スポンサーリンク

2015.11.8までの結果【順大記録会・伊勢崎トライアル・世田谷246ハーフ等】

全日本大学駅伝2015の裏で行われていた記録会や、
その1週間後に行われた大会の結果を
大学駅伝チーム別にまとめていきます。
 
スポンサーリンク

2015年度順天堂大記録会【結果まとめ】

2015年10月31日に行われているものになります。

○順天堂大学
1500
的野遼大(MHPS長崎)3分49秒64
村島 匠②3分52秒79
佐野正明②3分53秒26
5千
小林 聖①14分28秒45★
作田直也③14分28秒79★
小盛玄佑④14分35秒48
金原弘直①14分41秒62
甲斐智樹③14分50秒43
新迫 基③14分50秒74
笠井孝洋①14分53秒29
宮川慎太郎③14分54秒75

 OBの的野選手が参戦して3分50秒切り。これからまた活躍する姿が見れれば。5千では1年の小林選手が自己ベスト。作田選手が前回の1万に続き、成長をアピールしました。また、最後の箱根を狙う昭和生まれのランナー小盛選手が連続して出走しています。最後に挙がってこれるでしょうか。
 

○その他
1500
内田晃太郎(立大4)3分56秒13
5千
山田幸輝(埼大3)14分43秒08

 山田選手は今年は残念ながら連合には入れず。涼しくなるこれからベストを出せるか。

伊勢崎inトライアル2015【結果まとめ】

2015年11月7日に行われています。

※2度走った選手はインターバル25分ほど
○東洋大学
山本修二①14分02秒65(14分26秒36)
寺内将人④14分20秒85(14分23秒88)
渡辺一磨④14分23秒54(14分26秒83)
山本采矢③14分25秒00(14分27秒24)
荒武星哉②14分30秒85
高森建吾②14分33秒87(14分37秒17)
小早川健②14分38秒45(14分30秒53)

 1年生の山本選手が前回と連続して14分一桁を記録。好調さをアピール続けています。4年生の寺内・渡辺選手は最後の箱根に向けて、今後の試合で長い距離での結果がほしいところだ。
 

○早稲田大学
高田康暉④14分01秒45(14分22秒74)
車田 颯①14分15秒43★

 早大ファンとしてはほっとするニュース。高田選手が5千を連続して走り、2回目の出走では14分1秒で組トップ。少しずつ箱根へ向けて臨戦態勢を整えてきている模様です。車田選手の自己ベストも嬉しいです。
 

○上武大学
東 森拓④14分09秒02(14分23秒08)
田中佑弥①14分19秒92★※チーム5番手
井上弘也②14分20秒33(14分22秒99)
山岸 塁④14分22秒74★※チーム6番手
馬本 匠③14分31秒77
森田清貴③14分32秒94★
塩川香弥②14分39秒91★

坂本佳太②14分42秒13
小林淳輝②14分43秒60
佐藤史弥③14分45秒86
太田黒卓①(14分47秒15)
上田隼平③14分49秒56(14分45秒85)
河崎裕史③14分50秒60
志塚亮介③14分56秒75

 東選手は本当にエース格になりましたね。1年の頃から注目していましたが怪我に泣き続け留年も経験したとか。まずは今年の箱根での全力疾走が見たい。また主力では山岸・森田選手と長い距離での粘りに期待がかかる選手がしっかり調子の良さを見せたのは嬉しかった。若手では井上・坂本選手が気になる反面、ルーキー田中選手の大幅ベストが目立ちました。

東大記録会2015【結果まとめ】

2015年11月7日8日に行われています。

5千(手動・公式)
塩田 匠(東工1)14分54秒7★
松井将器(東工4)14分57秒6
丸山蒼太(東工M1)14分57秒8
枡川健太郎(横国2)14分58秒1
近藤秀一(東大1)14分59秒7

 東工大は松井選手だけでなく、1年生の塩田選手も面白い存在になりつつありますね。秋になって2度目の14分台です。
 

世田谷246ハーフ2015【結果まとめ】

世田谷246ハーフマラソン

(https://www.se-sports.or.jp/event/246/)

2015年11月8日に行われた世田谷246ハーフ!

注目の青山学院大が大量に参戦しているのですよね。

○青山学院大学
中村祐紀②63分28秒★※チーム10番手
渡辺利典④63分54秒
秋山雄飛③64分00秒
池田生成③64分08秒★
梶谷瑠哉①64分12秒★
吉永竜聖②64分22秒
渡邊 心④64分29秒
近藤修一郎②64分46秒
茂木亮太③64分49秒
山村 隼④65分29秒
小野塚隆珠③65分53秒
田村和希②65分58秒
下田裕太②65分59秒
小椋裕介④65分59秒
安藤悠哉③65分59秒
松島良太④66分48秒
鈴木悠日③66分51秒
山田滉介①67分17秒
伊藤弘毅④68分17秒
 全日本を外れた中村選手が激走。アップダウンの多くタイムが出にくいと言われる世田谷ハーフで63分半ばの好記録を出しました。チームの勢いを再び取り戻すが如くといったところ。4年の渡辺利選手はさすがの安定感。3位秋山選手は15㎞地点まで単独トップの積極性を見せています。
 
 また、関カレ2部ハーフ優勝の池田選手も調子を取り戻し、中々名前を見なかったルーキーから梶谷選手が走れる目途が立つなど収穫がありました。
 
 他主力ランナーが66分前後で集団走をしていますね。ただ、その中で4年生山村・伊藤選手はちょっと気になるタイムになってますが…。
 

○駒澤大学
広瀬 匠③65分29秒★
物江雄利①66分56秒★
海老澤太郎①69分16秒
山口優希①69分17秒

 

○日本体育大学
城越勇星②65分10秒
竹内洸貴④66分42秒★
坂本 新③67分01秒
中石敏朗④67分35秒

 城越選手が戦線復帰。貴重な戦力になるはず。
 

○中央大学
神崎 裕①66分42秒★
苗村隆広①66分48秒★
茂川聖真①69分35秒

 ルーキーたちが出走しています。来年までに力がつければ。
 

○国士舘大学
佐藤柊耶①67分27秒
星野純希①68分21秒

 

○東京農業大学
高良綾太郎②65分48秒★
荒木暸一③66分29秒
加藤大地①67分27秒
高橋悠平②67分28秒
茂木洋晃②67分58秒
徳永晃希②69分17秒

 高良選手がベストでしたが後は苦しく。箱根復帰には彼らが64分前半以上で走る力をつける必要があると思っています。
 

○専修大学
近藤 勇②67分24秒★
堀川航貴②68分02秒★
浅田久幸③69分10秒

 

○桜美林大学
小高真基②68分05秒
森山隆秀②69分01秒

 桜美林大の今後を担う選手たちです。
 
 

宮古サーモンマラソン2015【結果まとめ】

2015年11月8日に行われています。こちらにも青山学院大が出場していますね。

10㎞
森田歩希①29分47秒
貞永隆佑②30分21秒
内田 翼③30分23秒
松田岳大①30分27秒
橋間貴弥①30分29秒
ハーフ
石川優作②66分03秒
大越 望②68分11秒

 青学のランナーが招待されていたみたいですね。10㎞では1年生の森田選手が唯一の29分台で走り切りました。それから、内田選手の名前を久々に見た気がします。


スポンサーリンク