スポンサーリンク

2017.11.26【10000m学連挑戦会】結果とコメント/平均タイム推移も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
 
箱根駅伝2017、その前の最大の記録会が行われました!
 
 
 
 
以下は、箱根駅伝出場大学別の結果となります。
また、箱根駅伝ファンとして簡単なコメントを記載します。
 
スポンサーリンク

2017.11.26【10000m学連挑戦会】結果とコメント

 
スポンサーリンク

箱根駅伝2017シード校

 

青山学院大学

 
田村和希③28分18秒31★(全体のトップ)
鈴木塁人①28分31秒66★ 一色恭志④28分36秒51 下田裕太③28分42秒88
安藤悠哉④28分49秒73★ 梶谷瑠哉②28分52秒94★ 池田生成④29分10秒07
富田浩之②29分11秒75★ 茂木亮太④29分14秒25 林 奎介②29分15秒58★
 
山田滉介②29分22秒53★ 秋山雄飛④29分25秒94 生方敦也①29分26秒81★
橋間貴弥②29分31秒10★ 吉永竜聖③29分39秒51★ 橋詰太慧②29分43秒36★
吉田祐也①29分44秒58★ 大越 望③29分53秒91★ 小野塚久弥②29分54秒84★
永井拓真①30分02秒84★ 田村健人④30分06秒76 松田岳大②30分18秒22★ 田辺浩司①30分25秒76★
 
 出雲・全日本でポイントとなった田村・鈴木選手が強さを見せてきましたね!特に田村選手は全体でもトップとなるタイムをマークするなど充実ぶりが目を引きましたね。すごい成長を見せていますね。更にルーキー鈴木選手が大学初の1万でいきなり28分31秒の大記録。今季ルーキー勿論トップ、そして歴代でも大学1年生5番目の記録だそうです。一色選手が駅伝で連続長距離区間を走った疲れで終盤伸びなかったにせよ、勝ってますし、やはり世田谷のコースでの62分台は伊達ではなかったですね。
 その後、主力の下田・安藤選手が続きましたね。まずまず調子を保っていると思えばいいでしょうか。びっくりしたのがケガしたと聞いていた梶谷選手が28分台!いつの間に治っていたのか。4年生では池田選手が頑張ってますし、茂木・秋山選手も何とか調子キープか。富田・林・山田選手ら世田谷で踏ん張った2年生もしっかりベストです。全体的には昨年ほどの記録ラッシュではなかったですが、非常に攻める選手が多かったです。箱根へ向けてのアピールもあったでのでしょう。まず誰が16人に選ばれるか注目ですね。
 

東洋大・駒澤大

 
○東洋大学
山口弘晃④29分48秒32
定方 駿①30分08秒92★ 小室 翼①30分18秒46★ 中村 駆①30分21秒56 中尾聡志①30分31秒47
 
○駒澤大学
下 史典②28分56秒24★
川戸拓海③29分25秒60 片西 景②29分30秒73★ 佐々木聖和①30分11秒58★ 板橋賢吾③30分24秒97★
 東洋大はもう少しってところかな。4年山口選手ベストまでいきたかった…。出雲後の記録会でいい結果を出していた中村選手も今回は低調に終わりました…。
 駒大は箱根で主要区間を担ってほしい下選手が初の28分台をマークしましたね。最も、28分40秒を狙っていたそうですね。箱根では力を出し切れるようにしたい。あとは、川戸選手が自己ベストに迫ったこと、全日本6区出走の片西選手もチームトップ10に入ってくる成績でした。

早稲田大・東海大・順天堂大

 
○早稲田大学
大木皓太①30分30秒12
 
○東海大学
宮城壱成④30分45秒26
 
○順天堂大学
甲斐大貴④29分55秒37★ 山下智貴④30分31秒78★ 續木悠也②31分15秒62
 早大の大木選手は他の1年生が30分前半出しているだけに悔しいでしょうね。来季の飛躍を!東海大と順大は4年生が出走。東海の宮城選手は3障で大活躍をしましたね。インカレでの快走は記憶に残っています。順大は4年生に甲斐選手が2人いるのですよね。智樹選手は前回箱根を走っています。大貴選手も今回29分台で頑張りました!
 

