スポンサーリンク

【箱根駅伝2020直前】大学別タイム上位10人平均ランキング!5000m・10000m・ハーフも!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年度の関東地区の大学別上位10人の平均タイムもまとめてみました。

5000m、10000m、ハーフマラソンのそれぞれの4月の時点から11月10日現在の地点と比べられるようになっています。

なお、12月末まで、1週間単位で更新しますので、どうぞ続けてごらんください。

スポンサーリンク

【箱根駅伝前】関東大学別上位10人平均タイムランキング

スポンサーリンク

5000m

2019年4月2019年7月2019年11月10日現在[短縮値]
1位東海13分49秒1
2位東洋13分59秒6
3位青学13分59秒6
4位早大14分00秒1
5位明大14分01秒7
6位駒大14分02秒6
7位順大14分05秒1
8位中大14分07秒6
9位神大14分08秒0
10位東国14分09秒0
1位東海13分49秒1
2位東洋13分58秒8
3位早大13分59秒3
4位青学13分59秒4
5位明大14分00秒2
6位駒大14分01秒8
7位順大14分03秒8
8位神大14分04秒8
9位東国14分04秒8
10位法大14分05秒4
1位東海13分48秒7[0秒4]
2位駒大13分56秒2[6秒4]
3位東洋13分57秒4[2秒2]
4位青学13分58秒9[0秒7]
5位帝京13分58秒9[11秒4]
6位早大13分59秒3[0秒8]
7位明大14分00秒2[1秒5]
8位順大14分00秒2[4秒6]
9位東国14分04秒2[4秒8]
10位神大14分04秒8[3秒2]
11位創価14分09秒9
12位帝京14分10秒3
13位法大14分10秒9
14位日大14分11秒1
15位中学14分11秒3
16位日体14分12秒1
17位城西14分13秒1
18位國學14分14秒1
19位大東14分18秒9
20位山学14分20秒6
11位帝京14分05秒5
12位創価14分06秒6
13位中大14分06秒7
14位日体14分09秒3
15位城西14分12秒6
16位國學14分10秒6
17位日大14分10秒7
18位中学14分11秒0
19位山学14分17秒8
20位大東14分18秒3
11位法大14分05秒0[5秒9]
12位創価14分06秒6[3秒3]
13位中大14分06秒7[0秒9]
14位國學14分07秒6[6秒5]
15位日体14分08秒3[3秒8]
16位日大14分08秒6[2秒5]
17位城西14分09秒6[3秒5]
18位中学14分11秒0[0秒3]
19位山学14分14秒0[6秒6]
20位大東14分15秒1[3秒8]
21位国士14分24秒5
22位農大14分25秒2
23位拓大14分25秒4
24位筑波14分27秒2
25位専大14分27秒6
26位上武14分28秒5
27位麗澤14分29秒1
28位駿河14分29秒7
29位亜大14分33秒7
30位武蔵14分33秒7
21位国士14分21秒0
22位拓大14分23秒0
23位農大14分23秒7
24位専大14分26秒6
25位筑波14分26秒7
26位駿河14分27秒8
27位上武14分27秒8
28位麗澤14分29秒0
29位亜大14分31秒0
30位武蔵14分32秒5
21位専大14分17秒6[10秒0]
22位国士14分18秒8[5秒7]
23位拓大14分22秒5[2秒9]
24位農大14分23秒7[1秒5]
25位筑波14分25秒2[2秒0]
26位上武14分25秒2[3秒3]
27位駿河14分27秒8[1秒9]
28位麗澤14分29秒0[0秒1]
29位亜大14分31秒0[2秒7]
30位武蔵14分32秒5[1秒2]
31位流経14分35秒6
32位平国14分37秒1
33位桜美14分37秒9
34位関学14分39秒6
35位東経14分45秒7
36位日薬14分46秒6
37位立大14分59秒3
38位慶大15分02秒1
39位明学15分04秒6
40位
31位流経14分33秒7
32位桜美14分37秒7
33位日薬14分39秒2
34位関学14分39秒6
35位平国14分39秒8
36位東経14分45秒6
37位慶大14分46秒0
38位立大14分48秒6
39位明学14分54秒4
40位理科15分10秒6
31位流経14分34秒3[1秒3]
32位平国14分36秒9[0秒2]
33位桜美14分37秒7[0秒2]
34位日薬14分39秒2[7秒4]
35位関学14分39秒6[]
36位東経14分45秒6[0秒1]
37位立大14分46秒0[13秒3]
38位慶大14分46秒0[16秒1]
39位明学14分50秒8[13秒8]
40位理科15分03秒5[10秒?]

