ9位まで落とします。その後、3区中野・4区助川選手のスピードランナーが頑張るも、この時点で11位となります。

 流れを変えたのは、5区エース三浦選手。持ち前のスピードを発揮して区間3位の走りで総合8位シード権内に進出します。全日本予選で活躍も、箱根予選は不調。それでも起用した藤原監督の期待に応えます。6区山口選手は10位に落としますが、混戦の中でのリレーとなります。

 ここで活きたのが、長距離に高い安定感のある中澤・手嶋選手。中澤選手が安定した走りで総合8位浮上。アンカー手島選手は、後方に選手が転々する中でも、冷静な走りを披露。区間5位の走りで、後方を寄せ付けず見事8位獲得!本戦でやっと報われる結果です。 

地区枠確保(9位~18位)

9位法政大学5時間17分39秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 5位 内田隼太③ 27分16秒 5位 11秒
2区11.1㎞ 4位 鎌田航生④ 31分49秒 2位 10秒
3区11.9㎞ 6位 小泉 樹① 34分28秒 4位 1分31秒
4区11.8㎞ 9位 松本康汰③ 34分32秒 5位 1分18秒
5区12.4㎞ 7位 川上有生③ 36分59秒 6位 1分15秒
6区12.8㎞ 6位 宗像直輝② 38分06秒 6位 1分36秒
7区17.6㎞ 15位 中園慎太郎③ 54分54秒 9位 4分18秒
8区19.7㎞ 7位 河田太一平③ 59分35秒 9位 4分41秒

 惜しくもシード権奪取はなりませんでしたが、見事な継走でしたね。1区初駅伝内田選手が最後までついて11秒差の5位。2区起用のエース鎌田選手は、先頭集団で冷静な位置取りで2位に浮上。チームを流れに載せます。

 3区小泉選手が素晴らしかった。他校力のある上級生相手に一歩も引かない走りで区間6位。総合4位で繋ぎます。今年の箱根を走っている4区松本・5区川上選手も区間一桁で繋ぎ6位。まだ混戦だった6区で宗像選手が区間6位好走。4位のチームとタイム差なしの6位で繋ぎます。シード権が見えてきました。

 でしたが、7区で落とし穴。清家選手から当日変更で入った中園選手が徐々にペースダウン。粘り切れず8位と28秒差の9位でリレー。アンカー、予選未出走の河田選手が区間7位と粘りますが、惜しくも届かず。それでもここ2年から一気にチーム力が上がっていることを示しました。

10位東洋大学5時間17分58秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 12位 佐藤真優② 27分27秒 11位 22秒
2区11.1㎞ 8位 前田義弘③ 32分18秒 8位 50秒
3区11.9㎞ 8位 九嶋恵舜② 34分29秒 9位 2分12秒
4区11.8㎞ 1位 石田洸介① 34分08秒 8位 1分35秒
5区12.4㎞ 4位 梅崎 蓮① 36分25秒 5位 58秒
6区12.8㎞ 13位 菅野大輝② 39分31秒 9位 2分44秒
7区17.6㎞ 13位 松山和希② 54分08秒 11位 4分40秒
8区19.7㎞ 6位 宮下隼人④ 59分32秒 10位 5分00秒

 んー、大混戦の中のアクシデント…東洋大でも立て直しが効きませんでした。1区当日変更の佐藤選手が12位ながら、何とか22秒差。2区前田選手が急追して先頭集団につくもやや疲れましたかね。3区九嶋選手を終えた段階で総合9位となります。

 ここでルーキーが頑張ります。4区石田選手が、出雲に引き続き区間賞の走り。順位は一つ上げる8位に留まるも流れを作ります。すると5区梅崎選手が区間4位の好走。3つ順位を上げ総合5位に。トップとの差も1分を切り、表彰台以上が見えてきていました。

 ですが6区で落とし穴。初出場の菅野選手が、脚にアクシデント。途中で立ち止まるなど苦しい走り。一旦10位に落としから懸命のガッツを見せるも9位となります。7区松山8区宮下選手と万全ではない中、突っ込んで入って浮上を狙いますが、無念シード権落ち。あの柏原選手入学前の年以来となります。

