スポンサーリンク

【新チーム始動特集】2017年度10000mチーム上位10人平均ランキング【関東大学長距離】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2017年度開始
 
次は1万ですね。
 
 
 
スポンサーリンク
 

2016年度上位10名10000m持ちタイム更新幅

大学名:昨年4月時点 → 今年3月 更新値
青学:1位28分50秒6 → 1位28分41秒5 9.1秒
東海:3位29分08秒5 → 2位28分53秒5 15.0秒
山学:2位29分04秒4 → 3位28分55秒9 8.5秒
日体:6位29分17秒8 → 4位28分56秒5 21.3秒
東洋:7位29分20秒1 → 5位29分00秒0 20.1秒
駒大:5位29分14秒4 → 6位29分00秒7 13.7秒
早大:4位29分11秒8 → 7位29分01秒2 10.6秒
順大:10位29分23秒8 → 8位29分04秒6 19.2秒
神大:16位29分39秒1 → 9位29分04秒7 34.4秒
明大:19位29分42秒7 → 10位29分08秒3 34.4秒
 4月時点では青学のみが28分台でしたが、東海と山学と日体大が28分台へ、東洋と駒大と早大も肉薄しました。やはりこのあたりは高かったですね。その中で青学の28分41秒はやはり抜けています。速さという面でも抜けていましたね。そして箱根2位の東洋大が上昇値としてはかなりのものでした。選手の成長は結構ありました。ベストに沸いた日体大も良かったです。
 他、神大と明大がスーパージャンプアップ。神大は1万でこれだけ記録を伸ばしたのは初めて見ましたね。箱根躍進するはずです。明大もひとまず走力面の強化は成功していますね。
 
城西:13位29分32秒4 → 11位29分12秒7 19.7秒
専大:8位29分23秒8 → 12位29分13秒8 10.0秒
大東:15位29分38秒4 → 13位29分14秒3 24.1秒
中大:22位29分47秒7 → 14位29分14秒3 33.4秒
國學:11位29分24秒3 → 15位29分16秒7 7.6秒
法大:20位29分45秒0 → 16位29分20秒3 24.7秒
中学:12位29分26秒4 → 17位29分21秒0 5.4秒
日大:9位29分23秒5 → 18位29分21秒5 2.0秒
国士:14位29分37秒0 → 19位29分21秒6 15.4秒
東国:18位29分41秒3 → 20位29分22秒6 18.7秒
 印象に残っていたチームはやはり高かったですね。城西と中大はタイムも縮め、順位も上げてきました。予選落ちチームは秋に1万に集中しやすいですが、それでも中々の更新値だったと思います。他では、自己ベストラッシュにわいていた大東大と法政大はさすがかなりの順位アップがなされていました。逆に更新が少なかったチームとしては中学大や日大ですね。中学大は意外ですが、確かに秋は故障者もいたので調整に専念していたか。日大はなんとなくチームの勢いに直結してしまった感じがしますかね…。
 
帝京:17位29分40秒6 → 21位29分31秒2 9.4秒
創価:23位29分52秒0 → 22位29分32秒6 19.4秒
拓大:26位30分03秒3 → 23位29分36秒6 26.7秒
上武:25位29分58秒0 → 24位29分38秒5 19.5秒
農大:21位29分46秒9 → 25位29分39秒9 7.0秒
亜大:24位29分54秒6 → 26位29分43秒9 10.7秒
流経:28位30分30秒1 → 27位30分04秒9 25.2秒
平国:27位30分06秒2 → 28位30分05秒5 0.7秒
筑波:33位30分58秒8 → 29位30分06秒5 52.3秒
日薬:32位30分50秒7 → 30位30分15秒2 35.5秒
関学:31位30分37秒4 → 31位30分17秒1 20.3秒
駿河:30位30分37秒1 → 32位30分20秒1 17.0秒
麗澤:29位30分32秒5 → 33位30分23秒6 9.9秒
以上、平均30分30秒以内
 元々タイムが低いと更新の余地は多いでしょうが全体的に高いですね。拓大は例年以上に自己ベストが出た感じです。上武や創価もあげました。意外なのは帝京大が順位ダウン。1万は今回は記録狙わなかった感じですね。今年、出場すればちょっと楽しみかも。
 あとは、全日本本戦出場を狙う筑波大は本当に大躍進でした。流経大や日本薬科も頑張りました。