1位~10位、9月日体大でベスト続出の駒大、10月日体大でベスト続出の帝京大が凄まじいアップ。元々14分10秒平均から13分台に乗せるのは凄い、中野マジックですね。駅伝も大事ですが、選手の自己ベストを引き上げるのも、選手にとってはうれしいはず。それにしても13分台が6位の早大まで。レベルが上がりました。

11位~20位、法大が主力が珍しく出てて少しアップ。本来の走力の位置に少し近づいたかな?また出雲駅伝2019優勝の國學院大は、6秒アップとやはり中々ですね。順位も4つ挙げています。他では、山学大が留学生選手の影響はありますが、上がってますね。いずれまた上がれば…

21位~30位、専大の日体大でのベスト続出に度肝を抜いていましたが、平均としても10秒アップはちょっと凄すぎる。これからのトラックは注目ですね。また、サプライズ通過となった国士大も何気にぐぐっとあげているのですよね。5000mも大事です。

 31位~40位は、このあたりは箱根予選の方に注力していることもあり、あまりあがっていないですね(日薬大は留学生の影響、慶大・明学は4月の時点で新入生分からなかった)。その中で立大はかなり伸ばしています。箱根予選も繋がったのがびっくりです。

10000m

2019年4月2019年7月2019年11月10日現在[短縮値]
1位東海28分48秒4
2位明大28分56秒5
3位東洋29分03秒9
4位中学29分04秒6
5位駒大29分09秒0
6位青学29分06秒6
7位帝京29分13秒2
8位中大29分16秒1
9位順大29分17秒2
10位早大29分19秒7
1位東海28分48秒4
2位明大28分54秒5
3位駒大28分56秒7
4位東洋29分03秒9
5位帝京29分05秒4
6位中学29分05秒5
7位青学29分06秒6
8位國學29分08秒9
9位順大29分12秒9
10位中大29分14秒3
1位東海28分48秒4[]
2位明大28分54秒5[2秒0]
3位中学28分57秒8[6秒8]
4位駒大28分59秒5[9秒5]
5位順大29分03秒0[14秒2]
6位東洋29分03秒9[]
7位帝京29分05秒4[7秒8]
8位國學29分06秒6[16秒6]
9位青学29分07秒2[]
10位中大29分10秒5[5秒6]
11位日体29分20秒4
12位東国29分21秒7
13位國學29分23秒2
14位日大29分23秒4
15位創価29分26秒0
16位城西29分26秒3
17位神大29分29秒9
18位法大29分33秒7
19位大東29分40秒7
20位拓大29分42秒3
11位早大29分15秒2
12位城西29分18秒9
13位日体29分20秒4
14位東国29分20秒5
15位日大29分23秒0
16位神大29分23秒7
17位法大29分24秒3
18位創価29分25秒0
19位山学29分30秒1
20位拓大29分36秒8
11位法大29分15秒0[18秒7]
12位早大29分15秒2[4秒5]
13位城西29分18秒9[7秒4]
14位東国29分19秒0[2秒7]
15位日体29分20秒4[]
16位日大29分20秒9[2秒5]
17位拓大29分21秒0[21秒3]
18位創価29分22秒0[4秒0]
19位神大29分23秒0[6秒9]
20位山学29分27秒2[16秒6]
21位山学29分43秒8
22位農大29分43秒7
23位専大29分48秒2
24位国士29分48秒8
25位武蔵29分52秒2
26位麗澤29分56秒8
27位筑波29分59秒4
28位上武30分00秒8
29位亜大30分05秒3
30位流経30分06秒4
21位大東29分38秒0
22位国士29分41秒5
23位農大29分43秒3
24位武蔵29分46秒8
25位専大29分47秒5
26位麗澤29分52秒6
27位筑波29分56秒1
28位上武29分57秒6
29位日薬29分59秒2
30位亜大29分59秒7
21位大東29分31秒9[8秒8]
22位国士29分34秒8[14秒0]
23位農大29分43秒3[0秒4]
24位上武29分45秒1[15秒7]
25位武蔵29分46秒8[5秒4]
26位専大29分47秒5[0秒7]
27位麗澤29分52秒6[4秒2]
28位筑波29分54秒6[4秒8]
29位駿河29分56秒4[15秒1]
30位亜大29分56秒4[8秒9]
31位駿河30分11秒5
32位日薬30分15秒7
33位関学30分17秒8
34位桜美30分25秒5
35位東経30分40秒5
36位平国30分50秒8
37位明学31分27秒1
38位慶大31分35秒4
39位立大31分43秒2
40位?
31位駿河29分59秒8
32位流経30分03秒6
33位関学30分16秒8
34位桜美30分21秒9
35位東経30分39秒1
36位平国30分39秒9
37位慶大30分56秒2
38位明学31分10秒9
39位立大31分43秒2
40位理科?
31位日薬29分59秒0[16秒7]
32位流経30分01秒7[4秒7]
33位関学30分16秒8[1秒0]
34位桜美30分21秒3[4秒2]
35位慶大30分33秒3[62秒1]
36位東経30分33秒8[6秒7]
37位平国30分37秒6[13秒2]
38位明学31分10秒9[16秒2]
39位立大31分34秒8[8秒4]
40位理科31分48秒3[]

