スポンサーリンク

第49回(2017年)全日本大学駅伝関東地区予選エントリー発表!

シェアする

第49回(2017年)全日本大学駅伝関東地区予選エントリー(http://www.kgrr.org/event/2017/kgrr/49zenniti/49_entrydate.pdf)が発表されました
10時締切ですが、エントリー発表早かったですね!
そのまま出すのも技がないなと思いましたので、
各組の持ちタイムの順位を付けてこちらにも出しておきます。


・日本体育大学
4組:23位室伏穂高③29分14秒84、30位山口和也②29分23秒07
3組:2位吉田亮壱④28分52秒53、4位中川翔太②28分59秒46
2組:3位宮﨑勇将③29分11秒16、11位林田元輝③29分34秒27
1組:15位小縣佑哉②29分46秒24、25位岩室天輝①30分02秒12
補欠:1位小町昌矢④28分50秒29、2位城越勇星④28分53秒09
 少し出てこない主力がいる中、ちょっと変則的なオーダーを組んできましたね。3組までに勝負を決めて、4組は耐えるオーダーになったと思います。小町選手が出られるなら心強いですかね。
・東海大学
4組:13位關 颯人②28分48秒63、18位松尾淳之介②28分59秒65
3組:24位西川雄一朗②29分36秒46、30位三上嵩斗③29分48秒41
2組:5位湯澤 舜③29分13秒44、6位中島怜利②29分16秒18
1組:9位小松陽平②29分34秒45、12位郡司陽大②29分40秒47
補欠:3位川端千都④28分55秒26、11位國行麗生④29分25秒80
 鬼塚・舘澤選手は免除、比較的調子のいい4年生を補欠に入れたオーダーですね。まあ、これでも結構やれそうなのは強い。1万の経験が薄い3組が鍵でしょうか。
・神奈川大学
4組:6位山藤篤司③28分29秒43、7位鈴木健吾④28分30秒16
3組:3位鈴木祐希④28分52秒99、10位大塚 倭④29分10秒60
2組:7位宗 直輝②29分16秒83、23位安田共貴②29分50秒51
1組:5位荻野太成②29分17秒50、6位多和田涼介③29分20秒82
補欠:7位大野日暉④29分18秒49、9位越川堅太②29分20秒95
 差が付きやすい4組と3組を見ている限りトップ通過の候補にあがっておかしくないでしょうね。関東IC入賞者で4人固めています。残りの組は調子の上がっている選手の出走でしょう。
・明治大学
4組:10位坂口裕之③28分40秒13、37位中島大就②29分36秒00
3組:6位阿部弘輝②29分03秒00、11位三輪軌道②29分11秒88
2組:8位酒井耀史①29分30秒90、10位東島清純③29分33秒46
1組:24位岸 哲也②30分01秒97、33位村上純大①30分16秒19
補欠:5位田中龍太③29分08秒75、35位角出龍哉③30分23秒82
 エース坂口選手が無事4組エントリーされてほっとしました。相方の中島選手は粘るタイプです。2組と3組は状態が良ければ充分タイムを稼げる組になっています。
・大東文化大学
4組:21位齋藤 諒③29分09秒92、27位林 日高④29分19秒34
3組:12位奈良凌介②29分12秒01、17位谷川貴俊③29分20秒09
2組:4位川澄克弥②29分11秒21、20位中神文弘③29分47秒55
1組:7位山本翔馬④29分28秒87、32位奈須智晃③30分12秒05
補欠:4位原 法利④29分08秒16、30位新井康平③30分10秒94
 持ちタイム的には高いですが、関東ICで少し結果が出なかった選手がいること、エース級の選手が4組に入れなかったり、ちょっと苦心したオーダーか。ただ、毎年調整はうまい方です。
・順天堂大学
4組:4位栃木 渡④28分19秒89、9位塩尻和也③28分35秒44
3組:14位橋本龍一②29分16秒71、18位清水颯大①29分20秒79
2組:1位野田一輝②29分00秒06、33位藤曲寛人②30分06秒47
1組:23位山田 攻③29分56秒69、27位小畠隆太郎②30分04秒18
補欠:13位金原弘直③29分31秒58、34位花澤賢人④30分21秒86
 4組がやっぱり強そう。それ以外は少し凸凹がある感じですかね。昨年予選落ちに直結した3組は調子の上がっている選手でエントリーしています。安定感のある金原選手が補欠なのもポイント。
・中央大学
4組:8位堀尾謙介③28分34秒54、22位竹内大地④29分12秒72
3組:5位舟津彰馬②29分02秒63、15位中山 顕③29分19秒13
2組:24位畝 拓夢①29分51秒40、32位加井虎造①30分05秒95
1組:1位二井康介②28分56秒00、21位蛭田雄大④29分57秒02
補欠:16位池田勘汰①29分37秒32、17位神崎 裕③29分39秒10
 勢いのある若手がハマれば、ボーダーライン上で走ることも可能ですかね。そうなると、スピードはあるが関東ICもう少しだった4組3組の選手が鍵になってきます。
・國學院大學
4組:17位向 晃平④28分59秒15、20位浦野雄平②29分08秒68
3組:13位江島崚太③29分16秒28、16位熊耳智貴④29分19秒25
2組:13位松永拓馬④29分37秒27、18位青木祐人②29分46秒10
1組:8位磯邊翔太④29分32秒36、17位河野敢太④29分48秒70
補欠:6位土方英和②29分13秒56、14位國澤優志④29分33秒34
 関東ICで良かった選手をそれぞれエントリーできたという感じですかね。4組の2人がどれだけいけるかはちょっと楽しみであったり。補欠の選手も良く、穴のないオーダーです。
・東京国際大学
4組:5位タイタス モグス②28分28秒40、29位鈴木博斗④29分23秒05
3組:1位伊藤達彦②28分51秒20、37位佐伯 涼①30分07秒89
2組:16位佐藤雄志②29分39秒84、25位荒井大輝④29分55秒07
1組:22位河野 歩③29分57秒63、26位上村真司④30分02秒18
補欠:24位鈴木正樹②29分43秒00、32位相沢悠斗②30分19秒57
 ひとまず関東IC組で固めてきたという印象ですかね。あとは全体的な安定感か。スピードのある伊藤・荒井選手が調子を戻せていれば、初出場が見えてきます。


