スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】往路を終えて展望&予想~優勝争い&シード権争いの行方は!?

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020の往路が終わりました。

区間記録付近のタイムは出るかなぁと思ってましたが、2区65分台、3区59分台、4区まで出るとはちょっと思いませんでした。

また1区が高速化したのも想定外だったところもあったと思います。

そんな中、往路制したのは、やっぱり青山学院大学で…。この駅伝力、箱根にかける執念は、主の予想をはるかに超えていました。

連覇を狙う東海大は大きなミスなくも、3分22秒差を付けられました。

果たして逆転の連覇はあるのか。

また、毎年気になるシード権争いのことも記載します。

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020展望&予想】復路~優勝争いの行方は?

1位青山学院大学
2位國學院大學1分33秒
3位東京国際大学3分17秒
4位東海大学3分22秒

 大混戦と思いきや、青学大が突き抜け、エース力が強いと思われたチームにも勝ってしまいました。

スポンサーリンク

1位青学大、2位3位のチームについて

1位青山学院大学
谷野④-中村④-岩見③-神林③-新号③
残り2人交代可能
早田②、湯原②、近藤①、中倉①
変更予想:8区近藤

 見事な継走でしたね。箱根に合わせる力はすさまじいです。ヴェイパーフライの使いこなしも含めて素晴らしい往路でした。他の4強で、大きなブレーキがなかった東海大に対しても3分以上の貯金を作れると誰が予想したでしょうか?

 2区岸本・4区吉田祐・5区飯田選手が物凄い働きをしましたし、3区鈴木選手も見事な復活。1区吉田圭選手も難しい展開で耐え凌ぎました。

 油断はできませんが、往路の出来からすると、復路も無難どころかまた新たな+αが出てくるかもしれません。”やっぱり大作戦”ということでは6区谷野7区中村選手がキーになるはずです。

 区間変更はあって1枚かなぁ?8区岩見選手がスタミナ間に合わなかったら、思い切って世田谷ハーフ好走の近藤選手に変更もいいかも(湯原選手を入れる場所がないな(💦))。

 穴があるとすれば、復路はほとんどが箱根初出場、後ろ差はありますが東海大は駅伝経験者が豊富です。そのあたり、微妙な差ともいえるかもしれません。自分たちの練習を信じて走れるかどうか。

2位國學院大学1分33秒
島崎②-木付②-河東③-中西唯①-高嶌③
残り2人交代可能
茂原④、臼井③、藤村③、殿地②
変更予想:8区藤村、9区茂原

 惜しかったですね。1区藤木選手がナイスな出足、2区土方3区青木選手の4年生コンビが青学大にしっかり食らいついたのですが…。

 相手が強すぎましたね。4区中西大選手が区間3位、浦野選手が2年連続70分台でまとめて区間3位の走りをしても、1分半及ばなかった、です。それでも過去最高位、見事な継走でした。

 基本的には目標の総合3位以内を守りに行く堅実でも少しは攻める区間がほしい復路ですね。選手層が厚い東海大と東国大が2分近く後ろ、見るほうとしては中々見ごたえがあるのではないですかね。

 國學院大はあまり得意じゃない6区でうまく流れだせば、区間10位前後でまとめられる選手は揃っていると思います。おそらく4年生茂原選手らがどこかに入るでしょう。しっかり逃げ切れる布陣にしたい。

3位東京国際大学3分17秒
大上①-中島③-芳賀②-相沢④-内山④
残り2人交代可能
佐藤④、菅原④、真船④
変更予想:7区真船

 躍進するだろうと思って本当に躍進は見事です。1区は少し遅れましたが、それでも2区伊藤選手が66分前半で流れに載せると、3区でヴィンセント砲が大炸裂。ここまできて区間記録2分更新って…なんなん?という…追い風だけどハーフ58分台で通過していますよ。どうなるんですか?この選手…

 その後トップは譲ったものの、5区山瀬選手のまとめが見事。東海大の選手がいい目標になったと思いますが、交わして往路3位のゴールはお見事!「もう走らん、こんなとこ」の名言?も生まれました。

 復路は、大志田監督は謙虚に「シード権」とのことですが、しっかりと平地を走れる選手は残しています。6区大神選手、そして真船選手の状態が分からないのが気になりますが…

 9区相澤10区内山選手にしっかりとした位置で渡せればかなりのいい順位でゴールできるはずです。東海大に抜かれないようにするには厳しいでしょうが、國學院大は目指し甲斐のある目標かもですよ。

4位東海大の逆転の芽は?

