スポンサーリンク

第28回(2016)出雲駅伝区間オーダー予想~『6強』を追うモノたち

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 

エントリーも発表(http://www.izumo-ekiden.jp/runner/team/09.html)されました

第28回(2016年)出雲駅伝の区間オーダー予想をしたいと思います。

 
まずは『6強』を追う大学+αです
 
 
スポンサーリンク

第28回(2016年)出雲駅伝の区間オーダー予想~6強以外

参考:1区(8.0㎞)-2区(5.8㎞)-3区(8.5㎞)-4区(6.2㎞)-5区(6.5㎞)-6区(10.2㎞)

 
スポンサーリンク

順天堂大学

・順天堂大学
塩尻和也②-西澤卓弥④-栃木 渡③-野田一輝①-金原弘直②-作田直也④

他、森 湧暉④・花澤賢人③・江口智耶②・馬場スタン恵②

 今シーズンの貴重な対抗戦を迎え、大事に戦いたい順大。最初の1区は流れに乗るためにエースの塩尻選手がいいと思います。3障の五輪後、いいスタートを切ってほしい。次の2区は記録会で良かった4年西澤選手にしてあるが、もし森・花澤選手が復調していれば彼らか。そして準エースの栃木選手が個人的に一番のポイント。順当ならトップが見える位置のはずなのでどれだけ踏ん張れるか、箱根を占う上で大事だろう。
 
 続いて、順大記録会で塩尻選手に唯一人喰いついた野田選手、また少しずつ成長を続けている金原選手も駅伝デビューが見たい選手なので予想に入れました。最後は長いロードで真価を発揮する作田選手。少し短めの10.2㎞でどこまでやれるかは個人的に気になっている。塩尻選手を起点に少しでも強豪校と競り合う時間を長くしたい。
 

日本体育大学

・日本体育大学
小松巧弥④-中川翔太①-室伏穂高②-宮﨑勇将②-辻野恭哉③-吉田亮壱③

他、大手敬史④、小野木俊④、冨安 央③、山口和也①

 日体大記録会&世田谷記録会で好記録が続出し勢いに乗る日体大。1区は5千13分49秒のスピードが武器の小松選手と予想。元々短い距離は強いし今の勢いで喰いつける。続いてルーキーの中川選手。5千は安定して走れている印象なのでここで粘ってもらいたい。次の主要の3区に2年室伏選手の抜擢を予想。全日本予選の独走は印象に残っている方も多いだろう。将来のエース候補にこの区間を任せたい。
 
 残り3区間。4区には世田谷組で唯一予想にいれた宮崎選手。5千からどんどん記録を伸ばした宮崎選手。脂乗っている時に走らせてもいいかと。次いで5区にちょっと贅沢だが辻野選手。ようやく安定して走れるようになってきた。アップダウンの多いこの区間で満を持して登場だ。最後は全日本予選最終組走る等エースクラスの吉田選手で。一部の主力がいないがその中でも戦える雰囲気はある。
 

中央学院大学

・中央学院大学
高砂大地①-新井翔理③-大森 澪③-横川 巧①-廣 佳樹②-村上優輝④

他、海老澤剛④、坂元大介③、福岡海統②、藤田大智①

 若手やレギュラーを狙う選手の成長が著しい中央学院大。大事な1区には、1年ながら同大のエース級に成長したといっていい高砂選手を起用するとみる。最近の記録会でも1万29分16秒で一人抜けていた。一番いい選手で対抗したい。2区は復活してきた新井選手で攻める。3区は昨年ブレイクした大森選手。至近のトラックはよくないが、元々ロードで光る選手なのであまり気にしなくてもいいと思う。
 
 折り返して4区にはルーキー横川選手。まだやや不安定ながらスピードはピカ一。例年なら追い風のこの区間でダーッと走らせたい。5区は海老澤剛選手らでいいのだが、至近の記録会で自己ベストを出した廣選手起用してみたい。主力がやや不調なのでこういうときに若手を起用するのもいいだろう。アンカーには主将の村上選手。決して調子は良くないが暑いときは強い。重宝される選手のはずだ。全体的には、若手を起用しながらどれだけ粘れるかとなるだろうか。
 

