スポンサーリンク

第93回箱根駅伝オーダーをワイワイ語ろう!~東洋大学編

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

16箱根2位、16出雲9位、16全日本6位

苦戦の前哨戦、メンバー入れ替えて復活へ  

スポンサーリンク

東洋大学~箱根駅伝2017区間オーダー予想

スポンサーリンク

エントリー選手独断ランク付け

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
服部弾馬④28分55秒31≪16:全1区1位、出3区3位、箱3区3位、15:全2区1位、出3区2位、箱7区3位、14:全1区10位、出1区、箱7区1位、13:出2区6位≫
5点:エース区間で区間中位以上いける選手
櫻岡 駿④28分22秒97≪16:全2区11位、出1区7位、箱7区2位、15:全4区5位、出6区5位、箱4区4位、14:全3区6位≫
山本修二②29分12秒72≪16:全8区4位、箱8区9位≫
4点:主要区間で区間上位でいける選手
口町 亮④28分42秒36≪16:箱6区4位、15:全3区1位、出4区1位、14:出2区≫
相澤 晃①5千13分54秒75≪16:全3区4位、都4区4位、15:高4区14位≫
3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手 山本采矢④29分10秒11≪16:出6区8位≫
小早川健③29分08秒58≪16:全7区10位≫
堀 龍彦③5千13分54秒39≪2年:全7区1位≫
小笹 椋②29分12秒05≪16:全4区9位、箱4区6位≫
2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
橋本 澪④29分06秒19
牧浦聖士④29分36秒30
竹下和輝③29分10秒15
≪16:全6区10位≫
野村峻哉③29分16秒42≪16:出5区9位、15:全6区2位、出5区3位≫
中尾聡志①30分16秒35≪高7区39位≫
1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
山口健弘②30分09秒62
中村 駆①29分20秒87
≪16:出2区9位、都1区34位、15:国体5千2位、IH千五4位≫  
0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数    
上位10人合計:38点
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
 
5千上位10人平均-1万上位10人平均-ハーフ(20㎞換算含む)上位10人平均
*6位13分59秒2-*6位29分01秒6-*7位63分14秒8

   鉄壁の安定感を誇っていた東洋大が、今シーズンは久々に崩れてしまいました。口町選手や、堀・野村選手といった期待の3年生の選手が複数調整不足となり、ルーキーを起用して育成をしながら駅伝シーズンを戦っているからだ。その中でも収穫があり、1年生の相澤選手と2年生の山本修選手がキラリと光る走りを披露。箱根でも起用されそうだ。

 また、今では口町選手も回復しスタンバイの模様。ここまで不本意なシーズンだった櫻岡選手も上尾で復調傾向、エースの服部弾選手も前回よりは長い距離の練習をしっかりこなせたという。柱は揃ってきた。また上尾では小早川・竹下選手など63分台が複数、あとは他にももっと走れると思われる選手が複数いる。試合に出ずにエントリーされた4年生もいる。最後はメンバーを揃えてきそうだ。    

オーダーを組んでみる

服部弾馬④-山本修二②-相澤 晃①-櫻岡 駿④-山本采矢④
橋本 澪④-口町 亮④-中尾聡志①-堀 龍彦③-小早川健③

 まず決めるべきポイントをすごく悩んだ。服部選手は1区にした方がいいのか、2区にした方がいいのか、その場合はそれぞれ1区もしくは2区は誰になるのか…。ひとまず、服部選手がどちらの区間がやりやすそうか考えた。長い距離の練習は今回のほうができている、ただ勢い自体は昨年のほうがずっと上…。ならば、2区は不完全燃焼に終わるかもしれない。全日本同様1区で途中で揺さぶりをかけながら、六郷橋あたりから爆発的なスパートをかけるのが一番やれそうに思う。こういうレースだと結構離せるかもしれませんよ。

   では2区をどうするのか。2本柱と言われた櫻岡選手は2本の駅伝を終えて思うのは中盤の区間が一番適正がある。口町選手も故障上がりで2区はないだろう。全日本アンカーで物おじせず走っていた山本修選手はいかがだろうか。しっかりレースは作ってくれそうな気がしてます。次の3区にとても勢いがあるルーキー相澤選手を置く。全日本と上尾は想像以上に走ったのではにないでしょうか。服部選手が2区なら1区は彼に任せるのが面白いと思うくらいだ。順位を上げる走りができれば。4区櫻岡選手は、意外にも箱根では初主要区間。持ち前の走力で最後の大学駅伝、完全燃焼と行きたい。

   山は誰になるのか。6区はどうやら橋本主将と言われているようですね。秋に出場した記録会も悪くなく、その後も順調の宣言。1年の中村選手も多分候補でいい緊張感が保てていると踏む。59分台はいきたい。5区はどうでしょう。山本修選手なのかもしれないが、今回のオーダーでは起用したので、出雲アンカー以降試合に出場していない山本采選手ということはないかと勘ぐってみました。捻りすぎでしょうか??

   次の7区に勝負をかけて口町選手投入。おそらく3区か7区が適任、絶好調なら1区だろうか。今回のオーダーならここ。最後の勝負を仕掛ける区間か。久々の口町ロケット成功にしたい。8区は上尾ハーフ63分後半でまとめていた選手複数の中が候補か。そこから勢いのありそうな中尾選手を抜擢してみた。長い距離に強く秘密兵器になりうる存在だ。区間上位取れると思ってる。

   最後の2区間についにというべきか、3年生世代を入れます。まず9区を任せるのは堀選手。スピードランナーではありますが、初駅伝となった2年時の7区は暖かい時間帯でした。上り調子ですし何とかやってくれると思います。アンカーは上尾でいい結果を出した小早川選手かな。大学駅伝デビューの全日本はあまりよくなかったが、もともと長い距離から台頭してきた選手。長丁場粘ってほしい。


   まあ、普通に組むなら相澤服部口町櫻岡山本修でしょうか、ちょっと考えすぎているかもしれませんが、それでも色々考えられるほどに人数は揃ってきているとも言えそうです。この他、走ってほしい選手は多いのですよね。竹下選手や実績ある野村選手、小笹選手にも飛躍してほしいし、4年生牧浦選手も気になる存在だ。若干不安要素は付きまとうも、出雲・全日本より、選手はぐっと集まってきたのではないでしょうか。さすが東洋と言わしめるレースをしてくれると思っています。

スポンサーリンク

フォローする