・法政大学
4組:11位坂東悠汰③28分44秒87、34位佐藤敏也②29分28秒94
3組:7位土井大輔③29分06秒65、27位青木涼真②29分44秒18
2組:26位鹿嶋隆裕④29分55秒79、35位福田兼士③30分14秒81
1組:3位矢嶋謙悟③29分14秒03、10位狩野琢己③29分35秒64
補欠:10位細川翔太郎④29分22秒65、18位磯田和也④29分39秒59
 坂東選手は強力。1万経験薄い佐藤・青木・福田選手が伸ばせるか。補欠の4年生が調子を上げると伊勢路が見えてきます。なお、鹿嶋主将エントリーはちょっとサプライズエントリーでした。
・城西大学
4組:14位中島公平③28分51秒95、33位金子元気③29分26秒79
3組:9位西嶋雄伸②29分10秒30、19位菅 真大④29分22秒01
2組:14位大石 巧③29分37秒59、22位峐下拓斗③29分50秒06
1組:16位中原佑仁②29分47秒48、35位梶川由稀①30分20秒42
補欠:12位山本竜也④29分27秒60、21位荻久保寛也②29分40秒27
 4組と3組はスピード型とスタミナ型の選手同士でエントリーしてきた印象です。例年は安定感に難がある結果でしたが、少なくできるか?スピードのある荻久保選手もどこかに入れたい。
・帝京大学
4組:24位佐藤諒太④29分15秒71、26位畔上和弥③29分17秒60
3組:25位星  岳①29分37秒47、31位田中祐次④29分48秒95
2組:9位小野寺悠①29分32秒73、21位濱川 駿③29分47秒81
1組:2位竹下 凱③29分10秒82、13位田村岳士②29分42秒13
補欠:8位岩佐壱誠②29分19秒54、15位島貫温太②29分33秒57
 持ちタイム的には低いですが、上位通過候補の一つです。調子の上がっていない竹下選手を1組に回すことができた、と見えます。3組がやや意外な選手ですが補欠と交代ですかね?
・拓殖大学
4組:2位W.D.タソ③28分19秒16、12位西 智也④28分47秒53
3組:20位馬場祐輔③29分26秒36、35位赤﨑 暁②29分55秒76
2組:12位戸部凌佑③29分34秒46、34位中井槙吾②30分07秒96
1組:11位土師悠作④29分38秒68、30位鈴見侑大③30分09秒63
補欠:31位清水崚汰①30分16秒86、39位石川佳樹①30分38秒75
 ひとまず主力選手はエントリーできましたかね。4組3組2組は少なくともワークナー・馬場・戸部選手と稼げる選手をエントリー、通過ラインに持ってこれるように見えます。
・国士舘大学
4組:15位住吉秀昭③28分57秒02、39位ポール ギトンガ①29分49秒10
3組:21位多喜端夕貴③29分26秒89、23位藤江千紘③29分35秒46
2組:15位戸澤 奨③29分39秒35、28位高田直也③30分01秒47
1組:4位八巻雄飛④29分15秒06、18位守屋太貴④29分48秒88
補欠:23位辻田拓真④29分41秒45、33位加藤雄平②30分21秒62
 ここまで結果的にもう少しですがギトンガ選手はやはり期待が高いか4組エントリーです。2組戸澤選手あたりで稼いでボーダーラインが見える位置でレースを進めたい。
・創価大学
4組:3位ムソニ ムイル②28分19秒24、16位大山憲明④28分57秒62
3組:26位蟹沢淳平④29分41秒14、32位米満 怜②29分50秒01
2組:19位三澤 匠④29分46秒21、29位上田結也②30分05秒13
1組:39位松本直樹①14分19秒14※、40位梅木 陸①14分29秒53※