山梨学院大学

 
○山梨学院大学
永戸 聖②29分06秒89★
熊代拓也④29分17秒81★ 伊藤淑記④29分34秒75 中村幸成①29分52秒20★
首藤貴樹①30分10秒81★ 片山優人②30分11秒88 古賀裕樹③30分19秒69
小山祐平④30分32秒37 井上広之①30分32秒39 市谷龍太郎③30分35秒45
 
宮地大輔①30分38秒53★ 柴田征人③30分40秒69 田中祥幸④31分03秒98 渡辺和博④31分57秒64
 上尾ハーフから連続出走となりなかなか大変なスケジュールだったのでは…。その中で永戸選手の安定感が凄いですね。主要区間抜擢もありえるのではないですか?また、全日本で駅伝デビューした熊代選手がどちらも好走でメンバー争い有利に。上尾ハーフで苦しかった中では伊藤選手が好走し、望みを繋げました。
 
 他にも1年生が頑張ってますし盛り上がっています。その中で、主力の市谷選手が上尾もこちらも失速したのが気がかりか…。彼のスピードは箱根に不可欠なので何とか復調してほしいです。
 

中央学院大・帝京大

 
○中央学院大学
高砂大地①28分54秒13★
大森 澪③30分23秒64
 現在の中央学大のエース格の2人が出場しましたが、明暗が分かれましたね。ルーキーの高砂選手がやはりというべき28分台を出してきました。大森選手がやや調子を落としている今、2区出走もありえるか??
 
○帝京大学
瀬戸口文弥④29分58秒84
島貫温太①30分16秒51 高屋敷光生④30分20秒73★ 井田湧希③30分28秒94
砂賀正輝②30分34秒43★ 小林 誠②30分36秒12 細渕大雅④30分41秒27
井手優太②30分51秒53★ 田村丈哉①30分57秒80★ 渡辺貴裕③31分04秒81 家永聖矢④31分39秒00
 帝京大は一次エントリー争いでしょうか?前回4区出走の瀬戸口選手が意地をみせ唯一の29分台。同じ4年生では高屋敷線sy鵜も奮闘しましたか。その間にルーキー島貫選手も割って入りましたね。選ばれるとすればこのあたりでしょうかね。
 

箱根駅伝2017予選校

大東文化大学

 
○大東文化大学
前田将太③28分59秒86★
原 法利③29分08秒16★ 川澄克弥①29分11秒21★ 奈良凌介①29分12秒01★
谷川貴俊②29分20秒09★ 山本翔馬③29分28秒87 鈴木太基④29分33秒54★ 下尾一真④29分38秒74
 
 前田選手が劇的復活ですね!先週の5千13分台に続き、1万で28分台をマーク!残り200mから凄まじいスパートでした。もしスタミナに不安がなければ箱根1区も…と思うがどうでしょうか?続いてエースの原選手がしっかり29分一桁、その直後に川澄・奈良選手の1年生2人が続きましたね!ともに全日本はうまくいかなかったものの、そのショックもなくしっかりまとめています。
 
 他、谷川・山本選手など2年生以上のレギュラーメンバーもまずまずまとめてきました。やっぱり強くなってますね。流れに乗れればとても面白いチームです。
 

明治大学

○明治大学
藪下響大④28分53秒46★
末次慶太③28分56秒64★ 阿部弘輝①29分03秒00★ 田中龍太②29分08秒75★
三輪軌道①29分11秒88★ 射場雄太朗④29分12秒55★ 吉田 楓④29分14秒46
東島清純②29分33秒46★ 中島大就①29分36秒00★ 竹山直宏②29分36秒51★
 
江頭賢太郎④29分48秒90 磯口晋平③29分50秒43 斉藤寛明①29分56秒19★
岸 哲也①30分01秒97★ 角出龍哉②30分23秒82★ 中山陽平①30分40秒46★ 皆浦 巧③30分47秒11
 明大もしっかり結果を残してきましたね。4年の薮下選手が1万28分台に乗せました!箱根2区もあるかもですね。それから末次選手もやりましたね!今年になって復活だけでなく大きな成長を遂げていますね。また若いメンバーも好走、阿部・田中・三輪選手が29分10秒前後、射場主将もよくやってますし、吉田選手が復調してきたのも収穫です。ほかにも若手が伸びています。江頭選手が僅かに成績が低いですが、彼はロードのほうが安定すると思います。シード権の奪取が現実味を帯びてきました。

