スポンサーリンク

29.4.30までの結果【織田記念陸上・チャレンジくまがや】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
平成29年4月30日付近まで行われた大会の結果です。
 
ここでは
・第51回織田幹雄記念国際陸上競技大会
・第14回チャレンジ・ミートゥ in くまがや
を紹介します。
 
 
スポンサーリンク
 
 

第51回 織田幹雄記念国際陸上競技大会

(http://hiroshimatf.org/schedule/2362/)

男子100m
桐生祥秀(東洋大)10秒04(-0.3m) ★向かい風日本最高記録★

 いい安定感ですねぇ。追い風という条件さえ整えれば”とりあえず”の9秒台はおそらく出せるのでしょう。ただ、世界で戦うためにはそれではあまり意味がないと思っています。たとえば、こうやって向かい風の時でもしっかり好タイムを出していくのが大事です。あと桐生選手の場合、プレッシャーですが、こういう積み重ねで少しずつでも克服していってくれればと思います。
 
男子5000mGP
1位ポール タヌイ(九電工)13分30秒79
2位鎧坂哲哉(旭化成)13分32秒16
3位松枝博輝(富士通)13分33秒62
6位上野裕一郎(DeNA)13分36秒52

——————————-
鬼塚翔太(東海2)13分52秒44
小野田勇次(青学3)13分54秒36
館澤亨次(東海2)14分06秒19 關 颯人(東海2)14分08秒83
坂口裕之(明大3)14分09秒47 森田佳祐(筑波4)14分11秒23
舟津彰馬(中大2)14分18秒72 阪口竜平(東海2)14分40秒97
 そんなに条件は良くなかったのかな、というところですが、現状日本人のスピードランナーがしっかり上位に入ってきた印象です。鎧坂選手の状態が上向いてきたのはほっとする所。松枝・上野選手もひとまず調子キープでしょうか。記録面ではGGNに全てがかかります。
 学生では個人的には東海大のトリオ(鬼塚・館澤・關選手)でした。やはり昨年の今頃から目立っていた3人で記録上も切磋琢磨していましたので…。で、結果ですが現状では鬼塚選手に大きな勢いあり…ですね。各大会でも高パフォーマンスをしていましたが、直接対決で力の差が歴然となりましたね。それにくらいついた小野田選手もじわじわ強くなってきているのも思いましたね。他、明大の坂口選手と筑波大の森田選手が健闘した印象です。
 
 
 
男子5000mNonGP
1組
デービッド グレ(世羅高)13分48秒43
———————————-
橋詰太慧(青学3)13分49秒47★
神林勇太(青学1)14分12秒60 大森龍之介(東洋1)14分12秒74
下田裕太(青学4)14分15秒12 市谷龍太郎(山学4)14分23秒22 吉田圭太(青学1)14分24秒10

2組
大須田優二(マツダ)14分10秒29
—————————————–
橋間貴弥(青学3)14分11秒54
大下浩平(広島経済)14分24秒25 山本啓輔(広島経済)14分41秒85
 ノングランプリで2組行われましたが、目立ったのは青学大の橋詰選手と橋間選手でしたね。特に橋詰選手は今最も勢いのある選手と言っても過言ではないですね。高校時代の強さが戻っただけでなくぐぐっと成長してきています。関東ICでも楽しみです。また、戻ってきてほしい主力として下田選手がまずまずでしょうか。5千よりもっと長い距離が得意な選手ですので、関東ICも大丈夫と思っています。
 また、1年生対決があり、神林・大森選手が激しい争いで僅かに神林選手が上回りましたね。共に駅伝が不振で心配でしたが、またこれからやってくれそうです!
 
 
 
 
 

第14回チャレンジ・ミートゥ in くまがや

(http://sairiku.net/xoops/newinfo/kekka/2017/H290430r.pdf)

1500m:安齋 宰(埼玉医科大AC)3分46秒72
5千:カッサ マカショウ(八千代工業)13分45秒89
3障:ルカ ムセンビ(仙台育英高)8分48秒87
 1500mは安齋選手が日本選手権の標準切り、良かったですね。かつてのスピードランナーが戻ってきました。
 
 
○東洋大学
1500
生井宏明④3分49秒96
小倉知也①3分55秒77
5千
吉川洋次①14分23秒87
田上 健①14分24秒38 小笹 椋③14分33秒71 古江治夏①14分36秒37
田中龍誠①14分37秒59 荒武星哉④14分40秒47 中畑亮人③14分44秒22
3障
小室 翼②8分58秒12 小柳 涼④9分07秒77
 東洋は生井選手が好調ですね。1500mで3分50秒切り複数回なはず。最後の年にICで輝けるか??小室選手も間に合ってよかった。彼も得点源になれる選手。あとは1年生が無難に走れたのが良かったですかね。
 

○駒澤大学
3障
山口優希③9分29秒87
 

○東海大学
3千
國行麗生④8分10秒41(全体トップ)
5千
垂水 隆④14分32秒32
 國行選手が快心のレース。独走で8分10秒を出して好調ぶりをアピールしました。東海大はスピードランナーが多いので関東ICのメンバーに選ばれるのが大変なのですが、さてエントリーできるでしょうか??
 

