スポンサーリンク

【明治大学】箱根駅伝2021へ~新入生情報や戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

大学長距離&駅伝2020-2021新シーズン…開幕していますが、

 新型コロナウイルスの影響で、多くの春のトラックの主要大会や記録会が、

 中止及び延期になってしまいま、寂しい限りです。

 その中で、各チーム見えないところで、走力アップの鍛錬、

 そして箱根駅伝2021へ向けて、まい進しています。

 今一度、各チームの、学年別の主力選手や駅伝成績や新入生情報のまとめ、

 チーム全体の特長や戦力分析、そして…区間オーダー予想的なものもやってみたいと思います。

続いて、
戦力大幅アップ!一気に強豪校へ復帰する予感も…明治大学

スポンサーリンク

【明治大学】箱根駅伝2021へ向けて~戦力分析や新入生情報等!

  今年の箱根駅伝は見事な戦いぶりでした。序盤から好位置につけると、2区誰も予想していなかった1年生加藤選手が見事な走りを見せて繋ぐと、5区山登りに起用された次期エース候補鈴木選手で上位浮上。更に怪我明けで7区に回ったエース選手が、区間新記録をマーク。最後の最後まで3位争いをしたうえでの6位。

 スピードはあるけど、駅伝は苦手という前評判を覆して、しっかりとした戦いぶりは明大ファンも大いに沸いた場面だろう。その時の主力選手が多く残っている今季は、一気に強豪校へ返り咲くチャンス!その戦力を、まずは各学年ごとに分析してみたい。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

4年生主力選手について

小袖英人④28分34秒33≪20:箱1区10位、19:全1区5位、予117位、箱7区18位、18:全4区9位、予46位、17:予223位≫
村上純大④28分58秒16≪20:箱9区11位、19:全5区13位、予146位、箱9区10位、18:全5区6位、予118位≫
前田舜平④29分03秒35≪20:箱6区7位、19:全4区15位、予62位、箱6区8位、17:予210位≫
長倉奨美④29分12秒11≪19:予122位≫
酒井耀史④29分30秒90≪19:箱5区15位≫
坂井大我④29分33秒40
飯田晃大④29分55秒33
樋口大介④29分55秒38≪17:予199位≫
寺前友喜④29分58秒36
大保海士④30分04秒91≪17:全5区13位、予117位≫
稲田光希④30分38秒80

 まずはしっかりと走れる4年生が複数人いますよね。前年度頼りになる選手になってきた小袖選手。スピードが充実したとともに、長距離ロードの安定感も徐々に身についてきています。箱根は高速化の1区、六郷橋まで食らいつきました。1万m28分34秒の走力が魅力です。

 さらに2年連続箱根駅伝で同じ区間を走っている村上・前田選手も箱根で存在感が増すでしょう。村上選手は9区、前田選手は6区山下り。走力も高い2人が、ポイントになる区間に強みがあるのは嬉しいですね。

 他にも選手がいて、前回箱根予選経験している長倉選手、怪我が多いですが長距離ロードに強い酒井選手も上がってくれば強い。他にも下級生時に勢いがあった坂井・樋口・大保選手らもいますね。

 明治大は例年4年生に怪我が多発して、それで崩れてしまった駅伝・主要大会がありました。今年こそ、その連鎖を断ちたいところです。

3年生主力選手について

手嶋杏丞③28分40秒72≪20:箱3区7位、19:全2区16位、予9位≫
鈴木聖人③28分48秒12≪20:箱5区5位、19:全7区5位、予54位、箱1区13位、18:全1区14位、予49位≫
金橋佳佑③29分13秒20≪20:箱4区13位、19:予79位≫
名合治紀③29分34秒93
中嶋大樹③29分37秒00≪18:予138位≫
佐久間秀徳③29分37秒07
橋本大輝③29分44秒89
丸山幸輝③29分55秒29
大西理久③30分02秒71
田村 圭③30分16秒22

 この世代は箱根で大活躍しましたよね。元々一番期待が高かったのは鈴木選手でしたが、彼も伸びてきましたし、その他の選手もぐっと上がってきています。鈴木選手はトラックもロードもぐっと逞しくなってきています。箱根駅伝はついに山登り登場、区間5位とその脚力を披露しています。ハーフで61分台も出しましたね。