4位東海大学3分22秒
羽田④-松崎①-小松④-米田③-郡司④
残り3人交代可能
阪口④、館澤④、松尾④、市村②、竹村①
変更予想:6区阪口、7区館澤、9区松尾

 さて、優勝争いの争点はこの大学になってきます。勢いに乗った青学大を自力で上回れる可能性のある唯一の大学でしょう。とはいえ、3分22秒は遠い。

 2区塩澤選手が想像以上に長距離に対応していてトップ付近で渡して、東海大が総合優勝筆頭…だったはずなのですが、3区以降少しずつ伸び切らないうちにいつの間に青学大と大差が…(なお、5区西田選手は直前に発熱&怪我で満身創痍だったそうです。よく72分少しで走ったな…)

 落ち着いてといかないといけないとはいえ、それでも復路の前半区間で勝負をかけなければならないでしょう。青学大がやや不明瞭な6区山下りに、館澤or阪口選手を投入して勝負をかけるしかないと思います。

 そして8区小松10区郡司選手も、青学大に対してアドバンテージを取れるチャンスの選手。難しいですが、熱く冷静に走れれば、1分ずつ2人で詰められるはずです。

 前回大会青学大が復路で見せた継走を、今度は東海大がやる番です。何とか9区終了地点で1分半差までもって来れれば、逆転Vの芽はあるはずです。

【箱根駅伝2020】復路へ向けて~シード権争いはどうなる?

5位明大-1分57秒
6位帝京-1分53秒
7位創価-1分34秒
8位駒大-1分27秒
9位早大-20秒
10位拓大
11位東洋+7秒
12位中学+9秒
13位中大+2分32秒
14位順大+2分44秒

混とんとするのは予想通りですが、1区ハイペース縦長の影響もあってか、意外と13位以降は離れてしまったなという印象です。

初シード権狙う創価大ら5位~7位のチームについて

5位明治大学5分55秒差(シード権へ-1分57秒差)
前田③-三輪④-酒井③-村上③-坂井③
残り3人交代可能
阿部④、河村④、長倉③、櫛田①、杉本①
変更予想:7区河村、10区阿部

 不可解なオーダーだなぁと思っていたら失敬。これは考えに考えつくされた往路オーダーでした。まさか2区加藤選手がそのままとはだれが予想したでしょうか?しかも無難に乗り切って3区以降に繋いでいきました。

 復路も選手のレベルは高いですが、6区7区の出足次第ではあっという間にシード権争いに巻き込まれれるので、慎重に人選の見極めが必要でしょうか。

 今年はやや不調だった8区酒井9区村上選手がどのくらい走るか。気になる阿部選手は…登場するとなれば10区と思ってますがどうでしょうかね?このまま無事にシード権内をキープしたい。

6位帝京大学5分59秒(シード権へ-1分53秒差)
島貫④-増田③-鳥飼③-小森④-吉野④
残り3人交代可能
谷村③、日野原③、中村②、橋本②、新井①
変更予想:7区橋本8区中村

 勿体なかったなぁ。1区小野寺2区星3区遠藤選手が素晴らしい出足でした。4区岩佐選手なんて、ほぼノーミス東海大の選手と競り合っていたのですから…。

 ただ、平田選手が勢いに乗って東海西田選手に平地部分でついていったのはまずかったかな…。上りで急失速してしまい、後ろに巻き込まれてしまいました。

 シード権争いに関しては、6区島貫選手が自信のある状態なら58分前半を狙えますので、一気に抜け出せるかなぁ?しっかりとミスなく走り、達成すれば初となる連続5位以内を狙いたい。

7位創価大学6分18秒(シード権へ-1分34秒差)
鈴木③-三上②-鈴木③-永井②-嶋津②
残り3人交代可能
右田③、石津③、新家①、葛西①
変更予想:7区葛西

 やりましたねぇ。1区米満選手の采配が見事に的中。まさかの区間歴代2位タイの走りで滑り出しました。その後の継走もまずまずだったでしょうか。何気に4区福田選手の好走も光っています。

 復路、初シード権へ向けて試練の復路になりますかね。やはり出だし、6区適性があるという鈴木選手、それから葛西選手あたりがどこかに入れればオーダーとしては最高かな?

