スポンサーリンク

箱根駅伝2020【順天堂大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

全日本で見せた可能性、箱根駅伝でこそ、調整力の見せ所

順天堂大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【順天堂大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手

5点:エース区間で区間中位以上いける選手
藤曲寛人④28分47秒00≪19:全5区2位、出2区8位、19:箱7区9位、18:全2区11位、予56位≫…3年から駅伝メンバーに選ばれ始めたが、チームのエース。出雲直前に不調になったが、全日本5区2位で復調。箱根2区を熱望している

4点:主要区間で区間上位でいける選手
清水颯大③28分39秒54≪19:全3区5位、箱6区15位、18:箱7区18位、17:全3区7位、出1区15位≫…1年時から駅伝を何度も走り前回は山下り。やや不安定だったが、全日本前から調子が上がり、3区5位好走。1万mも一気にチームトップに伸びて目下絶好調。

橋本龍一④28分49秒25≪19:全2区5位、出3区9位、19:箱3区12位、18:全3区15位、予74位、箱3区7位、17:全1区23位、出6区4位、箱6区10位≫…1年時山下りで駅伝デビュー。それから順大のスピードエースランナーとして毎年箱根3区出走。今季は安定感も身に着けてきている

野口雄大③28分58秒97≪19:全1区4位、出1区11位、18:全1区14位、予18位≫…1500mのスピードランナーだったが、2年時の予選で長距離も走るように。1区で起用され続け、全日本でついに区間4位の好走をしている。

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
小畠隆太郎④28分54秒27≪19:全4区8位≫…3年までは全日本予選の出走のみだったが、秋口に突如1万28分台覚醒。全日本もしっかり走り切った。

西澤侑真①29分11秒29≪19:全6区3位≫…全日本前から台頭。上位の流れの中、全日本6区3位の好走を見せた

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
吉岡智輝②28分59秒08上尾ハーフで63分台好走、さらに日体大記録会で28分台マーク。駅伝メンバーに名乗りを上げてきた

人見隆之②29分12秒51上尾ハーフで63分前半のタイムを出してメンバーに入ってきた

澤藤 響③29分15秒74≪19:全7区21位、出6区9位、箱1区19位、18:全5区9位、予70位≫…全日本7区は差し込みで失速したが、監督からユートリティープレイヤーとして評価が高い

鈴木雄人④29分40秒42≪19:全8区13位、箱10区14位、18:予105位≫…長い距離を淡々と走るタイプ。全日本駅伝ではアンカーでギリギリまでシード権争いを繰り広げた

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
野田一輝④28分52秒39≪18:予363位、箱8区5位、17:全5区15位、出5区3位、箱3区16位、16:出5区6位≫…下級生の頃何度も駅伝に出走していたが、ここのところ状態を合わせられていない。今年は少しずつあげてきているところ。

原田宗広③28分56秒93箱根前最後の日体大で28分台のタイムをマーク。一気にメンバー入りを果たした。

小島優作②29分16秒62≪19:出4区11位、18:全6区19位≫…過去2度の駅伝は区間二けただが、トラックの持ちタイムは徐々に上がってきている

髙林遼哉④29分26秒88上尾ハーフ65分後半だったが、メンバー入り

真砂春希③29分27秒91上尾ハーフ64分前半のタイムでメンバー入り。

矢野直幹③29分56秒91…長い距離に強いタイプ。あまり試合出場がなかったが、メンバー入り。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数

上位10名合計:31点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千7位14分02秒1-1万6位28分56秒1-half9位63分42秒0

【過去3年間成績】
95回8位
94回11位
93回4位

 昨年の箱根駅伝は、2区と5区で大きな貯金を得て、それを守り切る形でシード権獲得した。彼らが卒業した今年は厳しい戦いになるのではと思われていた。

 だが、秋を超えて様相が変わってきた。ロードのエース藤曲選手、スピードのある橋本・野口選手らに逞しさと安定感が加わってきた。さらに悩める大器だった清水選手が一気にベストを更新した。彼らが機能した全日本駅伝は予想外のトップ疾走の場面もあった。

 また、新戦力候補も奮闘。直前の1万mで主力波のタイムを残していた4年小畠1年西澤選手も健闘、全日本駅伝6区終了時2位の躍進をささげた。前回の箱根駅伝経験者の澤藤・鈴木選手が長距離区間で踏ん張り切れなかったが、彼らもまた復調するか

 その後の記録会では、3年原田、2年人見・吉岡選手ら、新たな実り、駅伝経験者の4年野田2年小島選手もエントリー。他、記録会であまり名前を見なかった選手も入っていて、山の秘密兵器もいるか。うまく配置して、シード権以上の成績を狙いたい。

