スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~亜細亜大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
14年予選20位、15年予選16位、14年予選16位
 
 
スポンサーリンク
 
 

亜細亜大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

スポンサーリンク

2016年度主な卒業生

工藤隼人29分36秒90≪16:予45位、箱5区13位相当、15:予21位≫⇒NDソフト
関口海月29分22秒55≪16:予196位、14:予410位≫⇒旭化成
藤田啓生30分00秒25
…3年時全日本予選出場
矢後健太30分10秒37≪14:予259位、13:予210位≫
吉田 豊30分21秒18≪16:予226位、14:予204位、13:予174位≫
(梅宮佑介…2年時全日本予選出場)

 苦しい時期が続いている中、工藤選手が連合チームとして出走しています。1年生の時に1万30分12秒まで縮めてくると、関東ICにも出場し主力として期待されます。ただ、箱根予選は出走できませんでした。この時は予選20位と大敗退だった年ですね。ここから奮起した工藤選手は学生ハーフで64分台をマークすると、3年時の春には29分36秒とぐんと伸びてきます。初出走となった箱根予選では個人21位の好走、連合チームに選ばれます。
 
 連合では志願の5区山登り。すぐに留学生の選手に交わされる難しい位置でしたが、後半勝負に徹して区間13位相当の走りにまとめたのはいい走りだったと思います。4年時はやや伸び悩みましたが、秋に5千14分14秒の自己ベスト、予選でも個人45位でまとめました。毎年確実にベストを更新していました。実業団で更に更新が見られるといいですね。
 
 関口選手はトラックのスピードがありましたね。元々3障の選手でしたが、2年時には全日本予選4組を任されるくらいになりました。予選の直前の記録会で1万29分55秒。予選の成績が密かに楽しみでしたが67分台と大失速してしまいます。練習でエネルギーを使い過ぎて重要な試合で調整が合わないという課題があったそうです。その後故障続きでしたが3年晩秋に1万29分半ばを出すと、4年時に開花します。関東IC1500mで入賞すると、5千13分台を2度マーク。沖縄記録となります。ただ、2年ぶり出場の箱根予選は196位…力は発揮しきれませんでした。強豪・旭化成に行くのにびっくりしましたが、覚醒なるでしょうか。
 
 あとは予選走っている選手が2名いますね。吉田選手が3度出場し力になりました。1年時が一番成績が良かったのが惜しまれるか。故障にも苦しみましたかね。矢後選手は下級生の時に予選に2度出走。その後は中々名前を見ませんでしたが、4年時に全日本予選3組で出走しています。また、1万30分00秒を持つ藤田選手は3年時に全日本予選出走、他に梅宮選手も2年時に出場していますね。
 
 

新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
加藤風磨④29分07秒49≪17:箱9区12位相当、16:予22位、15:予31位、14:予192位≫
佐々木直人④29分33秒64≪16:予133位≫
梅本龍太③29分43秒20≪16:予288位、15:予273位≫
山本雄太④29分55秒47
米井翔也③29分55秒47
≪16:予160位≫
古川  舜③30分02秒40≪16:予247位、15:予249位≫
上土井雅大②30分07秒02
芝 陽盛④30分12秒68
武 雄介③30分14秒03

服部純哉④30分26秒84
在校生1万上位10人平均26位29分55秒8
 
【その他、有力在校生】
田崎聖良②30分31秒50≪16:予215位≫
山口明津也③30分32秒43≪16:予262位≫
今関拳人④30分34秒25≪16:予309位、15:予180位≫
須佐郁也④30分35秒53≪16:予112位、15:予201位≫
西村 涼③half65分36秒
関根 諒③half65分46秒
河野辺祐貴③half67分38秒
 
【新入生】
兼次祐希①14分33秒95≪17:都5区34位、16:高1区25位≫
深沢空良①14分44秒51
大城義己①14分55秒07
村山光輝①14分56秒74
柿木郁人①14分58秒24

新入生5千上位5人平均26位14分49秒7
 まだややボーダーからは差があるものの、何とか箱根駅伝へ復帰を手繰り寄せたい。寮を新しくし、合宿地の設備に5億円の投資を図り環境面の変化はどういう影響を与えるか。選手としては伸びかかっている選手はいるという状態でしょうか。ひとまず柱ができた。新4年になる加藤選手が日本学生ハーフで63分前半、エースに成長した。まずは個人の記録が楽しみというランナーになった。また、冬に姿を見ないのが気がかりですが、秋に急成長を遂げた佐々木選手あたりが中心となるだろう。
 
 個人的に覚醒のチャンスあるかと思うのは新3年の選手。トラックで頑張っていた米井選手や山口選手、1年時から箱根予選に出走している梅本・古川選手ももうワン楽アップできれば面白いですね。新2年では全日本予選から出走している田崎選手は勿論、最近調子のいい上土井選手が戦力になれるかどうか。また、新4年長い距離に強い今関・須佐選手は貴重な存在。最後の箱根予選にしっかり合わせてほしい選手。他にもハーフ65分台経験者はいるので何とかまとまりたい。
 
 新入生は駅伝で全国経験のある兼次選手が即戦力となってくれると助かりますかね。その他の選手は地道に積み上げていってほしいです。現状では予選通過ボーダーにはまだ手が届かない位置ですが、加藤選手がいる今年、何とか箱根駅伝出場へ這い上がっていきたいところだ。
スポンサーリンク

フォローする