 

法政大学

○法政大学
坂東悠汰②28分48秒61★
土井大輔②29分06秒65★ 矢嶋謙悟②29分14秒03★ 足羽純実④29分15秒15
城越洸星④29分16秒69★ 東福龍太郎②29分31秒59★ 狩野琢己②29分35秒64★
田上鷹弥①29分38秒83★ 篠村政寛④29分46秒57★ 坂田昌駿④29分56秒65
 
強矢涼太①30分00秒14★ 木村優志④30分09秒09 岡原仁志①30分14秒56★
磯田和也③30分20秒22 佐々木虎一朗①30分23秒30 本多寛幸②30分32秒40 岡田 悠④30分52秒13
 ここに来て放題が一気に評価をあげてきていますね。期待のホープ坂東選手が一気に記録を伸ばし1万28分台!エース格に成長しましたね。更に同じ2年生の土井・矢嶋選手もそれぞれ大幅ベストで、4年生の主力の足羽・城越選手を上回りました。彼らもまずまず順調な中なのがすごいところ。続く。東福・狩野・田上選手もよくやりましたね。特に狩野・田上選手はこれまでほとんど聞いたことなかった中、29分30秒台はびっくり!4年篠村選手も最後の箱根を目指して奮起しました。昨年とは一味違った姿が見られるかもしれませんよ。
 

神奈川大学

○神奈川大学
大川一成③29分15秒83★
宗 直輝①29分16秒83★ 越川堅太①29分20秒85★ 中平英志④29分21秒78★
多和田涼介②29分27秒86★ 西田秀人③29分30秒64★ 佐久間勇起②29分32秒83★
枝村高輔③29分39秒17★ 安藤 駿①29分52秒64★ 石橋 健④30分20秒20
 神大も凄いですね。予選ではよくなかった大川選手が見事に復調をしてきました。中平選手も順調なのがうれしいところ。更に1年生の宗・越川選手も好記録、箱根出走へ一歩前進しました。他にも多和田選手が上昇、29分30秒台でまとめてきた選手も何人もいます。神大が攻めてくるようになりましたね。今回はシード校の壁が厚いと言われていますが、ここにきて予選通過校が逆襲してきています。
 

上武大・拓殖大

○上武大学
坂本佳太③29分08秒43★
鈴木寛英②30分30秒07★ 塩川香弥③30分32秒63 関 稜汰②30分38秒27★
川原 巧①30分52秒44 渡辺敦也②31分00秒35 熊倉優介②31分11秒60
 エース格の坂本選手がぐっと記録を伸ばしてきましたね。素質は高い選手、本番でこの走りが是非見たいです。他は16番の争いかなぁ?今回は鈴木選手が塩川選手らを上回りました。
 
○拓殖大学
ワークナー デレセ タソ②28分19秒16★
宇田朋史④29分12秒99★ 西 智也③29分46秒31★ 苅田広野③29分47秒57★
馬場祐輔②29分55秒36 赤﨑 暁①29分55秒76★ 土師悠作③30分06秒69★
峠 亮平②30分29秒45 新井裕祟④30分33秒27
 ワークナー選手が大きく記録を伸ばしましたね。少しずつですが、確実にエース化してきていますね。箱根で前回とは見違える姿が見れそうか。宇田選手は28分台なりませんでしたが、彼はロードでやってくれると思います。また、西・苅田・赤崎・土師選手といったレギュラーメンバーもしっかりまとめてきたような感じがします。馬場選手が中々復調できていないのが心配なところか。彼が1区を任せられるようになると面白いです。
 