補欠:22位玉利健志④29分40秒34、27位作田将希③29分49秒69
 エースが強い大学ですね。ムイル選手は楽しみ。他、関東IC欠場した選手もしっかりエントリーしており、こちらに合わせてこれるか。1組を1年生で固めたのは意外でした。
・日本大学
4組:1位P.M.ワンブイ③27分54秒98、28位岡野佑輝④29分20秒66
3組:22位高野千尋④29分31秒96、33位川口賢人④29分54秒82
2組:2位加藤拓海③29分03秒68、36位宮崎佑喜①30分31秒01
1組:28位武田悠太郎①30分08秒58、34位阿部 涼①30分19秒34
補欠:28位小坂太我②30分03秒70、36位金子智哉②30分29秒78
 序盤を勢いのある若手と復調途中の加藤選手、あとはエースのワンブイ選手と4年生。オーダー的には真っ当ですね。大きな失速がなければ充分予選通過はありえます。
・専修大学
4組:25位岩田拓海④29分17秒29、40位長谷川柊②14分04秒13※
3組:28位川平浩之③29分44秒86、40位黒柳陽汰①14分37秒67※
2組:27位小林彬寛②29分58秒54、39位茅野雅博①30分51秒48
1組:19位櫻木健次朗④29分51秒43、20位横山絢史②29分53秒36
補欠:19位宮下晴貴②29分40秒05、20位宮尾佳輔④29分40秒06
 3組2組に1年生を抜擢したのはちょっと意外、練習ができているのでしょう。その他は関東IC組で固めてますが、ちょっとオーダーに苦心した印象も。
・上武大学
4組:19位坂本佳太④29分08秒43、31位太田黒卓③29分24秒46
3組:38位橋立 旋②30分23秒94、39位吉田 貢④14分29秒99※
2組:17位大森 樹③29分41秒71、31位淵 喜輝③30分05秒32
1組:29位岡山 翼②30分09秒12、37位熊倉優介③30分23秒92
補欠:38位関 佑斗③30分32秒47、40位松下恭一郎③30分46秒77
 坂本選手をはじめ、各組中位以上で走れそうな選手を複数エントリーさせています。ただ、3組がやや手薄になっているのが気がかりなところです。
・筑波大学
4組:32位森田佳祐④29分26秒11、36位才記壮人(M1)29分35秒82
3組:29位吉成祐人(M2)29分48秒18、36位相馬崇史①29分56秒95
2組:30位河野 誉④30分05秒15、40位川瀬宙夢③31分08秒58
1組:31位村上 諄③30分09秒66、38位池田 親②30分42秒73
補欠:26位小林航央③29分49秒25、29位武田勇美④30分05秒21
 あの鐘ヶ江選手が4年生の時の2003年以来の予選挑戦権を得た筑波大。スピードランナーが並ぶものの、ベスト上は苦戦は免れないでしょうか。補欠の小林選手で稼げるようにしたい。
・亜細亜大学
4組:35位佐々木直人④29分33秒64、38位古川 舜③30分02秒40
3組:8位加藤風磨④29分07秒49、34位米井翔也③29分55秒47
2組:37位田崎聖良②30分31秒50、38位兼次祐希①30分39秒27
1組:14位梅本龍太③29分43秒20、36位森木優摩①30分23秒09
補欠:25位上土井雅大②29分48秒11、37位山口明津也③30分32秒43
 ギリギリで出場ということで、戦力的にはやや厳しいでしょうか。関東IC欠場の加藤選手と苦しい結果だった梅本選手が調子をあげられれば食らいつける可能性が出てきます。
また、交代予想などは2週間ほどかけてじっくり行っていきます。