 一般的にいう主要区間を回避した鈴木・嶋津選手あたりの走りも非常にカギを握ってそうです。この勢いを持続できるでしょうか。

早大復活シード権は?8位~10位のチームについて

8位駒澤大学6分25秒(シード権へ-1分27秒差)
大成④-小野①-加藤③-神戸③-山野①
残り2人交代可能
小林③、石川②、酒井①、皆木①
変更予想:7区小林10区石川

 箱根は難しいなぁ。4年生コンビで1区2区安全に行くつもりがまさかの二桁順位、3区田澤選手らで追い上げましたが、5区伊東選手が勢いに乗れませんでした。どうも…箱根駅伝が苦手になっている感じがします。

 出足の大成選手が非常に期待ができるので面白いのですが、往路の出来を見るとそれも怖い。基本的には8区加藤選手までにシード権内の安全圏に逃げ込めるようにしないと他校も怖いです。

9位早稲田大学7分32秒(シード権へ-20秒)
半澤②-鈴木①-太田②-遠藤④-宍倉③
残り2人交代可能
新迫④、三上④、住吉③、渕田③
変更予想:9区新迫、10区三上

 勿体なさすぎます。中谷選手がハイペースで10位前後を突き放して、太田選手がトップ争いできたのですが…井川選手が勢い余って青学鈴木選手についていってしまったところ、流れが止まりました。

 復路は、6区自信があるという半澤選手、7区以降3人並ぶだろう1万m28分台のランナーが、焦らずに攻めることができるか。シード権内に逃げ込むポテンシャルはあるはずです。

10位拓殖大学7分52秒
玉澤④-兒玉②-江口①-中井④-青柳③
残り2人交代可能
清水③、佐々木①、関根①、吉村①
変更予想:7区清水

 よく頑張りました。高速レースに、2区レメティキ選手はともかく3区赤崎選手もそれなりに走ったのに順位を上げられませんでした。その中4区吉原5区石川選手がよくやった印象です。

 復路は厳しい戦いですが、6区玉澤選手がどれだけ適性があるか。10位以内で凌げば、7区以降は後半にまとめあげる得意パターンにもっていけるはず。9区中井選手にうまくつなげたい。

スポンサーリンク

東洋大ら逆転シード権は?11位~14位のチームについて

11位東洋大学7分59秒(シード権へ7秒)
今西④-山田①-前田①-定方④-古川①
残り4人交代可能
大澤③、田中③、蝦夷森②、及川①、久保田①、清野①
変更予想:7区大澤、10区蝦夷森

 2区と5区、箱根の要の区間で区間新記録を出したのにどうしてしまったか、東洋大…。

 おそらく、何とか仕上がった西山・吉川・渡邊選手でしたが、予想以上のハイペースに対応できなかったのかなと想像しています。

 西山選手にしても、おそらく昨年のような展開ならいいところに持ってこれたはずで、そうなったら2区相澤選手で単独トップ。3区4区も走りが変わったはずで…

 たられば言ってもしょうがない、一時はシード権がどうなるかという位置まで下がった中、5区宮下選手の魂の区間新で盛り返したのだ。

 6区今西9区定方選手はゲームチェンジャーのメンタルを持っているはず、彼らで一気に上位は目論めるのでは。2人とも区間記録出せなくはないように思いますが、さすがに期待しすぎかな?

 7区8区10区は慎重に。全区間メンバーチェンジ可能なので、調子を見極めていけば、総合3位はともかく、1秒を削り出す鉄紺の魂を見せることはできるはずだ。

12位中央学院大学8分01秒(シード権へ9秒差)
武川①-吉田②-藤井④-糸井②-石綿③
残り3人交代可能
有馬④、長山④、大津④、髙橋③、小島①
変更予想:7区長山9区有馬
 
 さてさて、6年連続シード権確保に向けて正念場(毎年正念場って言葉使ってる)ですよ。5部5部な感じの位置です。

 1区栗原選手采配的中も、2区3区が実力不足で後退、4区5区は粘りを発揮してシードラインに再度迫った形になりました。なんだか前回と非常に似ています。

 復路は…これ話題のルーキー武川選手の6区がすごく大事になりますよね(変更あるかもですが)。そしておそらく入るだろう長山・有馬選手、そして逞しくなったアンカー石綿選手、実績は充分。粘り強く戦いたい。

 なお、4区に入らなかった髙橋選手は、6区か外れるかどっちかと予想してますがどうでしょうか?

