スポンサーリンク

29.6.10-11【世田谷記録会・平成国際大記録会】

シェアする

6月10日に行われた2つの記録会の男子大学長距離の結果です。
なお、コメントはあとで追記します。
29.6.10 第63回平成国際大記録会(詳細結果:http://hiukirokukai.web.fc2.com/2017/top.html)
1万トップ:朝賀勇也(高田自衛隊)30分41秒44
○法政大学
1500:増田蒼馬②3分52秒34
○大東文化大学
1500:三ツ星翔①9分24秒07
5千
8組:佐藤弘規②14分47秒12(全体トップ) 豊田紘大②14分53秒43
  吉井龍太郎①14分53秒90 浅野有紀②14分57秒19
 法大は関東ICに出場した増田選手がまずまずか。5千は暑かったこともあり、14分47秒がトップ記録となりました。それを佐藤選手、それに近いタイムで吉井選手がとったのは収穫でしょうかね。
○上武大学
5千
8組:齋藤 優②14分48秒88 高田俊太③14分54秒61
1万
2組:小林淳輝④30分55秒26 弘光伶次④30分55秒93★ 中 泰斗④31分26秒30
○山梨学院大学
1500:千田怜央③3分58秒18
 上武大は4年生の選手が1万に出場。小林・弘光選手はトップが30分42秒なので健闘した方でしょう。
○東京国際大学
5千
8組:浦馬場裕也③14分54秒30 真船恭輔②14分58秒55
○関東学院大学
1500:川良昴世①3分59秒71
1万2組:桑山敏哉②31分25秒48
 
 東国大は関東ICハーフ出走の浦場選手と、主力となってほしい真船選手が出走しています。関学大は川良選手の今後の成長が楽しみですね。
○日本薬科大学
5千
6組千葉勇輝①14分57秒62★
9組駒山魁都④14分53秒94 宮平健太郎③14分55秒02
1万
2組:時川昌也①30分43秒30★ 今川深透①30分50秒95★ 時川朋也②30分54秒20★
  安藤優気④31分05秒42 山本翔矢③31分24秒65 大倉秀太①31分34秒52
 今回一番多く出走していたかな?5千は気象条件考えると自己ベストを出した千葉選手は良かったですね。関東IC決勝組の9組もっとペースがあがってほしかったですが仕方ないですかね。1万は1年生の時川・今川選手が30分後半!元々の持ちタイムを考えるとかなりの好走では?今の4年生の次に強い世代になってくれるかも?その4年生は昨年1万29分台を出した高橋選手が5千15分後半のタイムながら復帰。4学年揃う箱根予選に向けてあげていきたい。
○駿河台大学
1万
2組親崎達朗④30分49秒66
○麗澤大学
5千
6組宮田 僚②14分57秒77
9組渡邉紘也③14分56秒36
 駿河台の親崎選手がかなり積極的に試合に出場していますね。先週の日体大も1万で出場していました。
○関東その他
5千
8組:山田幸輝(埼大院M1)14分56秒27
1万
2組:渥美祐次郎(東大M2)30分53秒12 元川嵩大(東経3)31分26秒03
 大学院生組が調子いいですね。特に渥美選手はベストから数秒差の記録連発しています。
29.6.10 平成29年度第2回世田谷陸上競技会(詳細結果:http://www.se-sports.or.jp/data/pdf/id593b94afc22c3.pdf)
全て載せているわけでありません。5千は14分50秒くらいまで
1500mトップ:石川聖也(早大同好会)3分53秒56
5千全体トップ:イエゴ エバンス(サンベルクス)13分55秒12
日本人トップ:大西一輝(カネボウ)13分58秒76 棟方雄己(カネボウ)14分07秒16
       平賀喜裕(自衛隊体育学校)14分08秒99 村山謙太(旭化成)14分09秒79
 カネボウの大西選手が良かったですね。サンベルクスの新外国人のエバンス選手に最後まで食いつきました。また、箱根沸かせた平賀選手がいいスタートを切っていますかね。村山選手の前に出るとはやりますね~
○青山学院大学
12組:谷野航平②14分42秒03 木村光佑③14分42秒37 田辺浩司②14分45秒46
○東洋大学
8組:土壁和希②14分46秒27
11組:福井勇仁②14分36秒76
14組:小早川健④14分46秒86
 青学大は今回は2軍の選手の出場でしたかね。東洋大は小早川選手が走りましたが、もう少しでしたかね。長い距離で力を発揮したい。
○早稲田大学
11組:遠藤宏夢②14分41秒99
12組:真柄光佑②14分50秒56
14組:清水歓太③14分49秒29
○神奈川大学
10組:井手孝一②14分42秒53 藤村共広②14分43秒54
11組:田中翔太③14分47秒27
12組:大川一成④14分31秒14
14組:杉優一朗③14分38秒75 杉本康平①14分46秒92
 早大は遠藤選手が一番良かったですね。真柄・清水選手はまた長い距離で…。神大は大川選手の復帰レースが一番注目でしたが、今日の中では結構いいタイムでした。しっかりとした状態で夏合宿に入れそうです。
○中央学院大学
5千
8組:大津吉信②14分47秒74
9組:五十嵐拓也③14分44秒11
10組:辻森晴稀①14分49秒52
11組:石綿宏人①14分32秒21★ 川﨑耕平①14分44秒83 打越晃汰②14分45秒12
12組:須永康幸②14分35秒46 樋口 陸③14分46秒70
13組由見光道④14分39秒53 中川 賢③14分42秒52 金井優介②14分42秒82
  原捷太郎③14分48秒78
14組:福岡海統③14分28秒76 釜谷直樹③14分30秒42 髙橋翔也①14分35秒62
  篠原大輝③14分48秒69 實政瑛久③14分50秒32
15組:高砂大地②14分12秒08 廣 佳樹③14分18秒73 市山 翼③14分30秒82
  大森 澪④14分36秒88 光武 洋③14分58秒34
 主力が大勢出場してきましたね。今回は高砂選手が良かったです。少しずつ状態を上げてきていますかね。廣・市山選手、それから福岡選手も安定、鎌谷選手や3障で活躍した高橋選手も元気でした。
○日本体育大学
5千
12組:池田卓矢④14分38秒12 白永智彦②14分50秒36
○駒澤大学
3千:小島海斗①8分27秒72 吉村晃世①8分32秒36
5千
14組:伊勢翔吾③14分30秒42 伊東颯太①14分31秒64
15組:佐々木聖和②14分33秒27 中村大聖②14分54秒37
○東海大学
5千
14組:鈴木雄太①14分35秒44
 駒大は1年生のデビュー戦が話題でしたね。小島・吉村選手ともにじっくりあがってきてほしいです。