 さらに往路で活躍した選手が2人。昨年の秋急成長した手嶋選手が立派にスピード区間3区で戦い抜いたと言える区間7位。さらに、初の大学駅伝となった金橋選手が4区区間13位と堅実な走りを見せています。この2人の更なる成長は楽しみですよね。

 それ以降が離れていますが、ハーフ64分前後で一度は走っている名合・橋本選手、1万29分台の丸山選手が成長できるかどうか。インカレでは1500m専門の佐久間選手がいる世代でもあります。

2年生主力選手について

小澤大輝②29分10秒82≪19:予47位≫
三上晋弥②29分33秒81
櫛田佳希②29分40秒17≪20:箱8区8位、19:予36位≫
杉本龍陽②29分46秒45
加藤大誠②29分49秒48≪20:箱2区10位≫
富田峻平②29分51秒19
下条乃將②29分56秒61
漆畑瑠人②29分59秒76
加藤大誠②half63分29秒
≪20:箱2区10位≫

 新2年生も大いに話題になったのですよね。そしてびっくりが、加藤選手。春に1万29分台を出していて注目の存在でしたが、箱根予選・全日本駅伝には登場せず。11月上尾ハーフ63分台の実績がありますが、その時の走りを見ていた山本監督の閃きでエース区間2区大抜擢…。67分台で区間10位で走破するのは、彗眼恐れ入ったところで…。

 さらに箱根予選で大健闘し本戦8区に登場した櫛田選手、1万mの持ちタイムは飛びぬけていい小澤選手も話題に挙がりましたね。また、丸亀ハーフまさかの62分台の富田選手に、三上・杉本選手もハーフで素質が高いところを見せている等、かなりのレベルで競争が行われています。

 こう見ると箱根駅伝やその関連大会の経験者が多いですね。

1万m上位10人平均:4位29分03秒8

 というわけで、やはりかなりの選手層になっていて、16人のメンバー争い、そして10ん手のレギュラー争いは相当なものになってきているのではないでしょうか。

 スピードランナーが元々多い明治大ですが、29分03秒の4位は中々明るいニュースではないでしょうか。しかも大エースが卒業した後で、このレベルですから、今年度の活躍が楽しみになってきます。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

児玉真輝(鎌倉学園)13分54秒84/29分24秒62≪20:全国5区9位、19:高校1区9位、国体5千5位、IH5千12位≫
安部柚作(國學院久我山)14分00秒53/29分48秒92≪20:全国1区38位、19:高校1区28位≫
杉彩文海(鳥栖工業)14分13秒89≪20:全国1区8位、19:高校1区30位、国体5千16位≫
杉田真英(佐久長聖)14分23秒11
斎藤拓海(市立船橋)14分24秒55/30分00秒82≪20:全国4区32位≫
5千m上位5名平均:6位14分11秒3
城戸洸輝(宮崎日大)14分26秒01≪20:全国5区11位、19:高校6区2位≫
吉川 陽(西脇工業)14分36秒34≪19:高校4区16位、IH1500m13位≫
橋本基紀(専大松戸)14分37秒52
角南隆行(倉敷)14分45秒63
馬場勇一郎(中京大中京)1500m3分50秒49

 有力選手の加入が多い明治大。今年も5千m平均タイムが6位と好選手が揃っていますね。とりわけ注目なのは、鎌倉学園の児玉選手。5千13分54秒と高校生一線級のタイムを持っていて、高校駅伝でも高速1区の中区間9位の活躍、順調なら今の明大でも即戦力になれる存在です。

 その他の選手も全国経験がある選手が多いですね。安倍・杉・斎藤選手は勿論、城戸選手は全国5区11位は持ちタイム以上の駅伝成績です。佐久長聖で惜しくもメンバーから漏れた杉田選手あたりにも期待です。

 また関東インカレで2部降格してしまった明治大、中京大中京の馬場選手がうまく順応してくれるとかなり助かります。

今から考える三大駅伝オーダー予想

出雲:小袖④-児玉①-鈴木③-前田④-安部①-手嶋③

全日本:児玉①-櫛田②-小袖④-手嶋③-前田④-小澤②-鈴木③-加藤②

箱根:小袖④-加藤②-手嶋③-櫛田②-鈴木③ 前田④-児玉①-富田②-金橋③-村上④

 全体の構成を考えると、4年小袖、3年鈴木・手嶋選手がまずは3本柱ということになってくるのではないでしょうか。前半のスピード区間が小袖選手、あとはポイント区間に鈴木・手嶋選手になってくるでしょうか。

