スポンサーリンク

【第75回箱根駅伝1999】8区を振り返る:神大1年相馬選手区間賞!1位駒大2位順大が58秒差に!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

夏の間、更新できなかった企画ですね。11月の間に少しでも続けます。

第75回箱根駅伝1999を振り返っていきます。

今回は、8区になります。

トップ駒大は、3年上原選手が逃げていく。後ろは順大奥田、さらに神大相馬・中大富田選手らルーキーたちが頑張って追い上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8区走者・走順 

上原浩二(駒大3年)①
奥田真一郎(順大1年)②1:52
馬場正和(東海4年)③4:14
相馬雄太(神大1年)④6:25
富田善継(中大1年)⑤6:27
生田直人(東洋1年)⑩14:20[6]9:59
大坪隆誠(山学4年)⑥11:23[7]10:21
松浦仁一(大東2年)⑧12:51[8]10:59
山本博之(拓大3年)⑫16:03[9]11:35
城戸口直樹(日体1年)⑨13:41[10]11:39
有井達也(日大4年)⑦12:42[11]12:42
竹崎重紀(法大2年)⑬16:35[12]13:00
森 幹生(中学2年)⑭22:43[13]14:15
上田健治(早大3年)⑪14:58[14]14:58
佐藤重俊(帝京3年)⑮23:41[15]15:59

 基本的には繋ぎ区間と言われている8区。上位陣はルーキーが多いですね。順大1年奥田選手は西脇工業出身の有力ルーキー、神大はスーパールーキー土谷選手からエントリー変更で相馬選手、中大は富田選手も有力ルーキー勢ぞろいだった。

 この他で初のメンバーとなった駒大上原選手がトップでどう逃げていくか。他、後の大阪府警のエース大坪選手の最初で最後の箱根路の姿もある。

茅ヶ崎6.7㎞

4位上原(駒大)21分00秒①
3位奥田(順大)20分54秒②1:46
8位馬場(東海)21分22秒③4:36
1位富田(中大)20分37秒④6:04
2位相馬(神大)20分40秒⑤6:05
7位生田(東洋)21分19秒⑩14:39[6]10:18
14位大坪(山学)22分01秒⑥12:24[7]11:22
12位松浦(大東)21分39秒⑧13:30[8]11:38
5位山本(拓大)21分14秒⑫16:17[9]11:49
6位城戸口(日体)21分15秒⑨13:56[10]11:54
11位有井(日大)21分34秒⑦13:16[11]13:16
13位竹崎(法大)21分57秒⑬17:32[12]13:57
9位森(中学)21分23秒⑭23:06[13]14:38
15位上田(早大)22分18秒⑪16:16[14]16:16
10位佐藤(帝京)21分27秒⑮24:08[15]16:26

駒大上原選手ら上位陣はひとまず順調な入り
 駒大上原選手は、最初の1㎞3分11秒とややスローペース。緊張からか、やや弾んでいるフォームが気になったものの、3分10秒ほぼイーブンで茅ヶ崎地点を通過。

 後ろルーキー順大奥田選手は僅かに差を詰めたが、6秒程にとどまっている。3位東海馬場選手を挟み、中大富田・神大相馬選手のルーキーが激しい競り合い。トップ争いよりも早い入りで突き進んでいく。

 4分程離れて、これまたルーキー東洋生田選手もまずまず順調な入りで後ろのシード権を追う。その後ろ、視界に入っていたはずの山学4年大坪選手が3分15秒以上平均のスローペース。

  後ろ大東松浦選手が追いつきかけたところだ。ただこのあたりは戦略もあるので、もう少し見ないと分からないところだ。

12位拓大山本選手が逃げ、9位日体城戸口が追いかける
 一つ面白い事が起こっていた。見た目の差僅かだったが、一斉スタートの関係で実は日体大が9位、拓大が12位。拓大は日体大を見た目で突き放すことが必要あった。

