スポンサーリンク

箱根駅伝2020【東海大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

全日本駅伝優勝!巨大戦力を有し、箱根駅伝の2連覇に向けて視界良好か

東海大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【東海大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手
西田壮志③28分58秒15≪19:全4区1位、出6区2位、箱5区2位、18:全4区3位≫…東海大山登りにかけているランナー。前回満を持して山登りデビューして71分前半の好タイムで追撃の一手をあげた。今年は平地の走力もかなりあがっている。

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
名取燎太③29分26秒60≪19:全8区2位≫…2年間故障に泣き続けた佐久長聖屈指の大器。今年ハーフマラソンを中心に鍛え、ついに復活。全日本駅伝で大学駅伝デビュー。アンカーで逆転優勝、日本人歴代上位の好タイムをマークした。

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
塩澤稀夕③28分16秒17≪19:全3区3位、出3区6位、17:全2区5位≫…魅力的なスピードがあるものの、ガラスの脚と言われていた2年間。今年継続して練習を積めるようになり、全日本駅伝は3区で優勝に貢献。1万mも28分16秒の好タイムをマークした。

4点:主要区間で区間上位でいける選手
鬼塚翔太④28分17秒52≪19:出5区4位、箱1区6位、18:全5区2位、箱3区3位、17:全1区9位、出4区1位、箱1区2位、16:全1区10位、出1区2位≫…1年時からインカレ・駅伝で活躍してきた東海大スピードランナーの顔。最終学年は勢いが欠けていたものの、11月八王子1万m28分34秒で復調傾向。

西川雄一朗④28分30秒87≪19:全2区10位、出1区4位、箱3区7位、18:全1区4位、出1区6位≫…3年時出雲で駅伝デビューして以降、前半の主要区間でずっと起用され続けている選手。全体的に安定しているが、1区が一番成績が良いか。

小松陽平④28分35秒63≪19:全1区3位、箱8区1位≫…前回の箱根駅伝で8区区間新記録を出しMVP獲得。一時不調に陥ったが、秋になって絶好調。全日本1区でもいい位置で襷を繋いだ。

松尾淳之介④28分37秒95≪18:全7区8位、箱5区12位、17:出3区4位、箱4区12位≫…駅伝ではロードの難コースを何度も経験している選手。強さがもう少しだが、相手に食らいつく能力も?

郡司陽大④29分01秒67≪19:全6区1位、箱10区3位、18:全6区2位、出5区3位≫…3年になって台頭してきたロードで+αが出る貴重な選手。全日本駅伝では混戦の中6区区間賞で大きく優勝を手繰り寄せる走りを下。

松崎咲人①29分29秒56≪19:全国5区7位、18:高校1区3位、国体5千9位≫…高校時代、トラックや駅伝共に全国トップレベルの争いを経験。上尾ハーフでジュニア歴代上位の好タイムを出し、駅伝ファンを驚かせた。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
鈴木雄太③29分21秒82…長い距離でコツコツ記録を伸ばしてきている選手。札幌ハーフ・上尾ハーフ共に好走している。

阪口竜平④5千13分41秒09≪19:出2区6位、箱7区2位、箱2区7位、17:出1区1位≫…駅伝や3障でこれまで大活躍。前回の箱根は7区で大きな追撃で優勝に貢献。3障は今年の日本選手権優勝している。ただ、秋口に腰を痛めている。

館澤亨次④5千13分48秒89…昨年は1500mで日本選手権優勝のスピードを見せる反面、駅伝でもタフな区間で結果を残しているランナー。今年は夏前に故障が判明し、全日本までエントリーを外れていた。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
米田智哉③29分19秒07…上尾ハーフで63分前半のタイムをマークし、長い距離に対応していることを示した。

竹村拓真①29分56秒03≪19:全国5区19位、18:高3区15位≫…上尾ハーフで63分前半のタイムをマークしてメンバー入り。高校時代も駅伝エース区間で活躍している。

市村朋樹②5千13分55秒30≪19:全5区7位、出4区2位≫…秋口の記録会好調で駅伝デビューをしている2年生。上尾ハーフは63分切のタイムを出している。

羽田智哉④half63分34秒…上尾ハーフで63分半ばのタイムをマーク。最後の大学駅伝で初の駅伝メンバー入りを果たしている。

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:45点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千1位13分51秒9-1万2位28分50秒5-half1位62分34秒2

