スポンサーリンク

全日本大学駅伝2021【早稲田大学】戦力分析&区間エントリー予想

出雲駅伝・箱根駅伝予選会終了!

全日本大学駅伝2021モードに入っていきたいと思います!
当ブログでは、関東地区15大学を中心に、区間オーダー予想をしていきます。

続いて、
勿体なかった出雲路、本気スピードを伊勢路で!
早稲田大学の区間オーダー予想です。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2021【早稲田大学】戦力分析&区間エントリー予想

 出雲駅伝はなんとも勿体ない結果となりました。1区から、トップチームの背後につけ、好位置をキープ。4区でルーキー選手の、まさかの区間賞がありこの時点で2位。表彰台は固いと思われました。が、終盤で落とし穴。勝負をかけて投入したスピードランナーが、向かい風と酷暑で力を出し切れず。6位に終わりました。

 伊勢路は、昨年も一時は単独トップを快走したように、早大は比較的得意としている部隊。一部の主力選手が万全でないのは気がかりですが、活きの良い若手が出てきています。まずはメンバー紹介です。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

※5日(金)暫定区間エントリー発表、補欠5名に。
※7日(日)補欠と最大2名まで交代可能

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

千明龍之佑④13分31秒51/29分00秒57≪21:箱8区5位、20:箱4区7位、19:全4区3位、箱3区10位、18:全1区12位≫
太田直希④13分56秒48/27分55秒59≪21:出3区4位、箱2区13位、20:全4区2位、箱8区4位、19:全5区5位、箱8区10位、18:全4区10位≫
中谷雄飛④13分39秒21/27分54秒06≪21:出6区6位、箱3区6位、20:全3区1位、箱1区6位、19:全3区6位、18:全3区2位≫
山口賢助④14分01秒15/28分20秒40≪21:箱10区7位、20:全8区6位、19:予115位≫
河合陽平④14分17秒07/29分33秒10
室伏祐悟④14分15秒75/29分04秒18

安田博登③14分08秒22/29分49秒85
井川龍人③13分45秒30/27分59秒74≪21:出2区6位、箱1区5位、20:全2区5位、箱3区14位、19:全1区16位≫
鈴木創士③13分54秒40/28分40秒24≪21:箱4区3位、20:全7区9位、箱7区2位、19:全6区6位≫

佐藤航希②13分59秒96/29分42秒82
菖蒲敦司②13分52秒46/28分58秒10≪21:出1区2位、20:全5区9位≫
辻 文哉②13分49秒31/28分54秒74≪20:全1区6位≫
桝本匡哉②14分12秒41

諸冨 湧①14分07秒20≪21:箱5区19位、20:全6区8位≫
石塚陽士①13分55秒39≪21:出4区1位≫
伊藤大志①13分36秒57≪21:出5区12位、20:高1区5位≫

 御覧のように4年生中心の早大。彼らがいるうちに、三大駅伝制覇を!と思っていたところですが、果たしてどうか。春のトラックシーズン絶好調だった千明主将が、出雲駅伝直前で腰に違和感が出て欠場。調子が上がっているかどうか。

 前半戦やや不調だった中谷・太田選手はここにきて上り調子。太田選手は部内で一番走りこめて、出雲3区4位と復調傾向。中谷選手も苦手な条件の中、何とか出雲アンカー務め切りました。この2名で前回は単独トップ疾走場面がありました。今年はどんな走りを見せるか。

 また、前回アンカーで初駅伝だった山口選手があがってきたのはほっとするところ。しっかりまとめられるランナーです。あとは記録会で時折好走がある河合・室伏選手も入っています。

 3年・2年もポイントなる選手がいますね。3年は、出雲は不調で2区に回った井川選手が調子あげることができるか。鈴木選手も好不調ありながら何とか上がっているところ。いい時の走りを知っているだけにもどかしいですが、彼らの調整がハマればおもしろい。

 2年生は、春から絶好調が続く菖蒲選手が大きなポイント。スピード区間のどこかで威力を発揮するか。また前回1区の辻選手や、春に結果を出し始めた佐藤選手も面白い存在。起用があるか。

 1年生は出雲4区5区で繋いだ石塚・伊藤選手が再びエントリー。出雲の結果は区間賞と区間二桁と天地の差となりましたが、全日本はまた違う舞台です。また、前回6区の諸冨選手もエントリー。刻める選手で、中盤以降を任せやすい選手です。