國學院大・日本大

○國學院大學
細森大輔④29分07秒20★
土方英和①29分13秒56★ 蜂須賀源④29分15秒11 稲毛悠太④29分15秒54
熊耳智貴③29分19秒25★ 國澤優志③30分00秒83 蜂屋瑛拡②30分13秒77
 細森・蜂須賀選手のエースにまず注目してましたが、1年生の土方選手がやりましたね~。割って入ってきました。この選手は本当に強いかもしれません。エースの細森選手はしっかり自己ベスト、蜂須賀選手は2年時の勢いとまではいきませんが、一定のレベルはキープしているような感じです。稲毛選手もいよいよ箱根が見えてきました。熊耳選手もやりました。総合力上がってきています。
 
○日本大学
山田拓斗①30分28秒95★ 川崎鉄太③30分55秒61★ 西原圭太②31分07秒57
 山田選手は秋の成長株ですね。1年生はこのあたりにみんな固まってますね。抜け出せるでしょうか。
 
 

国士舘大学

○国士舘大学
住吉秀昭②29分15秒12
八巻雄飛③29分19秒20★ 多喜端夕貴②29分26秒89★ 三田眞司③29分35秒25
藤江千紘②29分35秒46★ 辻田拓真③29分50秒79★ 餅崎巧実④29分51秒73
戸澤 奨②29分52秒68 石井秀昴④29分58秒62 守屋太貴③30分05秒00
 
福田有馬①30分10秒23★ 内山 武②30分21秒52★ 渡部勇人④30分24秒22 岩崎俊希③30分28秒57★
石川智康①30分54秒19 本多将貴③31分00秒25 齋藤将輝④31分01秒40 高田直也②31分04秒46
星川賢二郎③31分12秒00 阿部直人④31分27秒26 菅原優樹④33分03秒70
 国士大も負けていませんね。エースの住吉選手はまずまずの走り、そして全日本2区起用された八巻選手がぐぐっと上昇してきました。もう一人の柱、石井選手が中々浮上できない中、柱の一人になってくれるか。多喜端選手や藤江選手といった2年生もまずまず、三田選手もある程度順調でしょうか。辻田・餅崎・戸澤選手はロード型なのでひとまずいいでしょうか。ここから戦力を更に高めていきたいですね。
 
 
 

箱根駅伝2017関東学生連合

○関東学生連合【選考レース】
 藤原監督「箱根予選はあくまでチームで箱根を目指すもの、学生連合の選考は別であるべき(要約)」。様々な物議を呼びながらも行われた本日の選考では様々な出来事がありました。
 
1位丸山竜也(専大4)28分32秒03★※八王子LD 予選1番手
2位堀尾謙介(中大2)28分34秒54★ 予選9番手
3位平賀喜裕(駿河4)28分53秒52★ 予選2番手
4位照井明人(東国4)29分06秒85★ 予選5番手
5位小山直城(農大2)29分09秒16★※八王子LD 予選6番手
6位加藤風磨(亜大3)29分16秒84 予選3番手
7位廣瀬 岳(関学4)29分18秒11★ 予選7番手
8位福留大樹(流経3)29分27秒45 予選16番手
9位藤井亮矢(武蔵1)29分30秒31★ 予選8番手
10位桜庭宏暢(日薬3)29分31秒79★ 予選11番手
——————————————
11位金子元気(城西2)29分33秒35★ 予選4番手
12位近藤秀一(東大2)29分50秒42 予選10番手
13位東山知弘(平国4)30分15秒40★ 予選15番手
14位国川恭朗(麗澤1)30分21秒44★ 予選14番手
15位宮岡盛治(明学4)30分47秒44★ 予選12番手
DNS金丸逸樹(筑波1) 予選13番手
 八王子LDには専大・丸山選手と農大・小山選手が出場。まず丸山選手はさすがのタイムですね。前回2区出走し区間一桁、予選も1番手で今回も1番いいタイム。満を持して2区を任せていい成績のように思います。小山選手もじわじわと自己ベストを更新してきますね。全体でも5位となる成績で、農大のユニフォームが見れそうです。
 