【過去3年間成績】
95回1位
94回5位
93回10位

 前回の箱根駅伝で見事に総合優勝!10区間穴がないオーダーで見事な継走だった。今年度も出雲駅伝では攻めきれなかったものの、好調な選手を起用した全日本駅伝では最終的に2位に1分半もの差をつけて16年ぶり2度目の優勝を果たしています。

 今年の秋は3年生やロード組の4年生が好調です。山登りの西田選手が平地の走力を伸ばし、塩澤・名取選手がついに素質開花。駅伝で活躍し、箱根でも主要区間での活躍が期待されています。

 4年生は、前半区間の顔になってきている西川選手や、全日本駅伝では小松・郡司選手とった昨年あたりから駅伝で起用され始めた選手が活躍。非常に頼もしい存在だ。

 その代り同じ4年で、1年時から活躍している選手で、松尾選手が全日本7区出走した以外は、小さなけがなどがあり全日本では欠場。本エントリーからも外れてしまった選手もいます。

 その中で鬼塚選手が1万mでスピードを出せるまで回復、また館澤選手も監督は起用を名言するところまで来ている模様。これで駅伝めっぽう強い阪口選手が戻れば万全だがどうか。

 他に新戦力が出てきていて、出雲全日本両起用の2年市村選手に、1年松崎・竹村選手がハーフで結果を残した。特に松崎選手は他チームなら即レギュラーの記録だ。

 また、羽田・米田選手といった地道に積み上げた選手もエントリー。復路は本当に誰が走ってもおかしくないほどの戦力になってきました。もちろん、他校も力があるので簡単に優勝できるわけではない。いろいろ考えてオーダー予想をしてみたい。

箱根駅伝2020【東海大学】区間オーダー予想~一番戦力を発揮できる配置は…

 とはいえ、何が最適なオーダーかは本当に悩むところですね。スピードランナーの復調具合にもよります。また、6区山下りのスペシャリストが不調から間に合わずエントリーに入れず。ここも予想に難儀するところ。皆さんどうしましたか?

1区小松陽平④28分35秒63
2区塩澤稀夕③28分16秒17
3区西川雄一朗④28分30秒87
4区名取燎太③29分26秒60
5区西田壮志③28分58秒15

6区松崎咲人①29分29秒56
7区松尾淳之介④28分37秒95
8区館澤亨次④5千13分48秒89
9区郡司陽大④29分01秒67
10区鬼塚翔太④28分17秒52

1区小松選手…1区から難儀ですよね。無難手は過去経験者鬼塚・西川選手なんですが…、他校の情報も非常に気になり、当日の展開が読みづらくなっています。

 その時にふと、今年の箱根8区、全日本1区の小松選手が思い浮かんで…、彼1区向いているんじゃないかと…。夏から練習を積んで絶好調なのであれば、一番彼が安定して上位で繋いでくれそうな気がしています。

2区塩澤選手…ここも非常に悩みましたね。一番手は阪口選手、そして全日本アンカーで高いロード適性を見せた名取選手も考えましたが…

 最終的に目下一番スピードランナーの塩澤選手にしています。故障なく継続的に練習が積めていますし、出雲3区でも他校のエース相手に粘りの走りを見せていました。最後の3㎞がどうなるかですが、今なら凌げると思います。

3区西川選手…もう一人スピードランナーを並べます。1区のイメージが強い西川選手ですが、昨年の箱根は3区なんですよね。なので、経験を活かして10秒~20秒でも上積みがあればと思っています。

4区名取選手…全日本で一躍名を上げた名取選手。2区の可能性を考えましたが、大学駅伝の競り合いを何度も経験している塩澤選手に託し、この区間で貯金を作るのがいいように思いました。

 この区間は結構選手層の差が出る区間です。区間記録まではいかなくても61分半ばは自分のリズムで刻めれば可能な範囲のように思います。また、5区もセットで貯金を作るイメージでもいます。

5区西田選手…楽しみな山登りです。前回、初山登りで71分前半で大きくトップを追い上げました。今年は日本IC1万入賞、平地の駅伝も区間賞を獲得するなどパワーアップしています。

 山登りの名手と言われた過去のランナーでもなかなか出せない70分台は充分に到達可能、その上のレベルも…。両角監督は総合勝負ということですが…往路優勝しちゃっていいんですよ?

