スポンサーリンク

2020.2.16【熊日マラソン30㎞・青梅マラソン30㎞】結果と駅伝ファンとしてのコメント!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2020年2月16日には30㎞の全国的なロードレースが2つあります。

・第54回青梅マラソン30㎞
・金栗記念熊日30キロロードレース2020

箱根駅伝を走ったランナーだけでなく、設楽悠太選手など東京マラソンなどでオリンピックを狙う選手が最終調整で出場しています。

上位の結果と、駅伝ファンとしてのコメントを記載します。

スポンサーリンク

第54回(2020)青梅マラソン30㎞【結果とコメント】

公式サイト

最大85mの高低差がある難コースです。

スポンサーリンク

レース展開・上位結果

男子結果
1位田口雅也1時間30分45秒 Honda
2位D.M.キトニー1時間31分14秒 TRACK東京
3位川元涼央1時間31分51秒 黒崎播磨
4位赤﨑 暁④1時間32分13秒 拓殖大
5位神戸駿介③1時間32分37秒 駒澤大
6位清家 陸②1時間32分52秒 法政大
7位代田修平1時間33分11秒 カネボウ
8位川内優輝1時間33分31秒 AD損保
以上上位8名

 キトニー選手がトップだったのですが、残り1㎞を切ってからHonda田口選手が逆転する展開だったみたいですね。アップダウンがあるので、91分切れればまずまずのはずです。田口選手も中堅になってきましたが、マラソンを走る日も近いのかな?

 3位に黒崎播磨の川元選手が入ったのもポイント。黒崎播磨はやっぱり長い距離に味がある選手が出てくる印象です。最近苦しむ川内選手は、ちょっと上昇ムードかな?

9位高木登志夫1時間33分42秒 DeNA
11位宮崎勇将1時間33分5秒 JR東日本
12位松村陣之助1時間34分27秒 コモディイイダ
14位児玉雄介1時間36分05秒 朝霞市陸協
18位松原啓介1時間36分44秒 サンベルクス
19位橋本章央1時間37分18秒 国学院久我山⇒芝浦工業大
20位山田祐生1時間37分19秒 まるお製作所

21位加藤 平1時間37分40秒 新電元工業
23位阿部優樹1時間37分59秒 国学院久我山⇒國學院大
26位国澤優志1時間38分24秒 NTT東京
28位池上秀志1時間38分34秒 YGテック
29位柴田憲志1時間38分48秒 三重陸協
30位宮本甲斐1時間39分34秒 コモディイイダ
以上、一般ランナー上位30名

 まずは実業団・一般ランナーですが、高校生が挑戦していたのはびっくり!国学院久我山から出場。上位に入った橋本選手の進路先、芝浦工業大を選んでいるのもまた興味深い…。

 実業団では、DeNA高木選手が変わらず距離に強いところを見せています。続いてのJR東日本の宮崎選手は、日体大時代長距離ロードのイメージがなかったのでびっくりです。

女子1位
前田穂南1時間38分35秒 天満屋 ★日本新記録★

 前田選手は見事な日本新記録ですね。野口みずきさんのベルリンマラソンの途中経過の30㎞を更新ですが、アップダウンのあるコースなのが自信になりますね。

 男女合わせて、五輪決定選手で、一番自分のペースで強化が進んでいるのかなぁと思ってます。

大学生結果

早稲田大学

16位向井悠介②1時間36分08秒
24位山口賢助②1時間38分22秒
黒田 賢③1時間40分53秒
河合陽平②1時間40分54秒
佐藤皓星②1時間40分51秒
植田航太①1時間40分53秒
井上開登①1時間40分56秒
安田博登①1時間42分56秒
井川龍人①1時間43分55秒
太田直希②1時間43分56秒
白井航平①1時間44分37秒
渕田拓臣③1時間46分18秒
森田将平③1時間49分08秒

 一度はハーフで結果を残したことのある2年生の選手が好走していますね。早大は選手層が薄いので、彼らの成長は早大のさらなる浮上に大事になってきます。山口選手は風邪もひいてたみたいですがよく走り切りました。

 なお、先週唐津10マイルで好走した井川・太田直選手はペース走だったようです。

法政大学

6位清家 陸②1時間32分52秒
中園慎太郎①1時間39分44秒
奥山智広③1時間39分44秒
山田直樹②1時間39分44秒
守角 隼②1時間39分45秒
須藤拓海③1時間39分46秒
鈴木 快③1時間39分46秒
中村雅史③1時間39分46秒
糟谷勇輝③1時間39分46秒
松本康汰①1時間39分46秒
田辺佑典③1時間42分55秒
山本恭澄①1時間42分56秒
川上有生①1時間42分57秒
徳永裕樹①1時間48分04秒
田中大稀②1時間51分48秒

 清家選手が大きな成長を告げる92分台での6位入賞ですね。箱根9区でも崩れずに走り切っていました。

 他の選手はひとまずペース走ですかね。長い距離での安定感が増していけば、箱根予選、そして本戦に繋がりますね。

亜細亜大学

13位兼次祐希③1時間35分26秒
22位森木優摩③1時間37分46秒
27位吉岡祥希①1時間38分31秒
横山隼人①1時間42分34秒
長谷部航②1時間47分26秒

