スポンサーリンク

箱根駅伝2020【明治大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

トラックのスピードは強豪校!駅伝の流れと4年復活は…

明治大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【明治大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
鈴木聖人②28分48秒12≪19:全7区5位、予54位、箱1区13位、18:全1区14位、予49位≫…将来期待の2年生主力選手。各主要大会安定している。全日本駅伝では、チームが下位に沈む中、気を吐いた

4点:主要区間で区間上位でいける選手
阿部弘輝④27分56秒45≪19:箱3区2位、18:全2区2位、予8位、日本選手権1万m入賞、17:全7区1位、予103位、箱4区13位、16:全1区17位、予35位≫10000m現役日本人大学生日本記録保持者、特に前年の駅伝シーズンに大活躍している。今季はユニバー代表になったものの夏前に怪我が判明、11月末まで試合復帰がずれ込んだ。1区希望?

手嶋杏丞②28分40秒72≪19:全2区16位、予9位≫今年の秋の大きな成長株、予選で個人一桁の好走は駅伝ファンもびっくり。4年生主力不在のチームを救った。駅伝は全日本2区の1度のみ、ここは失敗レースだった。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
小袖英人③28分34秒33≪19:全1区5位、予117位、箱7区18位、18:全4区9位、予46位、17:予223位≫…昨年度急成長した選手、トラックで高い探偵感がある。駅伝はやや苦しんでいた印象だが、全日本駅伝1区で好走した。

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
前田舜平③29分03秒35≪19:全4区15位、予62位、箱6区8位、17:予210位≫…2年生の秋頃から継続してレースに出場。前回の箱根では山下りを担当している。

河村一輝④29分09秒90≪19:全3区16位、予39位、17:全3区14位≫…1500mで関東IC上位入賞常連だったが、昨年秋から長距離にも対応してきた。目下、一番勢いがある4年生。

小澤大輝①29分10秒82≪19:予47位、全国1区10位、18:高校1区14位≫…高校3年時全国区のエース区間で活躍したきたルーキー。箱根予選の後の大会で、ぐっと自己ベストを縮めてきた。

金橋佳佑②29分13秒20≪19:予79位≫…今季の成長株の選手の一人。箱根予選は二桁順位で走り切った。

酒井耀史③29分30秒90≪19:箱5区15位≫…前回山登りを担当した選手。今年は秋口までよくなかったが、ここにきて復調傾向となっている

櫛田佳希①29分40秒17≪19:予36位、18:高校1区10位、国体5千5位、IH1500m16位≫…高校時代トラック・駅伝とともに活躍。ここまでは継続してしっかりと結果を残している。

加藤大誠①29分49秒48≪19:全国1区7位≫…全日本予選で早くも戦力に。箱根予選は姿を見せなかったが上尾ハーフで63分半ばでチームトップ

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
村上純大③28分58秒16≪19:全5区13位、予146位、箱9区10位、18:全5区6位、予118位≫…昨年度駅伝で手堅い走りを見せていた選手。今季はまだ昨年ほどの勢いではない

坂井大我③29分33秒40…世田谷ハーフ64分後半ながらチームトップの成績。アップダウンに強みがある

杉本龍陽①29分46秒45≪19:全国1区46位≫…世田谷ハーフ65分少し、長い距離で台頭してきたルーキー。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
三輪軌道④28分53秒36≪19:全8区20位、箱4区7位、18:全3区6位、予59位、17:予DNF、箱3区13位、16:全3区11位、予69位≫…1年生の頃から駅伝で起用が続いていた4年生。前回の箱根でチームを一桁順位に浮上させた。今季はまだ本調子のレースができていない

長倉奨美③29分12秒11≪19:予122位≫…今年の秋にぐっと力をつけてきた3年生。箱根予選の出走メンバーにも選ばれている。

上位10名合計:29点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千6位14分01秒0-1万3位28分50秒7-half10位63分42秒2

【過去3年間成績】
95回17位
94回予選落ち
93回18位

 昨年度の大学駅伝は、全日本・箱根ともにギリギリまでシード権争いを繰り広げた上で、悔しい敗退。持ちタイムは良くても、駅伝で戦いきれなかった。

 山本監督になってから2年目、飛躍の年にしたいところだが、ここまでは決して順風満帆ではなかった。前回の箱根で2区3区4区を担った4年生の選手が全員怪我など不調に陥ってしまた。