11位中央学院大学5時間19分09秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 17位 松井尚希④ 28分08秒 16位 63秒
2区11.1㎞ 11位 栗原啓吾④ 32分39秒 14位 1分52秒
3区11.9㎞ 17位 川田啓仁③ 35分29秒 14位 4分14秒
4区11.8㎞ 10位 吉田礼志① 34分35秒 14位 4分02秒
5区12.4㎞ 9位 伊藤秀虎② 37分04秒 14位 4分06秒
6区12.8㎞ 8位 武川流以名③ 38分27秒 14位 4分48秒
7区17.6㎞ 7位 吉田光汰④ 53分01秒 13位 5分37秒
8区19.7㎞ 8位 吉本光希③ 59分46秒 11位 6分11秒

 序盤で遅れて、エースもやや不調。準エース格は不出場、その中で、終盤はいい走りが見れたのではと思います。

 1区1500mスピードある松井選手でしたが、ハイペースの展開に付けず、先頭と1分以上。2区箱根予選日本人トップ大エースの栗原選手が懸命に上げるも、14位に留まります。3区川田選手もスピードを上げられず、前と離れた14位となります。

 ですが、こ子から上がります。4区吉田礼選手が区間10位と頑張ると、5区伊藤選手が区間9位、何とか間に合った6区武川選手が区間8位、初の主要区間となった7区吉田光選手が区間7位と頑張り13位浮上します。そしてアンカー抜擢吉本選手が区間8位好走。最後のスパートで一気に11位へ!終盤は区間一桁が並びました。粘りは出てきています。

12位東海大学5時間19分10秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 16位 喜早駿介② 28分04秒 15位 59秒
2区11.1㎞ 7位 松崎咲人③ 32分14秒 12位 1分23秒
3区11.9㎞ 14位 市村朋樹④ 34分52秒 13位 3分08秒
4区11.8㎞ 5位 川上勇士③ 34分21秒 12位 2分44秒
5区12.4㎞ 6位 神薗竜馬② 36分39秒 11位 2分21秒
6区12.8㎞ 9位 入田優希② 38分28秒 11位 3分04秒
7区17.6㎞ 9位 本間敬大④ 53分33秒 10位 4分25秒
8区19.7㎞ 14位 竹村拓真③ 60分59秒 12位 6分12秒

 東海大は、シード権へ向けていいところもありつつも、凸凹駅伝になってしまいました。

 1区は、走力が高い喜早選手がついにデビューでしたが、高速展開につけずトップと59秒差で遅れます。2区、1年時の箱根以来の駅伝となった松崎選手が区間7位好走し12位へ。ですが、3区市村選手が区間14位と今回も伸び悩み、上位とは差が出来てしまいました。

 ここから良かったのですよね。4区川上選手が区間5位と悪い流れを断ち切ると、5区神薗選手が、出雲に引き続き好走の区間6位で11位浮上、6区初出場入田選手が区間9位で繋ぎます。そして7区本間選手が区間9位と粘りの走り、総合10位浮上で浮上。シード権とも35秒差まで詰めました。

 ですが、8区竹村選手が後半失速し区間14位。シード権を手放すことになりました。エース選手が故障しているのもありますが、主要区間で走れる選手が不足しているのかなぁという印象でした。

13位帝京大学5時間19分51秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 19位 小野隆一朗② 28分15秒 18位 1分10秒
2区11.1㎞ 8位 橋本尚斗④ 32分18秒 13位 1分38秒
3区11.9㎞ 6位 遠藤大地④ 34分28秒 12位 2分59秒
4区11.8㎞ 11位 森田瑛介④ 34分45秒 13位 2分59秒
5区12.4㎞ 14位 西脇翔太② 37分38秒 13位 3分35秒
6区12.8㎞ 2位 中村風馬④ 37分30秒 12位 3分20秒
7区17.6㎞ 11位 小林大晟① 54分04秒 12位 5分12秒
8区19.7㎞ 13位 細谷翔馬④ 60分53秒 13位 6分53秒