 3年生兼次・森木選手がまずまず。彼らが長い距離で強さを見せていくと、箱根駅伝が近づいてきます。

その他、大学生結果

4位赤﨑 暁④1時間32分13秒 拓殖大
5位神戸駿介③1時間32分37秒 駒澤大
10位鈴木大海③1時間33分48秒 創価大
15位盛本聖也①1時間36分04秒 日本体育大
17位宮下隼人②1時間36分37秒 東洋大
25位阿部飛雄馬④1時間38分13秒 東京大
小川洋介1時間41分09秒 防衛大
塩田 匠(M1)1時間42分19秒 東京工業大大学院
村松甲斐1時間46分32秒 東京農工大

 中々のメンバーが走りましたね。先頭集団について行ったのは駒大の神戸選手。終盤はさすがに苦しくなったようですが、長くてアップダウンあるコースに適性がありますね。

 4位に入った拓大赤崎選手は、序盤からだが動かたなかったところから、途中からリズムに乗れたようです。NYハーフもありますので、拓大のユニでもうひと暴れといきたい。

 そのほかもランナー出てますね。箱根8区出走の創価鈴木選手まずまず。日体大ルーキー盛本選手もまずまず。山登り5区区間賞の東洋宮下選手は、途中で脚を叩くなど万全ではなかったかな?

スポンサーリンク

金栗記念熊日30キロロードレース2020【結果とコメント】

公式サイト

高低差は25mほど、比較的タイムが伸びやすいコースです

レース展開・上位結果

1位設楽悠太1時間29分47秒 Honda
2位川端千都1時間30分38秒 コニカミノルタ
3位吉田圭太③1時間31分00秒 青山学院大
4位小山裕太1時間31分09秒 トーエネック
5位松村優樹1時間31分10秒 Honda
6位山田滉介1時間31分25秒 トヨタ紡織
7位西田壮志③1時間31分41秒 東海大
8位坂本佳太1時間31分51秒 小森コーポレーション
上位8名

  冷たい雨が降りしきる中、序盤から、設楽選手が独走!10㎞29分20秒前後で突っ込んで入っての89分台。素人目、少しずつ内容が良くなってきているのかな?エリートのみの出場となった東京マラソン2020、どんな調整になるか??

 2位には途中から集団を抜け出したコニカミノルタ川端選手。実業団に入り、じわじわ勢いが戻ってきています。さらに学生トップ青学吉田選手は、気候を考えるとまずまずかな?

 トーエネック小山、Honda松村選手らもまずまず。トヨタ紡織の山田選手や小森コーポ坂本選手ら若手も力つけてきましたかね?

9位渡邊悠真1時間31分58秒 トヨタ自動車九州
10位大山憲明1時間32分33秒 コニカミノルタ
11位天野誠也1時間32分59秒 自衛隊体育学校
13位荻野皓平1時間33分23秒 富士通
14位照井明人1時間33分37秒 NDソフト
15位濱川 駿1時間33分44秒 コニカミノルタ
21位谷川貴俊1時間36分47秒 安川電機
26位角出龍哉1時間38分47秒 愛知製鋼
以上1時間40分きり

 比較的スピードランナーのイメージの大山選手らもある程度粘れたとみていいでしょうかね。

大学生結果

3位吉田圭太③1時間31分00秒 青山学院大
7位西田壮志③1時間31分41秒 東海大
12位日野原智也③1時間33分12秒 帝京大
16位鈴木雄太③1時間34分18秒 東海大
17位定方 駿④1時間34分26秒 東洋大
18位岩見秀哉③1時間34分38秒 青山学院大学
19位藤本珠輝①1時間35分16秒 日本体育大
20位神林勇太③1時間35分21秒 青山学院大
22位加藤純平③1時間37分12秒 東京国際大
23位福永恭平1時間37分37秒 広島経済大
24位米田智哉③1時間37分42秒 東海大
25位上土井雅大④1時間37分52秒 亜細亜大
鈴木 輝②1時間42分26秒 慶應義塾哀
吉田将基③1時間45分53秒 流通経済大

 大学生は先の吉田選手に続き、東海大山登りの西田選手も上位入賞です。青学神林選手は、今回は気負いもありましたかね?

 さらに、帝京大で16人メンバー入りした日野原選手が93分台のタイムで12位はびっくり!これまた注目のランナーとなりそう。

 また、東洋大でまさかの箱根未出走となってしまった定方選手、熊日30㎞に合わせてきました。今できる精いっぱいの走りを見れて良かったです。

スポンサーリンク

2020.2.16【第3回早大長距離競技会・結果】

1位荻久保寛也④28分27秒02★ 城西大
2位中谷雄飛②28分27秒71★ 早稲田大
3位鈴木祐希28分32秒99 カネボウ
4位物江雄利28分36秒26 カネボウ
5位前田将太29分12秒70 日立物流
6位菅 真大29分26秒76 愛三工業
7位中西玄気29分41秒93 愛三工業

 早大でまさかのトラックレースが行われていました。どうやら日本選手権の標準記録28分20秒を切るのが目的。

 確かに春先だと、日本選手権と日数が少なく調整が難しくなりますから、ここで切ると余裕を持って調整ができますね。

 城西荻久保、早大中谷、カネボウ鈴木・物江選手がいいところまでいきましたが惜しかったですね。それでも自己ベスト更新、次につながっていければいいですね。

スポンサーリンク

フォローする