 

2017年度10000mチーム上位10人平均ランキング

スポンサーリンク

1位~10位

順位大学名(順位変動)平均タイム【1番手~3番手】
4番の選手・・・10番目の選手
・順位、タイム変動は2016年度最終より
・入退部情報は3月20日判明分まで
・()は高校から未更新

27分半、28分前半、中盤、後半、29分前半、中盤、後半、30分前半、中盤、後半、31位分台
 
1位(→)青学28分55秒0田村和希④281831、鈴木塁人②283166、下田裕太④283377
中村④2834、梶谷③2852、貞永④2902、富田③2911、林③2915、山田③2922、生方②2926
13.5秒(下げ値)
2位(→)東海29分01秒0川端千都④284471、湊谷春紀③284659、關 颯人②284863
鬼塚②2855、高田②2857、松尾②2859、春日④2905、湯澤③2913、中島②2916、(郡司②2922)
7.5秒
3位(1↑)日体29分02秒3小町昌矢④284875、冨安 央④284953、吉田亮壱④285253
城越④2853、辻野④2858、中川②2859、宮﨑③2911、三原③2913、室伏③2914、山口②2923
5.8秒
4位(5↑)神大29分07秒2山藤篤司③282943、鈴木健吾④283016、鈴木祐希④285299
大川④2915、宗②2916、荻野②2917、大野④2918、越川②2920、大塚④2922、多和田③2927
2.5秒
5位(2↓)山学29分14秒2ドミニク ニャイロ③275647、上田健太④284892、市谷龍太郎④285514
永戸③2906、河村④2913、古賀④2915、柴田④2943、久保③2944、池田③2946、中村②2952
18.3秒
6位(1↓)東洋29分16秒5渡邉奏太②285977、小早川健④290858、竹下和輝④291015
小笹③2912、山本③2912、(西山①2915)、野村④2916、中村②2920、荒武④2925、福井②2943
16.5秒
7位(→)早大29分18秒0永山博基③282585、光延 誠④290347、藤原滋記④290396
安井④2907、(新迫②2907)、車田③2926、太田②2927、(小澤③2940)、石田④2947、清水③2949
16.8秒
8位(2↑)明大29分19秒3末次慶太④285664、坂口裕之③290235、阿部弘輝②290300
田中③2908、三輪②2911、磯口④2925、東島③2933、中島②2936、竹山③2936、皆浦④2939
11.0秒
9位(3↓)駒大29分20秒0工藤有生④282385、下 史典③285624、高本真樹④291168
川戸④2914、(小原①2927)、片西③2930、藤木④2933、中西④2934、紺野④2938、(加藤①2948)
19.3秒

10位(2↓)順大29分20秒0
塩尻和也③283285、栃木 渡④284438、花澤賢人④284996
野田②2900、難波②2922、(馬場③2939)、吉岡③2941、金原③2942、小林③2952、(野口①2953)
15.4秒

 なんだか現時点では1位と2位は昨年と同じような展開?青学が唯一28分台となっています。ただ、青学は主力が不調ということもあり、東海大の方が強く見えますかね。とうに東海大は鬼塚選手やそれ以外にハーフで頑張った選手もいるので記録の更新が楽しみです。
 そして驚きます。3位4位がここ数年と全く違うチームが…。自己ベストラッシュに沸いていた日体大が選手層の厚さも絡んでついにトップ3入り、そして神大が急浮上してきました!エース力という点では神大は非常に面白い人材がいますので、本気で優勝を目指せるかもしれません。
 さて、山学大・早大・駒大あたりは少々ダウン。このあたりはひとまずは中位争いという評価になるかもしれません。東洋大は山本・相澤選手など出場する機会があればすぐに更新してくると思われます。なお、1年生の西山選手が既に29分15秒を持っているのも注目です。後は10番目のタイムが高い明大やエースがタイムを持っている順大などがトップ10となっています。
 
 