 ここ数年シード権争いに競り勝っていた帝京大ですが、今年は涙をのみました。今年も1区を任された小野選手が高速展開についていけず、1分10秒差の18位と出遅れます。それを2区橋本選手が区間8位、3年遠藤選手が区間6位と頑張って、12位まで順位を上げてきます。

 ですが新戦力候補が続きません。4区森田選手が区間11位、5区西脇選手が区間14位と苦しみ再び12位に。ここでもう一人主力選手の中村選手が区間2位力走。終盤に望みを繋げます。

 7区はルーキー小林選手が抜擢。区間11位と粘って、12位のままアンカーへ。前回好走した細谷選手が走りますが、追い上げるにはいたらず総合13位でのゴール。箱根に向けて不安が残りました。

14位拓殖大学5時間22分31秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 13位 工藤 翼③ 27分34秒 12位 29秒
2区11.1㎞ 12位 合田 椋④ 32分43秒 11位 1分22秒
3区11.9㎞ 2位 ジョセフ ラジニ③ 33分21秒 5位 1分36秒
4区11.8㎞ 16位 山田拓人③ 35分27秒 10位 2分18秒
5区12.4㎞ 15位 新井遼平④ 37分51秒 12位 3分07秒
6区12.8㎞ 10位 小山晴空① 38分53秒 13位 4分15秒
7区17.6㎞ 17位 山崎晃志郎④ 55分06秒 14位 7分09秒
8区19.7㎞ 16位 桐山 剛④ 61分36秒 14位 9分33秒

 よもやの箱根駅伝予選落ちで、これが今シーズン最後の大学駅伝レース。1区工藤選手が13位スタート、2区合田選手がトップと1分22秒差の11位。3区当日変更のラジニ選手が爆走!強豪校を次々と交わしていき、総合5位まで進出。チームとして一矢報います。

 4区山田5区新井選手と区間15位付近と苦しみ、12位まで低下。6区で1年生小山選手が区間10位と頑張ったのが日本人最高区間順位。7区8区は山崎・桐山選手の4年生が頑張りましたが、14位でのゴールとなりました。

OP日本学連選抜5時間24分15秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 6位 亀田仁一路②・関西大 27分17秒 5.5 12秒
2区11.1㎞ 15位 松倉唯斗④・山梨学大 33分18秒 13.5 1分40秒
3区11.9㎞ 15位 巻田理空②・神奈川大 35分15秒 13.5 3分48秒
4区11.8㎞ 8位 久保田徹②・大東大 34分31秒 13.5 3分34秒
5区12.4㎞ 12位 福永恭平③・広経大 37分31秒 13.5 4分03秒
6区12.8㎞ 16位 時岡宗生③・京産大 39分37秒 14.5 5分55秒
7区17.6㎞ 15位 足立 舜④・京都大 54分54秒 14.5 8分37秒
8区19.7㎞ 17位 吉岡龍一(M1)・九州大 61分52秒 14.5 11分17秒

 統一ユニフォームにしたのがちょっとビックリでしたが…見せ場はすぐでした。1区関西大亀田選手が、トップと12秒差で区間6位発進したのが今回一番良かったところですかね。2区松倉3区巻田選手はやや苦しい走り区間15位でしたが、4区大東大久保田選手が区間8位好走。2つの目の区間一桁でした。

 そこからは、他地区のランナー。5区広島経済大福永選手が区間12位、7区京都大足立選手が区間15位で走り切っているのは、関東単独チームに勝っていますのでナイスラン。直前1万m28分台を出した吉岡選手はやや調子合わずも、15位相当で頑張ってゴールしました。

15位日本体育大学5時間27分58秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 18位 佐藤慎巴④ 28分12秒 17位 1分07秒
2区11.1㎞ 16位 盛本聖也③ 33分37秒 16位 2分54秒
3区11.9㎞ 16位 漆畑徳輝② 35分16秒 16位 5分03秒
4区11.8㎞ 15位 名村樹哉③ 35分07秒 15位 5分25秒
5区12.4㎞ 16位 大森椋太② 37分59秒 15位 6分22秒
6区12.8㎞ 14位 水金大亮② 39分32秒 15位 8分09秒
7区17.6㎞ 12位 分須尊紀① 54分06秒 15位 8分37秒
8区19.7㎞ 21位 岡嶋 翼④ 64分09秒 15位 15分00秒

