スポンサーリンク

【箱根駅伝】2015年度卒業生&2016年度へ向けて~中央大学

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
 
新4年が大量 次回絶対シード権を
 
 
スポンサーリンク
 
 
中 央 大 学
 
スポンサーリンク

【主な卒業生】

徳永 照④28分48秒19≪4年:箱2区16位、全2区8位、予4位、3年:箱7区8位、予18位、2年:箱7区7位、予189位、出3区6位、1年:箱7区出走、全5区8位、出4区4位≫…15日本IC1万4位⇒競技継続
藤井寛之④29分08秒64≪4年:7区6位、3年:箱3区15位、1年:出2区4位≫⇒愛三工業
松原啓介④29分44秒10≪4年:箱10区13位、予94位、3年:箱9区18位、予32位、2年:出6区9位≫⇒サンベルクス小谷政宏④30分13秒19≪4年:箱5区14位、予212位、3年:箱5区7位、予81位、2年:箱5区13位≫⇒引退
宅一輝④29分39秒28≪2年:箱4区13位、予67位≫…関東IC1500m5千W入賞⇒Honda
吉田匡佑④30分31秒60…2年:全日予選⇒引退
 
 シード権を保持している時に入学した世代。これでついにシードを知っている世代がいなくなるのですね。最初の出雲で2人が走っています。その1人が後にエースになる徳永選手。この時は長い距離はまだ難しかったですが、ロードでの比較的安定した走りが目立っていました。1年時に7区出走以降、3年連続で7区を任され、区間一桁で走り切っています。
 
 覚醒したのが3年箱根後。学生ハーフで62分台を出すと、関東・日本両IC共に入賞、全日本予選でも健闘します。そして怪我明けだったという箱根予選でも日本人トップの快走を見せ、満を持して2区に登場します。しかし、登り坂に苦しむなど勢いは影を潜め区間16位。まとめられなかったのは無念でしょう。先はまだ決まってませんが、今後も走れる選手です。
 
 もう一人の1年出雲出走者は藤井選手。1区が区間賞だったため、激しいトップ争いで長くテレビに映っていました。長い距離の適応に苦しみましたが、3年時1万29分08秒を出すと箱根3区に登場します。主将となって迎えた今季は故障で苦しみますが、箱根前に復帰。復路で孤軍奮闘の活躍でした。また、松原選手は1年ごとに力を付けました。デビュー3年時の箱根9区は苦しみましたが、最後のアンカーでは粘りの走りを披露。就職先のサンベルクスではいきなりエース格だと思われます。頑張ってほしい。
 
 他、個性的な選手たちですね。小谷選手はトラック1万では最後まで30分切りできなかった反面、山登りに適性があり、2年時から3年連続で走っています。3年時が最高の区間8位に入りました。三宅・吉田選手は共に1500mで活躍していますね。特に三宅選手は2年時に箱根出走、4年はトラックで関東IC1500m・5千W入賞を果たしています。吉田選手は、駅伝に縁はありませんでしたが、3年時学生ハーフで65分切りの成績を残しています。
 
 

新チーム陣容

【1万持ちタイム上位10人】
町澤大雅③28分43秒51≪3年:箱1区3位、予15位、2年:箱1区10位、1年:箱3区16位、予270位、出1区8位≫…15関東IC1万3位
鈴木修平③29分24秒38≪3年:箱4区17位、予71位、2年:箱4区13位、予54位、1年:出4区9位≫
新垣魁都③29分47秒57≪3年:予88位≫
相馬一生③29分48秒21≪3年:箱9区19位、予44位、2年:予120位≫
苗村隆広①29分52秒83≪1年:箱8区17位≫
新城佑加③29分56秒56
市田拓海③29分59秒75
≪3年:箱3区16位、予192位、2年:予121位、1年:箱8区16位、予161位≫…15関東IC1500m10位
小池竣也③30分05秒00
堀尾謙介①30分07秒13
≪1年:予127位≫
村越吉倫③30分12秒69
上位1万10人平均:22位中大29分47秒7※箱根予選出場校12位
 
【その他】
蛭田雄大②30分18秒23
江連崇裕②30分26秒15
渥美良明③30分27秒24
≪3年:予130位、2年:予67位≫
竹内大地②30分28秒87≪2年:予187位≫
神崎 裕①30分29秒17
谷星輝③30分31秒86
≪3年:予232位≫
谷本拓巳③30分47秒08≪3年:箱6区8位、2年:箱6区6位、予159位、1年:出2区12位≫
【新入生】
冨原 拓14分18秒77≪都1区12位、高1区22位、IH千五9位≫
飯島康介14分19秒71≪高7区22位≫
安永直斗14分23秒63
安田一平14分25秒41
舟津彰馬14分27秒78
≪都5区10位、IH千五12位≫
二井康介14分31秒11≪都5区12位≫
小林 蒼14分36秒10
田母神一喜1500m3分47秒63≪高2区16位、国体800m1位、IH千五1位≫
 
【区間オーダーを考えてみる(4区延長、5区短縮したとして)】
冨原-町澤-竹内-鈴木-苗村  谷本-市田-舟津-相馬-新垣
 とにかく主力になりうる選手に新4年が非常に多いですね。箱根1区3位と来季の学生長距離界の顔の一人となってもおかしくない町澤選手は勿論ですが、他にも鈴木・相馬・市田選手といった箱根主要区間を出走したメンバー、予選88位好走で主将となった新垣選手、新城・小池選手もじりじり伸びてきています。また、渥美選手も2年連続予選出走、山下りに強い谷本選手がいます。これだけの新4年がいるのですから、何とかチーム力向上を図りたい。
 
 もっと底力を上げたいところだが、まだ新3年生以下の突き上げが少ないのですよね。新2年は堀尾・苗村選手がいますが、新3年が頭数少ないのですよね。現在、4人しかいない苦しい世代。5千で竹内選手が結果を出したのですが、蛭田・江連選手あたりがあがってこれるかどうか。新3年以下の現状を考えると何とか次の箱根でシード権がほしい。正直、予選を突破できるかどうかの戦力だが、何とか一丸になりたい。
 
 幸いなのが新入生がまずまず入ってきますかね。駅伝エース区間でしっかり走っている冨原選手は勿論、5千のタイムは少し落ちるものの、都道府県5区で格上の選手と勝負できている舟津・二井選手、飯島・安永選手らも充分早くからレギュラーを狙っていけそうだ。古豪復活の足掛かりになってほしい。
スポンサーリンク

フォローする