 拓大山本選手がこの間5番目のペースで比較的早めに入って、月搬送とするも、日体城戸口選手も逃さない。日体大とすれば食らいついている間は拓大に抜かれる事は無い。このあたりは普通では見られない面白い駆け引きだ。

 その他では、見た目14番で総合11位の早大上田選手が1㎞平均3分20秒程の超スローペース。前の中学森選手が遠ざかり、後ろ帝京佐藤選手が追いつきかけている中、どうなるか気になるところだ。

藤沢13.3㎞~茅ヶ崎6.7㎞=6.6㎞

4位上原(駒大)19分41秒<4>40分41秒①
3位奥田(順大)19分37秒<3>40分31秒②1:42
12位馬場(東海)20分06秒<8>41分28秒③5:01
2位富田(中大)19分22秒<1>39分59秒④5:45
1位相馬(神大)19分21秒<2>40分01秒④5:45
14位生田(東洋)20分20秒<11>41分39秒⑩15:18[6]10:57
6位大坪(山学)19分56秒<13>41分57秒⑥12:39[7]11:37
7位松浦(大東)19分58秒<10>41分37秒⑧13:47[8]11:55
10位山本(拓大)20分03秒<5>41分17秒⑫16:39[9]12:11
13位城戸口(日体)20分14秒<9>41分29秒⑨14:29[10]12:27
11位有井(日大)20分05秒<11>41分39秒⑦13:40[11]13:40
7位森(中学)19分58秒<7>41分21秒⑭23:23[12]14:55
15位竹崎(法大)20分51秒<15>42分48秒⑬18:42[13]15:07
5位佐藤(帝京)19分50秒<6>41分17秒⑮24:17[14]16:35
9位上田(早大)20分01秒<14>42分19秒⑪16:36[15]16:36

神大相馬・中大富田選手の激しい3争い、3位を視界に捉える
 遊行寺坂の手前、中間走といえるところ。細かいところでは動きがあったようだ。ひとまずトップ上原、2位奥田選手はまた少し縮まったが、通算で10秒。両者譲らない形と言っていいだろう。

 後ろ3位東海馬場選手はここは少しぺーすダウンしトップとの差5分以上へ。その後ろだ。中大富田・神大相馬選手の競り合いが続いており、1㎞3分を切るあたりまで上がって来た。もう3位が視界に入るところ。この争いは中々面白いものがある。

 その後ろ、東洋生田選手はペースダウン。逆に7番目8番目の山学大坪、大東松浦選手がペースに乗って来た。9番目10番目拓大山本、日体城戸口選手はペースダウンも、日体城戸口選手が少し離れる形。このシード権争いも気になるところ。

中学・森、帝京・佐藤選手が健闘
 11番目に日大有井選手が通過。まだ総合7位はキープしているので遊行寺坂で失速しなければというところ。その後ろ12番目に中学森選手が上がって来た。まだ難所の手前とはいえ区間7位は健闘と言える。

 その後ろ、13番目に法大竹崎選手が失速。遊行坂前にぐっとし落ち込んでしまうのはちょっと苦しい。僅かな望みのシード権が遠ざかる後退だ。

 最後、14番目争いに帝京佐藤選手が浮上。なんとこの定点間5番目の好タイム、前が見えて元気になったか。早大上田選手はこれにはついていく力はあったか。うまく利用したところだ。

影取18.3km~藤沢13.3㎞=5.0㎞

11位上原(駒大)17分36秒<4>58分17秒①
3位奥田(順大)17分14秒<3>57分47秒②1:22
1位相馬(神大)16分14秒<1>56分15秒③4:23
7位馬場(東海)17分27秒<8>58分55秒④4:52
2位富田(中大)16分49秒<2>56分50秒⑤5:00
9位生田(東洋)17分28秒<9>59分07秒⑩15:10[6]10:49
4位大坪(山学)17分19秒<11>59分16秒⑥12:22[7]11:20
6位山本(拓大)17分22秒<5>58分39秒⑪16:25[8]11:57
12位松浦(大東)17分39秒<12>59分16秒⑦13:50[9]11:58
4位城戸口(日体)17分19秒<7>58分48秒⑨14:12[10]12:10
14位有井(日大)17分57秒<13>59分36秒⑧14:01[11]14:01
13位森(中学)17分54秒<10>59分15秒⑭23:41[12]15:13
15位竹崎(法大)18分15秒<15>61分03秒⑬19:21[13]15:46
9位佐藤(帝京)17分28秒<6>58分45秒⑮24:09[14]16:27
7位上田(早大)17分27秒<14>59分46秒⑫16:27[14]16:27