 主力選手がいない状態となった日本体育大。1佐藤選手がついていけず1分07秒差。初駅伝となた2区盛本選手は区間16位。4区名村選手が15位に浮上して、何とか関東以外のチームの前にはいきました。

 その後、大森・水金選手が頑張ってキープ。7区1年生分須選手が区間12位好走が一番の収穫かもしれません。

16位関西学院大学5時間31分01秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 21位 井手翔琉③ 28分31秒 20位 1分26秒
2区11.1㎞ 21位 佐藤良祐② 34分28秒 21位 4分04秒
3区11.9㎞ 13位 上田颯汰③ 34分47秒 17位 5分44秒
4区11.8㎞ 17位 清水皓太① 36分19秒 17位 7分18秒
5区12.4㎞ 22位 水口 涼④ 39分55秒 17位 10分11秒
6区12.8㎞ 21位 中尾心哉① 40分37秒 17位 13分03秒
7区17.6㎞ 21位 今井由伸③ 55分58秒 18位 16分49秒
8区19.7㎞ 11位 守屋和希② 60分26秒 16位 18分03秒

 久々ですね。関西学院大が、関東地区以外のチームでトップ。出入り激しい1区2区を井手・佐藤選手が何とか21位で繋ぐと、3区エース上田選手が奮闘。出雲駅伝の脱水症状から絶不調だったそうですが、区間13位と奮闘し17位まで順位を上げます。

 4区以降は、清水選手の区間17位がありましたが、区間20位オーバーの成績が続き、7区終了時で18位。繰り上げスタートにも会いました。アンカー、もう一人のエース守屋選手が力走。区間11位の走りで、一気に16位まで浮上。これは見事なレースでした。

17位皇學館大學5時間31分01秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 22位 山田奏楽① 28分40秒 21位 1分35秒
2区11.1㎞ 22位 鈴木翔也④ 34分33秒 22位 4分18秒
3区11.9㎞ 19位 笹竹陽希③ 35分57秒 19位 7分08秒
4区11.8㎞ 23位 中川雄斗① 36分57秒 20位 9分20秒
5区12.4㎞ 21位 浦瀬晃太朗① 39分03秒 19位 11分21秒
6区12.8㎞ 14位 佐藤楓馬② 39分32秒 18位 13分08秒
7区17.6㎞ 14位 松野颯斗② 54分14秒 17位 15分10秒
8区19.7㎞ 19位 花井秀輔③ 62分13秒 17位 18分11秒

 よく繋いだと思います。1区山田・2区鈴木選手が22位通過、3区笹竹選手が区間19位と頑張り19位まで浮上します。4区中川5区浦瀬選手が終わって19位の位置、地区枠圏外のところでした。

 ここで不調から6区に回った佐藤選手が奮闘。区間14位力走で18位に浮上すると、7区長距離区間驚きの抜擢の2年松野選手が区間14位力走!繰り上げにあと10秒届かない悔しいレースになりますが、17位に浮上します。

 8区花井選手が立命館を捉え16位に浮上しますが、関西学院大に抜かれ17位のまま。あと一歩過去最高順位に手が届きませんでしたが、大エースが抜けた直後、これはよくやったと言えるでしょう。

18位立命館大学5時間31分28秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 15位 山田真生③ 27分45秒 14位 40秒
2区11.1㎞ 16位 高畑凌太④  33分37秒 15位 2分27秒
3区11.9㎞ 17位 大森駿斗① 35分29秒 15位 4分49秒
4区11.8㎞ 21位 安東竜平③ 36分39秒 16位 6分43秒
5区12.4㎞ 17位 谷口晴信② 38分19秒 16位 8分00秒
6区12.8㎞ 20位 山﨑皓太① 40分35秒 16位 10分50秒
7区17.6㎞ 19位 中田千太郎① 55分48秒 16位 14分26秒
8区19.7㎞ 20位 永田一輝④ 63分16秒 18位 18分30秒

 今年は選手層が薄かった中、頑張りました。1区山田・高畑選手とエースを並べて15位、3区大森選手まで15位と関東地区チームを1チーム交わしていました。4区で16位に下がりましたが、5区谷口選手が頑張って16位浮上します。