13位中央大学10分24秒(シード権へ2分32秒差)
若林①-森②-矢野③-大森③-二井④
残り2人交代可能
田母神④、舟津④、岩佐④、井上②
変更:10区舟津

 いいオーダーは組めなかったなりに何とか戦った往路でした。5区畝選手がまとめあげて、シード権へ向けてワンチャンスは残ったという形です。

 変更は正直読めませんが、昨年経験者の矢野選手らを中心にミスのない駅伝をするしかない形でしょうか。7区森選手は出走予定だそうなので、スピードで攻められる舟津選手をアンカーに置いて、最後までシード権を求めることができるようにしたいかな?

14位順天堂大学10分37秒(シード権へ2分44秒差)
清水③-小畠④-人見②-鈴木④-吉岡②
残り3人交代可能
髙林④、野田④、澤藤③、矢野③、西澤①
変更予想:8区西澤

 順大も往路のが非常に読みづらかったチーム。1区初駅伝の選手が遅れた中、藤曲・橋本選手ら何とか流れを作って14位まで追い上げたという形です。

 2分44秒もあるのですが…シード権ということを考えると、復路に残しすぎでは?と思うくらい戦力が充実しています。8区に西澤選手が入れれば、かなり強力なオーダーです。

 まず絶好調の清水・小畠選手で一気に攻め込んで流れを作れれば、逆転シード権は不可能ではないはずです。

【箱根駅伝2020展望&予想】復路に向けて~下位争いについて

15位日本大学11分38秒差
16位法政大学11分44秒差
17位神奈川大学12分56秒差
18位日本体育大学13分19秒差
OP関東学生連合13分39秒差
19位筑波大学16分37秒差
20位国士館大学17分21秒差

 残念ながらかなり遅れてしまい、シード権はかなり厳しくなってしまったチーム。それでも前後のチームは僅差、諦めずに追っていきたい。

日大ら伝統校の意地は?15位~18位のチームについて

15位日本大学11分38秒(シード権まで3分45秒差)
宮崎③-野田③-若山①-橋口②-金子④
残り3人交代可能
疋田②、山本②、岩城①、松岡①、八木①
変更予想:

 厳しかったですね。そんなに悪くはなかったですし、3区樋口選手の好走はありました。ただ、高速化に少しずつついていけなかったという戦いでした。

 復路は主力は使い果たしたのですが、6区宮崎選手が面白いので、そこで一斉スタート組の前へ。あとは若山選手ら、調子のよい選手でしっかりとタスキをつないでいきたい

16位法政大学11分44秒(シード権まで3分52秒差)
坪井④-松澤④-中園①-糟谷③-奥山③
残り3人交代可能
増田④、佐々木④、須藤③、清家②、守角②
変更予想:7区清家、10区増田

 全然力及ばずといった形でした。5区青木選手が71分少しで走り切ってもまだこの位置。2区鎌田4区河田選手あたりは頑張っただけに無念です。

 復路は坪井選手が58分台出せる状態まで仕上がっているかどうか。あとはどこかに増田選手らが入るはず。往路とは一味違う戦いを見たい。

17位神奈川大学12分56秒(シード権まで5分04秒差)
森④-鈴木①-安田②-古和田④-古市①
残り4人交代可能
安藤④、荻野④、日野④、安田④、川口②、呑村②
変更予想:7区安田④、10区川口

 1区西方選手が踏ん張るも、2区でまさか大きく後退…。主力並べて最下位争いはつらい。その中で5区井手選手が一矢報いる走りでした。

 復路はまだ人数はいるのですよね。主力は全部は出ないかもですが、6区スタートの森選手ら勢いをつけられそうな選手はいます。開き直って追い上げていきたい。

18位日本体育大学13分19秒(シード権まで5分27秒差)
盛本①-大内③-嶋野③-野上③-中川④
残り3人交代可能
白永④、廻谷④、岩室③、大内②、安達①
変更予想:7区廻谷

 1区池田2区山口選手でいい滑り出しをしたのですが…3区で一気に後退するとそこから悪い流れから立ち直せず。5区藤本選手も全くの不発に終わりました。

 復路は爆発力は少なくとも、堅実に走れる選手は揃っているはずです。中川・廻谷選手らで追い上げていきたい。

筑波大は襷をつなげるか~19位20位・連合チームについて

OP関東学生連合13分39秒(シード権まで5分47秒差)
舩田②-森③-吉井③-渡辺②-阿部④
残り3人交代可能
武田④、宮田④、菅原③、山田③、司代②、竹上②
変更予想:7区竹上、9区宮田