○大東文化大学
1500
渡辺拓巳④3分49秒47
奈良凌介②3分51秒46 川澄克弥②3分54秒67 土本剣太郎①3分58秒76
5千
齋藤 諒③14分15秒46
3障
谷川恒太②9分11秒61
 渡辺選手が好調ですね。1500mで得点とってほしい。また、2年生の奈良・川澄選手が1500mに出てきたのにちょっと驚き。そのうち、奈良選手がいい記録で関東ICはこちらに出るのかな?他、5千齋藤選手がまあまあな結果でした。
 
○山梨学院大学
3障
比夫見将吾④9分07秒27
 4年生の比夫見選手が頑張っていますね。3障で最終学年光ることができるか。

○日本大学
1500
金子智哉②3分54秒74 大塚達矢③3分58秒28
3障
川上瑠美梨①9分22秒50
 金子選手が記録会上位で名前を見ているような気がします。

○中央大学
1500
眞田 翼①3分49秒28
川崎新太郎①3分53秒23
5千
萩原璃来①14分34秒81★
3障
萩原璃来①9分16秒84
北村 祥③9分16秒93
  萩原選手が2種目に出場し、5千で自己ベストを出す離れ業を演じました。次のレースで伸びていてほしいですね。あとは同じ1年生で眞田選手が好調ですね。3分50秒切りは中々のタイム。1部はやはりかなりレベルの高い争いになりそうです。
 
 
○城西大学
1500
荻久保寛也②3分50秒48
佐藤友哉②3分51秒47
5千
菅 真大④14分22秒70 大久保泰貴④14分28秒45 宮沢真太②14分38秒93
3障
大里凌央①9分24秒22 峐下拓斗③9分24秒73
 1500mは好調ですね。荻久保・佐藤選手がまずまずのタイム。それから4年生の菅選手を久しぶりに見ましたね。5千でまずまずじゃないでしょうか。全日本予選までにはだいぶ戻せるでしょう。

○東京国際大学
1500
前川優月①3分49秒25
中島哲平①3分54秒69
3千
伊藤達彦②8分14秒44
相沢悠斗②8分19秒27 シテキ スタンレイ④8分22秒85 鈴木聖人④8分25秒60
佐藤雄志②8分27秒49 大澤春平①8分28秒16 栗原卓也①8分28秒28
内田 光①8分28秒58 佐伯 涼①8分29秒48 梅本祥汰③8分29秒50

加藤純平①8分32秒13 大澤 翔④8分33秒26 井下裕貴④8分33秒50
真船恭輔②8分36秒49 山村駿太③8分38秒23 濱登貴也④8分42秒09
3障
鈴木正樹②9分09秒66 鈴木天大①9分10秒06 山瀬大成②9分22秒43
 1500mで前川選手が絶好調でしたね。勢いのある新人が出てきたのはチームにとって、とてもよいことだと思います。3障のW鈴木選手も調子をキープしています。3千に主力選手が出場し、伊藤選手がチームトップなのは予想通り。相沢選手が今回は良かったですね。これを5千や1万にどれだけ繋げられるか。続く選手も出てきてほしいですね。
 
 
○麗澤大学
3千
永田啓将③8分37秒75
3障
鬼頭直己②9分13秒53 河内宏太②9分14秒92
 鬼頭・河内選手が3障の標準切りです。関東IC決勝進出して盛り上げていきたいですね。
 
 
○関東その他
1500
竹内嵩人(武蔵1)3分54秒59 八重樫一也(武蔵1)3分55秒90 村上聖和(関学4)3分56秒44
3障
小野隼太(茨城4)9分10秒73 山本旺輝(関学2)9分21秒49
 武蔵野学院大が1500mで存在感を示しましたね。竹内選手は元々記録を持っていますが、八重樫選手はよく喰らいつきましたね。3障では茨城大の小野選手が久しぶりに標準切の記録です。
スポンサーリンク

フォローする