スポンサーリンク

2019.11.16-17第274回日本体育大学長距離競技会【結果・記録】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年11月16日(土)・17日(日)は1か月半ぶり、

第274回日本体育大学長距離競技会が実施されます。

1日目は男子10000mと女子種目
2日目は男子5000mが行われます。

当ブログは大学駅伝ブログです。

上位陣に加えて、全日本大学駅伝を出走、もしくは箱根駅伝を目指す大学生の結果をチーム別に記載し、駅伝ファンとしての簡単なコメントを付記します。

スポンサーリンク

第274回日本体育大学長距離競技会【結果・記録】

日本体育大学長距離競技会公式サイト

第274回日本体育大学長距離競技会【日程・エントリー】

【競技日程】
16日(土)
13時30分:男子10000m1組~3組

15時30分:女子3000m1組~4組
16時35分:女子5000m1組~3組

17時40分:男子10000m4組
18時15分:男子10000m5組
18時50分:男子10000m6組

17日(日)
9時00分:男子5000m1組



16時30分:男子5000m23組
16時50分:男子5000m24組
17時10分:男子5000m25組
17時30分:男子5000m26組
17時50分:男子5000m27組

スポンサーリンク

レース模様

日体大記録会 10000m5組 2019.11.16
喜早駿介(仙台育英)高校歴代12位28'52"13/塩澤稀夕(東海大)28’16”17 日体大記録会 10000m最終組 2019.11.16
日体大記録会 女子3000m 第4組 2019年11月16日
中山顕(HONDA・中大OB)13'56"10実業団デビュー/山口智規(学法石川)高1歴代2位13’59”55 日体大記録会5000m26組 2019.11.17
石田洸介(東農大二高)高2歴代4位13’51”91 日体大記録会 5000m最終組 2019.11.17

動画:7716chuo 様

実業団・市民ランナー・女子結果

実業団・市民ランナー

10000m
5組
神 直之29分35秒00 北星病院
渡邊太陽29分37秒47 戸上電機製作所
市田拓海29分40秒04 警視庁
6組
ロロット アンドリュー28分15秒96 SUBARU 全体1位
東 瑞基28分22秒93 コモディイイダ 全体3位
坂本佳太28分25秒41 小森コーポレーション
神野大地28分33秒72 セルソース
矢野圭吾28分34秒55 カネボウ
牛山純一28分59秒89 CITY RUNNER
藤江千紘29分06秒88 プレス工業
片川準二29分14秒00 スズキ浜松AC
稲田翔威29分14秒67 コトブキヤ
森井勇磨29分26秒65 ひらまつ病院
柴田拓真29分28秒84 小森コーポレーション
上手 慶29分29秒79 NDソフト
川崎友輝29分54秒75 滋賀ユナイテッド
氏原健介30分19秒57 警視庁

SUBARUのアンドリュー選手がガンガン突き進む中、好記録が続出しましたね。実業団では、NY駅伝初出場となるコモディイイダのエース東選手が、自己ベストとなる28分22秒をマーク!

 神大卒業して、一旦は陸上をやめた選手ですが、そこから本当によく伸びましたね。人生何があるか分かりません。

 また、小森コーポレーションの坂本選手も自己ベストの28分25秒。大学卒業しても毎年確実に強くなっているのはさすが。

 それから、MGC以降、初めての試合となるプロランナー神野大地選手も好感触の28分33秒。以前のように、一つ一つ階段を上るスタイルに戻して頑張るそうですが、個人的にもあっている気がします。

 他では、市民ランナーの牛山選手がついに28分台。プレス工業藤江選手あたりもベストですかね。好記録が続出しています。

5000m
24組
神 直之14分13秒43 北星病院
海老澤太14分14秒10 ラフィネ
柴田純一14分16秒14 埼玉医科大G
25組
三田眞司14分06秒25 埼玉医科大G
市山 翼14分12秒02 埼玉医科大G
黒田雄紀14分14秒33 コモディイイダ
26組
中山 顕13分56秒10 Honda
前田恋弥13分56秒84 カネボウ
高田直也13分57秒27 サンベルクス
大石 巧13分57秒34 スズキ浜松AC
芹澤昭紀14分02秒62 サンベルクス
濱野優太14分04秒82 警視庁
西 純平14分05秒42 滋賀陸協