 いつもより戦力が充実していた連合チームも高速化きつかったですね。それでも3区菅原選手が巻き返して4区上土井選手の好走もありました。

 復路は出だしの6区がうまくいけば、宮田選手ら戦えるメンバーが揃っていますので、山川監督「15位相当」あたりまでは充分目指せるはずです。

19位筑波大学16分37秒(シード権まで8分45秒差)
岩佐①-杉山②-伊藤②-渡辺③-児玉③
残り3人交代可能
川瀬⑤、田川③、河合②、山本②、小林①
変更予想:9区川瀬、10区小林

 26年ぶりの襷リレー、1区西選手の区間11位で好スタートを切りましたが、4区で早くも最下位争い。特別悪いタイムはいなかったですが、これが今の箱根路です。

 復路は筑波大自慢のスタミナを活かせる展開もあると思います。6区乗り遅れなければ、おそらく入るだろう川瀬選手に繋いで、繰り上げ回避も目指せるはずです。

20位国士舘大学17分21秒(シード権まで9分29秒差)
曽根③-木樽②-金井③-福田④-孝田③
残り3人交代可能
加藤④、加藤③、清水②、清水①、福井①
変更予想:8区清水①、10区加藤④

 2区ヴィンセント選手が、靴紐がほどけるアクシデントに見舞われながら66分台、力通りに戦いましたが、5区鼡田選手が故障明けで戦える状況ではありませんでした…。

 復路も厳しい戦いが予想されますが、9区福田選手にしっかり繋いで、繰り上げスタートなしで大手長のゴールに帰りたい。

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020展望&予想】復路に向けて~まとめ

 ・青山学院大優勝8割5分だが…東海大に火がつくか

・國學院、東国大らの3位争いに注目!
・シード権は、東洋中学が入り、拓大創価が飛ばされるか?

基本的には青学大が首位効果もあって有利なのは間違いないです。

東海大連覇険しくなっては来ていますが、箱根の好走選手は、圧倒的に東海大が残っている。これが東海大の一筋の光です。どこかで青学大を焦らせる展開にできれば、僅かでも可能性が出てくるかもしれません。

シード権争いは予想難しいですが、戦力的には東洋と中学大がシード権内に入り、拓大と創価が弾き出される…

と思いますが、明大・駒大・早大もちょっとわからないところがあります。最後まで激戦になると思います。最後まで見逃せませんね!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. なかじ より:

    青学にあっぱれです。
    走り込み、青トレ、原監督の采配(ピーキングが素晴らしい)+ナイキの厚底シューズ、好気象条件が全て作用し、往路優勝を果たしました。2区岸本選手は、あっぱれの走り。彼を2区に配置した原監督の采配もあっぱれです。来年は都大路1区間賞の選手も進学予定なので、総合優勝果たせば、再びの黄金時代の予感。4区吉田祐選手の区間新の走りに感動しました。やっばり大作戦発動です。明日のキーマンは6区候補の谷野選手でしょう。彼が差を広げるか、詰められるかが総合優勝の明暗を握っていると思います。

    対抗の東海大は確かに復路も強いですが、3分30秒差以上は黄色信号。10区逆転のシナリオは現実となるでしょうか?

    誤算は東洋大。2区相澤選手は歴史に名を刻みましたし、5区宮下選手も区間新の走り。なのに…。継続は力なり。これができていない選手は高速化する駅伝にはじき飛ばされる結果となってしまいました。6区今西選手は爆走すると思いますが、続けていた3位以内は難しいかもしれません。

    東京国際大はあっぱれ!2区伊藤、3区ヴィンセントの走りの流れが続き、往路3位。
    ヴィンセント選手の3区59分台には驚き以上に「何もいえねぇ」ワールドクラスの走りでした。

    明治大学は下級生編成ながら往路シード順位。今後が楽しみです。

    • hakonankit より:

      >なかじさん
      本当に青学大の調整力はすさまじいものがありますよね。岸本選手のスタミナと冷静沈着ぶりはすごいものが…吉田選手があそこまで力がついているとは想像していませんでした。6区谷野選手が順調に滑り出せば、もう大丈夫でしょうね。
      東海大は焦らずに攻めていって果たしてどうか…でしょうか。

      東洋大は今西選手はいますが…かなり不安なオーダー編成になりました…。

  2. デルピッポ より:

    青学についてはさすがは原監督だなという感想しかないですね。大口を叩くだけあります。
    優勝争いは青学、國學院、東海に絞られましたね。ただ3分22秒差の東海は現実的に厳しい、國學院は駒不足…実質青学で決まりと言ってよさそう。
    東国は1区が出遅れ(というほどでもないんですが)ましたが、伊藤は相澤の力も上手に使った走りで素晴らしいタイム、そしてヴィンセントのとんでもないタイムで往路3位とは本当に驚き。さすがに復路もこのままというのは難しいと思いますが、シードはよほどのことが無ければ確定と思われます。
    帝京はなぁ…4区まで上位で来て期待させて5区で失敗という去年の再放送?と思ってしまいました。本気で箱根3位を目指すならいい加減山専用選手を育成したほうがいいでしょうね。

    • hakonankit より:

      >デルピッポさん
      90%青学大ですかね。東海大はとにかく館澤選手の爆走に期待です
      東国大は、伊藤&相澤選手の並走が本当に見ごたえありました。その後の3区の爆走はものすごかったですが…。シード権はいけるはずです。
      帝京大は、山は毎年ぶっつけみたいですね(^^; ここのところ6区を走った横井・島貫選手が凄いです!

  3. 北の旅人 より:

    前を走る青学大は本当に強いですね!
    それにしても2区1年の岸本の強さはびっくりです…
    ただ東海大の復路は黄金世代が控えているので面白いですね。
     早大は太田智が早大の2区らしい走りで今年も箱根は!と思いましたが
    井川で失速ですね… 
    明日は何とかシード権を確保して欲しいですがアンカー勝負は避けたいですね…

    • hakonankit より:

      >北の旅人さん
      東海大は往路は3年生が頑張ったので、復路は館澤選手ら4年生頑張りたいですね。
      早大は井川選手勿体なかったですね。復路もスピードランナーが多いのでうまく作用してほしいです。

  4. おーちゃん より:

    創価大学、管理者さんのおっしゃるとおり、順位的には良かったものの、ムイルのブレーキで、東洋、中央学院とのタイム差から考えて、シード権確保が厳しくなりました。
    明日は、3人が交替しそうです。

    • hakonankit より:

      >おーちゃんさん
      シード権争いは今年もきわどい戦いになりそうです。6区葛西選手はびっくりしましたが、攻めていくしかないですね。

  5. よっしーよ より:

    歴史が変わる瞬間なのかもしれないですね。
    二区では相澤が前人未到の65分代。区間記録としては分からないですが、日本人のタイムとしては20年物になるかもしれないですね!
    そして三区では六区以外の区間最速で1時間の壁を超えました。アッパレ!!

    青学は岸本の爆走で流れを作って飯田の快走で決めましたね。(このまま総合優勝なら飯田がMVPだと思います。)吉田祐選手の区間新も見事でした。

    東海が3分差で追うことになりますね。タイム的には厳しいですが、経験豊富なメンバーが揃っているので10区まで面白くなりそうです。

    東洋がまさかまさかのまさかのシード外、宮下相澤の快走がありましたがやはり残りの区間が間に合いませんでしたね。ただ、 今西定方が復路控えているので5位以内も不可能では無いと思います。

    自分が1番面白いと思ったのは明治でした。1区から4区まで無難に繋いで5区は鈴木選手見事でした。期待はされていましたが正直想像以上でした。復路にもメンバーが揃っていますね。六区は前回好走経験者が控え1年櫛田4年の三輪と27分台阿部を残してますね。個人的には阿部には鎧坂さんのようにアンカーを走ってもらいたいです。

    最後に往路が終わっての総合順位予想
    青学
    東海
    帝京
    國學院
    東京国際
    明治
    駒沢
    東洋
    中央学院
    ーシード権ー
    早稲田
    順天堂
    創価
    日体
    学連選抜
    神奈川
    拓殖
    法政
    日大
    筑波
    国士舘
    中央
    長々と失礼しました。

  6. 紫紺 より:

    明治あっぱれ! 明日も 「前へ」

  7. おーちゃん より:

    創価大学、6区鈴木渓太が試走のときは良かったそうですが、最終練習での判断で交替が決まったようです。
    6区葛西潤は驚きました。7区右田、9区石津は、残りの選択肢として妥当ですが。

    昨日の往路の高速化には、驚きです。
    今日も、区間新が続出するのでしょうか?

  8. 藤原 より:

    帝京大學四位。
    世間では、五強と言われる中で、二校を上回る成績。
    一区小野寺で勝負したことが大きい。
    星や遠藤など箱根を経験している中心選手も多く残り、
    実力のある箱根未経験の選手達も在籍している。
    今後更なる底上げとエースと呼ばれる選手の入学と山対策で
    優勝を狙う位置につけた。