スポンサーリンク

2020.9.21結果【平成国際大学・秋季長距離競技会】/箱根駅伝ファンとしてコメントも!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

少しずつ記録会が開催されるようになってきましたね。

秋シーズン到来です!

多くの記録会があった中、

箱根駅伝シード校の東海大・東京国際大・東洋大らの出場があった

平成国際大・秋季長距離競技会の上位・大学チーム別結果と箱根駅伝ファンとしてのコメントを掲載します。

スポンサーリンク

2020.9.21平成国際大学・秋季長距離競技会【結果】~箱根駅伝ファンとしてコメントも!

公式結果

スポンサーリンク

【結果】TOP・実業団

5000m
6組
牧 良輔14分06秒85 SUBARU
阿久津圭司14分07秒44 SUBARU
高本真樹14分08秒37 SUBARU
中村拳梧14分12秒99 SUBARU
7組
ジャスティス ソゲット13分18秒01 Honda
ロナルド ケモイ13分19秒69 小森コーポレーション
ジャクソン カベサ13分28秒89 Honda
松村優樹13分56秒49 Honda
木村 慎13分59秒82 Honda
田口雅也14分13秒72 Honda
足羽純実14分15秒34 Honda
難波皓平14分18秒84 小森コーポレーション
小笹 椋14分34秒69 小森コーポレーション

 東日本地区にあるいくつかの実業団チームが参加しましたね。どのチームもまとめていますが、留学生・日本人ランナーともに、Hondaが今回は結果を出していますね。ソゲット・松村・木村選手と13分台、これに強力ルーキーらが他にいますからやはり今年楽しみなチームです。

10000m
3組
ワンブア タイタス27分51秒92 埼玉医科大G
長山瑞季29分08秒00 埼玉医科大G
金子晃裕29分14秒65 コモディイイダ
真船恭輔29分16秒90 八千代工業
川田裕也29分30秒79 埼玉医科大G
内田健太29分39秒02 埼玉医科大G
柴田拓真29分52秒34 小森コーポレーション
鴇澤駿介29分55秒91 埼玉医科大G
千葉一慶30分03秒03 八千代工業

 そしてNY駅伝初出場まっしぐらの埼玉医科大Gは大エースタイタス選手が絶好調!ダントツでトップのタイムで走り切りました。長山選手ら同地区の主力選手を振り切ったのも良かったですね。

【結果】大学チーム別まとめその1~箱根駅伝2020出場校

東海大学

5000m
6組
佐藤俊輔②14分07秒56★
入田優希①14分08秒14★
松崎健悟③14分18秒11★
松尾昴来①14分43秒43
7組
石原翔太郎①13分51秒03★
本間敬大③13分53秒33★
長田駿佑③13分54秒35★
佐伯陽生①13分55秒89★
竹村拓真②13分58秒29★

 東海大が仕上がってきましたよ。一番期待のルーキーだった石原選手が13分51秒と躍進、さらにパイプが強い伊賀白鳳出身の佐伯選手が急成長!喜早・入田選手もいいので、全日本で起用したいルーキーが少なくとも4名!

 これについに仕上がってきた本間選手がベスト、さらにこれまで名前を聞かなかった長田選手ベスト。遅れているといわれていた3年生がついに!

 さらに一度はハーフマラソンで走りをしている竹村・佐藤選手もスピードが付いてきました。竹村選手は全日本駅伝の後半区間候補にも上がっていましたかね。エースが強い東海大面白いチームになってきました。

東京国際大学

5000m
4組
武 純也①14分46秒25
吉田陵雅①14分49秒75
5組
善田修平②14分31秒08★
三浦瞭太郎③14分35秒27
船橋飛尉③14分36秒40
良田圭太②14分37秒81
菜原伸吾④14分38秒33
6組
加藤優斗①14分24秒65★
生田琉海①14分27秒70★
冨岡昇真②14分28秒45★
野澤巧理③14分32秒12
島崎元希②14分33秒79
栗原卓也④14分47秒56
坪田開龍②14分56秒71

10000m3組
加藤純平④29分44秒77★

 2大会前に箱根駅伝5区山登りを経験している加藤選手が自己ベスト29分44秒。今年はまだまだメンバー入りのチャンスはあるかも?