森井勇磨14分12秒16 ひらまつ病院
荒川諒丞14分12秒48 サンベルクス
松田憲彦14分13秒12 警視庁

 若い組では、北星病院の神選手や埼玉医科大の選手が好成績を上げましたね。30代後半の柴田選手が、ここにきてまた一つ成績をあげています。

 26組では、Hondaの中山選手が、ようやく実業団デビュー。あと1か月半ですが、NY駅伝間に合うでしょうか。他、前田・高田・大石選手と13分台で続きました。

27組
イェネブロ ビヤゼン13分27秒87 八千代工業 全体1位
ポール クイラ13分33秒06 JR東日本
レダマ ウェズレイ13分36秒96 SUBARU
戸田雅稀13分41秒49 サンベルクス
チェボティビン エゼキエル13分42秒18 サンベルクス
木津晶夫13分44秒30 カネボウ
ロロット アンドリュー13分45秒64 SUBARU
サムエル ムワンギ13分47秒33 コニカミノルタ
岡本雄大13分48秒67 サンベルクス

松村 陣之助13分51秒72 コモディイイダ
朝倉和眞13分53秒97 宮城陸協
ドミニク ランガット13分57秒28 コニカミノルタ
桃澤大祐14分00秒26 サン工業
文元 慧14分05秒14 カネボウ
佐藤達也14分09秒52 警視庁
横山 諒14分32秒08 スズキ浜松AC

 最終組では、八千代工業のビヤゼン選手ら留学生ランナーが引っ張る中、サンベルクス戸田選手が13分41秒。NY出場ならなかったのが、びっくりですが、しっかり切り替えてるかな?岡本選手もまずまず。

 それから、カネボウ木津選手がしっかり走っていますね。13分44秒、トラックのスピードも上がって、いよいよ総合力が上がってきています。

 また、市民ランナーの朝倉選手が13分53秒を叩き出しています。今回14分00秒だった桃澤選手に次いで、今季の市民ランナー2番目にあたる成績かな?

高校生~喜早選手28分台、1年生が13分台!

10000m
4組
谷川純也29分50秒88 札幌山の手
島田 拓30分18秒19 札幌山の手
6組
喜早駿介28分52秒13 仙台育英学園高

 若い組では札幌山の手高の選手が1万m挑戦。谷川選手が29分台。さらに最終組で仙田育英高校のエース喜早選手が、28分台の好記録!強豪校のエースは凄いですね。また、全国高校駅伝に向けて調子を上げてきてくれれば。

5000m
24組
古旗朝輝14分13秒81 佐久長聖
関口絢太14分18秒86 國學院大學久我山
25組
伊東大翔14分11秒29 國學院大學久我山
木村暁仁14分11秒96 佐久長聖
越 陽汰14分14秒98 佐久長聖
山平怜生14分15秒30 仙台育英
加藤優斗14分17秒14 学法石川
菊地駿介14分18秒56 仙台育英
26組
鈴木芽吹13分56秒64 佐久長聖
松山和希13分58秒23 学法石川
山口智規①13分59秒55 学法石川 高校1年生歴代2位
伊藤大志13分59秒76 佐久長聖
渡辺亮太14分00秒01 学法石川
宇津野篤14分09秒08 佐久長聖
服部凱杏14分11秒18 佐久長聖
ムチリ ディラング14分17秒04 仙台育英
27組
アントニー マイナ13分28秒94 興國高
ンガンガ ワウエル13分31秒95 興國高
石田洸介②13分51秒91 農大二校
キンヤンジュイ パトリック14分12秒08 札幌山の手校
カランジャ ジョスファット14分22秒72 遊学館校