 6区7区に配置された山崎・中田選手1年生も区間20位以内。関東地区以外のチームで唯一繰り上げにかからずタスキをつなぎ切りました。アンカー永田選手も安定して走りましたが、ここで18位後退。チームとしてはもう一度作り直しでしょうかね。それでも地区枠確保はさすがです。 

それ以降のチーム(19位~25位)

19位大阪経済大学5時間33分17秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 22位 島野和志② 29分01秒 24位 1分56秒
2区11.1㎞ 22位 坂本智基② 33分51秒 20位 3分57秒
3区11.9㎞ 19位 佐々木凜太郎③ 36分12秒 18位 7分02秒
4区11.8㎞ 23位 藤原亮太④ 36分20秒 18位 8分37秒
5区12.4㎞ 21位 藤村晴夫① 38分58秒 18位 10分33秒
6区12.8㎞ 14位 寺谷光汰① 40分50秒 19位 13分38秒
7区17.6㎞ 14位 杉本平汰② 56分04秒 19位 17分30秒
8区19.7㎞ 19位 中角航大② 62分01秒 19位 20分19秒

 直前えエース級の選手を欠いた大阪経済大ですが、懸命に戦い抜きました。1区島野・2区坂本選手が20位で繋ぐと、3区佐々木選手が区間19位力走で18位に浮上します。4区藤原・5区藤村選手も懸命に繋ぐと、

 6区1年生寺谷選手が区間14位、さらに7区杉本選手も長距離区間区間14位びっくり!杉本先週は直前に関西ICで3000m障害を走っていたのでこの好走はびっくり。8区中角選手も区間19位で19位ゴール。学年構成からすると、次年度のチームです。

20位札幌学院大学5時間37分17秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 14位 ローレンス グレ④ 27分34秒 13位 29秒
2区11.1㎞ 26位 佐藤 匠① 35分50秒 23位 4分29秒
3区11.9㎞ 21位 村上一大② 36分12秒 21位 7分34秒
4区11.8㎞ 26位 畑中一二① 37分40秒 21位 10分29秒
5区12.4㎞ 19位 千葉友太① 38分44秒 21位 12分11秒
6区12.8㎞ 19位 渡邊隼翼① 40分15秒 20位 14分41秒
7区17.6㎞ 20位 木村一輝③ 55分56秒 20位 18分25秒
8区19.7㎞ 22位 宮本蒼人② 65分02秒 20位 24分15秒

 当日変更でグレ選手を1区に投入して、地区枠を目指しました。2位集団を引っ張り続けたグレ選手は区間14位で中継。2区将来のエース候補佐藤選手が区間26位で23位通過なったのが悔しいところですが、3区村上選手が頑張って21位で通過。

 繰り上げ後、5区千葉・6区渡邊選手のルーキーが区間19位好走。ここで総合20位に浮上します。長距離区間の木村・宮本選手も粘りますが、総合20位。とはいえ、若い選手も多い、来年も注目です。

21位岐阜経済大学5時間38分18秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 25位 中尾啓哉③ 28分59秒 23位 1分54秒
2区11.1㎞ 23位 加藤凌平③ 34分35秒 24位 4分39秒
3区11.9㎞ 24位 榊原 陸④ 37分21秒 24位 8分53秒
4区11.8㎞ 20位 鵜飼 蓮② 36分35秒 23位 10分43秒
5区12.4㎞ 18位 伊澤 葵② 38分30秒 20位 12分11秒
6区12.8㎞ 23位 天野佑哉① 41分28秒 22位 15分54秒
7区17.6㎞ 18位 大橋光太郎④ 55分41秒 21位 19分23秒
8区19.7㎞ 24位 渡辺翔哉④ 65分09秒 21位 25分20秒

 ちょうど校名がかわったところ、5年ぶり出場の岐阜経済大。3区を終えて24位と序盤は苦しみますが、4区鵜飼選手が区間20位で走ったところから流れが変わってきましたね。5区伊澤選手が区間18位で踏ん張って総合20位に浮上します。