 そのうち、学生長距離界の顔の一人阿部選手は何とか間に合うか。三輪選手は全日本アンカーの失速からどこまで立ち直るか

 選手層自体は徐々に厚くなってきており、トラックシーズンでは3年小袖2年鈴木選手が引っ張り、ロードシーズンでは、箱根予選で話題になった2年手嶋選手、さらに1年櫛田・小澤選手がしっかり戦力に。前田・村上選手も健在。中距離の河村選手もすっかり長距離の主力の一角となっていました。

 このほかにも、予選出走した2年金橋3年長倉選手が成長し1万m29分10秒台。さらに世田谷ハーフで坂井選手が浮上、ルーキー杉本・加藤選手もハーフマラソンでまずまずのタイム。誰がエントリーに入ってもおかしくない状況にはなった。

 あとはどうすれば駅伝の流れに乗って粘り強く戦えるか。箱根予選からの全日本駅伝では中7日の参考ながら、2区で失速すると7区鈴木選手が好走するまでは区間二けたが続く状況となってしまった。4年生主力の回復を見ながら、駅伝のオーダーを考えていく。

箱根駅伝2020【明治大学】区間オーダー予想~序盤食らいつけるように

 山本監督は、「自分たちであげていくことができないなら、往路で行けるだけ行くしかない」と話す。そんな中、ビッグニュースが飛び込んできました。

1区阿部弘輝④27分56秒45
2区鈴木聖人②28分48秒12
3区小袖英人③28分34秒33
4区手嶋杏丞②28分40秒72
5区小澤大輝①29分10秒82

6区前田舜平③29分03秒35
7区櫛田佳希①29分40秒17
8区金橋佳佑②29分13秒20
9区坂井大我③29分33秒40
10区河村一輝④29分09秒90

1区阿部選手…故障で夏を離脱した大エース阿部選手が、ここにきて1区出走を希望しているという。何とか7区か10区…と思っていたのですが、本人なりには手応えがあるのかもしれません。

 とにかく、8割くらいにまでに当日持ってきていれば、色々レースを作ることは阿部選手の力なら可能。出雲・全日本は基本的にローペース。箱根もそうなるかなと思っていましたが…明大だけでなく、いろんな意味で1区が注目なりそうです。

2区鈴木選手…主要大会に強く、そして駅伝に強く、上りも得意と言う期待の2年生鈴木選手。山本監督は本音は5区に起用したいそうですが、今回はチーム事情としては2区でしょうか。ある程度阿部選手が先頭に近い位置でもらったとして、どこまで踏ん張ることができるか。権太坂が勝負です。

3区小袖選手…今季トラックスピードでは完全にエースとなっている小袖選手。全日本駅伝1区でついに駅伝でも好走して、駅伝も自信がついたのではないでしょうか。スピードが一番いきるだろう3区で思い切って走りたい。63分きりの潜在能力はあるはずですが、どうでしょうか。

4区手嶋選手…箱根予選でヒーローになった手嶋選手。全日本2区は、駅伝の難しさを痛感したそうですが、これがまたレベルをあげるきっかけになれば。この区間は他人の競合いも大事ですが、アップダウンがある中、自分のリズムを刻むことも大事。うまく力を出してほしい

5区小澤選手…この区間は賭けに出ています。前年経験の酒井選手がエントリーに入ってきましたが、前年同様出遅れてから何とか間に合うかというところ。その前年は区間15位…夏を超えたところでしっかり成長した選手の方がよいかもしれません。

 というわけで、箱根予選で上位で走り、その後トラックのスピードも上がり、総合力がついていると思う1年小澤選手での予想。勢いのある今ならトライしても面白いかもしれません。とにかく往路一桁に入っているかどうか。

6区前田選手…そして復路もスタートをしっかり。前回6区を走っている前田選手に再登板してもらうのが良いのかなと思います。勢いという面はやや気になりますが、昨年の経験があります。しっかり前の流れに乗っていければ。

7区櫛田選手…復路の2区にもう一人勢いのあるルーキーを起用します。箱根予選でしっかりと走り切っている櫛田選手に7区を務めてもらえれば。彼もしっかり大会で結果を残していますし、自信をもって大学駅伝に挑めるはず。

8区金橋選手…ここから起用区間を少し迷いました。その中で、箱根予選を二桁順位で走り切っている金橋選手。暑さの中、結果を残しています。気温が上昇してくる中で遊行寺の坂を迎えるこの区間。予選の走りと結びつけばと思います。

9区坂井選手…復路エース区間ですが、箱根予選以外の選手に託します。世田谷ハーフで有力ルーキーを抑えてチームトップだった坂井選手に出番が回ってくることはありえると思います。ある程度のアップダウンには対応できるのは確か、この9区で生かすことができればと思ってます。

10区河村選手…唯一好調といえる4年生の河村選手を最後に残しておきます。中距離から距離を伸ばしてきて少しずつ安定感も出てきています。比較的平坦なこの区間で、持っているスピードが活きれば。シード権争いに絡んでいるなら、スピードも生きるかもしれません。

箱根駅伝2020【明治大学】まとめ

・とにかくまず往路で攻める
・阿部選手が1区で8割以上の状態か!?
・小袖&手嶋&5区の選手は果たして?