 5000mは主に佐久長聖・学法石川の強豪チームの争いでしたね。佐久長聖鈴木選手、学法石川松山選手、それぞれ13分台でフィニッシュ。続いたランナーも多いですね。

 その中で、学法石川高の1年生山口選手が13分台を叩き出したのがビックニュース!中学時代の3千mのベストは8分50秒程だったそうですが、これは…。本人も学法石川も凄いです。

 ラッシュは最終組でも続き、興國高のマイナ選手が、13分28秒の大記録!高校1年生です。留学生も凄いですね。国際記録が13分15秒だそうですが、チャレンジする機会あるかな?

 また、農大二の石田選手が大きく記録を更新する13分51秒!中学でトップだった選手ですが、高校でもいい仲間に囲まれて、ぐんぐん伸びているようです。また、その後を見守りたいですね。

女子

3000m
カリウキ ナオミ ムッソーニ8分55秒69 ユニバーサルエンターテイメント
髙松智美ムセンビ9分09秒31 名城大
木村梨七9分09秒78 仙台育英学園高
山本有真9分10秒16 名城大
小海 遥9分12秒40 仙台育英学園高
山中菜摘9分12秒95 仙台育英学園高
清水 萌9分13秒19 仙台育英学園高
井上葉南9分14秒32 名城大
渡邊菜々美9分14秒83 パナソニック
堀 優花9分14秒94 パナソニック
森田香織9分15秒05 パナソニック

5000m
吉村玲美15分52秒50 大東文化大
関谷夏希15分52秒93 大東文化大
杉浦穂乃加15分53秒82 中京大
森野夏歩15分58秒07 ユニクロ

 女子3000mでは、ムッソーニ選手が抜け出し、名城大髙松選手らが追いかける展開。その中で、木村選手ら仙田育英勢が9分10秒前後の記録をマーク。男子に続き、こちらも凄い!パナソニックもレースが近い中、上々の仕上がりです。今後が楽しみ。

 5000mでは3障で世界陸上代表になった吉村選手、さらに全国大学女子駅伝で5区エース区間を走り続けた関谷選手ら大東大の選手が、15分台の自己ベスト。いろいろな記録が出てますね。

大学生結果その1(箱根駅伝2020シード校)

東海大学~塩澤選手ら主力絶好調!

10000m
4組
杉本雄月②30分16秒51
川上勇士①30分18秒57
今村真路①30分24秒75
三浦創太③30分26秒01
6組
塩澤稀夕③28分16秒17★ 現役学生歴代2位
西川雄一朗④28分30秒87★
松尾淳之介④28分37秒95★
小松陽平④28分50秒50
郡司陽大④29分01秒67★
西田壮志③DNF郡司選手とPM
名取燎太③DNF5000m14分08秒通過

 10000mは6組に主力選手が出場しましたが、そのうち塩澤選手が素晴らしい記録!最後まで留学生のランナーに食いついて全体2位
の28分16秒!

 これは日本選手権の標準記録を破るもので、現役の日本人学生2位…これは本当に力がついていますね。箱根駅伝は、往路のどこを走るでしょうか。

 さらに西川選手が28分30秒、全日本7区で奮闘した松尾選手が28分37秒、小松選手が2度目の28分台、郡司選手も28分台目前…上尾ハーフでも好記録が出ていましたし、誰が箱根を走るか分からなくなりました。

 さらに西田・郡司選手は高校生の喜早選手のPMも兼ねていたとか。このあたりも色々ポイントですね。名取選手も5000mかなり早いタイムで通過していたようです。順調な選手が多くなっています。

