スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~専修大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
14予選17位、15予選15位、16予選14位
 
 
スポンサーリンク
 

専修大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

スポンサーリンク

2016年度主な卒業生

丸山竜也28分46秒08≪17:箱1区21位相当、16:予8位、箱2区9位相当、15:予23位、13:97位≫⇒黒崎播磨
渡辺瑠偉29分05秒19≪16:予401位、15:予205位、14:予135位≫⇒新電元工業
濱野優太29分20秒26≪16:予145位、15:予56位、14:箱1区20位、13:予47位≫⇒警視庁
小澤勇斗28分51秒11≪16:予152位、15:予80位、14:予208位≫⇒プレス工業
山崎泰弘29分31秒83≪14:予289位≫
山口哲平30分49秒34≪16:予368位≫
柗山航平5千14分09秒63
秋山隼人5千14分18秒22
≪16:予180位≫…関東IC1500m8位
坂本竜平30分11秒64≪13:予196位≫

 前監督の伊藤国光さんがスカウトした最初の世代だけあって、多くのランナーが集まったのですよね。何とか彼らがいるうちに箱根復帰を果たしたかったですが、記念大会の90回大会以外は出場は叶いませんでした。

その中で、3年時に連合チーム2区で素晴らしい走りを見せたのが丸山選手。1年生の時から箱根予選を走って二けた順位、2年に上がる前後にハーフ64分台・1万29分35秒をマークするもその後に故障してしまいます。箱根予選もこの時はエントリーから外れています。それでも力は蓄えていたのでしょう。丸亀ハーフで63分前半をマークします。トラックでも3年春に5千14分10秒を出します。ただ、全日本予選はエントリー漏れ。故障や好不調の波が激しかったのです。

 
 それが3年箱根予選から変わってきます。チームトップで走り連合チームに選ばれると、学連記録会で1万28分46秒をマークし、箱根2区に抜擢。そこで先の快走をします。一躍名前が上がりましたね。関東IC・全日本予選4組で安定して走り切ると、最後の箱根予選は個人8位!1万でも更にベストを更新し、2度目の連合チームでは1区で先陣を切る役目を担います。ところが、出走中にまさかの故障。区間最下位相当の走りだったのは本当に無念でした。実業団は最近急上昇中の黒崎播磨、今度こそチームで力になりたいところです。
 
 チームとして唯一駅伝を経験しているのは、濱野選手は1年生の時から力になっているのですよね。全日本予選では当時はあったOPで好走、箱根予選で47位のチーム4番手で走り切り、通過に貢献しています。主軸の故障もあり、箱根は1区に抜擢されています。すぐ主力になるかと思われましたが故障もあり、2年生の時はほぼ試合に出場していません。それでも3年時に復調、全日本予選で健闘すると、箱根予選でも当時とほぼ同じような記録を出したのは個人的に盛り上がりました。4年時はうまく走れませんでしたが、実業団の警視庁で悔しさを晴らしてほしいですね。
 
 トラックで活躍が光るのは小澤・渡辺選手ですね。小澤選手は2年時の全日本予選で1組8位の好走、4年時の全日本予選も4組でまとめる走りを見せています。長い距離も徐々に対応し、3年時の予選で80位と健闘、直後のトラックで1万28分台をマークしていますね。渡辺選手は2年時の箱根予選をチーム2番手で走った直後に1万29分05秒を出したのが驚きましたね。その後は全日本予選等で主力としての役割を担いました。両者とも最後の箱根予選で沈んでしまったのが惜しまれます。
 
 あとはいろんな選手がいますね。山口・秋山選手は4年時の箱根予選で初めて出走しています。秋山選手はスピードランナーで関東IC1500mで8位入賞を遂げています。同じくスピードランナーで柗山選手がいて、5千14分一桁のタイムを持っています。秋山・柗山選手は全日本予選も出走経験ありますね。他には1万チーム9番手のベストを持つ山崎選手は2年時に箱根予選出走、坂本選手は1年時に箱根予選出走しています。他、槻館選手が5千で、浅田選手が1万で、松井選手がハーフでチームトップ10にあと一歩でした。多くの選手にチャンスがあり、それぞれの得意分野を持っていたことが分かりますね。
 
 

2017年度新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
吉田裕晟④29分09秒30
岩田拓海④29分17秒29≪14:予179位≫
和田照也③29分20秒48
風岡永吉④29分30秒79

宮下晴貴②29分40秒05
宮尾佳輔④29分40秒06
≪16:予185位、15:予173位、14:予212位≫
川平浩之③29分44秒86≪16:予158位、15:予98位≫
横山絢史②29分53秒36
浅見眞之④29分56秒52
佐藤雄基③29分56秒74
≪16:予195位、15:予176位≫
在校生1万上位10人平均20位29分38秒4
 
【その他、有力在校生】
阿部祥生④30分04秒19
山本伸輝④30分10秒46

藤井健吾③30分12秒07≪16:予120位、15:予158位≫
塚原淳之②30分19秒16≪16:予228位≫
矢澤明徳③half65分06秒≪16:予164位≫
長谷川柊②half65分12秒
伊藤健太④half65分24秒
 
【新入生】
松村翔太郎①14分35秒79≪16:高4区20位≫
小林 純①14分36秒44
黒柳陽汰①14分37秒67

石井翔琉①14分40秒92
森島嘉大①14分43秒83

新入生5千上位5人平均21位14分38秒9
 記録は持っていても、大舞台で多くの選手が厳しい結果になる…を繰り返していました。何かしら伊藤前監督のこだわりがあったのかなと感じますが、結果は残せず、昨年12月よりOBの長谷川氏が監督になられています。一気に選手層が薄くなりましたが、若い長谷川監督がどうやってチームをまとめていくかは注目ですよね。
 
 さて、現状主力と言えるのは岩田選手でしょうか。1万大幅ベストでハーフも64分台をマークし安定しています。期待の若手としては矢澤・長谷川選手も面白い存在。学生ハーフも頑張りました。他に、宮尾・藤井・川平・佐藤選手あたりも予選で二けた順位をとれる潜在能力はあるように見えます。これにトラックでいい記録を出した横山・和田選手や、故障中の吉田選手が復帰できれば一気にチーム力が上がってくるはずです。
 
 新入生は即戦力とまではいきませんでしたが、14分30秒台の選手が複数入部してくれます。記録を伸ばすことは前監督は長けていましたので、ここは引き継いでほしいところですね。1万の平均タイムは卒業生が抜けても箱根予選ボーダーに絡んでいます。試合で力を発揮することができれば道は開けるはずです。
 
スポンサーリンク

フォローする