 1位~10位、旧3強の東海・東洋・青学がほとんど更新なしは意外。それでも駅伝は何とか合わせてきて、東海大は全日本優勝してしまうのですからさすがです。また、駒大、そして中央学院大が9月日体大でベスト更新で28分台へ。箱根駅伝で活かせるか。また、10月に大きくあげた順大、ちょくちょくベスト更新があった國學院大も15秒前後浮上。これも中々です。

 11位~20位、法大もここまでかみ合ってませんが、主力が出場し上がってきています。また、拓大も懸命に走力をあげてきています。それから山学大はトラックで記録で出した選手がいます。育成は進んでいるのですよね…。

 21位~30位、国士大は秋にベストが出まくってあげてます。上武大も記録は出ましたね。それから躍進した駿河台大も15秒アップで29分台に乗せてきています。また、箱根出場した筑波大はここまでは上がらず、箱根予選に向けた結果ですかね。

 31位~40位、全日本予選逆転で出場した日薬大がやはり大きく上がりました。留学生の選手もぐっと更新ししましたね。29分台に乗っています。また、29分台が2名出た慶大が1分以上更新!1万mのタイム上では育成がしっかり進んでいます。他、非強化チームで東京理科大が31分台に乗せています。

ハーフマラソン

2019年4月2019年10月2019年11月10日現在
1位東海62分40秒5
2位駒大62分47秒1
3位帝京63分03秒7
4位青学63分23秒7
5位東洋63分25秒5
6位國學63分38秒0
7位明大63分38秒7
8位中学63分42秒0
9位東国63分48秒7
10位順大63分54秒8
1位東海62分37秒5
2位駒大62分48秒1
3位帝京63分03秒6
4位東洋63分25秒5
5位青学63分25秒8
6位明大63分36秒4
7位國學63分38秒0
8位中学63分42秒0
9位東国63分45秒4
10位順大63分52秒4
1位東海62分37秒5[3秒0]
2位駒大62分48秒1[]
3位帝京63分03秒6[0秒1]
4位青学63分10秒5[13秒2]
5位東洋63分25秒5[]
6位明大63分36秒4[]
7位國學63分38秒0[]
8位中学63分42秒2[]
9位東国63分45秒4[3秒3]
10位順大63分52秒4[2秒4]
11位早大64分00秒9
12位法大64分03秒0
13位神大64分06秒1
14位日体64分08秒5
15位中大64分12秒2
16位城西64分13秒4
17位拓大64分15秒3
18位創価64分28秒8
19位日大64分32秒7
20位大東64分38秒4
11位早大63分59秒7
12位法大64分03秒0
13位日体64分03秒1
14位神大64分03秒4
15位拓大64分04秒6
16位城西64分04秒8
17位中大64分05秒1
18位創価64分15秒8
19位日大64分26秒0
20位大東64分29秒5
11位早大63分59秒7[1秒2]
12位中大64分02秒8[9秒4]
13位法大64分03秒0[]
14位日体64分03秒1[5秒4]
15位神大64分03秒4[2秒7]
16位拓大64分04秒6[10秒7]
17位城西64分04秒8[8秒6]
18位創価64分14秒9[13秒9]
19位日大64分26秒0[6秒7]
20位大東64分29秒5[8秒9]
21位上武64分49秒4
22位山学64分56秒0
23位国士64分57秒7
24位麗澤65分01秒0
25位専大65分10秒6
26位筑波65分26秒5
27位亜大65分30秒9