5000m
22組
守田彗登②14分43秒31
花牟礼隆汰①14分57秒22
27組
木村理来④14分35秒19

 他若手が10000m4組、5000mは中距離のランナーが出ていましたね。木村選手は5000m最終組に挑戦!いい経験になったのかなと思います。

駒澤大・帝京大

駒澤大学
5000m
21組
円 健介①14分34秒23
東山静也①14分36秒59
24組
蓮沼直希②14分34秒61

帝京大学
5000m
21組
安田優登①14分35秒55
安立弘樹④14分58秒53

法政大学

10000m
5組
須藤拓海③29分49秒40★
鈴木 快③29分58秒36★
長澤圭馬③30分14秒79★

5000m
17組
山田直樹②14分48秒91
齊木淳人②14分51秒93
日吉陸斗③14分54秒05
18組
松永裕希①14分57秒36
21組
岡内雅矢①14分34秒35★

 法大は3年生のランナーが1万mでまずまずの成績。29分台須藤・鈴木選手は箱根候補になるのかな?5千mは1年岡内選手がベストです。

國學院大學~臼井選手が復帰レース

10000m
4組
西田琉唯①29分50秒99★
藤本 竜①29分56秒30★
西槇優祐①30分17秒50★
5組
木付 琳②29分38秒64★
髙田大輔29分40秒96★
伊野一輝①29分57秒70★
臼井健太③29分58秒75
松延大誠②30分04秒12★
河上雄哉③30分10秒20★
徳備大輔③30分10秒31

 國學院大はまず大きなニュース。下級生の頃に主力になりかけた臼井選手が約1年ぶりレース。ギリギリながら29分台をマークできたのは、ほっとするところです。箱根メンバーに入るかはわかりませんが、少しずつ戻してほしいですね。

 それから、ルーキー選手が好調ですね。西田・藤本選手が4組で29分台をマーク。伊野選手も29分台、1年生が6人も29分台、中西兄弟・藤本選手以外は目立ったスカウトではなかった思うのですが、何か覚醒してますね。

5000m
22組
宮本大生①14分39秒81
阿久津佑介①14分40秒92
永谷連太郎①14分46秒12
23組
櫛渕晧介②14分40秒39
24組
原 拓巨②14分18秒07★

 他では2年木付選手が29分38秒で今回チームトップ。1500mでインカレい経験のある河上選手もまずまずですかね。5000mでは原選手の大幅自己ベスト14分18秒も収穫です。

拓殖大学

10000m
4組
合田 椋②29分55秒41★
前田晃伸③30分55秒16
5組
児玉陸斗②29分33秒68★
清松拓真③29分52秒09
工藤 翼①30分06秒17

 数名の1.5軍選手が出場した拓殖大は、児玉選手が29分33秒とベストを更新、合田選手が初の29分台ですね。それから清松、ルーキー工藤選手もまずまずの状態でした。

大学生結果その2(箱根駅伝2020予選会校)

東京国際大学

10000m
5組
三浦瞭太郎②30分02秒58★
草場大地③30分36秒36

5000m
19組
冨岡昇真①14分43秒54
松尾凌和①14分50秒68
23組
坂部隼一朗②14分24秒77★

 東国大も主力選手以外の出場。1万mは三浦選手が30分02秒の大幅ベスト、5000mでは坂部選手が14分24秒のベスト。どちらも2年生の選手ですね。

日本体育大・明治大

日本体育大学

10000m
5組
九嶋大雅①30分09秒53★

5000m
18組
好 貴久④14分54秒25
19組
村越凌太①14分41秒83
22組
松永悠吾①14分27秒74★
武居尚輝①14分58秒55

 日体大は1年九嶋選手が30分09秒とまずまずの成績。5000mも多く出場。日体大も1年生が多く出てきていますね。

明治大学

10000m
4組
下條乃將①29分56秒61★

5000m
23組
佐久間秀徳②14分21秒33
25組
三輪軌道④14分43秒71

 明大は、下條選手が29分台。いい記録がどこも出てきています。5000mは、4年三輪選手が出場。14分43秒とまだ本来の走りではないのかなぁ。

創価大学

10000m
5組
中武泰希②30分12秒67★

5000m
15組
桜木啓仁③14分44秒69
19組
本田晃士郎①14分44秒31
西村拓海②14分58秒93
22組
石津佳晃③14分21秒00★
麻生 樹②14分26秒29★
26組
福田悠一③13分59秒86★
27組
葛西 潤①14分23秒41