 選手によっての状態の差は、出雲駅伝に引き続き、ありそうですが、しっかりと適材適所ハマっていけば、十分に優勝争いを沸かせられるメンバーです。

区間オーダー予想

 ひとまず千明選手は、引き続き外す予想です。腰の違和感ですが、しっかりと回復させ箱根に専念のほうがいいかもしれません。数年前は、光延選手が腰不安で全日本回避して、箱根好走していましたね。

1区(9.5㎞)辻 文哉②
2区(11.1㎞)菖蒲敦司②
3区(11.9㎞)中谷雄飛④
4区(11.8㎞)石塚陽士①
5区(12.4㎞)井川龍人③
6区(12.8㎞)伊藤大志①
7区(17.6㎞)太田直希④
8区(19.7㎞)山口賢助④

1区辻選手…非常に迷いましたが、前年経験者の辻選手にしました。高校時代から1区が多く得意と公言。前年も2番と僅差の区間6位で凌ぎました。暫くくすぶっていましたが、ここにきて1万m28分台ベストと少し復調気味。昨年よりレベルが上がるかもしれませんが、しっかりと上位の流れに入れれば。

2区菖蒲選手…そして今季の成長株の菖蒲選手に、2区で流れを作ってくれれば。選手が前後すると思いますが、今のいい調子であれば、うまく他の選手と競り合いながら前へ行けるのではと思っています。昨年の井川選手のような走りができれば。

3区中谷選手…4年連続の3区でいいと思います。長距離区間も考えましたが、一部調子に不安がある主力選手もいますので、知ってたる3区でガツンと前へいくほうが、チームに勢いが生まれると思います。調子は悪くないはずなので、タイム的には昨年越え。それならば、トップグループに早大がいるはずです。

4区石塚選手…ここにきて、評価急上昇中の石塚選手。出雲駅伝4区は、同級生の青学大ルーキーを競り落とし、酷暑向かい風の中、単独でトップを追い区間賞。強いですよね。箱根で山登りにも興味を示していますが、ならばやや上り基調の4区でどうでしょう。単独で走る展開も考えられます。前回より主要区間で見たいところです。

5区井川選手…1万m27分台の走力を持っています。出雲やや不調とはいえ、中盤の繋ぎ区間を走る選手ではありません。ただ、生きのいい若手も出てきましたので、調子が上がっていれば他校と差をつけられそうな区間にしてみました。優勝を考えると、このあたり勝負区間になってくるはずです。

6区伊藤選手…上り調子で迎えた出雲駅伝まさかの区間二けたですが、5千m13分30秒台のスーパールーキーには変わりありません。繋ぎ区間ですが、快走できれば、他校が7番8番を置くところ、大きく差をつけることができる区間です。本来の走りができれば面白い。

7区太田選手…早大の柱をもう一人残しておきます。長距離区間ですが、スピードも求められる7区に、太田選手を残しています。春は故障が続くも、夏は一番走り込みができた模様。そろそろ調子が上がってくるのではと思います。区間賞を狙っていきたい。

8区山口選手…もし鈴木選手が、10月早大記録会でいい結果を出していたら彼がアンカー予想でした。ですが、それより前年の経験者山口選手が上り調子。ならば、彼が2年連続でアンカーではないかと思います。前回は初駅伝で慎重に入ってしまったそうですが、今年は自信を持って走っていけると思います。スタミナで粘っていきたい。

 なお、全員が万全なら、1区石塚2区井川3区中谷4区千明5区菖蒲6区山口7区太田8区鈴木選手で見てみたいです。突っ走れるはずですよ。

まとめ

・手応えは掴んでいる出雲路
・調子はまだらも、選手層は前回以上
・トップに立てれば、もっと突っ走れるはず

 出雲駅伝は6位に終わったのですが、若手に手応えがあったのですよね。菖蒲・石塚選手が好走しています。これで中谷・太田・井川選手ら主力頼みではなくて、選手層が厚くなり、勝てる要素は出てきているはずなのですよね。

 調子がもう少しという主力選手が少し出てきてしまっていますが、調子さえ会えば、相当な爆発力を秘めているはずなのですよね。中谷選手などで、一度トップに立てれば、前回のように、途中で捕まることなく、一気に行けるチーム力はついていけると思います。

 相楽監督は、チーム力はあるも、三冠を取った時のような覇気を感じないと不安がっていました。出雲駅伝の敗戦から、一気にチームがまとまることができれば、いい結果が付いてくるはずです。