スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~法政大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
14箱根11位、16箱根19位、16予選4位、17箱根8位
 
スポンサーリンク
 

法政大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

スポンサーリンク

2016年度主な卒業生

足羽純実29分09秒66≪17:箱2区14位、16:予12位、箱1区20位、15:予12位、14:予139位、13:全5区5位、出5区5位≫⇒Honda
坂田昌駿29分47秒99≪17:箱3区11位、16:予46位、箱7区16位、15:予54位、14:予100位≫⇒中央発條
城越洸星29分16秒69≪17:箱9区11位、16:予101位、箱10区9位、15:予91位≫
生澤祐樹30分29秒85≪17:箱5区10位≫
篠村政寛29分46秒57
岡田 悠30分12秒74
≪15:予137位≫
木村優志30分07秒85≪14:予166位≫
(田辺良磨≪14:予110位≫)

 1年目:シード校陥落、2年目:予選落ち、3年目:箱根復帰、4年目:シード権獲得…色んな事があった4年間でした。足羽選手はその中で4年間レギュラーメンバーとしてあり続けた選手です。1年時の全日本予選でいきなり3組抜擢、この時は苦い成績でしたが予選通過のメンバーに。迎えた駅伝シーズンは出雲と全日本共に区間5位の成績、箱根は故障で欠場するも潜在能力の高さを見せました。2年時の全日本予選は3組2位の好成績で順調に成長。箱根予選で作戦ミスもあり凡走しますが、学生ハーフで63分半ばを出すとトラックの記録も更新、チームの柱として臨んだ箱根予選で59分台の激走。決して前評判が高くなかった中、通過に導きます。
 
 ただ、その後苦難が始まります。箱根1区に起用されるもハイペースについていけずやや前と離れた区間最下位。初の箱根は悔しい成績となります。その後、記録会はそこそこでも関東IC・全日本予選と大舞台で大失速を繰り返してしまいます。理由は貧血とのちに判明しますが苦しい時期でした。その中で秋に復調、予選を昨年と同じ順位で走ると満を持して2区に登場。前回無理に1区を付き過ぎたこともあったかどうか、終盤にしっかりまとめ上げる走り、シード権獲得に大きな流れを作りました。
 
 坂田選手は全国高校駅伝など経験値もありましたね。下級生の頃は怪我が多く試合への出場も少なかったですが、2年時に予選出走し長いロードへの適性を見せました。3年時に伸び、予選でチーム2番手の走り。箱根も7区で出走しています。その後はやや足踏みもありましたが、全日本予選3組4位・箱根予選は過去最高の順位で走ります。その後のトラックは他の部員が大幅ベストを出す中、焦らず調整。箱根3区でいぶし銀と言える走りを見せ、後半区間へ繋げました。
 
 城越選手も3年生の時から台頭してきて初登場の予選で二けた順位で走り切ります。長い距離に強みがあり、総合19位とチームが苦しむ中、箱根10区でチーム唯一の区間一桁順位で走り切ります。4年時の箱根予選は前回より下がりますが、その後の記録会で1万のベストを大きく更新、最後の箱根は復路のエース区間9区を受け持ちます。シード権上の争い、終盤に足が痙攣する中踏ん張り、チームを6位に引き上げます。弟が別区間での好走の刺激もあったか、チームのシード権をほぼ決定づける力走でした。
 
 その他の選手は激しいメンバー争いの中にありましたね。トラックでは篠村選手が下級生の頃に1万29分台を出しますが、予選出走となったのはまた別の選手。2年時は田辺・木村選手が、3年時には岡田選手が出走しました。ただ、4選手とも箱根本戦は出走できず。最後に射止めたのは今までほとんどエントリーに縁がなかった生澤選手。1万30分半ばながら、山登りの秘密兵器として抜擢。混戦の中自分のペースを守り区間10位の力走。主力を平地に回すチームの作戦を見事成功に導きました。
 
 

大学駅伝2017年度新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
坂東悠汰③28分48秒61≪17:箱1区9位、16:予23位、箱4区15位≫
土井大輔③29分06秒65≪17:箱4区9位、16:予41位、箱8区18位、15:予123位≫
矢嶋謙悟③29分14秒03≪16:予104位≫
細川翔太郎④29分22秒65≪17:箱7区5位、16:予44位、箱5区13位≫
東福龍太郎③29分31秒59≪17:箱10区5位、16:予60位≫
狩野琢己③29分35秒64
田上鷹弥②29分38秒83
磯田和也④29分39秒59

増田蒼馬②29分42秒88
青木涼真②29分44秒18
≪17:箱8区9位≫
在校生1万上位10人平均13位29分26秒4
 
【その他、有力在校生】
佐藤敏也②half62分56秒≪18:箱6区3位≫
坪井 慧②29分48秒33
鈴木亮平③29分48秒84
鹿嶋隆裕④29分55秒79

園田憲佑④30分20秒17
本多寛幸③30分20秒38
≪16:予95位、箱9区20位、15:予89位≫
阿部泰久③30分22秒19≪16:予78位≫
 
【新入生】
田辺佑典①14分21秒42≪17:都4区20位、16:高6区7位、IH3障4位≫
中村雅史①14分29秒04≪17:都5区20位、16:高4区28位≫
糟谷勇輝①14分30秒85
児玉天晴①14分34秒99

古海 航①14分45秒76
新入生5千上位5人平均17位14分32秒4
 
【今から考える箱根駅伝オーダー予想】
細川-坂東-佐藤-土井-青木  坪井-矢嶋-鈴木-東福-阿部
 久々のシード校となり、更に上位を目指していきたいですね。法政大の箱根史上連続してシード権を獲得をする事は少ないのですが、狙う戦力はあるように見えます。スピードが魅力の坂東選手が長い距離も行けるようになりまずはエースと言える存在に。これにロードでしっかり走る細川・土井選手は主要区間走る力ありますし、山下りで監督も本人も驚きの爆走をした佐藤選手も先日ハーフで62分台で平地も行けることを示しました。長い距離で力を発揮する東福選手もいいですね。ここまでで5人。
 
 他にも3障が専門ながら、箱根8区で素晴らしい走りを見せた青木選手、1万で上回っている田上・増田選手もこれからの選手、坪井選手もいるし新2年は面白い選手が沢山いる。また、トラックタイプと思われた矢嶋選手が先日65分台でハーフマラソン優勝、続いた鈴木・狩野選手も面白い存在だ。これに予選で二けた順位を出している阿部・本多選手、足踏みが続いている磯田・鹿嶋・園田選手ら新4年が波に乗ってくると更に勢いが加速していくはずだ。
 
 新入生は3障で結果を残している田辺選手あたりが中心か。2年後に今の新3年生のようにぐぐっと上がってくる選手が複数出てきてくれればというところか。チーム全体としては、本当に勢いが高くなっている。箱根のシード権は勿論目指すだろうし、ここのところ惜しい所で敗退している全日本予選も上位で突破も見えてくるはずだ。
スポンサーリンク

フォローする