 箱根16人を狙う中武選手が、30分12秒とまずまずのタイム。2年生もぐんぐん伸びています。5000mには主力選手も何人か出場。長い距離に強い石津選手がベスト、そして福田選手が絶好調で13分台!これはびっくりです。

 またルーキー葛西選手が、最終組に挑戦。ここは、通用とはいかなかったですが、箱根前にレベルの高いレース経験ができたのは良かったですね。

日本大学

10000m
4組
高橋佐介③30分13秒60
大塚史也③30分15秒19★

5000m
17組
三浦隆寛③14分54秒31
19組
桃川翔太③14分42秒68

 日大はここにきていいですね。髙橋選手が復活の30分13秒、大塚選手が30分15秒のベスト。じわじわと役者が揃っています。

国士舘大学

17組
小林将太郎④14分57秒35
18組
大西 彰④14分49秒96
田中佑樹①14分54秒71
21組
三代和弥②14分49秒74
22組
杉本日向③14分29秒20★
福井大夢①14分32秒51
金井啓太③14分44秒51
23組
清水拓斗②14分22秒02★
木樽杏祐②14分33秒67
加藤直人③14分36秒40
小早川寛人②14分47秒32

 国士大は多くの選手が出場。4年大西選手は調子戻り切らないかなぁ。戦力の一人と思っていた選手です。

 22組は新戦力候補、3年杉本選手が14分29秒とまずまず。先日14分10秒をだした福井選手も続きましたね。23組は主力組、今回は2年清水選手が抜けた格好となりました。

早稲田大学

22組
半澤黎斗②14分24秒20
26組
井川龍人①13分59秒00
27組
中谷雄飛②13分48秒52

 早稲田大は気になる選手が出場しましたね。半澤選手が復帰レース。まずは得意のスピードが戻れば。26組は井川選手が13分台。予選の疲れも取れてキレが戻ってきましたかね。

 最終組は、故障明けの中谷選手が出場。セカンドベストとなる13分48秒とまずまず。箱根前、トラックでまずは納得のいく結果が出ればと思います。

中央大学

24組
石田光輝②14分19秒39★
眞田 翼③14分22秒64

 2年石田選手が14分19秒自己ベスト!2年生の世代は、昨年は苦しんだ選手が多かったのですが、波に乗る選手が増えてきましたね。チームの活性化になっていくはず。

大学生結果その3(関東地区その他)

麗澤大学

5000m
19組
山川太一②14分45秒02
20組
萩原 新③14分39秒74★
竹内奨真③14分40秒39
水野優希③14分47秒07
小林琢人③14分52秒57
21組
工藤郁也①14分36秒11★
22組
加藤立誠③14分42秒30★
柴田太尊②14分46秒94★
24組
宮田 僚④14分12秒94★
杉保滉太③14分16秒80★
植田陽平③14分26秒45★
26組
椎野修羅②14分07秒41★

 麗澤大は、自己ベストが出まくりましたね。特に21組以降は全員です。ルーキー工藤選手が大幅ベスト、22組はこれから主力になるだろう加藤・柴田選手がまずまず。

 さらに24組は学生連合に選ばれている宮田選手が大幅ベスト&麗澤大記録となる14分12秒!絶好調で学連へ。杉保・植田選手も続いたのが良かったですね。

 そして最終組前にビッグニュース。椎野選手が速い流れに食らいつき、14分07秒とさらに麗澤大記録!今の4年生が抜けたら完全にエースになりますね。1万mも楽しみです。

駿河台大学

10000m
4組
松本圭悟①30分19秒15★
佐々木匠太②30分28秒02★
大塚勇輝③31分17秒44
高田海成③31分23秒37★
松岡龍生①31分51秒34★
5組
小泉 謙①30分02秒14★