11位~20位

11位(2↑)大東29分20秒1前田将太④285986、原 法利④290816、齋藤 諒③290992
川澄②2911、奈良②2912、谷川③2920、山本④2929、新井③2933、林④2936、中神③2940
5.8秒
12位(1↓)城西29分22秒5中島公平③285195、西嶋雄伸②291030、中舎優也④291695
酒井④2919、菅④2922、服部③2926、山本④2927、金子③2933、大石③2937、中谷②2940★
9.8秒
13位(3↑)法大29分26秒4坂東悠汰③284861、土井大輔③290665、矢嶋謙悟③291403
細川④2922、東福③2931、狩野③2935、田上②2938、磯田④2939★、増田②2942★、青木②2944
6.1秒
14位(→)中大29分26秒5堀尾謙介③283454、二井康介②285600、舟津彰馬②290263
竹内④2912、中山③2919、神崎③2939、(畝①2951)、苗村③2952、石黒②2958、江連④2958
12.2秒
 
15位(2↑)中学29分26秒5高砂大地②285413、大森 澪④290671、森田智哉③292243
細谷④2925、新井④2928、樋口③2933、福岡③2935、佐藤④2937、廣③2938、水野④2942
5.5秒
16位(1↓)國學29分26秒7土方英和②291356、向 晃平④291738、浦野雄平②291794
熊耳④2919、芹澤③2924、磯邊④2932、國澤④2933、小田④2933、軸屋④2936、江島③2939
10.0秒
17位(1↑)日大29分27秒6パトリック③275498、加藤拓海③290368、岡野佑輝④292066
(竹元①2923)、石井④2943、高野④2944、石垣②2948、松木②2949、山崎④2952、川口④2954
6.1秒
18位(2↑)東国29分29秒9タイタス モグス②282840、濱登貴也④291681、鈴木博斗④292761
荒井④2934、上村④2937、伊藤②2939★、佐藤②2939★、鈴木②2943★、真船②2945★、牧野②2946
7.3秒
19位(→)国士29分33秒5住吉秀昭③285702、三田眞司④290797、八巻雄飛④291506
多喜端③2926、藤江③2935、戸澤③2939、辻田④2941、守屋④2948、本多④2959、谷村④3003★
11.9秒
20位(8↓)専大29分36秒9吉田裕晟④290930、岩田拓海④291729、和田照也③292048
風岡④2930、宮下②2940、宮尾④2940、川平③2944、横山②2953、浅見④2956、佐藤③2956
23.1秒
 大東大は複数の選手が29分前半の持ちタイムを持っていてやはり予選校の中では力がありそうな感じですね。復帰を狙う城西と中大はここも上位。中大は4年生の穴を感じさせない感じなのが驚きです。スピードはついているのですよね。同じカテゴリーでは東国大もまずまず、逆に専大が一気にダウンとここでも卒業生の穴が大きい印象となっています。
 他では、法大と中学大が少し浮上。法大はまだまだタイムを伸ばせそうなだけに楽しみ。中学大も主力選手が出る機会があればもっとあがるでしょうか。中学大は4年連続のシード権が目標になりますね。
 
 

21位~30位

21位(1↑)創価29分40秒5大山憲明④285762、ムソニ ムイル②290882、蟹沢淳平④293472
玉利④2940★、三澤④2946、作田③2949、米満②2950、棚橋③2957★、古場③2959、吉留②3000
7.9秒
22位(1↓)帝京29分40秒7竹下 凱③291082、畔上和弥③292693、岩佐壱誠②293784
新関③2938、平田②2938、渡辺④2939、田村②2942、小手川④2953、小林③2957、幸崎③3002★
9.5秒
23位(→)拓大29分42秒7W.D.タソ③281916、馬場祐輔③290671、西 智也④292753
苅田④2947、戸部③2952、赤﨑②2955、土師④3006、中井②3007、峠③3010、長田③3013
6.1秒
24位(→)上武29分54秒2坂本佳太④290843、太田黒卓③292446、井上弘也④293005
大森③2949、小林④2950、淵③3005、塩川④3012、佐藤④3014、熊倉③3023★、橋立②3023
15.7秒
25位(→)農大29分54秒7小山直城③290916、茂木洋晃④293833、瀬戸口凌③293982
高田②2950、田中③2956、高橋④2957、山舘④3007、高良④3013、加藤③3016、森③3017
14.8秒
26位(→)亜大29分55秒8加藤風磨④290749、佐々木直人④293364、梅本龍太③294320
山本④2955、米井③2955★、古川③3002★、上土井②3007★、芝④3012、武③3012、服部④3026
11.9秒
27位(→)流経30分12秒5福留大樹④292745、地福詩音③295614、藤崎真伍③300450
西村②3004、小原②3005、菊地②3016、出田④3021、渡邊④3035、稲富④3036、谷野④3036
7.6秒
28位(2↑)日薬30分18秒1サイモン カリウキ③275350、桜庭宏暢④293179、高橋 宗④295171
溜池②3036、才④3043、土屋②3043、山本③3044、安藤④3046、神戸③3057、駒山④
2.9秒
29位(4↑)麗澤30分30秒3田中 匠③300599、吉鶴 実③301183、国川恭朗②302144
藤村④3025、大道④3030、西澤③3037、渡邉③3038、市川③3041、宮田②3043、太田③3047
6.7秒
30位(1↓)筑波30分31秒7森田佳祐④292611、金丸逸樹②295814、河野 誉④295917
武田④3005★、村上③3009★、池田②3042、藤田②3044★、川瀬③★、齋藤②★、小林③
25.2秒
 創価大と帝京大は間違いなく、もっと実力がありますよね。帝京大は岩佐・竹下・畔上選手など28分台出せそうな選手が複数いますし、創価大もムイル選手はまだ本気で記録会走っていないし、箱根見る限り走力付いた選手がいます。記録狙っても仕方ないですが、面白いチームかと。拓大と上武も割と伸びる余地あるでしょうかね。農大と亜大はエース頼みの脱却を図りたいところ。
 後ろのチームでは卒業生が少ない日本薬科と麗澤大がそれぞれ順位アップ。ひとまず平均30分切りくらいまで走力を伸ばしたい。30位の筑波大は、29分台を持っている院生が2人いるので、全日本予選の出場争いを大きく盛り上げてくれるでしょう。
 