6区松崎選手…さて、ここポイントですね…。区間記録に限りなく近いタイムで前回走った選手がエントリー漏れ。巨大選手層があるといっても、山下りだけはそう簡単に見つかるわけではない。

 個人的に行けないかなぁと感じているのが、ルーキー松崎選手。ロードで+αが出るのは間違いなさそう。ハーフの距離ももうこなせる脚はあるので、何とか下れないか。59分切目標でと思ってますがどうでしょうか?

7区松尾選手…空いている区間どこでもこなせるだろう松尾選手。今回は7区で予想します。裏の4区も1年時に経験している点も強み。4年間培った力を出してほしい

 なお、もし復調しているなら阪口選手。前回は優勝に大きな一手となりました。ここで62分台を出す選手を置けるなら、かなり強いはずです。

8区館澤選手…両角監督が起用を明言していた館澤選手。大事な夏に完全に離脱していたのは心配ですが、時間をかけてじっくり戻してくれていると信じます。上りが得意なので、8区なら…と思います。スタミナがどこまで間に合うか。

9区郡司選手…昨年優勝ゴールテープを切り、今年さらにたくましくなった郡司選手に復路エース区間9区を任せたい。本人希望2区も視野に入れて練習しているなら、充分こなせるはず。69分台前半以内ターゲットにできます。これなら区間賞充分です。

10区鬼塚選手…贅沢な起用の仕方をします。チーム有数のスピードランナーで東海大の顔、鬼塚選手をアンカー予想します。1区など競り合いからのスパートが魅力の選手ですが、夏からずっと順調な選手で往路を固めました。

 なので、復路起用を考えた結果、一番平坦なのはアンカーの10区だなと思いました。裏の1区も2度経験しているのでイメージはしやすいかな?彼に優勝のゴールテープ切らせる展開も面白いかもしれません。

箱根駅伝2020【東海大学】まとめ

・総合力は昨年より高い
・6区以外はある程度計算が立つ
・館澤選手は走るっぽい?

 なお、上記の予想オーダーを書いていた直後に、東海大の壮行会の記事が出ました。

 そこから希望区間を抜粋します

選手の希望区間抜粋

館沢2区
鬼塚1区
郡司2区
小松10区
阪口特になし
西川特になし
松尾2区or9区or10区
羽田がむしゃらに
塩澤7区
鈴木9区
名取2区
西田2区or5区
米田7区
市村7区or8区
竹村アップダウンのある区間
松崎特になし

2区が多くてびっくり!自分が予想した塩澤選手は7区とちょっと予想外に。
長距離ロードはまた少し違うかな?
そして、6区はいないかぁ。隠しているかもしれませんが…

館沢選手がかなり戻ってるとすると

鬼塚-名取-西川-館沢-西田
松崎-塩澤-松尾-郡司-小松

これがオーソドックスなのかも??

少なくとも練習が積めて状態が上がっている選手でオーダーを組めれば、しっかりと箱根の10区間には対応できそうです。

以前のように、トラック型の選手が無理しすぎないチームになって、距離に弱いというのはなくなってきました。

あとは相手次第、悔いのない走りで、2連覇の達成を果たしたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. カズマ より:

    關、中島がいないですが圧倒的優勝候補の東海大学
    ダントツの選手層があるのでいかようにもくめます。
    僕の予想は

    鬼塚-名取-西川-塩澤-西田
    小松-阪口-館沢-松尾-郡司で予想します。
    もしハイペースって見てるなら1区塩澤4区阪口7区鬼塚かなあ。
    それが山に松崎入れて8区小松9区郡司アンカー館沢とかもあるのかなあ?
    ちょっと予想がつかないです。間違いなく全大学ナンバーワンの難易度だと思います。

    • hakonankit より:

      >カズマさん
      これだけ選手層が厚いと決めるほうも大変だろうなと思っています。適正と調子次第で、多くの選手はどの区間も無難にこなせてしまうでしょう。アンカーは優勝できるなら、スピード型の4年生に締めてほしい気も…?