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ao より:

    お早いまとめ、お疲れ様です。
    自分は贔屓のことぐらいしか情報が無いですが、法政の細川、磯田の4年生2人は、ここに来て調子を上げてきている(by坪田監督)とのことです。
    この2人をキーマンにあげていますので、2人が投入されるであろう、序盤の1,2組で勝負するつもりなのかも知れません。

  2. たけぽっぽ より:

    今の段階では、管理人さんが仰るとおり神奈川が一歩以上リードしている感じで、その後に帝京、順天堂あたりは大丈夫と感じています。あと去年から箱根以外にも力をいれ始めた拓殖も何とかまとめて、最終組で出場圏内にくるかなと。
    気になる大学は東海で、最終組までもつれ込んだ時は、ちょっと怖い部分があります。川端選手がどの組で出場するかがポイントかなと。同じような理由で日体大も小町、城越の4年生コンビの出場組も意外と左右しそうな気がします。
    サプライズを期待するなら法政大学。かつては上位通過した実績もあり、坂東という大エースに主力も脇を固めているので、ただ予選通過するだけでなく、駅伝ファンをいい意味で裏切ってほしいです。

  3. りっく より:

    ラスト一枠は昨年以上の壮絶な戦いになりそうです。順当に通過しそうなのは東海・神奈川。この2校が1-2フィニッシュでしょう。エース力がある順天堂・法政も上位通過候補。選手層が分厚い國學院・帝京・日体大も順当に行くのではないかなと。ラスト2枠には坂口選手がいる明治・4組目がかなり強い拓殖・勝負強いランナーが多い城西で争うかと思います。創価と東京国際はやや苦しいかな?
    個人的には關選手が不安なんですよね。無難にまとめて走れれば良いんですが留学生や鈴木・塩尻・栃木といった日本人エース集団について行くとあるいは…ということもあるので松尾選手と二人で丁寧に走ってほしいところです。

  4. ペトロナス より:

    東海大は日本選手権に向けて鬼塚、館澤の両選手を参加免除しても上位通過しそうなエントリーですね。順大も去年のような予選落ちはないと思います。

  5. hakonankit より:

    >aoさん
    そうですね。仰る通り、細川・磯田選手が1組2組で上位の走りをしてくるようだと法大がとても戦いやすくなりますね!なんやかんやかなり注目チームになってきてます。

  6. hakonankit より:

    >たけぽっぽさん
    神大はいいメンバー揃ってきましたよね。帝京もいい。順大も昨年がありますから、慎重に調整すると思います。拓大も通過候補にいれるかなぁ。東海大と日体大はもう少し慎重にシミレーションしようかなと思ってます。

  7. hakonankit より:

    >りっくさん
    通過濃厚・通過候補をあげよと言われたらそれだけで10校は超えそうですねぇ。明大は坂口選手の状態を含め、まだ迷っていますね…。創価大も捨てきれていない感じです。
    關選手は、両角監督がどういう指示を出すかにもよりますかねぇ…。関東IC以降の調整が気になるところです。

  8. hakonankit より:

    >ペトロナスさん
    東海大の選手層だからこそできる采配ですね。これでも面白そうです。順大も力がぐっとあがってきていますよね。