スポンサーリンク

【箱根駅伝】2016年度卒業生&2017年度に向けて~東洋大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
16箱根2位、16出雲9位、16全日本6位、17箱根2位
 
 
スポンサーリンク

東洋大学~2016年度卒業生&2017年度に向けて

 
スポンサーリンク

主な卒業生

服部弾馬28分55秒31≪17:箱1区1位、16:全1区1位、出3区3位、箱3区3位、15:全2区1位、出3区2位、箱7区3位、14:全1区10位、出1区、箱7区1位、13:出2区6位≫⇒トーエネック
櫻岡 駿28分22秒97≪17:箱4区4位、16:全2区11位、出1区7位、箱7区2位、15:全4区5位、出6区5位、箱4区4位、14:全3区6位≫⇒NTN
口町 亮28分42秒36≪17:箱3区3位、16:箱6区4位、15:全3区1位、出4区1位、14:出2区≫⇒SUBARU
山本采矢29分10秒11≪16:出6区8位≫⇒愛三工業
橋本 澪29分06秒19≪17:箱5区12位≫⇒マツダ
牧浦聖士29分36秒30
成瀬雅俊29分37秒38

 一番注目が集まったのは、スピードランナーの服部選手。駅伝でも1年生の全日本以外はすべて出走を果たしています。1年時では箱根7区が素晴らしかったですね。2位との差をじわり広げる区間賞で総合優勝を置きく引き寄せています。その後は少し伸び悩みもありましたが、爆発したのが3年時の日本ICでした。5千で残り200mで留学生を置き去りにするスパート、目が醒める思いをしました。その直後の出雲と全日本の覚醒具合も凄かったです。4年生になって5千でリオ五輪を目指しました。その磨き上げたスピードで4年時の駅伝は1区で切り込み隊長を担います。見事、連続区間賞です。5千で世界で勝負する弾みになってればいいですね。
 
 次に注目が集まったのは櫻岡&口町選手のコンビですね。櫻岡選手は長いロードで出てきましたね。全日本でデビューした後、上尾ハーフで62分台を出して主力候補に名乗りを上げています。その後、3年全日本での力走が記憶に新しいです。クレバーな走りで首位を死守し、東洋の初制覇に貢献しています。4年時は1万でベスト後はもう少しという戦いが続きますが、4年の箱根では攻めの走りを見せるていました。口町選手は鮮烈デビューでしたね。3年出雲で初出走を果たすと区間賞デビュー、そして全日本で2位以下を引き離す力走、ついたあだ名は『口町ロケット』、他校の監督も恐れていました。勢いは止まらず関東IC5千で表彰台に立つなど大きく成長しました。日本ICで故障し秋シーズンを棒に振ったのは惜しまれますが、箱根では元気な姿を見せていました。
 
 あとは4年生でデビューした選手もいますね。山本采選手はやや驚きの出雲駅伝のアンカーでデビュー、この時はしっかりまとめられましたね。酒井監督から復路のエースになれ!と期待を受けますが、箱根一次エントリー翌日に無念の怪我となってしまいました。橋本選手はあともう少しという状況が続く中、4年時主将。出雲と全日本は敢えて出場せず、力を貯めました。6区山下りと言われていましたが、走ったのは5区山登り。往路4位の位置で復路に望みを繋げました。
 
 他は、上尾ハーフでタイムを伸ばして16人に入った牧浦選手や1年時に山登り旧5区で81分くらいでいけると言われた成瀬選手もよく名前を見ましたね。成瀬選手は一度はどこかで見たかったです。他にも1万ベスト29分台まで伸ばした山本信・山口・吉村選手ら、それから同世代には競歩リオ五輪20㎞7位入賞の松永選手がいたことも心にとめておきたいです。
 
 

新チーム戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
渡邉奏太②28分59秒77≪16:全5区7位、出4区12位≫
小早川健④29分08秒58≪17:箱10区10位、16:全7区10位≫
竹下和輝④29分10秒15≪17:箱8区4位、16:全6区10位≫
小笹 椋③29分12秒05≪17:箱7区7位、16:全4区9位、箱4区6位≫
山本修二③29分12秒72≪17:箱2区11位、16:全8区4位、箱8区9位≫
野村峻哉④29分16秒42≪17:箱9区1位、16:出5区9位、15:全6区2位、出5区3位≫
中村 駆②29分20秒87≪16:出2区9位≫
荒武星哉④29分25秒57
福井勇仁②29分43秒11
菅原勇聖③29分51秒38

在校生1万上位10人平均8位29分20秒0
 
【その他、有力在校生】
相澤 晃②half62分05秒≪16:全3区4位≫
堀 龍彦④half63分32秒≪17:箱6区13位、15:全7区1位≫
中尾聡志②half63分53秒
高森建吾④half64分06秒
田中 建③half64分40秒
山口健弘③30分09秒62
小室 翼②30分18秒46
 
【新入生】
西山和弥①13分54秒16≪17:都1区5位、16:高3区9位、IH5千10位≫
大森龍之介①13分54秒25≪17:都1区33位、16:高1区28位、国体5千11位、IH5千8位≫
飯島圭吾①14分06秒38≪17:都1区32位、16:高1区9位≫
浅井峻雅①14分14秒35≪17:都1区29位、16:高3区21位≫
吉川洋次①14分15秒73
新入生5千上位5人平均1位14分04秒9
 
大澤 駿①14分19秒26≪17:都4区35位≫
小田太賀①14分22秒99≪16:高3区27位≫
岡里彰大①14分28秒05≪17:都5区33位、16:高1区40位≫
田上 健①14分30秒37
田中龍誠①14分30秒42
≪17:都1区33位、16:高1区23位≫
 
【今から考える箱根駅伝オーダー予想】
相澤-山本修-西山-野村-竹下  中村-渡邉-飯島-小笹-中尾
 箱根前からこの冬のシーズンはとても沢山の収穫が出ているのですよね。箱根で2区を任された山本修選手や9区区間賞の野村選手は来季の主力ですね。この他にもハーフ62分台となった竹下選手や箱根は出走できませんでしたがまだ1年生ながらこれまたハーフ62分台を2度出している相澤選手あたりは春からかなり楽しみな存在になってきていると思います。
 
 これに長い距離でいぶし銀の走りを見せてくれそうな小早川・高森選手や、大学駅伝3度出走の小笹選手もいますし、新チーム唯一の1万28分台の渡邉選手は昨日ハーフ63分強を出しています。スピードのある堀選手も長い距離にも対応してきています。他にもまだ実績は薄いですが、1万29分台の中村・荒武選手、ハーフ63分台の中尾選手もいますね。
 
 新入生は5千のタイム的には勝ち組、駅伝で主要区間を一桁順位でしっかり走っている西山選手、スピードのある大森選手、他の附属高校からチャレンジする飯島選手など面白いメンバーが揃っていますね。現状では打倒青学の一番手に挙がっても不思議ではないのでは…そのくらい選手がズラリと揃っているイメージです。充分、東洋大が再度優勝戦線に浮上してきても何ら不思議ではないと思います。
スポンサーリンク

フォローする