スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~拓殖大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
 

※2017箱根本戦出場校ラスト
16箱根16位、16予選7位、16全日本8位、17箱根14位

スポンサーリンク

拓殖大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて【箱根駅伝】

スポンサーリンク

主な卒業生

宇田朋史29分12秒99≪17:箱4区6位、16:全4区2位、予17位、箱3区10位、15:予20位、箱8区18位、14:出2区、箱8区17位、13:予91位≫
新井裕祟30分18秒55≪17:箱8区16位、16:全6区9位、予64位、15:箱7区20位、14:出5区、13:予142位≫⇒陸上自衛隊
大中亮矢30分19秒38≪16:全7区16位、予121位、箱6区19位≫
北川善幸30分28秒76
渡辺耕平5千14分35秒95

 1年生の時にシード権獲得、その後はシード権獲得へ様々な苦難がありました。4年間その真っただ中にいたのが宇田主将でしたね。1年生の秋に1万29分台を出し台頭すると予選も二けた順位で走り1年目で大きく成長しました。迎えた初の箱根路で良くも悪くも宇田選手を有名にした出来事が起こります。8区の中盤に差し掛かるところで他校の選手と足が絡まり転倒、すぐに起き上がったもののペースダウン。総合順位を落としてしまいます。その後の4年生の好走でチームはシード権獲得したものの、本人には悔しい気持ちが残ります。2年生以降は自身もしっかり貢献しようと奮起しますがここから苦しい戦いが始まります。同じ8区を出走しますが、悪い流れを止められず失速、繰り上げスタートに合ってしまいます。

 
 3年生になって走力面であがってきましたね。1万29分半ばをマーク、箱根予選は60分13秒で一気に主力の選手となります。3年目の箱根路はこれまでとは違う往路3区を担当。スピードレースでしたが粘りを見せ区間10位。翌年への期待が高まりました。4年時は全日本予選から全力投球、暑さの中4組で29分台で粘り9年ぶり通過に導くと、箱根予選も安定した走りをします。そして全日本が個人的に思うベストレースです。準エース区間4区で9位で襷を受け取ると区間2位の快走!チームを6位に引き上げ、終盤までシード権争いをする流れを作ります。迎えた最後の箱根は4区17位で襷を受けると7人抜き、今度もシード権争いに引き上げ、目標に向け邁進します。しかし、最終順位は14位、ゴール地点での寂しそうな表情が印象的でした。勝つことの難しさを思い知る場面です。現役引退が惜しい選手ですね。
 
 この宇田選手と1年時の予選で一緒に走っているのが新井選手ですね。62分00秒でチーム9番手で走り切ります。箱根は惜しくも出走なりませんでしたが、彼も将来主力になることを期待されました。2年時に箱根出走をしますが、前から大きく離れていたこともあり区間最下位と力を出せず。悔しいデビューとなります。その後は記録が落ち試合にも出ないなど苦しい時期が続きます。それでも4年の夏を超えて復活。予選個人64位と頑張ると、全日本6区は区間一桁で粘りの走りを見せます。最後の箱根は8区。総合12位でシード権まで1分強、大事な場面で襷を受けますが、ペースを上げることはできず区間16位、箱根は悔しさで終わりました。
 
 後は大中選手が走りましたね。3年時に山下り起用となりますが、非常に苦しい走りとなってしまいます。リベンジを期して最後の年は箱根予選と全日本本戦に出走しますが、こちらもあともう少しという成績でした。他、4年時に全日本予選1組で粘り、山登り候補にも上がった北川選手、秋に5千でチームトップ10に入る成績を出した渡辺選手がいましたね。全体的に走りでは無念の成績だったかもしれません。糧にして今後の人生を歩んでいってほしいですね。
 
 

新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
ワークナー デレセ タソ③28分19秒16≪17:箱2区2位、16:全2区3位、予6位、箱2区11位、15:予2位≫
馬場祐輔③29分06秒71≪17:箱6区7位、16:全1区14位、予111位、箱5区15位、15:予45位≫
西 智也④29分27秒53≪17:箱1区14位、16:全8区7位、予71位、15:箱4区11位≫
苅田広野④29分47秒57≪17:箱7区14位、16:予54位、15:予225位≫
戸部凌佑③29分52秒44≪17:箱5区11位、16:箱7区15位、15:予63位≫
赤﨑 暁②29分55秒76≪17:箱10区12位、16:全5区11位、予72位≫
土師悠作④30分06秒69≪17:箱9区19位、16:全3区9位、予98位≫
中井槙吾②30分07秒96
峠 亮平③30分10秒03
長田悠太郎③30分13秒76
在校生1万上位10人平均23位29分42秒7
 
【その他、有力在校生】
脇本 将④30分21秒59
松下 良②30分31秒22
鈴見侑大③30分34秒73
≪16:予162位≫
藤井拓実②30分36秒12≪16:予313位≫
楠本幸太郎②30分47秒12
今滝春彦③30分53秒84
≪17:箱3区20位≫
五十嵐大己③half65分41秒
 
【新入生】
松岡涼真①14分42秒85≪16:高7区13位≫
清松拓真①14分49秒62
鈴木勇那①14分50秒35
青柳拓郎①14分52秒72
中居 翼①14分52秒87

新入生5千上位5人平均26位14分49秒6
 
【今から考える箱根駅伝オーダー予想】
馬場-ワークナー-苅田-西-戸部  土師-鈴見-藤井-赤崎-中井
 届きそうで届かないシード権へ、もう一度挑戦ですね。主力選手は多く残っていますので、新チームも狙うチャンスは出てくるはずです。起爆剤となるのは勿論ワークナー選手、1年単位で確実に安定感と強さが増してきています。箱根2区も非常にいい走りだったと思います。非常に頼りになる存在ですね。続く選手が2年連続山を担当してる馬場選手とガッツさが魅力の西選手、あともう少しで他校の主力と闘っていけそうな気配です。箱根予選で60分前後あたりまで力をつけられればと思いますね。
 
 続くのが箱根5区で粘りの走りを見せた戸部選手やまずまずの駅伝デビューをした苅田・赤崎選手に、全日本3区で区間一桁の土師選手あたりでしょうか。区間中位あたりの経験がある選手が何人もいるので、彼らが安定して強くなってくるとチーム力がぐっと上がってくるはずだ。その他の選手がやや開きがあるが、地道に積み上げてきた上級生は勿論、トラックのタイムが伸びた峠選手や成長著しい新2年の中井・松下・藤井選手あたりに注目していきたい。
 
 新入生スカウトは今年も厳しいが、松岡選手あたりに期待だろうか。まずは力を蓄えてほしい。チームとしては箱根予選は順当ならひとまず通過圏内、前年から狙い始めた全日本もやはり射程圏内にはつけているはずだ。どちらも通過は勿論、箱根本戦で6区終了時で10位以内に付ける戦力を育んでいきたいところだ。
スポンサーリンク

フォローする