 そして、この記録会。一番良かったのは中大・堀尾選手。1区を目指してのレースだったそうで、その中で28分34秒で大きくタイムを伸ばしてきました。持ち前のスピードを活かせる区間へ投入は間違いないでしょう。また、箱根経験者の駿河・平賀、東国・照井選手もしっかり合わせてきましたね。特に平賀選手は28分台、彼もとても安定しています。亜大・加藤選手と関学・廣瀬選手もおおむね順調、武蔵・藤井選手も1年生らしからぬ強心臓の持ち主ですね。
 
 さて、ここからですね。8位にはギリギリで連合チームに入った流経・福留選手が自己ベストを約70秒も更新し、一気に割って入ってきたのは驚きました!わずかに出てきたチャンスを生かしましたね!そして、最後の10位は日薬・桜庭選手がこれまた自己ベストを30秒以上更新してもぎ取りました。予選11番手でしたが逆転、日本薬科大初の箱根ランナーとなりそうです。よく東大・近藤選手が最後のチャンスと取り上げられていましたが、実は彼もラストチャンスでした。おめでとうございます。
 
 ただ、2人が10位以内に入った=2人が箱根予選で10番手位以内に入れなかった、ということです。はじき出されたのは、その東大・近藤選手となんと予選4番手だった城西・金子選手。近藤選手はタイム差がややついてしまったとはいえ、2年生にして実質の箱根駅伝への出場資格を失うとはとても辛いものがありますね…。また、金子選手はわずか1秒56差。彼はロードの方が圧倒的に得意な選手、苦手なトラックで踏ん張ったものの、後わずか…79回から続いていた城西大ランナーの箱根出走も絶望的となりました。
 
 
 う~ん、なんだかなぁ…。金子選手が落選して、正直戦力低下となったとおもい…。福留・桜庭選手の努力はとても素晴らしいですが、この選考方法は納得がいかないです…。それに、この時期は選手によっては箱根前にもう一度走り込みして追い込みたいところなんですよね。それができないような時期に1万を本気で走らせるべきではないように思うのですよ。藤原監督の仰りたいことは分かるのですが、時期や選考方法に難があるように思います。ピーキングアウトにも不安が残ります。今回の選抜が前回のようにしっかりと最後まで戦えるのかどうか…経過を見守りたいです。
 
 
 
 
※学生連合メンバーは上記
 

箱根駅伝2017未出場校

中央大・東京農業大

 
○中央大学
舟津彰馬①29分02秒63★ 竹内大地③29分12秒72★ 二井康介①29分16秒51★
 中大は主力の選手の上昇が凄いですね。舟津選手は長い距離は秋からでしたが、1万で大幅に自己ベストを更新する29分02秒!1年生主将やりますね!竹内選手も1万までの距離は安定感が増してきているようですね。将来のエース候補という二井選手もベスト更新、今回は大きな収穫があったと思います。
 
○東京農業大学
田中健祐②30分23秒89 高良綾太郎③30分41秒74 西野匠哉①31分09秒38
森 柊斗②31分19秒46 DNF瀬戸口凌②
 今回は自己ベストなりませんでした。全日本予選のことも考えると29分台をしっかり出していきたい。
 

専修大学

 
○専修大学
和田照也②29分20秒48★
岩田拓海③29分31秒36★ 山崎泰弘④29分31秒83★ 宮下晴貴①29分52秒07★
横山絢史①29分53秒36★ 浅見眞之③30分01秒78★ 塚原淳之①30分19秒16★
小林彬寛①30分20秒32★ 阿部祥生③30分20秒52★ 山本伸輝③30分25秒61★
 
柗山航平④30分26秒95 佐藤雄基②30分29秒38★ 浅田久幸④30分33秒82
山口哲平④30分45秒85 小澤勇斗④30分49秒64 川平浩之②30分54秒68 田淵智也①30分59秒20
末永晃大③30分59秒48 風岡永吉③31分05秒49 近藤 勇③31分14秒07 坂本竜平④31分35秒41
  和田選手が勢いありますね。2週間前のベストをさらに10秒更新しました。それからロード型と思われた岩田選手が29分半ばまで伸ばしてきました。来季引っ張ってほしいですね。1年生も宮下・横山選手が一気に29分台、塚原・小林選手も踏ん張りました。4年生に主力が多かったので、来期は若返りになりますが選手が台頭していますね。その4年生も試合に出場、山崎選手がベストをマークしました。ほかの4年生は30分台中心と結果を出すまでいきませんでしたが、4年間お疲れ様と言いたいですね。
 