  2. ライオンズファン より:

    西川—名取—小松—塩澤—西田
    市村—鬼塚—館澤—郡司—松尾

    駅伝で好成績の選手を往路に固める予想を作りました。山下りが未知数ですが、私は今年頭角を出した市村選手予想にしました。ただ、管理人様の仰る松崎選手の可能性もあると思います。
    一部主力漏れがありましたが、総合優勝最有力候補には変わりないと思います。

    • 山本シイタ より:

      鬼塚→名取→塩澤→松尾→西田
      西川→阪口→小松→郡司→市村
      アンカー勝負の可能性も踏まえて耐える往路にするかなと読みした。

      • 山本シイタ より:

        ごめんなさいタブレットの不具合で、ライオンズファンさんに返信する形になってしまったこと謝ります

      • hakonankit より:

        >山本シイタさん
        そうですね、往路は他の大学に先行を許す形になるかもしれません。その中で、いかに自分たちの流れに持っていくか、見ものです。

    • hakonankit より:

      >ライオンズファンさん
      そうですね。往路は本当に総合力が高くないと優勝候補でもはじかれる可能性があります。私もここ最近実績が高い選手で固めるほうがいいのかなと思っています。復調してきたスピードタイプを起用なら復路と思っています。

  3. ごん より:

    小松-名取-西川-塩澤-西田
    松崎-阪口-市村-郡司-館沢
    と予想します。
    長期離脱明けの選手は出るとしても7区10区かなと。
    館沢選手が4区走れるくらい戻ってくれると楽になるんですがね。
    名取選手は湯澤選手より30秒速く走れると思います。今年で言えば山本修選手並になるので一気に稼げる区間になるかと!

    • hakonankit より:

      >ごんさん
      名取選手が順調なら67分台は堅いだけに非常に注目になりますよね。こうなると往路優勝の芽も見えてきます。一時離脱があった選手は復路で2名くらい登場かな?

  4. wataru-6519 より:

    塩澤ー名取ー西川ー松尾ー西田
    松崎ー鬼塚ー舘沢ー郡司ー小松
    少し、オーダーを捻ってみました。競り合い得意な塩澤選手を1区に。7区鬼塚。松尾と舘沢は経験のあるところに。でも、まだまだ、人材は色々いるから分からないなあ

    • hakonankit より:

      >wataru-6519さん
      1区塩澤7区鬼塚選手はそれぞれ自分もあると思いますよ。2人の選手の状態を考えると、このあたり適性かな?松尾選手は4区なら、この3年間でどこまで伸びたか、結構注目かも?

  5. たけぽっぽ より:

    万全なら西川ー名取ー塩澤ー阪口ー西田、小松ー鬼塚ー舘沢ー郡司ー松尾としたいところです。

    阪口選手が復調していれば、2区を走った経験と昨年の7区の経験を活かして難コースの4区もありかなと考えます。そして記録会から調子が上がってきていると思われる鬼塚選手を7区に投入して一気に主導権を握る戦法も有効かなと。
    最後に区間エントリーで誰を補欠に回すか?バリエーションが豊富なだけに、優勝争いのライバル大学にこれだけでもプレッシャーを与えることができるのは、小さくないアドバンテージだと感じています。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      そうですね。阪口選手はアップダウン強いですので、4区や7区が自分も強いはずだよなぁと思っています。
      選手層厚いので、駅伝ファンでも、当日変更予想が極めて困難になりそうです。

  6. ジャングルブギウギ より:

    久しぶりにコメントします、僕の予想は、 
    鬼塚-名取-塩澤-阪口-西田-松崎-西川-舘澤-郡司-小松
    名取くんは7分30秒前後の力はあるでしょうからやはりここで使わなくては…、乗ったら10秒台もあり得ます。東海は現4年生が強いと言われ続けたチームですが、今大会はむしろ3年生トリオが大車輪の活躍をしてくれそうな予感です。
    さて、このチームの不安要素でありポイントはやはり6区ですね、候補に挙げられてる松崎くん、市川くん、小松くん、(阪口舘澤もありうる)どの選手も怜利くんよりは少なくとも20秒以上は遅くなりそうです。小松くんは平地のほうが➕アルファな気がしますし。まず6区の走りが7区以降の流れを大きく左右するでしょう。