○國學院大學
5千
13組:臼井健太①14分33秒89★ 田代恭一④14分35秒09 田川良昌①14分41秒05
  長谷勇汰③14分46秒43 稲毛暉斗②14分48秒06
14組:添田知宏②14分25秒57 中山貴裕③14分42秒61
○山梨学院大学
5千
10組:熊谷尭之①14分48秒42 遠藤悠紀①14分49秒25
11組:安藤主税①14分46秒24 柴田征人④14分48秒15
12組:横井翔吾④14分38秒20★
13組:池田眞臣③14分36秒76★ 斎藤有栄①14分40秒04 出木場風吹③14分45秒80
14組:首藤貴樹②14分45秒04 藤田義貴③14分46秒36
15組:市谷龍太郎④14分30秒71 古賀裕樹④14分35秒77 井上広之②14分46秒94
  久保和馬③14分47秒49
 國學院大は1500m強い添田選手が出場、自己ベストに迫る走りを見せました。またルーキー臼井選手が順調です。山梨学院大も主力が出場。全日本シード組が湧かせてますね。ひとまず市谷選手が何かきっかけを掴めるレースになればと思いますがどうだったでしょうか?古賀・井上・池田選手らもあがれるか。また、久保選手が試合復帰できたのはほっとしました。
○明治大学
5千
13組:竹山直宏③14分40秒75 皆浦 巧④14分41秒34 樋口大介①14分43秒43
  斉藤寛明②14分50秒66 南 俊希②14分52秒54 山口竜矢③14分54秒12
○日本大学
5千
10組:野田克哉③14分42秒58 町井孝行④14分47秒34 高橋佐介①14分48秒18
○国士舘大学
5千
10組:大西 彰②14分42秒38
 明大は竹山・皆浦選手があがると選手層が厚くなりますね。日大は野田選手と下りではないほうの町井選手が久々にいい記録を出しています。
○中央大学
5千
12組:川崎新太郎①14分36秒74★ 岩佐快斗②14分40秒48★
14組:関口康平②14分37秒88
○専修大学
5千
9組:黒柳陽汰①15分25秒89
 中大は自己ベストが出ましたね。川崎選手・あと全日本予選メンバーにあと一歩までいった(と思われる)岩佐選手が良かったです。ここにきてチームが上向き傾向ですかね?専修大は全日本予選3組エントリーの黒柳選手が出場しましたが15分を大きくオーバー。調整ですよね??
○関東その他
5千
6組:中村太紀(理科2)14分58秒32★
9組:坂田 光(桜美2)14分42秒72
11組:田部幹也(桜美3)14分29秒34★ 根岸祐太(慶大3)14分34秒59★
○その他
5千
8組:松舘悠斗14分54秒27(星槎道都大)
 東京理科大の選手が14分台はちょっとびっくり!めっちゃ暑い時間帯のはずですよ??ちょっと覚えておきましょう。上位組では桜美林大が調子よかったですね。田部選手はおそらくチームの日本人記録です。また、慶大の根岸選手も順調です。


コメント

  1. m78 より:

    このページとは関係ありませんが、今年学生連合1区走った専修大学の丸山竜也選手が黒崎播磨を僅か2ヶ月で退部、退社したみたいです。
    2回の記録回共に5000m15分ちょっとでしたが、恐らく考えられるのは箱根1区の疲労骨折の怪我が悪く、
    再起不能に陥ってしまった可能性があると・・・
    いずれにしても、将来の陸上界を担う選手だっただけに非常に残念です。
    監督となっていた中央大学の藤原監督には、この悲劇を忘れずに学んでほしいです。

  2. hakonankit より:

    >m78さん
    まあ、調整は伊藤監督だったとは思いますが…時間かけてでも戻してほしかったですが、駅伝ファンとして無念です。