スポンサーリンク

2016.1.18までの結果【高根沢ハーフ・奥球磨ロード・国立25大駅伝など】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
箱根駅伝2016が終わって、少し日が立ちました。
 
 
少しずつですが、大会がありましたね。
スポンサーリンク

2016.1.10 元気あっぷ高根沢ハーフ

優勝:梶原有高(神奈川陸協)62分45秒
 フリーになってから、絶好調ですね。やはり、彼は自分のペースでやるやり方が合っているのかもしれませんね。

 
○青山学院大学
2位池田生成③62分45秒★
3位森田歩希①63分01秒★
茂木亮太③64分14秒 橋本 峻④64分15秒 小野塚隆珠③64分55秒★
林 奎介①65分07秒★ 小田俊平②65分23秒★ 鈴木悠日③66分14秒★
安藤悠哉③66分19秒 橋詰太慧①66分47秒★ 松田岳大①67分15秒
山田滉介①67分30秒 橋間貴弥①67分37秒 大越 望②68分07秒
 箱根を走っていないメンバーが出場し、8区にエントリーされていた池田選手が最後まで優勝争いをしたうえでの62分台の大記録。関東ICで注目を集めましたが、調子は下降気味だったはずでは…。そして、16人のメンバー外だった森田選手が63分01秒。中学記録を持っている選手がここにきて急上昇。凄まじい総合力を誇っています。
 
○東海大学
桐原翔太③64分52秒
湯澤 舜①64分59秒 小笠原柊③65分19秒 三上嵩斗①65分34秒★
小林和弥②65分41秒 安藤健太③66分01秒 宮城壱成③66分12秒
加藤拓実①66分20秒★ 宮本甲斐③67分35秒 足立直哉①67分43秒
畔柳隼弥③68分01秒 阿部啓明②68分07秒 小林 巧④68分23秒 越坂部隆成①68分38秒
  桐原選手は1年時から20㎞には対応しているのですが、中々出番訪れません。どこかでチャンスあるか。1年では湯澤・三上選手が順調に推移しています。
 

○日本体育大学
辻野恭哉②65分46秒
山本航平③66分44秒 松元悠太郎③68分03秒 高林拓哉③68分17秒

 将来のエース候補辻野選手がチームトップ。今後の推移に注目。前回9区の山本選手も今後あがってほしい。
 
 

○平成国際大学
東山知弘③66分14秒
賀澤拓海①66分29秒 佐々木良章③67分13秒 小美濃駿①67分23秒★
布施晴貴①67分49秒★ 渋谷晃輝③67分53秒 遠田 洸①69分20秒★

 1万30分前半の1年生が走りました。彼らがどれだけ粘れるようになるかが来年の勝負です。
 
 
 

【結果】2016.1.18 奥球磨ロードレース

優勝:三輪晋大朗(NTN)63分58秒
 ニューイヤー駅伝で4区を務めた三輪選手。1区の出遅れから苦しい位置でしたが、しっかり追い上げていました。

 

○明治大学
吉田 楓③64分14秒★

 箱根8区出走した選手。シード獲得の為、前半からいった走りには、もっと可能性を感じました。
 

○駒澤大学
堀合大輔①64分27秒★

 堀合選手がじわりと自己ベスト。1年生の世代は複数台頭があるかもしれませんね。
 
 

○拓殖大学
馬場祐輔①64分56秒
大中亮矢③68分07秒

 箱根の山を務めた2人。馬場選手は踏ん張りましたが、大中選手はここでも苦しい走りに。
 
 

○東洋大学
橋本 澪③65分00秒
野村峻哉②67分03秒★

 箱根6区かもと言われていた橋本選手。と、主力野村選手。怪我で欠場となりましたが、ひとまず今回完走なりました。
 
 

○日本体育大学
石島一真②65分15秒★
宮﨑勇将①65分55秒★ 林田元輝①67分51秒

 選手層が厚くなってきてますね。
 
 

○東海大学
垂水 隆②65分34秒
高園真徳①67分12秒 森下史崇①68分02秒

 

○山梨学院大学
永戸 聖①65分47秒
比夫見将吾②68分36秒

 1年ナンバーワンの永戸選手、伸びていけるか。
 
 

○東京農業大学
高良綾太郎②65分49秒
加藤大地①66分22秒★ 森 柊斗①69分38秒

 高良選手などがもっと伸びれば層が厚くなります。
 
 
○青山学院大学
近藤修一郎②66分31秒
 
○亜細亜大学
梅本龍太①67分16秒
 
○国士舘大学
八巻雄飛②67分47秒
 
 

○その他
北村宙夢(日本文理)65分56秒
木下幸大(福岡大)67分30秒
福島弘樹(日本文理)67分41秒
田中克典(鹿屋体育大)68分19秒

 日本文理の選手が大挙出場していましたね。全日本選抜に出場した北村選手はさすがですね。
 

【結果】2016.1.17 国立25大学駅伝

(http://sairiku.net/xoops/newinfo/kekka/2016/H280116r.pdf)

1区(9.72㎞)
1位松井将器(東工4)28分55秒
2位山田幸輝(埼大3)29分31秒
3位服部 俊(首都大M2)30分11秒
4位菊地悠人(一橋4)30分20秒
5位吉川昇吾(信州2)30分25秒
6位枡川健太郎(横国2)30分28秒

3区(7.69㎞)
1位柴田幸樹(東工M2)24分04秒
1位新 遼吾(横国3)24分04秒
3位田中直樹(東北M1)24分05秒
4位三好優汰(一橋3)24分08秒
5位今村 新(高経2)24分13秒
6区(7.69㎞)
1位澤畠竜一朗(横国3)23分59秒
2位五十嵐大義(信州2)24分03秒
 
○総合順位
1位東京工業大
2位信州大
3位横浜国立大
 松井選手率いる東京工大が優勝。25大陸上でも優勝していて、乗っていますね!それから全日本駅伝でもよく見かける信州大を挟んで、5千14分台3人いる横浜国立大が食い込みました。
 

【結果】2016.1.18 三浦半島駅伝

1区(8.3㎞)
1位秋澤啓尚(神大2)25分09秒
4位丸山翔太郎(農大4)25分51秒
2区(7.7㎞)
1位石井秀昴(国士3)22分18秒
2位児島陽生(法大1)23分32秒
3区(7.4㎞)
1位古林潤也(防大1)23分16秒
4区(8.8㎞)
1位畔柳 揮(日大3)27分19秒
2位四方祥雄(東情4)27分52秒

 国士大の石井選手はさすがの実力ですね。スピードがあるので春から楽しみなランナーです。
 
 
 
スポンサーリンク

フォローする