5000m
16組
田尻 健②14分45秒75
17組
佐々木匠太②14分52秒52★
19組
町田康誠①14分44秒92★
20組
河合拓巳③14分31秒31★
佐々木佑馬②14分39秒17
22組
馬場凌太④14分33秒62★
27組
ブヌカ ジェームス②13分36秒70★

 駿河台大は、1万mと5千に分かれて出場。1万mは予選前から上がってきた小泉・松本選手の1年生が非常にいい記録。30分前半でこれから楽しみ。初めて名前を聞いた2年佐々木匠選手もこれから注目になっていくのかな?

 5千はベストラッシュ。主力の3年生河合選手が14分31秒とベスト、さらに22組では4年馬場選手がおそらくラストラン…かな?14分33秒、成長したところを見せました。

 最終組では留学生の争いの中、13分36秒とジェームス選手が自己ベスト。エースがさらに走力が上がってきているところを見せるのかな?

専修大学

10000m
5組
松本 薫①29分53秒97★
国増治貴①29分57秒13★
足立龍星①30分00秒49★
吉岡拓哉①30分11秒60★
成島航己①30分59秒39

5000m
22組
中村瑠吾14分48秒63
冨永裕憂①14分56秒05
24組
足立龍星①14分35秒36
塚原淳之④14分42秒14

 1万m5組に1年生が大量出場。松本・国増選手が29分台、足立・吉岡選手も続きましたね。毎年4年生が主体になる専大ですが、この世代は最初から楽しみです。

上武大・城西大

上武大学

5000m
23組
村上航太①14分33秒48★

城西大学

10000m
4組
竹林宏斗③30分41秒20★

 上武大は1年生の村上選手が健闘の自己ベスト。箱根予選でもチーム内上位で走っていました。これからの選手、まずトラックで結果が出せるかですね。

東京農業大学

10000m
4組
杵渕竜弥①30分08秒21★
5組
徳永翔三③30分18秒20★

5000m
18組
緒方俊亮②14分52秒52
20組
野嶋大佑①14分43秒75
23組
盛田和輝②14分42秒44
24組
田中基秀①14分34秒14

 農大は数名1万mに出場。1年杵渕・3年徳永選手がまずまず走りましたね。5戦は1年田中選手が好走。補強も含めて再強化していくようなので、しっかり在校生を整えたい。 

山梨学院大学

10000m
3組
成毛志優②30分52秒89
上手怜生31分20秒48
4組
槇原洸槻②30分22秒00★
木山克哉①30分28秒98★
大迫太雅③30分38秒11
安藤主税③30分55秒66
5組
山田大輔④29分37秒09★

5000m
16組
下園秀明①14分49秒88★
26組
瀬戸祐希③13分59秒62★

 1万mは若手が多く出場する中、4年山田選手が29分37秒のベスト。予選はうまくいきませんでしたが、走力は上がっていますね。

 5千mでは瀬戸選手が連続して挑戦、なんと13分台!中距離中心の選手ですがびっくり。トラックで結果が出ていますね。

大東文化大学

5000m
18組
大野陽人①14分39秒16
20組
谷口辰煕①14分37秒26★
蟹江翔太①14分40秒15★
塩田祥梧①14分55秒89
21組
服部奏斗②14分49秒94
24組
金田龍心①14分24秒68
25組
倉田 蓮①14分11秒66★
土本剣太郎③14分13秒89
片根洋平②14分26秒94
三ツ星翔③14分40秒64

 予選のショックから立ち直りたい大東大。3年生以下の選手が多く出場。比較的若い組では1年生の選手がベスト。上位組では金田・倉田選手が良かったですね。倉田選手もベスト。また3年土本選手もほぼベスト、中距離から本格参戦なのかな?

