スポンサーリンク

2016.4.3までの結果【金栗記念・東京六大学・世田谷記録会など】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2016年度(平成28年度)、新しい年度がスタートしています。金栗記念選抜中長距離・世田谷記録会など、さっそく大会がスタートしています。
 
大学生チームの中心の結果と、駅伝ファンとしてのコメントを掲載します。
 
スポンサーリンク

2016.4.2 金栗記念選抜中長距離

1500m上位
ケモイ(小森コーポ)3分35秒77
戸田雅稀(日清食品)3分40秒82
楠 康成(小森コーポ)3分43秒73

 ケモイ選手凄い、チームメイトの楠選手も頑張りましたね。そして農大卒業直後の戸田選手が3分40秒とシーズン初戦からエンジン全開。どこかでリオ五輪標準突破したいですね!
5千上位
トップ:ジェームス ムワンギ(NTN)13分13秒93
日本人トップ:市川孝徳(日立物流)13分28秒91
他実業団:圓井彰彦(マツダ)13分42秒47、設楽悠太(Honda)13分44秒02
 多くの外国選手が登場した5千は、今回はムワンギ選手がトップでした。そして日本人で喰いついたのが日立物流の市川選手。大きなストライドが本領発揮してきましたね!
 
○青山学院大学
5千
秋山雄飛④16分29秒19
 
○東洋大学
1500
服部弾馬④3分46秒89
5千
服部弾馬④13分40秒62
 秋山選手は何かアクシデントでしょうか??東洋は4年服部選手が得意の5千、いきなりの13分40秒で良いスタートです。
 
○駒澤大学

大塚祥平④14分18秒59

 
○早稲田大学
平 和真④14分14秒55
 チームの中心的存在の2名。今回はやや不発か。
 

○日本体育大学
1500
大手敬史④3分51秒60
5千
冨安 央③14分09秒94★
小町昌矢③14分15秒06★
小松巧弥④14分17秒74

 それぞれいい記録ですね。冨安・小町選手は自己ベストです。もっといける選手たちだと思います。
 
 
○中央大学
竹内大地③14分32秒13
 
○上武大学
1500
井上弘也③3分51秒59
 
○関東その他
平賀喜裕(駿河4)14分21秒04
 上武・井上選手は、1500mはやはり力ありますね。平賀選手も地力ついてきていますね。
 
○関西学院大学
1500
神谷天地③3分48秒19
仲村尚毅③3分49秒51
畑本太朗②3分49秒87
 
○その他
1500
足立(京大)3分59秒17
5千
Mukere Geoffrey(第一)14分08秒19
嵜本浩士(第一)14分47秒83
 関西学院大は1500mが今年も強いですね。3分50秒切り3人は中々です。
 
 
 

2016.4.2 東京六大学対抗陸上

スポンサーリンク

対抗結果

【対抗1500m】
1位河村一輝(明大1)3分48秒76
2位齋藤雅英(早大1)3分49秒48
3位保坂拓海(明大3)3分49秒84
4位小澤直人(早大2)3分51秒13
5位坪井 慧(法大1)3分52秒59
6位近藤秀一(東大2)3分53秒64
7位杉本耀太(法大4)3分55秒81
8位小南直翔(東大M1)3分59秒22

 3分50秒を切るレースで、1年生がトップ争い!明大の河村選手が制しました。とても幸先いいスタートですね。斎藤選手も好記録です。
 
 
【対抗3障】
1位大木皓太(早大1)9分04秒62
2位阿部泰久(法大3)9分04秒71
3位青木涼真(法大1)9分12秒15
4位東島清純(明大2)9分19秒60
5位福島洋佑(東大4)9分20秒71
6位岡田 望(早大2)9分21秒91
 最後でドラマが。スパートで抜け出した阿部選手が最後の障害で転倒。再加速しましたが、早大の大木選手が捉えました。どちらにもあっぱれ!
 
【対抗5千】
1位光延 誠(早大3)14分07秒71
2位坂田昌駿(法大4)14分08秒49★
3位阿部弘輝(明大1)14分09秒54
4位足羽純実(法大4)14分09秒90
5位車田 颯(早大2)14分11秒45★
6位近藤秀一(東大2)14分12秒37★
7位皆浦 巧(明大3)14分23秒77

 残り2周で光延選手が抜け出し、大きくスパート。最後になって法大坂田・足羽、明大・阿部選手が大きく追い込むも、光延選手が逃げ切りました。さすがのスピードです。車田選手や近藤選手も僅差で続き、見ごたえのあるレースでした。

 
 

オープン結果

○早稲田大学
3障
今井開智(早大4)9分14秒58
 
○明治大学
OP
藪下響大④14分14秒23★
吉田 楓④14分31秒48
斉藤寛明①14分31秒78
江頭賢太郎④14分33秒50
森 晃希③14分38秒93
 
○法政大学
木村優志④14分31秒09
鈴木亮平②14分40秒10
鹿嶋隆裕③14分43秒61

 3障で早大・今井選手がまずまず。5千OPでは明大・藪下選手が独走。さすが力がついてきていますね。

 
 