順大奥田選手がトップを急追、神大が3位浮上!
 さて、やはり大きな動きがあったのが遊行寺坂だ。当時とは定点ポイントが違うのだが、この時は遊行寺坂を含んだ5㎞を見ることができた。

 順調にトップを守って来た駒大上原選手の推進力が俄かに鈍った。どうやら坂の影響だけでなく、本当に苦しそうになった。後ろ奥田選手の方が力強くてぐっと差が詰まって来た(奥田選手談では大ブレーキしていたとのこと)。1分22秒はちょっと分からなくなってきた。

 さらに後ろ、4位争いを14㎞地点で神大相馬選手が決着をつけると、16㎞過ぎに東海馬場選手を捉え3位に浮上。ルーキーの快走でついにトップ3まで神大が戻って来た。連覇は苦しくなったが、今後の希望の星と言える存在、今回一番大きな収穫なのかも?

 おいていかれた、中大富田選手もこの定点間2番。通算で、ルーキー3選手が区間タイムトップ3を争っている展開だ。

高校時代演劇部山学大坪選手が遊行寺定点4番
 6番目東洋生田選手はこの定点間9番目のタイム。逆転シード権に向けてもう一度盛り返したいところ。7番目通過の山学大坪選手が
遊行寺坂は4番目のタイムでいいタイムで走破。

 高校時代は演劇部所属していた異色のランナーが、最後の最後で箱根駅伝に登場。序盤のスローペースで全体ではまだ区間11位だが、後半しっかり走っている。後々、実業団大阪府警で大エースになるのだが、もう少し先の話だ。

拓大山本選手が11位浮上、日体城戸口選手も4番
 8番目は大東松浦と思いきや、拓大山本選手が頑張って浮上。どうやら総合でも早大を交わして、ついに11位浮上。往路大きく遅れた所から、ここまで上がって来た。あと2つ交わせるか。

 対象の総合9位で10番目の日体城戸口選手も、遊行寺坂は粘走し4番目のタイム。総合9位のタイム差は縮まりそうで、縮まってこない様相だ。

戸塚中継所21.3㎞~影取18.3㎞=3.0㎞

9位上原(駒大)9分59秒<4>68分16秒①
1位奥田(順大)9分35秒<3>67分22秒②0:58
7位相馬(神大)9分52秒<1>66分07秒③4:16
3位富田(中大)9分37秒<2>66分27秒④4:38
6位馬場(東海)9分49秒<5>68分44秒⑤4:42
5位生田(東洋)9分43秒<8>68分50秒⑩14:54[6]10:33
4位大坪(山学)9分39秒<9>68分55秒⑥12:02[7]11:00
8位松浦(大東)9分57秒<11>69分13秒⑦13:48[8]11:56
11位山本(拓大)10分07秒<6>68分46秒⑫16:33[9]12:05
13位城戸口(日体)10分15秒<10>69分03秒⑨14:28[10]12:26
11位有井(日大)10分07秒<14>69分43秒⑧14:09[11]14:09
14位森(中学)10分17秒<13>69分32秒⑭23:59[12]15:31
1位上田(早大)9分35秒<12>69分21秒⑪16:03[13]16:03
15位竹崎(法大)10分26秒<15>71分29秒⑬19:48[14]16:13
10位佐藤(帝京)10分02秒<7>68分47秒⑮24:12[15]16:30