東京経済大学

10000m
3組
市川繁貴②30分58秒99
6組
森 陽向③30分07秒39

16組
大川歩希①14分36秒70★
17組
卜部和喜③14分46秒99★
19組
益子翔太郎①14分58秒90
20組
小西竜也③14分49秒70★
21組
関 颯介②14分52秒24

 学生連合に選ばれている森選手が30分07秒のセカンドベスト。連戦1万mで果たしてどうなるか。5千は成長株の大川選手が14分36秒の大幅ベスト、トラックでまずはエースクラスになりつつあるかな?

武蔵野学院大

5000m
14組
栗原佑輔②14分59秒70
15組
武田裕督③15分00秒62★
22組
竹内嵩人③14分11秒94★
下田季矢③14分16秒94★
27組
タイタス ワンブア④13分33秒77★

 22組で大記録!3年竹内選手が14分11秒、下田選手が14分16秒と大幅ベスト!これはびっくりですね。またエースワンブア選手も13分33秒と更新。比較的トラックが得意な武蔵野学院大の次のレースが楽しみ。

亜細亜大学

16組
大迫一樹①14分58秒17
17組
倉淵大輔②14分35秒17★
樋瀬光稀②14分57秒75
19組
藤田寛大①14分39秒19★
佐藤 颯①14分45秒04★
26組
上土井雅大④14分13秒50★

 亜大も立ち直りたいところ。1年生の藤田・佐々木選手ら若手がベストを出したのは良かったですね。また、学生連合でエース級だろう上土井選手が状態を上げています。

立教大・慶應義塾大

立教大学

10000m
4組
土屋 健②30分40秒88★

5000m
24組
増井大介③14分56秒23
25組
斎藤俊輔②14分21秒21

 1万mで土屋選手がベストを1分以上更新!予選躍進の立教大、1万mの記録も挑戦してほしかったりします。

慶應義塾大学

5000m
15組
貝川裕亮①14分58秒18
16組
前原裕磨①14分53秒11★
19組
鈴木 輝②14分45秒62★
21組
小野友生②14分27秒05

 慶大は前原選手ら若手にベスト、小野選手もスピード戻ってきましたかね。

明治学院大・関東学院大

明治学院大学

5000m
18組
佐藤大輔②14分53秒99
19組
千葉廉也①14分51秒37
20組
安藤 海③14分44秒40★
市原拓実③14分49秒85

 明学大は安藤選手がベスト。トラックの記録も全体的に上がりつつあるかな?

関東学院大学

18組
鈴木涼太②14分57秒22★
19組
野中拓海①14分48秒92★
21組
関口大樹④14分56秒97
田中龍之介②15分05秒69

 関学大も若手の選手がベスト。野中選手はかなりの大幅だったようで、今後注目です。

桜美林大学

5000m
13組
小橋 新④14分55秒39
16組
永瀬 孝③14分48秒55
17組
一場開成②14分41秒65★
浅田智哉③14分48秒39★

 桜美林大も予選で大幅ダウンで仕切り直し。一場・浅田選手にベストが出たようです。

関東その他

10000m
3組
大久保友貴②31分24秒18★ 帝京平成大

5000m
18組
齊藤 元14分55秒37★ 湘南工科大
19組
丸山翔太郎②14分48秒06★ 東京理科大
20組
高橋正樹③14分38秒21★ 成城大
枡川健太郎M14分49秒76 横浜国立大
21組
藤本能有②14分27秒27★ 東京理科大
22組
阿部陽向④14分35秒25★ 平成国際大
24組
奥田歩凪①14分47秒94 育英大

 その他でも多くベストが出ましたね。1万mは帝京平成大大久保選手が奮起。5千は…色々ですね。東京理科大の藤本選手が関東インカレ標準切りは中々。成城大高橋選手も中々。育英大奥田選手も5千へ。育英大の選手が5千に出るのは珍しいです。

大学生結果その4(関東地区以外)