 6区で再び22位に落ちますが、7区4年生大橋選手が区間18位と奮闘し、総合21位に浮上しまう。アンカー渡辺選手も21位をキープ。しっかり、走り切りました。

22位環太平洋大学5時間40分20秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 24位 片山直人③ 28分52秒 22位 1分47秒
2区11.1㎞ 19位 脇 健斗② 33分52秒 18位 3分49秒
3区11.9㎞ 25位 土倉稜貴④ 37分26秒 23位 8分08秒
4区11.8㎞ 24位 土倉光貴② 37分13秒 24位 10分36秒
5区12.4㎞ 22位 山﨑大空② 39分55秒 23位 13分29秒
6区12.8㎞ 18位 林本 涼② 39分53秒 21位 15分37秒
7区17.6㎞ 25位 勝部 遼① 57分09秒 22位 20分34秒
8区19.7㎞ 26位 杉原健吾③ 66分00秒 22位 27分22秒

 2区脇選手が健闘して区間19位、この時点で18位になったのが最高順位。ここはスピード型チームですね。3区4区の土倉兄弟のリレーが話題になりましたが、ここは繰り上げスタートの屈辱も味わいます。

 その後、6区林本選手が区間18位好走で、2つ順位を上げて21位になったのが後半のハイライトですかね。7区勝部選手は1年生でいい経験できたのかなと思います。 

23位東北大学5時間41分52秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 27位 立野佑太(M2) 29分58秒 25位 2分53秒
2区11.1㎞ 27位 井上大輝③ 36分17秒 25位 7分21秒
3区11.9㎞ 27位 安本尚生① 38分42秒 25位 12分55秒
4区11.8㎞ 25位 木村 秀⑤ 37分20秒 25位 15分30秒
5区12.4㎞ 26位 牧野雅絋④ 40分34秒 25位 19分02秒
6区12.8㎞ 27位 工藤大介③ 42分34秒 25位 23分51秒
7区17.6㎞ 23位 脇田陽平(M2) 56分08秒 25位 27分47秒
8区19.7㎞ 10位 松浦崇之(M2) 60分19秒 23位 28分54秒

 見事な後半の追い上げでした。1区立野選手から3区までは3区間連続区間最下位。この時点で繰り上げになってしまい、今年も苦しいかなと思いました。それが4区木村選手が区間25位、5区牧野選手が区間26位。昨年とは違うところを見せました。

 そして7区脇田選手が区間23位の走りで、前のチームとの差3分ほどに。アンカー大エース松浦選手が60分19秒のタイムで区間10位の力走!選抜チームも含めて、3つ順位を上げて23位。これは見事な力走、昨年からぐっとチーム力上がりましたね。

OP東海学連選抜5時間42分04秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 23位 重田直賢③・名古屋大 27分17秒 22.5 1分43秒
2区11.1㎞ 25位 勝田哲史(M1)・名古屋大 33分18秒 25.5 5分02秒
3区11.9㎞ 20位 深谷涼太③・愛知工大 35分15秒 23.5 8分05秒
4区11.8㎞ 22位 渡邉大誠③・愛知工大 34分31秒 21.5 10分10秒
5区12.4㎞ 24位 河﨑憲祐②・名古屋大 37分31秒 23.5 13分14秒
6区12.8㎞ 26位 鵜飼涼矢④・中部大 39分37秒 24.5 17分52秒
7区17.6㎞ 26位 鵜飼雄矢①・中京大 54分54秒 23.5 23分16秒
8区19.7㎞ 22位 堀田翔紀④・愛知工大 61分52秒 24.5 29分06秒

 予選で早い選手の順番となっていた東海学連選抜。序盤からいきたかったところですが、2区終了時で26番目苦しみます。3区愛工大深谷選手が区間20位頑張りましたが、4区終了時で10秒届かず繰り上げスタートとなりました。

 6区7区鵜飼兄弟リレーも、ここはおそらく繰り上げスタートだったと思いまう。区間順位的にも厳しかったですかね。予選で8番手だった愛知工大堀田選手が区間22位の力走。62分以内ならうまく走り切ったのではと思います。