 ”駅伝が苦手”、ここ数年の明治大の課題だが、昨年はもう少しだった。なぜもう少しだったかというと、やはり序盤で流れに乗ったから(阿部・三輪選手など)と思います。要、序盤に流れに乗ることができれば、自慢の選手層を活かす可能性が高くなるということだ。

 そんな中で飛び込んだ明大阿部選手の1区希望記事。もし本人の言う通り、8割くらいになれば、エース選手。走っていたらスイッチが入る瞬間というのがくるはずだ。六郷橋より手前で縦長になることがあるはずだ。

 そういう展開の中で、おそらく往路で起用されるだろう鈴木・小袖・手嶋選手の次の世代のエースクラスの選手たちがどこまで走っていけるか。差がつきやすい5区山登りが踏ん張れるか。明治大がシード権獲得していくとすると、往路一つ一つの区間、しっかり戦い攻めきることができたときなのかもしれない。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ごん より:

    小袖-手嶋-阿部-小澤-鈴木
    前田-櫛田-坂井-金橋-河村
    にしてみます。
    小袖選手は暑さに弱い印象なんですよね…
    それなら小袖選手は全日本で好走した1区、阿部選手は経験のある3区の方が良いかなと。
    そして箱根予選と同じ調子まで上げられれば手嶋選手も2区で耐えられるかと。
    誰一人欠けられませんが、1-4区が状態良く準備できれば5区鈴木選手でシードを固められると思います。

    • hakonankit より:

      >ごんさん
      小袖選手は箱根予選で失速したのでちょっと怖いですかね。まあ、長距離ロードは2年時はやや不安定だったかなぁと思います。うまく状態があえば、鈴木選手を5区に置けますかね。

  2. wataru-6519 より:

    阿部ー小袖ー手嶋ー小澤ー鈴木
    前田ー櫛田ー坂井ー河村ー金橋
    1区阿部は何年か前の横手と同じような気がします。後、今回は実力者でも外す厳しそうな駅伝になりそうです

    • hakonankit より:

      >wataru-6519さん
      そうですね。名前ではなく、本当に調子が上がっている10名を選ばないと勝てない。全日本の東海大だけではないですね。

  3. 紫紺 より:

    正直復路のメンバーは、区間10番くらいで走る選手が揃ってるんですよね。 ですけど区間上位ほどの実力はないから、かなり流れに左右されそう。 だから主要メンバー4人の走りが非常に重要。 皆さんは坂井、村上、加藤だったら誰が一番走る可能性が高いと思いますか?
    個人的には、
    阿部ー手嶋ー小袖ー小澤ー鈴木
    前田ー金橋ー加藤ー村上ー河村
    村上が無理なら櫛田、いや櫛田は7区かな? 三輪に無理はしてもらいたくないですね。

    • hakonankit より:

      >紫紺さん
      往路さえうまく流れれば、復路は区間10位あたりでまとめられそうな選手は何人もいますよね。三輪選手は過去の実績や経験で選ぶのではなく、本当に調子が上向いていたら起用なんでしょうが…。

      • 紫紺 より:

        寒くなりそうなので、小袖選手3区でイケる気がしてきました

  4. 山本シイタ より:

    阿部→鈴木→小袖→手嶋→酒井
    前田→小澤→坂井→加藤→河村
    でお願いします。

  5. ジャングルブギウギ より:

    阿部-小袖-手嶋-櫛田-鈴木
    前田-三輪-小澤-村上-河村、と予想します
     確か4年前に当時の27分台エース横手選手が1区2位で快走した時も、故障明けでどうかなと思われていましたよね。蓋を開けてみれば明大記録を更新する走りでした。阿部くんは状態70%でも区間5位以内で走れる地力はありそうです。
     さて、もう一人の心配な四年生三輪くんはとりあえずエントリーされてるということは、一時期より状態が上向いてきてるとは思います。勿論、紫紺さんの言うとおり無理をさせてはいけません。ある程度戻っているのなら比較的走りやすい7区での区間一桁は充分狙えそうです。ま、あくまでもワタクシの希望的観測ですが… 
     そしてなにげに楽しみな5区鈴木聖人 区間賞争いのダークホースかも