札幌学院大学

10000m
4組
佐々木祐介30分05秒30★
幸谷玲弥30分07秒48★
松坂栄輝30分12秒85★
5組
宇野 翔③29分55秒34★

5000m
16組
幸谷玲弥②14分43秒81
17組
松坂栄輝②14分47秒30
21組
佐々木祐介③14分56秒13
23組
宇野 翔③14分46秒48

 札幌学院大は本当に来ていますね。佐々木選手が最後に30分05秒まで短縮。さらに、幸谷・松坂選手が30分10秒前後、エース宇野選手が29分55秒…。これは次年度の駅伝楽しみです。

皇學館大・愛知工業大~川瀬選手大記録!

皇學館大學

26組
山下慧士④14分32秒92★
27組
川瀬翔矢③13分36秒93★ 日本人全体1位
上村直也③14分16秒76★

 皇學館大は大記録が生まれました。川瀬選手が日本人の全体トップとなるタイムの13分36秒!秋になって一気に上がってましたが、これは驚きです。

 非関東の大学チームでは、高岡・永田選手に次ぐ歴代3位だとか…。次週に1万mに挑戦します。疲れを取って、一気に記録を狙いたいですね。皇學館大も凄いですね。

愛知工業大学
25組
服部大暉14分18秒67
26組
植松達也14分14秒13
児玉勘太14分28秒28

 愛工大も主力選手の服部・植松選手が14分10秒台、練習の量は少ないと言われますが、確実に伸ばしています。

広島大学

5000m
14組
渡邉 駿14分57秒92
16組
吉村善治14分57秒74
19組
松本佑介14分54秒30
25組
河北竜治(M1)14分23秒99

 広島大が大量出場。エース河北選手の14分23秒はさすがですが、他にも14分台が複数。久々にチームとして駅伝を走る日はくるでしょうか。

その他

10000m
3組
鈴木駿太郎③30分49秒29★ 新潟大
4組
戸村 将30分50秒56 中京大
5組
國司寛人(D1)29分35秒83 名古屋大
土居森諒④30分22秒64 環太平洋大
6組
デジェン テスファレムウェルドゥ28分45秒45 星槎大
森 悠人③29分22秒00★ 新潟大 北信越学生記録

 新潟大の森選手が素晴らしい記録。29分22秒の北信越学生記録!高校時代は5千15分台でしたが凄い伸び!まだ3年生、どんどんチャレンジしていけます。

 他では名古屋大の國司選手が29分35秒とまた上がってきましたね。院生でもやっていく選手いますね。また星槎大のデジェン選手は新しい留学生?

5000m
17組
藤田佳委14分27秒92 鳥取大
池田一生14分51秒80 沖縄国際大
19組
當真佑太14分53秒81 沖縄国際大
20組
小林史弥14分38秒46 新潟医療福祉大
若澤新也14分50秒53 新潟医療福祉大
21組
平沼 拳14分50秒44 札幌国際大
水谷慎太郎14分56秒51 札幌国際大
23組
森川陽之14分34秒19 名古屋大
24組
勝田哲史14分32秒66 名古屋大
25組
実近力丸14分12秒25 環太平洋大

 5千は鳥取大の医大生藤田選手が自己ベスト。これも凄いですね。いろんな大学が参戦していて、沖縄国際大・新潟医療福祉大・札幌国際大・名古屋大、いろんな地区の選手が走りました。

 その中で、環太平洋大の実近選手が14分12秒!このままチームを駅伝常連校に、引っ張っていきたいですね。

【結果】静岡県長距離強化記録会2019.11.17

東京国際大学
前川優月③14分19秒93★

国士舘大学
望月 武①14分42秒26

愛知工業大学
小林宏輔③14分23秒61
三浦真和①14分25秒30
鈴木高虎③14分34秒70

 ”エコパ”にも一部学生が出場。東国大は中距離の前川選手が5千に挑戦。愛工大はこちらにも主力選手が挑戦。1年三浦選手が今後注目かな?

スポンサーリンク

フォローする