 

2016.4.2 【世田谷記録会】結果

(http://www.se-sports.or.jp/data/pdf/id56fe6a09e7410.pdf)

日本人最高:遠藤日向(学法石川)13分48秒13★
大森龍之介(佐野日大)13分54秒25

箱根駅伝2016シード校

 
○青山学院大学
田村和希③13分50秒43★ 中村祐紀③13分52秒29★ 小野田勇次②13分56秒87★
永井拓真①14分09秒35★ 一色恭志④14分10秒00 鈴木塁人①14分11秒57★
田村健人④14分11秒80 梶谷瑠哉②14分12秒43 竹石尚人①14分13秒79★
大越 望③14分13秒93 吉田祐也①14分17秒49★ 林 奎介②14分18秒24★
茂木亮太④14分18秒97 森田歩希②14分23秒11 花田凌一①14分24秒37★
田村・中村選手はさすが。小野田選手が一気に超えてきたのが驚きです。やっぱりスピードありますね。他にも永井・鈴木選手といった1年生が大学初戦でベスト。いい雰囲気になるのではないでしょうか。なお、5千トップ10の平均早くも東海大を逆転しトップです。
 
 
○東洋大学

口町 亮④13分58秒67 櫻岡 駿④14分01秒58★

 
○駒澤大学
1500
物江雄利②3分52秒36 金尾圭祐④3分54秒97
3千
西山雄介④8分30秒94&8分14秒46
中村大聖①8分27秒99 金尾圭祐④8分29秒96
5千
下 史典②13分57秒32★
藤木悠太③14分09秒69★ 堀合大輔②14分19秒81★ 紺野凌矢③14分21秒74★

 東洋の今年の主力、口町・櫻岡選手が出場。櫻岡選手は高校時代のベストを更新しました。駒大は西山選手が3千で2度出場、それから今年伸びてほしい下選手が13分台をマークする上々の出来。藤木選手らも良かったです。

 
 
○東海大学

3千
佐藤 航②8分23秒81

 
○日本体育大学
1500
馬場絢也③3分51秒95
3千
吉田亮壱③8分19秒29
5千
城越勇星③14分09秒29★ 辻野恭哉③14分13秒53 宮﨑勇将②14分16秒57★
森崎拓海②14分21秒55★ 高林拓哉④14分36秒07★

 日体大は5千でベストが続々。城越選手は勿論、伸び盛りの宮崎・森崎選手も良かったです。

 
 
○山梨学院大学
1500
秦 将吾④3分50秒64 清水鐘平②3分53秒28
5千
市谷龍太郎③13分56秒54 伊藤淑記④14分11秒10 永戸 聖②14分16秒01★ 上村純也④14分19秒18
  秦選手がいい記録。5千では市谷選手が13分台を何度も出せるようになってきましたね。また、永戸選手がじわり浮上してきました。
 
 
○中央学院大学
樋口 陸②14分03秒77★ 海老澤剛④14分08秒06 大森 澪③14分08秒53★ 村上優輝④14分13秒40
坂元大介③14分22秒96★ 釜谷直樹②14分25秒26★ 久保田翼④14分27秒06★
 
海老澤太④14分27秒94★ 石井 海②14分33秒54★ 藤花尚之④14分39秒54★
水野 優③14分44秒17
 樋口選手が大幅ベストで13分台に迫りました。最も川崎監督には怒られたとか…。でも今は面白いように記録出るはず!また、大森選手もさすが。4年海老澤剛・村上選手も復活。若手もベストでチーム全体が好調ですね。
 
 
○帝京大学
新関友基②14分13秒12★
内田直斗④14分21秒22 畔上和弥②14分23秒27★ 竹下 凱②14分24秒11

 新関選手が大幅自己ベスト。同学年注目していた畔上・竹下選手を大きく上回りました。

箱根駅伝2016それ以外のチーム

○日本大学
石井健登③14分11秒09★ 岡野佑輝③14分18秒44★ 山崎和麻④14分26秒27★
町井宏行③14分36秒24 清水目大貴④14分37秒75 梅津颯人②14分37秒78★

 石井・岡野選手が一気に自己ベスト。箱根は苦戦ですが、今年見返したいところ。

 
○城西大学
1500
中島公平②3分51秒92 佐藤亜星②3分52秒66 服部潤哉②3分53秒48
5千
山本竜也③14分24秒65

 中島選手がチームトップ。まずは1500mから結果を出したい。

 
○神奈川大学
1500
越川堅太①3分55秒91
3千
服部賢志④8分34秒22
5千
鈴木健吾③13分57秒88★
山藤篤司②14分05秒16 松浦大志④14分08秒52★ 大川一成③14分10秒39★
多和田涼介②14分12秒78★ 荻野太成①14分14秒42★ 杉優一朗②14分16秒63★
 
