スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~東京農業大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
※進路情報が情報不足の場合があります
14箱根14位、14予選11位、15予選12位、16予選13位
 
 
スポンサーリンク

東京農業大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

スポンサーリンク

2016年度主な卒業生

折居卓哉29分27秒71≪16:予50位、15:予210位≫⇒サンベルクス
木山雄生29分30秒71
≪16:予137位、15:予143位、14:予79位≫
荒木暸一29分35秒24≪14:予147位≫
西村昌悟29分54秒12≪16:予97位、14:予139位、13:予269位≫
矢口寛大30分23秒06≪16:予129位≫
帯津佳祐30分41秒61
畠山泰成half64分08秒
田村和基half65分25秒

 最後の箱根は1年時、最終的に箱根出走する選手は出せませんでした。その中で一番タイムが伸びたのは折居選手でしたね。1500mで記録を残すと、2年時に全日本予選1組で粘りの走りを見せるなどトラックから名前を聞くようになりました。3年時の全日本予選では3組で中位に入る成績を残しています。ロードでも2年時の学生ハーフで63分台。持ちタイムはトップクラスになります。ただ、初出走となった3年時箱根予選は失敗、ギリギリのところで通過が叶わなかった一因となってしまいます。それでも1年後、1万で自己ベストを出すと最後の予選はチーム2番手の50位、力の限りを尽くしました。その後5千13分台をマーク、実業団でもうランクアップできそうな気配です。
 
 また、その折居選手より台頭が早かった選手もいますね。木山選手は2年時の箱根予選で79位の好走、直後の1万で29分30秒をマークし次期主力候補に名乗りを上げます。ただ、その後故障などもあり苦しみました。その中箱根予選には間に合わせチーム8番手、6番手でゴールしています。西村選手は唯一1年時に予選出走、一時伸び悩んだこともありましたが、上級生になり1万29分台をマーク、最後の予選は97位と二けた順位、過去最高の成績を取りました。
 
 最後に人一倍悔しい思いをしたのが荒木選手、2年時の予選で147位の成績を残すと、3年時の12月に1万29分35秒。その後のハーフも64分台を出すなど主力の一人となります。ただ、最後の予選の前に無念の故障、走りで臨むことはできませんでした。逆に最後に予選で出走メンバー入りしたのが矢口選手。1万30分23秒がベストながら129位でチーム5番手は大健闘だったと思います。それぞれの思いが交錯していますね。他には、同じく4年時に予選の14人のメンバーには入っていた帯津選手、ハーフのベストランキングでトップ10に入っている畠山選手や田村選手がいますね。こう見ると、結構卒業生の数は多いと思います。
 
 

2017年度新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】

小山直城③29分14分26≪17:箱4区10位相当、16:予31位、15:予58位≫
茂木洋晃④29分38秒33
瀬戸口凌③29分39秒82
≪16:予170位≫
高田悠太②29分50秒55
田中健祐③29分56秒30
≪16:208位≫
高橋悠平④29分57秒71≪16:予199位≫
山舘湧真④30分07秒40
高良綾太郎④30分13秒84
≪16:予319位≫
加藤大地③30分16秒47≪16:予105位≫
在校生1万上位10人平均25位29分54秒7

 
【その他、有力在校生】
森 柊斗③30分17秒52≪16:予148位≫
田中光祐③30分18秒00
関 樹道④30分28秒83
西野匠哉②30分45秒40≪16:予193位≫
鈴木開登③half66分25秒
今井優作②half66分34秒
朝比奈俊介④half66分53秒
【新入生】
藤原 慎①14分17秒56≪16:高7区18位≫
尾辻 颯①14分34秒91
櫻井亮也①14分37秒37

平井陽大①14分44秒70
土井拓海①14分49秒51
≪16:高1区36位≫
新入生5千上位5人平均20位14分36秒8
 エースとなるのはやはり小山選手。少しずつ自己ベストを伸ばしていて安定感があります。連合で箱根出走となりましたが、単独走の中区間10位で走り切ったのは好印象です。勿論、彼の力だけでは4年ぶりの予選通過は見えてきませんので、底上げをしたい。1万の平均タイムを見ると厳しいですが、主力になる候補はいるのですよね。
 
 5千1万のトラックな得意な瀬戸口選手は少しずつ上がってくると思う。最近姿を見ませんが、自己ベストは大きく更新中の高田選手や予選105位の加藤選手も面白い存在だ。他には全日本予選出走が多い高橋・高良選手や予選で200位以内に入っている森・西野選手が上積みしていけるかどうか。最近ハーフ出走が多い山舘・鈴木・今井選手あたりも半年後までに62分以内で走れるようになっていきたい。
 
 新入生は3年連続予選落ちの中、14分17秒を持っている藤原選手が来てくれますね。尾辻・櫻井選手は14分30秒台、貴重な戦力となってくれると思います。現状では他のチームと見比べると更に厳しい戦いが予想さますが、一つ一つ積み上げていけば総合力は上がってくるはずだ。
 
スポンサーリンク

フォローする