 これにスピードあるルーキー児玉選手あたりは、出雲駅伝から出来れば試したい選手ですね。全日本は1区予想でどこまで通用するか??前哨戦繋ぎ区間の予想が難しいですが、スピードのある前田選手当たりを入れています。

 あとは伸びてきている2年生加藤選手、3年金橋、4年村上選手あたりは長い距離専用で全日本以降に温存しておく予想。好走している経験者が多数残っているという事で、箱根の10人は意外とすんなり決まった印象です。

【明治大学まとめ!】箱根駅伝2021へ向けて

・往路メンバー全員など、8人も前回経験者が残る
・4年小袖3年鈴木&手嶋選手、2年加藤1年児玉選手ら軸に表彰台へ
・選手層豊富、駅伝未経験者の更なる突き上げがあれば強豪に

 前回の箱根駅伝出走メンバーで卒業生は7区と10区のみ。それでいて6区までしっかりと5位争いをしています。だから次もいけるという保証があるわけではありませんが、否が応でも期待が高まりますね。8人前回経験者、前々回を含めると9名、予選の経験者も含めるとかなりの人数になってきます。

 そして楽しみな選手が沢山います。往路でそれぞれ主要区間を担っている小袖・鈴木・手嶋・加藤選手は、それぞれ個性を伸ばしながら走力を上げてきています。また強力ルーキーの児玉選手もおそらく加わってくるでしょう。4年前田・村上選手らも箱根になると特に光る存在です。金橋選手らも堅実です。1強を除いては充分に勝てる、表彰台は十分確保できる戦力です。

 強いて言えば、ある程度経験者でメンバーを固定できてしまうという面はあります。今年の箱根駅伝では2区でサプライズがありましたが、いい意味で思い切り上がる選手が出てくるとさらに面白いですかね。2年生は櫛田・小澤選手、それから富田選手らも出てきています。ルーキーらも粒ぞろいでひとまずはこのあたりが候補でしょう。

 山本監督も虎視眈々と戦略を練ってくるでしょうし、区間配置もとても巧いように見えます。乗ってくると本当に強豪校にのし上がってきそう。そんな年にしたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. モカちゃん より:

     毎回楽しみに読ませていただいています。自分のところのチームでもすべての選手を把握しきれないのにたくさんの大学を詳しく分析されており、敬服するとともに大いに参考にさせていただいております。

    1カ所訂正をお願いします。
    新入生 城戸洸輝
    2019高校駅伝 6区 ディラングに次ぐ区間2位 14分08秒 区間新記録

    (ついでに)2021箱根駅伝 区間配置予想
    小袖ー加藤ー手嶋ー児玉ー鈴木
    前田ー小澤ー櫛田ー金橋ー長倉

    • hakonankit より:

      >モカちゃん
      参考になっているようで何よりです。しっかりと参考にできるように、しっかりデータの訂正も致します。

      それにしても万全なら本当に強くなってきますよね。多くの経験者もいますし、児玉選手あたりが4区には入れるようなら楽しみです。

  2. モカちゃん より:

    訂正ありがとうございました。
    新入生については14分20秒切りが7人、8人といる駒澤、東洋、青山、中央と比べると3人しかおらず見劣りしますが上位5人平均が6位とのことでまずまずでしょうか。児玉だけでなく安部、杉、城戸あたりから誰かしら箱根10人のメンバー争いに加われるくらい力をつけてくれるといいです。

    「まとめ」に「表彰台」「強豪」と書いてくださったように、明治が3位以内に入り再度、強豪校となれるよう応援を続けます。

    • hakonankit より:

      >モカちゃん
      新入生の選手層からすると、今の強豪校言われているところはさすが…という感じですかね。それでも明治大も児玉選手、そいて2年生以上を見ると決して見劣りするわけではないと思っています。

      90回大会前後あたりのように、優勝候補に挙がるくらいになっていってもおかしくはないと思います。