スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~順天堂大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
15箱根12位、16箱根6位、16出雲7位、17箱根4位
 
 
 
スポンサーリンク

順天堂大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

スポンサーリンク

主な卒業生

聞谷賢人28分51秒24≪17:箱9区3位、16:箱9区12位、15:全4区13位、予49位、箱10区9位、14:全6区11位、予69位、箱10区8位、13:全6区13位≫⇒トヨタ紡織
西澤卓弥29分08秒75≪17:箱1区15位、16:出1区8位、箱1区12位、15:全7区8位、予82位、箱7区4位、14:全3区14位、予117位、箱4区19位≫⇒トーエネック
森 湧暉29分10秒26≪16:箱6区14位、15:全6区6位、予85位、箱6区11位、13:全3区10位、出4区6位≫⇒八千代工業
作田直也29分26秒15≪17:箱10区1位、16:出6区7位、箱10区2位、14:予98位≫⇒JR東日本
甲斐智樹30分36秒28≪17:箱8区7位、16:箱8区13位、15:予110位≫
甲斐大貴29分55秒37ラフィネ
宮川慎太郎29分59秒32警視庁
安齋 宰1500m3分43秒58⇒
埼玉医科大学
 2年連続のシード権落ちから、6位→4位とジャンプアップした世代ですね!その中で4年連続出場している選手が2人います。聞谷選手は1年生の秋に1万29分台2度出すなど成長、全日本出走後、箱根も出走。10区器用はちょっと驚きましたが区間8位としっかりと走り切りました。2年時も箱根予選69位、箱根10区で続けて区間一桁順位を獲得。長い距離で安定感がありましたね。
 
 3年時は関東ICハーフ7位入賞、全日本予選3組好走するなど少しずつ力を付けます。ただ、駅伝シーズンはちょっと足踏み。初の主要区間となった全日本4区・箱根9区はいずれも区間二桁順位となり、順位も落としてしまいます。主将となった今シーズンも序盤はやや苦戦し、全日本予選も欠場することに。一時心配になりますが、秋になって復帰すると1万28分台をマーク、箱根は満を持して9区に登場。全て復路の長距離区間になりました。監督が4年連続9区を走った選手という影響もあったか、これまでとは見違える快走、区間3位でチームの総合4位に貢献しました。
 
 もう一人1年生の時から箱根に出場したのが西澤選手。おそらく故障者の影響もあったのでしょう、4区で出走しこの時は区間19位に沈んでいます。評価が急上昇したのが翌年の箱根、その時まで実績は少なかったのですが7区4位の好走で、一気に主力の仲間入りをします。3年時は全日本7区8位のあと、驚きの箱根1区起用。ハイペースになる集団、トラックのスピードのイメージが無かったのですがうまく走り区間12位、3年ぶりのシード権に貢献します。その後は1区選任に。出雲でも区間8位と踏ん張ると箱根も再度1区に登場。調子は今一つながら前が見える位置で踏ん張り切りました。
 
 スピードで活躍を期待されたのは森選手ですね。実は三大駅伝一番登場が早いのですよね。出雲4区6位と好走しています。ただ、全日本3区で区間順位を落とし箱根は未登場になります。2年になって迎えた全日本予選がとても良かったですね。3組8位と準主力の働きをします。駅伝は箱根の山下りに登場し活路を見出します。3年時はロード20㎞にも対応、全日本でも6区6位と好走しますが箱根はやや失速してしまいます。ここから苦しい時期が続き、全日本予選3組で大きく失速、記録会でも成績が上がらず、最後の箱根は7区候補に上がりますが出走なりませんでした。実業団で再び上がってほしいですね。
 
 この世代の全大学生で成長率No.1といっても過言ではないのは作田選手ですね。高校時代5千15分後半の持ちタイムながら、2年時の箱根予選で二けた順位に食い込む力走を見せます。その後、試合に出ない時期もありましたが、3年生の上尾ハーフで64分強のタイムを出すと念願の箱根のメンバーに。10区で登場すると区間2位の快走で3人抜き、ファンを驚かせます。4年時はトラックの記録も伸び、主力としての役割を期待されるほどになります。出雲でアンカーを担当し。箱根ももう一度アンカー。なんと区間賞を獲得!あと僅かで3位になるところまでチームを浮上させる活躍をします。2028年の五輪マラソンを見据えて競技を続けるそうです。
 