枝村高輔③14分23秒73★ 西田秀人③14分29秒47★ 朝倉健太④14分34秒70

 神大の5千記録ラッシュも珍しいですね。鈴木健選手が13分台をマークし、記録を伸ばしています。山藤選手もまずまずか。そして1500m得意の松浦選手、それから大川・多和田・荻野選手など多くの選手がベスト。いい初戦に思います。

 
○中央大学
1500
市田拓海④3分51秒99
3千
新垣魁都④8分30秒96 神崎 裕②8分36秒90 石黒和寿①8分37秒30
5千
岡本光平②14分45秒12
 市田選手がまずまずの記録か。
 
 
○拓殖大学
馬場祐輔②14分10秒24★ 宇田朋史④14分18秒32★
土師悠作③14分24秒42★ 苅田広野③14分25秒77★
赤﨑 暁①14分36秒71
新井裕祟④14分46秒21
大中亮矢④14分58秒67

 2週連続5千の拓大。馬場・宇田選手はさすがの記録。土師・苅田選手が食らいついていますね。また、新井選手が復活してきましたね。

 
○国士舘大学
3千
高田直也②8分22秒70 大川隼平②8分32秒98
5千
石井秀昴④13分57秒74
住吉秀昭②14分11秒07 戸澤 奨②14分20秒79★ 石川大和②14分22秒42★

 3千で高田選手がまずまずの記録。5千では石井選手はスピードを活かす再度の13分台。また主力以外では石川選手がベストを置きく更新しました。

 
○東京農業大学
小山直城②13分55秒07★
高田悠太①14分22秒64★ 高良綾太郎③14分32秒24★ 西村昌悟④14分32秒64★
木山雄生④14分34秒15 山舘湧真③14分36秒21★ 帯津佳祐④14分37秒49
畠山泰成④14分38秒06 野上雄弘④14分40秒91★ 小西伊吹①14分41秒63
西野匠哉①14分41秒98 荒木暸一④14分45秒27 阪本和也③14分48秒29

 小山選手はさすが13分台、走りでチームを引っ張ってます。また、ルーキー高田選手がいい記録です。

○國學院大學
細森大輔④14分14秒57★ 青木祐人①14分17秒11★
稲毛悠太④14分23秒59 熊耳智貴③14分30秒25 曽我部憲汰④14分31秒29★
茂原大悟①14分34秒98 小林祐太③14分36秒96 内田健太③14分43秒18
 主力の細森・曽我部選手は力通り。ルーキー青木選手のベストも嬉しいですね。
 
 
○創価大学
3千
大山憲明③8分11秒74 蟹沢淳平③8分11秒83
5千
セルナルド祐慈④14分07秒12
三澤 匠③14分32秒97★
 大山・蟹沢・セルナルド選手ともども好記録なのは嬉しい。主力が元気で何より。
 
○専修大学
1500m
秋山隼人④3分53秒54
3千
島田匠海②8分34秒95 小澤勇斗④8分35秒19
5千
丸山竜也④13分58秒02★
風岡永吉③14分11秒51★ 吉田裕晟③14分12秒32★ 宮尾佳輔③14分14秒46★
渡辺瑠偉④14分17秒99 濱野優太④14分22秒06 和田照也②14分25秒50★
山本伸輝③14分28秒45 柗山航平④14分29秒22 櫻木健次朗③14分37秒15★
 丸山選手がさすが力ある。これに風岡選手が続いたのはいいですね。元々力ある選手です。それに昨年末から勢いのある吉田・宮尾選手はもう一超えしましたね。
 

○亜細亜大学
関口海月④14分10秒47★
米井翔也②14分29秒40★ 浦野薫瑠②14分42秒78★ 古川 舜②14分45秒37
 
○筑波大学
勝谷徳仁④14分24秒82 才記壮人④14分29秒83★ 村上 諄②14分42秒42★
 関口選手が大幅ベスト。今年は試合で力を発揮するか。筑波は勝谷選手に続き、才記選手ら記録が何人も伸びました。
 
 
 
○桜美林大学
3千
坂田 光①8分35秒64
5千
平野秀一②14分30秒16★ 田部幹也②14分34秒52★
 
○関東その他
1500m
風戸啓希(一橋4)3分53秒52
3千
松井将器(東工M1)8分20秒19 小野隼太(茨城3)8分38秒17
5千
廣瀬 岳(関学4)14分13秒92★
鈴木優斗(東経1)14分52秒32★
 桜美林大も少しずつ記録上がりましたね。平野・田部選手が縮めました。関東学院大は廣瀬選手さすが。一橋大風戸選手も順調に記録を更新し続けていますね。
 
 
 

2016.4.3 日本平桜マラソン23.5㎞大学招待

1位貞永隆佑(青学3)1:14:11

2位山本修二(東洋2)1:14:40
3位山田 攻(順大2)1:15:00
4位甲斐大貴(順大4)1:15:09
5位小野塚久弥(青学2)1:15:12
6位金原弘直(順大2)1:16:25

 貞永選手が優勝。箱根5区候補に挙がっていたわけだが、さすがですね。山本修選手もまずまず。さらに順大の2人も山候補となるだろうか。

スポンサーリンク

フォローする