駒大上原選手トップキープも順大奥田選手が58秒差に!
 駒大上原選手が懸命の継走。「どこでもいいから走りたい」と願い、3年目で掴んだチャンスだったが、遊行寺坂で脚が止まってしまった。全体区間4位だったが、区間上位とは差があり、区間下位と差が無い4位となった。

 これはトップ3の争いの順大奥田選手が一気に詰めてくる。本人は「失敗レース」と振り返っていますが、やや向かい風気味の中、まずまずの67分22秒。トップとの差は58秒となんと1分を切って来た。直線距離でギリギリ見えるかもしれない差。俄かに優勝争いが激しくなってきた。

神大相馬選手が区間賞!復路優勝へ突き進む
 3位は神大相馬選手がやってきた。遊行寺の坂も軽快に駆け上がり、見事な走り。ラスト3㎞はさすがに苦しくなったものの66分07秒区間賞獲得。来年以降が楽しみな選手。チームとしても、復路2つ目の区間賞で、復路優勝へ向けて突き進んでいく。

 また中大富田選手も最後で4位に浮上。富田選手も最終66分27秒の区間2位。こちらも今後が楽しみだ。東海馬場選手は5位に後退したが、区間順位は5位と踏ん張った。3区間連続4年生が頑張っています。

日体大城戸口が9位キープ、東洋・拓大は活ききれず
 ここから、一斉スタートランナーを交えて転々とやってくる。6番目で総合10位東洋生田選手が懸命にやってくる。少しは9位を追い上げたはずだがどうか。7番目は最終的にまた迫って来た山学大坪選手が通過。ある程度序盤のスローは挽回したか。

 8番目争いは、最後大東松浦選手が抜き返して中継所へ。のちの大東大エース級となる片りんを見せた。拓大山本選手は最後息切れ。9番目でのリレーに。

 その後ろ日体城戸口選手も苦しかったのだが、総合タイム上はそこまで詰まらず、逃げる日体大としてはラッキー、追う東洋・拓大としては勿体ない8区となった。

早大上田選手がラスト3㎞トップタイ、11位に戻す
 11番目はぐーんと離れて、日大有井選手。ずっと単独走となっていたが、最低限では走り切る69分台。12番目は途中まで頑張ってた中学森選手が終盤に失速。最終的に区間13位とうまくいかなかった。やはり遊行寺坂は難しいポイントだ。

 13番目はちょっとびっくり。終始帝京大の後ろ15番目を走行していた早大上田選手が、ラスト3㎞で一気に巻き返す走り。かなりのスローペースだったので、余力は残っていたでしょうか。

 それでもラスト3㎞は順大奥田選手と同じタイムで区間トップなのは驚き。直前で失速していた法大竹崎選手を交わしてのリレー。何とか総合11位に順位を押し戻す格好となった。

 14番目法大竹崎選手は調子が合わなかったでしょうか。区間14位から1分半離れる71分台。シード権争いから、繰り上げを気にするラインに。

 15番目は追い上げた帝京佐藤選手。見た目順位はあげられなかったが区間7位。昨年も区間9位と健闘を見せた区間、帝京大としての当時の過去最高順位を更新して見せました。


 優勝争いは、ちょっと分からなくなる58秒差。駒大・順大共に9区に主力選手を残しており、ここでの走りが注目される。3位争いもようやく神大が波のってきたところだ。

シード権との差

7位大東-1分00秒差
8位日大-19秒差
9位日体
10位東洋+49秒差
11位早大+1分35秒差
12位拓大+2分05秒差

 シード権争いは、定点ごとでの上がり下がりはあったものの、ほとんど動いていなかった。実は区間6位から12位までが僅か35秒差の接戦だった。

 日体大が何とかキープ、日大が落ちてきて実は眼前に。大東大も安全圏まではいかず。

 後ろ東洋と拓大は少し詰めて、早大は少し開いたところ。9区にどれだけの選手を残しているか、大きなカギになります。

スポンサーリンク

フォローする