 5000mでは若手選手中心の出場。ルーキーのベストも収穫でしょうかね。

東洋大学

1500m
石川 心①3分53秒05

5000m
4組
町 桟吾②14分39秒47
田中智也②14分44秒80
山本瑛平③14分46秒35
5組
奥山 輝①14分27秒61★
十文字優一①14分38秒07
石川龍之介③14分38秒53
6組
前田義弘②14分15秒06★
野口英希④14分23秒71
小倉知也④14分31秒78
7組
松山和希①13分50秒56★
児玉悠輔②13分55秒22★
佐藤真優①14分00秒33★
九嶋恵舜①14分05秒04★
小田太賀④14分14秒42★
腰塚遥人③14分17秒53
清野太雅②14分19秒81

 東洋大も大きな収穫ですね。酒井監督が大エース候補と期待の松山選手がしっかり自己ベストの13分50秒!全日本駅伝はどの区間でのデビューになるか?ルーキーでは佐藤選手、さらに九嶋選手が大幅ベストで沸いています。

 他にも2年生では、前田選手が僅かにベスト更新、さらに昨年度駅伝に出場しそうでできなかった児玉選手が今度こそと13分台。4年生野口・小田選手らも虎視眈々。西山選手の復調もインカレでありましたし、チーム状況が上がってきています!

中央大学

10000m3組
吉居大和①29分00秒34

 吉居選手一人出場。春先のベストまでは届かなかったようですが、ワンブア選手の入りの5000m14分04秒に食いついたそうで、インカレ後でもここまで走れるのが凄い!ここからは箱根予選に備えるのかな?

国士舘大学

5000m
4組
堂本将希④14分45秒37
安達京摩①14分46秒09
5組
鈴木大介④14分30秒15★

10000m
1組
金井啓太④30分33秒06
山本雷我①31分13秒38
山本彪我③31分19秒98
桑山寛隆④31分22秒70
野中創太①31分24秒43

 箱根予選のボーダー争いかな?今回はちょっとタイムがかかってしまいました。他、3障が得意な鈴木選手が5000mで僅かながら自己ベストです。

【結果】大学チーム別結果まとめその2~それ以外のチーム

駿河台大学

5000m
4組
植野泰生①14分49秒72★

10000m
1組
松本圭悟②30分51秒94
大塚勇輝④31分21秒37
生田目大輔③31分24秒00

 駿河台大も箱根予選のエントリーボーダー争いかな?結構こういうチームが多いですね。

上武大学

5000m
4組
石田竜也②14分41秒24★

10000m
1組
山林レオ①30分27秒99★
上田陽向①30分50秒47★
額賀稜平①31分02秒32★
太田蓮斗①31分26秒22

 上武大は1年生中心の出場。今回は山林選手が30分27秒と結果を出しました。

城西大学

1500m
1組
八尋正就3分56秒72

10000m
2組
野村颯斗①29分39秒37★
山本唯翔①29分42秒85★
砂岡拓磨③29分42秒86
山中秀真①29分44秒74★
山本 樹①29分54秒16★
堀越大地①29分54秒70★
梶川由稀④29分58秒72
菊地駿弥④29分58秒94
藁谷誠矢②30分09秒25★
藤井正斗②30分10秒91
石松 明③30分36秒64
當山凌司③30分37秒81★
宮下璃久③30分48秒06
小島 拓②30分54秒15★
福島正訓③31分24秒93

 城西大のルーキーがわきにわきましたね!ホクレンで順調だった山中選手以外にも、野村・山本唯・山本樹・堀越選手が29分台!主力の菊地・梶川・砂岡選手らとの集団走とはいえ、こうやって自己ベストをしっかり出させるのは城西大長けてますね。長距離ロードに繋がるか。