帝京大学

・帝京大学
畔上和弥②-新関友基②-宇佐美聖也④-岩佐壱誠①-佐藤諒太③-内田直斗④

他、瀬戸口文弥④・田中祐次③・濱川 駿②・平田幸四郎①

 世田谷記録会で自己ベスト続出。4年から1年みんなにベストが出てさすが育成の帝京大を思わせた。選手層が厚いので誰が来るか予想が難しいが、ひとまずは14分08秒~14分14秒以内に固まった6人で考える。その中で実績が高い選手を1区3区6区に予想した。将来のエース候補畔上選手を1区、今季急成長を見せた宇佐美選手を3区、2年時の勢いが戻ってきた内田選手を最長距離の6区に置くと予想します。
 
 繋ぎの区間は、まずは2区に新関選手。やや不安定ですが5千で春先と合わせて2度ブレイクしている。一度起用してみたい選手です。また、早くも帝京大の顔になりつつある岩佐選手を4区に。いきなり3区あたりに起用してもいいのですが、主要区間は次の全日本でもいい。まずはここで。これに彼らとほぼ同等のタイムを出した佐藤選手で。平均タイム上は関東10番手だが、1区2区がくいつけばいい戦いが出来るメンバーだ。
 

京都産業大学+α

 

・京都産業大学
寺西雅俊④-元木駿介③-大貫陽嵩④-奥村杏平③-上坂優太①-田中悠介④

他、島田将志③・西川和希②・宮下朝光①・内藤涼太①

 関東以外からも1校だけオーダー予想。長いロードに定評がある寺西選手以外にも、戦える選手が再び揃ってきた。5千14分15秒大貫選手、14分17秒元木選手、14分21秒奥村選手はスピードはあるし、1万では田中選手が30分03秒。ルーキーでは上坂選手が好調だ。持ちタイム平均はやや劣るものの、秋にドンピシャに合わせる調整力もある。今年も関東勢以外の最上位だけでなく、下位は喰えるように思う。
 
 ポイントとして、長い距離の方が強い寺西選手をどこで起用するか。その粘りを1区で活かせられれば、目標達成ができそうだ。
 
 
他、
関西学院大学:5千14分10秒台の野中優志③、藤原直樹③を初め、今季勢いに乗る選手が多い 陸部内が今大変なことになっているが、団結力を見せたい。

※部員の逮捕騒動により、出雲駅伝の辞退を表明
愛知工業大学:5千14分26秒柗井駿佑③、5千唐澤研太③ら主要区間を担える選手がいる 全力投球したい
広島経済大学:全日本予選でかなりの強さを見せた大下浩平④・藤原 舜ら4年生を中心に喰いつく
第一工業大学:ジェフリ ギチア②・嵜本浩士①らの強さはどのくらいか ここも出雲のみ どこまでいくか
日本文理大学:大竹宏和④・與儀達朗③ら1万30分台がずらり 全日本に弾みを! 北村宙夢②の復活も待たれる

北海道選抜:道都大の原 由幸③・滋野聖也②は勿論強い 久々全日本の教育大のメンバーの頑張りがカギ
東北選抜:5千14分26秒福祉大の原田選手のスピードは魅力 他、東北大のメンバーを中心に粘っていきたい
北信越選抜:1万の記録上飛び抜けた選手はいないが、新潟大堀井貴裕②中心に層の厚いメンバー編成となった
中四国選抜:スピードのある環太平洋大藤井圭太④や長い距離強い愛媛大江浪修平(M1)らいいメンバーが揃う 
IVYリーグ選抜:5千13分17秒を持つダートマス大ウイリアム選手らで見せ場を作れるか!?

 
スポンサーリンク

フォローする