東京国際大学

○東京国際大学
鈴木大貴④29分12秒35★
濱登貴也③29分44秒83 伊藤達彦①29分46秒86 佐藤雄志①29分54秒40★
河野 歩②30分17秒66★ 鈴木博斗③30分25秒85 山瀬大成①30分46秒57★
浦馬場裕也②30分49秒71★ 井下裕貴③31分23秒76
 選抜の照井選手に続き、鈴木大選手も好記録。今回の予選の結果が苦しかったですが、4年生がこれだけ記録を伸ばしたのは東国大にとっては大きな収穫でしょう。3年生以下も自信をもって練習を積めます。その3年生以下、5千好記録の濱登・伊藤選手がもう少しという感じでしたが、佐藤・河野選手が自己ベストと頑張りましたね。予選のショックからは抜け始めています。
 

亜細亜大・関東学院大

 
○亜細亜大学
佐々木直人③29分33秒64★
梅本龍太②29分51秒67★ 上土井雅大①30分40秒39★ 武 雄介②30分46秒62
 箱根予選前に、5千でいい成績を出していた佐々木選手が、1万でも良い結果を残しましたね!梅本選手も29分台に突入で、来季のレギュラーメンバーが結果を残しましたのが収穫です。
 
○関東学院大学
田島 光②30分27秒22★
米 奎亮③30分36秒10 山本旺輝①30分36秒98★ 関口大樹①30分43秒09★
小泉慶太③30分44秒18★ 安達 駿①30分58秒20 柿田直輝③31分08秒23 横田拓海①31分23秒67★
 関東学院大もここのところ記録ラッシュが続きましたね。来季の主力候補の田島選手は勿論、山本・関口選手ら1年生が例年以上に結果を出しています。それに元々エースになりかけてた米選手がかなり走力を戻してきました。2年続けて躍進の年にするチャンスです!
 

明治学院大・麗澤大

○明治学院大学
大谷智希②30分18秒97★ 山内郁人②31分17秒44
  大谷選手が僅かですがベスト更新、来季もまたインカレから楽しみな選手です。
 
 
○麗澤大学
青木章悟④30分16秒32
田中 匠②30分35秒54 藤村 穣③30分38秒41 渡邉紘也②30分38秒88★
市川 駿②30分41秒17★ 宮田 僚①30分43秒38★ 大道聖斗③31分13秒28 瀬尾和輝①31分17秒65★
 麗澤大は自己ベストまでもう少しな選手が多かったか。その中でも渡邉選手などがベスト。

流通経済大・筑波大・松蔭大

 
○流通経済大学
菊地海斗①30分33秒21★
地福詩音②30分36秒99★ 藤崎真伍②31分13秒80 稲富智希③31分18秒33
 箱根予選前の1万で30分台をマークしていた菊地選手がまた自己ベスト更新、地福選手もいいですね。
 
 
○筑波大学
森田佳祐③29分26秒11★
才記壮人④30分11秒34 武田勇美③30分26秒41★ 河野 誉③30分52秒18
川瀬宙夢②31分09秒64★ 吉成祐人(M1)31分21秒60 池田 親①31分26秒44
 森田選手が1分以上更新して自己ベスト、5千で14分一けたを夏前にマークしてましたが、やはり1万でも走れましたね。あとは叩き上げの武田選手も粘走しました。実力のある河野・池田選手が調子を戻せれば全日本予選も見えてきます。
 
 
○松蔭大学
福島研二③30分21秒41★
植田一貴③30分35秒35★ 宍戸公紀②30分37秒37★ 下山敦也③30分37秒81★ 長瀬順志④31分26秒57
 多くのランナーが今までのベストが31分台でしたが、福島・植田選手を中心に一気に記録を伸ばしてきましたね
 