大東文化大学

5000m
4組
佐藤 陸③15分02秒36

10000m
1組
蟹江翔太②30分30秒13
藤崎将匡③30分39秒35
木山 凌②30分55秒25
武田将樹④30分56秒07★
松村晴生①31分00秒61★
山本柊介①31分26秒78
3組
片根洋平③29分13秒88
三ツ星翔④29分13秒95★
久保田徹①29分38秒19★
倉田 蓮②29分49秒19
金田龍心②29分55秒59★
伊東正悟①30分01秒67
菊地駿介①30分05秒73★
寺田健太郎④30分12秒01★
大野陽人②30分18秒82
井田 春②30分23秒81
谷口辰煕②30分34秒75
佐竹勇樹①30分52秒27
塩田祥梧②31分02秒86
吉井龍太郎④31分50秒12

 大東大がここまで大量に出場するとは!敢えての個人走だったか、結果は様々でした。ひとまずエースの片根選手が順調、4年生数少ない経験者の三ツ星選手がしっかり走れたのは良かった。

 またポイントとなると思われた下級生、2年倉田・金田・大野選手、さらにルーキー久保田・伊東・菊地選手も長距離に対応しつつあるので、育成としてはまずまずかな?

 そして、4年生になってから正式部員となった寺田選手はいきなり30分12秒…箱根予選のエントリー勝ち取れるか!?おおむね良さそうですが、今年の箱根駅伝連合で出走した吉井選手だけが心配…かな。

流経大・日薬大・関学大

流通経済大学

1500m
横田悠斗3分53秒58
市村 駿3分53秒69

日本薬科大学

5000m
4組
今川深透④14分56秒00

10000m
白石大以夢②31分00秒15★

関東学院大学
1500m
野中拓海②3分54秒46

 日本薬科大も少しずつまた戦力整いつつあるのかな?関東学院大は野中選手大幅ベストか。

平成国際大学

1500m
畑山大知②3分53秒76
3000m
ステファン カマウ②8分27秒16

10000m
2組
ステファン カマウ②29分36秒85★
片山拓海④29分51秒86★
時任一輝④29分54秒29
穴澤友崇②30分04秒79★
山口貴士③30分12秒55★
佐藤琥稀③30分19秒52
峰村 織①30分20秒88★
小笠原大智①30分28秒10★
青木雄貴④30分52秒12★
新井今生人①31分13秒93★
堤 真人④31分22秒13
氏原克仁②31分38秒12
岡崎竜也③31分41秒56

 主催の平成国際大が大収穫だったようで良かった!カマウ選手が2年背になって少し安定してきてベスト。さらに4年片山・時仁選手が29分台で順調な状態で予選会へ。

 過去好走経験のある穴沢・佐藤選手も30分前半、山口選手もベスト。さらにルーキー峰村・小笠原選手がいきなり30分半切!これはチームとして盛り上がりそう!

芝浦工業大学

10000m
1組
内田 翔①30分57秒86★
立崎哲大②31分30秒64★
海老原優大①31分35秒94★
3組
松川雅虎②30分10秒30★

 芝工大もルーキーら若手が10000mデビュー。内田選手が30分台収穫。また2年松川選手が30分10秒大幅ベスト!連合チームが狙えるほど走力をつけてきた感です!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. つーやん より:

    初めてコメントさせていただきます。
    国士舘大学の10000mですが、1年の山本龍神選手ではなく3年の山本彪雅選手ではないでしょうか?ちなみに彪雅選手は、雷我選手のお兄さんです。
    今回、兄弟対決は弟が勝ったようですね。

    • hakonankit より:

      >つーやんさん
      申し訳ございません。訂正しました。兄弟の情報もありがとうございます。2人ともメンバー入り前進の機運となれば!