28位武蔵65分33秒1
29位農大65分36秒3
30位流経65分54秒1
21位上武64分42秒1
22位山学64分42秒4
23位国士64分43秒8
24位麗澤64分57秒4
25位筑波64分59秒9
26位専大65分06秒0
27位農大65分10秒7
28位駿河65分29秒2
29位日薬65分29秒7
30位武蔵65分30秒2
21位上武64分42秒1[7秒3]
22位山学64分42秒4[13秒6]
23位国士64分43秒8[13秒9]
24位麗澤64分57秒4[3秒6]
25位筑波64分59秒9[26秒6]
26位専大65分06秒0[5秒0]
27位農大65分10秒7[25秒6]
28位駿河65分29秒2[28秒1]
29位日薬65分29秒7[26秒0]
30位武蔵65分30秒2[2秒9]
31位日薬65分55秒7
32位駿河65分57秒3
33位桜美66分12秒3
34位関学66分14秒8
35位東経65分38秒2
36位平国66分46秒0
37位慶大66分56秒8
38位明学67分58秒5
39位立大68分54秒3
40位理科70分16秒3
31位亜大65分30秒9
32位流経65分54秒4
33位桜美66分08秒3
34位関学66分14秒8
35位東経66分18秒4
36位平国66分26秒8
37位慶大66分29秒1
38位明学67分24秒4
39位立大67分56秒8
40位芝工69分47秒5
31位亜大65分30秒9[]
32位流経65分54秒4[]
33位桜美66分08秒3[2秒5]
34位関学66分14秒8[]
35位東経66分18秒4[19秒8]
36位平国66分26秒8[19秒2]
37位慶大66分29秒1[27秒7]
38位明学67分24秒4[24秒1]
39位立大67分56秒8[57秒5]
40位芝工69分47秒5[2分以上?]

 1位~10位、ハーフマラソンは全体的に大人締め、箱根予選が非常に酷暑になりましたし、上尾ハーフもまだですからね。トップ通過を果たした東国大でも3秒の更新です。その中で上位は名取選手の62分台があった東海大が更新、また新戦力候補が世田谷246ハーフでガンバttあ青学大もぐっと縮めています。

 11位~20位、下位通過だった早大、中大も少し更新。早大は1年生、中大は森凪選手の影響ですかね。また3年ぶりの出場を上位で決めた創価大が14秒近くの大幅なップ、留学生が既に走った拓大も結構上がってますね。

 21位~30位、惨敗した大東(20位)と山学も新戦力はあったので更新はそれなりにしているのですよね…。噛み合わなかったというところでしょうか。連続次点となった麗澤大は更新僅か、新戦力は少なかった影響かな?

 それから大幅ジャンプアップで26年ぶり箱根の筑波大はこの暑さでもかなり更新。64分台にギリギリの選定ます。農大も上位選手が良かったからかぐっと縮めています。躍進の駿河台大もやはりですね。あと、31位~40位、慶大や立大はやはり更新幅が大きい。40位は2年ぶり出場し新人の頑張りもあった芝工大が2分以上更新で食い込んでいます。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. おーちゃん より:

    創価大学のハーフの記録が10月時点で違っているようです。
    順位は変わりませんが、64:09.7になります。よろしくお願いいたします。
    世田谷ハーフの鈴木ニムラの出した65:04は、学内順位11番目で上位10人の記録に変動ありません。