箱根駅伝2020【順天堂大学】区間オーダー予想~序盤食らいつけるように

1区野口雄大③28分58秒97
2区藤曲寛人④28分47秒00
3区橋本龍一④28分49秒25
4区小畠隆太郎④28分54秒27
5区矢野直幹③29分56秒91

6区清水颯大③28分39秒54
7区西澤侑真①29分11秒29
8区澤藤 響③29分15秒74
9区吉岡智輝②28分59秒08
10区鈴木雄人④29分40秒42

1区野口選手…1区専任のスピードランナーになりつつありますね。やはり最後まで集団に残っていれば、スパートは武器の選手です。今回1区の読みが難しそうですが、これまでの経験を生かして力を出し切ってほしい

2区藤曲選手…台頭してきたのは昨年度なのに、今は伝統校順大のエース選手、不思議なランナーです。出雲前からの不調は脱して、得意のロードで力を発揮できる状態に。総合で区間上位に入り込みたい。

3区橋本選手…走れば3年連続となる3区。過去2年間はしっかり繋いできた3区でしたが、今年は攻めの区間にしたい。全日本のように流れに乗れれば、62分台はターゲットにできそう。実習生からもらったというハチマキも楽しみ。

4区小畠選手…もう一つ山の前に流れを継続させたい4区。秋急成長の小畠選手、最初で最後の箱根は往路の主要区間4区。長い距離は下級生の頃からある程度走れていましたし、この区間でも通用するかと。しっかりと山へ襷を持ってきてほしい。

5区矢野選手…山登りは、3年連続区間上位でまとめていた選手が卒業。ここは気になっていたところ。小畠選手ら走力が上がっている選手かと思ったが、多分この選手かなぁ?

 矢野選手はロードを中心にじわじわ伸びてきて、自分は全日本当たりで起用されるのではと思ってました。だが、秋口に記録会5千m15分を少し切るタイムで出走したのみ…やはり山籠もりかなと思ってます。ここでどうなるかシード権に向けて大きなカギとなりそうです。

6区清水選手…秋が深まって絶好調の清水選手。平地3区や4区、もしくは7区で2年前のリベンジも思いましたが…、攻める区間を作って、復路スタートの勢いを重視ということに。58分台出せそうなら、山のままでと思います。

7区西澤選手…秋口には何人もの1年生がベストタイムを出していましたが、最後に残ったのは、西澤選手でしたね。全日本好走、この区間で力を発揮できるのではと思ってます。うまく流れに乗っていきたい。

8区澤藤選手…台頭してきている新戦力候補、あるいは2大会前に好走している野田選手ら色んな候補がいますね。復路終盤に向けて難しい区間に、監督の評価が高い澤藤選手に託します。

 全日本駅伝の失速は辛いものでしたが、千葉マリンハーフで少しずつ復調へ。うまくピークを合わせて、持ち前の実力を発揮したい。

9区吉岡選手…この区間、思っていた選手がエントリーから外れてしまい、非常に悩んだのですが、1万m・ハーフともに安定した結果を残した2年吉岡選手に託したい。しっかり走力はついてきているので、何とか粘りたい。

10区鈴木選手…アンカーは2年連続の鈴木選手でと思っています。前回は区間16位でシード権を守るのでめいっぱいでしたが、今年は一つ走力が上がっているはず。区間一桁で有終の美といきたい。

 あとは、個人的に4年髙林選手も気になっているのですけどね。彼は上尾ハーフで一度出走のみ。それほどチーム上位ではなかったですがエントリーに。どこかで秘密兵器なのかもですが…、果たして??

箱根駅伝2020【順天堂大学】まとめ

・藤曲&橋本選手で流れを
・清水選手は6区山下りで攻め区間のほうがいい?
・順大伝統の適材適所の配置

 基本的に順大は、他校の動向を見て動くよりも、その選手の適性を当てはめてうまく流れに乗せるタイプのチーム。1区他校の情報が気になりますが、1区を務め続けている野口選手は替えずに予想。

 藤曲・橋本選手は適性的には2区と3区ですので、セットで流れを作っていくほうがうまくいきそうな気がするのですがどうでしょうか?

 もう一つ迷ったのが清水選手の配置。平地でも十分いけますが、山登りが前任者が抜けた点。ここが気になったので、勢いをつけなおすために、清水選手再登板の形で予想します。

 残りの区間は新戦力も続々登場していて予想が難しいですが、うまく選手の適性を見極めていくか。低かった下馬評から、戦える選手の人数は揃いつつあるところ、”調整力の順大”の見せどころになってきそうです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. wataru-6519 より:

    野口ー藤曲ー橋本ー小畠ー人見
    清水ー西澤ー澤藤ー吉岡ー鈴木
    山登りは名前が出ていない人見選手に。あるいは、矢野選手や小畠選手もありかな。登り候補も探せば色々出てきそう

    • hakonankit より:

      >wataru-6519さん
      全日本走っていない選手、人見選手らが走れれ平地面白くなりますね。矢野選手らも向いていると思います。

  2. 山本シイタ より:

    野口→藤曲→西澤→橋本→矢野
    清水→吉岡→小畠→澤藤→鈴木
    少しだけ捻りました。