 

31位以降

 
31位(3↓)平国30分32秒1吉田和也④294412、飯田祥平④302160、鈴木悠太③302384
小美濃③3024、賀澤③3026、滝口④3037、日野③3043、増田④3051、村本④3052、布施③3056
26.6秒
32位(1↓)関学30分36秒0田島 光③294101、米 奎亮④301443、安西佑騎④302663
関口②3027、山本②3036、安達②3043、小泉④3044、柿田④3046、河本③、増田②
18.9秒
33位(1↓)駿河30分36秒9西沢晃佑③301216、河口昂平④301524、親崎達朗④301536
岩嵜④3024、鈴木④3036、寄木④3039、高橋③3041、馬場②3056、高桑④3059、木村④
16.8秒
34位(1↑)武蔵30分48秒0タイタス ワンブア②283632、藤井亮矢②293031、岩永 令②303713★
小野③3045★、安部③3047、佐藤③3055★、高岡③3058、高橋②、山本③、木下③
 
35位(2↑)桜美30分58秒0レダマ キサイヤ②292282、小高真基④301368、平野秀一③3044
仲原②3055、坂田②3056、田部③3057、森③、佐藤②、森山④、安西③
 
以上、平均31分以内チーム詳細
以下、10名以上出走確認チーム
なお、31分以内最大3名紹介、いなければ31分20秒以内を1名紹介
 
36位(2↓)松蔭31分02秒1(植田一貴④300146★、福島研二④300408、宍戸公紀③303757)
37位(→)明学31分09秒7(佐久間康弘③300341★、大谷智希③301897、鈴木  陸③3044)
38位(→)東経31分13秒4(松浦大輝④3011、元川嵩大③3051、鈴木優斗②3052)
39位芝工32分01秒4(矢澤健太④305273、斎藤④3053)
40位東情32分03秒3(篠崎拓弥③303941、井上④3046)
41位立大32分04秒6(加世田雅之③304196★、中村②3049★、轟木③3049)
42位東大32分14秒8(近藤秀一③292282) 43位防大33分16秒3(古林③3118)
44位理科33分30秒1 45位高経33分44秒7 46位国武34分16秒9
 
個人30分30秒以内
松井将器(東工M2)285171
才記壮人(M1)293582
吉成祐人(M2)294818
塩田 匠(東工3)294966
根岸祐太(慶大3)300537

 31位から35位の中ではひとまず武蔵野学院大は大きく伸ばしてきそうな気配です。藤井選手以外にも成長している選手はいますので。関東学院大も昨年末下級生が記録を出していましたので注目。駿河台も卒業する先輩に続きたいですね。箱根予選はしっかりあげてきています。
 他では31分台以降でも30分前半のタイムを持っている選手はいますので、しっかりついていってあげてほしいですよね。

スポンサーリンク

フォローする