 あとは3年時に頭角を現した甲斐智選手ですかね。長い距離で安定した成績を残し箱根8区抜擢され区間13位と踏ん張ります。翌年も走ると今度は区間7位と順位を上げる活躍、有終の美を飾ります。その他、箱根は縁が無かったですが、続ける選手が何人もいますね。甲斐大選手は先日勝田全国マラソンで優勝。まだNY未出場のラフィネに行きます。エントリーメンバー争いで名前を何度も見た宮川選手は警視庁へ、1500mのスピードランナー安齋選手もまた姿が見れそうです。
 
 
 

新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
塩尻和也③28分32秒85≪17:箱2区5位、16:出3区2位、箱2区5位、15:全2区4位、予8位≫16:リオ五輪3障出場
栃木渡④28分44秒38≪17:箱4区1位、16:出2区7位、箱4区3位、15:全8区11位、予55位、箱8区15位、14:全5区14位、予53位≫
花澤賢人④28分49秒96≪14:全2区14位、予105位≫
野田一輝②29分00秒06≪17:箱3区16位、16:出5区6位、都5区14位、15:高3区5位、IH3障6位≫
難波皓平②29分22秒55≪17:箱7区16位≫
馬場スタン恵③29分39秒98
吉岡幸輝③29分41秒52
金原弘直③29分42秒68
≪16:出4区10位≫
小林 聖③29分52秒37
飯野汰一④29分54秒52

在校生1万上位10人平均9位29分20秒0
 
【その他、有力在校生】
橋本龍一②29分55秒74≪17:箱6区10位≫
鈴木雄人②29分58秒09
藤曲寛人②30分06秒47
江口智耶③30分07秒51
≪15:予140位≫
小畠隆太郎②30分09秒09
中村陵介④30分14秒80
≪15:予220位≫
山田 攻③30分23秒72≪17:箱5区5位≫
【新入生】
清水颯大①14分12秒57≪17:都1区3位、16:高1区7位≫
野口雄大①14分18秒74≪16:IH1500m7位≫
多久和能広①14分23秒66≪17:都1区22位、16:国体5千16位、IH1500m16位・3障7位≫
宮田諄一①14分28秒62
高橋 響①14分29秒98
≪17:都1区24位、16:高3区26位、IH3障16位≫
新入生5千上位5人平均9位14分22秒7
 
北村友也①14分30秒56
矢野直幹①14分33秒73
≪16:高5区40位≫
森下舜也①14分34秒06≪16:高6区29位≫
原田宗広①14分35秒59≪16:高7区9位≫
前田智広①14分37秒86≪16:IH1500m12位≫
鈴木①1452≪16:IH1500m15位≫
【今から考える箱根駅伝オーダー予想】
清水-塩尻-難波-栃木-山田  橋本-野口-馬場-金原-野田
 比較的4年生の穴が大きい方ではありますが、2区4区5区6区と核となる区間の選手が残っているのは大きいですよね。塩尻選手はどの大会でもほぼ安定して成績を残し続けています。今回の2区も前半かなり飛ばしていった中、前回より良いタイムで駆け抜けています。3障で世界選手権を狙うのか、トラックシーズンから目が離せない選手ですね。それから箱根4区区間賞で株を上げた栃木選手も他の主要大会でやってくれそうです。まずはこの2人が引っ張っていくのでしょう。
 
 後は箱根5区でファンをびっくりさせた山田選手と堅実に6区で下った橋本選手がいますが、今のところ攻められそうなのはこれくらいかな。箱根を経験した難波・野田選手や1万30分前後に複数の選手がいる新2年、あともう少しというところの金原・馬場選手らがいる新3年がもっと出てきてほしいですね。新4年が思いの外少ないのが気になりますが、叩き上げの飯野・中村選手や怪我さえなければ箱根走れていたかもしれない花澤選手があがってこれるか。
 
 新入生は即戦力になりそうな選手が取れていますね。清水選手は5千の持ちタイムもさることながら、駅伝で活躍していますね。福岡クロカンでも良かったですし、タイム以上の力がありそうです。あとはスピードのある野口選手やオールマイティーの多久和選手、他順大らしく1500mや3障が得意な選手がいますね。力のある選手はいるので、彼らを活かせるように、中堅層を厚くしたい。そうなれば、戦っていけるはずだ。
 
スポンサーリンク

フォローする