24位第一工科大学5時間42分17秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 8位 アニーダ サレー③ 27分19秒 7位 14秒
2区11.1㎞ 24位 谷口一希② 34分40秒 17位 3分04秒
3区11.9㎞ 26位 松本陸生① 37分32秒 20位 7分29秒
4区11.8㎞ 19位 小山侑紀④ 36分30秒 19位 9分14秒
5区12.4㎞ 25位 村島蒼太④ 40分20秒 22位 12分32秒
6区12.8㎞ 24位 中野翔麻③ 41分36秒 23位 16分23秒
7区17.6㎞ 27位 東 汰騎① 59分07秒 23位 23分18秒
8区19.7㎞ 25位 前原 匠③ 65分13秒 24位 29分19秒

 第一工科大はいきなり見せ場を作りましたね。サレー選手が思い切った飛び出し、一時10秒以上2位集団を差を広げましたね。さすがに追いつかれましたが、そこから区間8位と粘ったのは大きいですね。

 2区3区と苦しみ20位に落ちますが、4区地元凱旋の4年小山選手が区間19位奮闘!この時点での繰り上げを免れる意地を見せました。その後は6区中野選手の区間24位が最高と苦しみましたかね。

25位信州大学5時間45分08秒

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区9.5㎞ 20位 坪井響己(M2) 28分27秒 19位 1分22秒
2区11.1㎞ 20位 大島宏輝(M1) 34分20秒 19位 3分52秒
3区11.9㎞ 23位 上甲和樹① 37分17秒 22位 8分02秒
4区11.8㎞ 27位 野部勇貴(M2) 39分10秒 24位 12分27秒
5区12.4㎞ 27位 林 大輔④ 40分52秒 24位 16分17秒
6区12.8㎞ 25位 古石浩太郎① 41分38秒 24位 20分10秒
7区17.6㎞ 24位 石川寛大③ 56分37秒 24位 24分35秒
8区19.7㎞ 27位 吉岡篤史③ 66分47秒 25位 32分10秒

 よもやの最下位でした。複数人主力選手が欠場。その中でエース1区坪井選手が懸命に走るも区間20位スタート。2区大島・3区上甲選手までは何とか踏ん張りましたが、4区以降は3区間区間最下位。7区石川選手が区間24位頑張りましたが、最後で最下位へ。また挑戦ですね。


コメント

  1. なかじ より:

    駒澤の優勝おめでとうございます。
    ベストメンバーではないのに、優勝は驚きました。6区安原、7区田澤、8区花尾の後半勝負の采配が当たりましたね。大八木監督の読みがすごい。箱根も優勝本命候補ですね。

    青学は勝てるチャンスがあった。5区佐藤、
    7区近藤は駅伝力があります。3区岸本も戻ってきました。歴代最強と原監督は言ってましたが、速さはあるが強さが足りない気がします。飯田がんばれ!

    東京国際、万全なら1区山谷、2区丹所、4区ヴィンセントのオーダー。見てみたかったです。箱根は丹所、ヴィンセントの区間配置が楽しみです。

    順大の三浦は、美しいフォームで首位奪還。8区四釜も好走し、総合3位。次大会が楽しみです。

    管理人さんのコメント通り、レースの動きが多く見応えのあった大会でした。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      全日本駅伝の区間距離を非常にうまく利用できた感じがしますね。6区から攻勢をかけるといっても、5区までのランナーももらったチャンスを生かしましたし、6区安原選手の追い上げも素晴らしかったです。

      青学大も、岸本選手に目途たたちましたし、箱根はさらにパワーアップしてきそう!東国大や順大など、多くの大学に活躍もありました!いいレースだったと思います。

  2. より:

    まとめありがとうございます。
    こうしてみると出入りが激しいレースでしたね。
    個人的には地方勢に注目してたのですが、札幌学院が大健闘したなと思いました。卒業するのはグレ選手だけ(痛いですが)なので来年度が楽しみです。

    • hakonankit より:

      >ぬさん
      本当に順位変動が激しくて、まとめ甲斐がありました。
      地方の順位変動も玲根に上に激しかったのではないでしょうか。
      札幌学院大は、グレ選手のほかに、1年生にイブラヒム選手もいます。彼の走りも気になります。