関東その他・地方大

 
○関東その他
タイタス ワンブア(武蔵1)28分41秒43
塩田 匠(東工2)29分49秒66★ 根岸祐太(慶大2)30分05秒37★
篠崎拓弥(東情2)30分39秒41★ 井上和弥(東情3)30分46秒10★
山田幸輝(埼大4)30分47秒63 
鈴木優斗(東経1)30分52秒57★
武田和徳(慶大2)30分50秒29★ 
古林潤也(防大2)31分18秒94★
安藤龍馬(防衛4)31分19秒21★ 
小野隼太(茨城3)31分27秒49★
小野寺涼(埼大3)31分28秒53★
 東工大の塩田選手の伸びが凄いですね。2年での1万29分台は、あの松井選手を超えるスピードです。彼はトラックが得意なのかもしれません。いずれにせよインカレにも登場しそうですね。同じ2年では慶大の根岸選手や東京情報の篠崎選手も頑張りました。また、防大の主力の古林選手もついに初1万、これからももっと記録伸びるでしょう。
 

○その他
高橋流星(大阪経済)30分45秒68
 関東以外の大学からも何人か参戦がありました。全日本駅伝1区出走の高橋選手が30分台マークです。
 
 

10000mの上位10人の平均タイムの推移変化

11月25日現在             八王子・挑戦会込
*1位青学28分50秒6     *1位青学28分41秒5
*2位東海28分53秒5     *2位東海28分53秒5
*3位山学28分59秒3     *3位山学28分55秒9
*4位東洋29分00秒0     *4位東洋29分00秒0
*5位駒大29分03秒5     *5位駒大29分00秒7
*6位順大29分04秒6     *7位順大29分04秒6
*7位早大29分06秒6     *6位早大29分01秒2
*8位日体29分09秒4     10位日体29分09秒4※未出場
*9位神大29分18秒1     *8位神大29分05秒2
10位専大29分19秒4     12位専大29分15秒2
11位國學29分22秒2     13位國學29分18秒0
12位中学29分23秒2     16位中学29分21秒0
13位日大29分23秒5     17位日大29分23秒4
14位明大29分24秒2     *9位明大29分08秒3
15位大東29分25秒7     11位大東29分14秒3
16位城西29分29秒1     19位城西29分27秒5
17位帝京29分31秒2     21位帝京29分31秒2
18位東国29分31秒2     20位東国29分29秒6
19位国士29分32秒2     18位国士29分24秒9
20位中大29分36秒3     14位中大29分20秒6
21位法大29分40秒2     15位法大29分20秒8
22位上武29分40秒8     22位上武29分38秒5
23位創価29分42秒6     23位創価29分42秒5
24位農大29分48秒5     26位農大29分48秒0
25位亜大29分51秒9     25位亜大29分45秒8
26位拓大29分52秒8     24位拓大29分45秒0
27位平国30分05秒8     27位平国30分05秒5
28位日薬30分19秒5     29位日薬30分15秒2
29位筑波30分25秒0     28位筑波30分14秒8
30位関学30分27秒8     31位関学30分24秒0
31位麗澤30分27秒9     32位麗澤30分24秒1
32位駿河30分28秒5     33位駿河30分27秒4
33位流経30分29秒4     30位流経30分19秒7
34位武学31分03秒8     35位武学31分01秒3
35位東経31分11秒6     36位東経31分04秒8
36位松蔭31分13秒7     34位松蔭30分56秒8
37位明学31分21秒9     37位明学31分20秒0
38位立大31分34秒9     38位立大31分34秒9
39位桜美31分43秒6     39位桜美31分43秒6
40位芝工31分54秒3     40位芝工31分54秒3
41位東大32分00秒3     41位東大32分00秒3
42位慶大32分11秒6     42位慶大32分01秒5

 来週の日体大が終わってから詳しくまとめますが、青学大はもともとトップの中でさらに9秒縮めてますね。強いですね。対抗馬に挙げられるようになった早大は6番…、ただ早大はハーフで大きくあげましたかね。また、箱根出場校では神大・明大・大東・法大の上げ幅すごいですね。一気に有力チームになってきました。とはいえ、おそらく試合出場の差もあるでしょうが…。また、中央大が今回はよくやりましたね。4年生の記録が入ってますが少し形になり始めています。

スポンサーリンク

フォローする