スポンサーリンク

第96回(2017年)関東インカレエントリー【2部】大学別見どころ解説!

シェアする

・青山学院大学…これまでのように絶対的エースがいなくなった中、関東ICでど得点を積み重ねることができるか!?3障を除いてトラックもロードも入賞候補と言える選手はずらりとエントリーしています。特に注目は5千小野田選手と1万橋詰選手か。ここ2か月は走ればきっちり好タイムでまとめてきていますしやはり要注意か。故障上がりながらエース選手と言える5千前回3位の鈴木選手と長距離ロード得意の下田選手はどのくらいで来れるか。ハーフは青学選手の4連覇もかかるのでプレッシャーも高いですが、その中でどんな走りをしてくるか。1500mも吉田選手を中心に複数入賞の可能性もありそう。総合力の高さを見ることになるのでしょうか。
・神奈川大学…成長株チームは、1500mと5千の越川選手以外は一人一種目に限定しましたねぇ。越川選手は今後の期待もあるのかな?距離が短いのもあるでしょうが。ツートップと言われる鈴木健・山藤選手は2人とも1万にエントリー。鈴木健選手は海外合宿疲れもとれていれば表彰台は充分、山藤選手も順調なら入賞する力はあると思います。また、他の4年生の主力選手はハーフに大塚・小野選手が、5千は鈴木祐選手がエントリー。それぞれ上位につける位置にゴールできれば今後の対抗戦が愉しみ。また優勝候補の種目として3障の荻野選手。力的には抜けていますので、川崎陸上からの調整さえミスしなければ独走で優勝するかもしれません。多くの種目で盛り上げていきたいですね。
・青山学院大学 ・神奈川大学 ・中央学院大学 ・駒澤大学
////////////////////////////////////////////////////1500///////////////////////////////////////////////////
2中村祐紀④3分51秒44
3吉田圭太①3分50秒15
4生方敦也②3分51秒89
1森 淳喜②3分56秒94
3越川堅太②3分52秒14
1篠原崇希③3分54秒45
3横川 巧②3分46秒26
4篠原大輝③3分53秒07
1市澤長太①3分50秒15
2物江雄利③3分45秒66
4杉山秀樹③3分53秒52
///////////////////////////////////////////////////10000//////////////////////////////////////////////////
橋詰太慧③29分02秒30
橋間貴弥③29分08秒85
森田歩希③29分09秒79
山藤篤司③28分29秒43
鈴木健吾④28分30秒16
高砂大地②28分54秒13
大森 澪④29分06秒71
光武 洋③29分20秒94 
工藤有生④28分23秒85
下 史典③28分56秒24
小原拓未①29分27秒32 
/////////////////////////////////////////////////3000mSC////////////////////////////////////////////////
1上村臣平②9分17秒21 荻野太成②8分44秒39
髙橋翔也①9分05秒55
杉谷駿輔③9分13秒86
藤井雄大②9分15秒50 
1山口優希③8分57秒78
2海老澤太郎③8分57秒99 
///////////////////////////////////////////////ハーフマラソン//////////////////////////////////////////////
下田裕太④62分22秒
林 奎介③63分45秒
山田滉介③63分46秒
大塚 倭④63分12秒
大野日暉④63分54秒
大森 澪④62分47秒
市山 翼③63分31秒
細谷恭平④64分05秒
片西 景③62分31秒
高本真樹④63分10秒
藤木悠太④64分26秒
///////////////////////////////////////////////////5000m//////////////////////////////////////////////////
小野田勇次③13分46秒93
鈴木塁人②13分53秒20
神林勇太①13分59秒14
越川堅太②14分10秒04
鈴木祐希④14分11秒43
成瀬隆一郎①14分15秒26
新井翔理④13分57秒08
廣 佳樹③14分03秒47
高砂大地②14分03秒83 
工藤有生④13分52秒97
物江雄利③13分54秒38
中西亮貴④14分08秒17
・中央学院大学…5千・1万・ハーフの長距離3種目で入賞を狙う力はあると思います。5千は13分台ベストの新井選手が面白い存在です。距離の短い出雲駅伝で好走していましたし、向いている種目かも?1万は高砂・大森選手がW入賞を狙います。駅伝ではこの2人がいつも主要区間ですし彼らが入賞するとチームも元気づきます。ハーフはその大森選手が表彰台を狙うでしょう。今年は継続して試合に出てる細谷選手も気になる存在ですかね。あと新戦力の1万光武・ハーフ市山選手の粘りも気になるポイントです。
・駒澤大学…エース工藤選手が5千1万でW入賞してポイントをとれるか、というだけでなく他の主力選手も力を付けているかどうかが試される大会になると思います。下選手はあと一歩でユニバ代表を逃すなど悔しい思いをしていますが他校の主力と戦って得点をとれるか。ロードでぐんぐん力を伸ばした片西選手は点数をとれるか、売り出し中の物江選手は1500mと5千という種目でどのくらいの順位になるか。ここで取れれば少しでも自信になるかもしれませんね。他、3障もいい記録を持っていますし、1年生でエントリーされた市澤・小原選手も気になる存在です。

・帝京大学…今年度注目と言われているチームですね。満遍なく主力をエントリーさせてきた感じがしますね。特にハーフの畔上選手は中心選手なだけに得点ゲットといきたいですね。もう一人の主力竹下選手は最近ちょっと不調ですが5千一本で得意の集団走で粘りたい。また若手も入賞ラインにどこまで迫れるか注目選手が多く2年生の岩佐・島貫選手と1年生小野寺・星選手も先輩に食いつく潜在能力はありそう。また、1500mのベストがいつになく高く齋藤選手らが入賞できるレベルにいる。3障は田村丈選手が表彰台を狙っていくでしょう。勢いをつける大会にしたいところです。
・創価大学…まずはムイル選手ですよね。駅伝も良かったし、1万の記録もぐっと伸びてきましたし、昨年惜しくも2位だった5千でどのようなレースを見せるのかは非常に楽しみ(1万とWエントリーじゃなかったのは日程を配慮しただけと思いたいですが?)。続く存在の大山選手が2つエントリー。どちらかでも入賞したいところだがどうだろう?他に入賞を狙えるのは3障の作田選手。昨年も入賞していて、走力のついた今年は楽しみだ。ハーフは主力の蟹澤選手と長い距離で安定している2人がエントリー。入賞ラインへ粘りある走りが見れそうだ。なお、最近暑い日が続いていますがチーム全体的に暑さに強いのもポイントだ。
・帝京大学 ・創価大学 ・大東文化大学 ・拓殖大学
////////////////////////////////////////////////////1500///////////////////////////////////////////////////
1田村岳士②3分51秒52
3齋藤 槙③3分49秒72
4幸村亮太④3分51秒26
1鈴木ニムラ②3分52秒26
3吉留一喬②3分54秒11
2渡辺拓巳④3分49秒30
石川佳樹①13分52秒86
2野口竣希④3分55秒54
4坂本 翼③3分51秒45
///////////////////////////////////////////////////10000//////////////////////////////////////////////////
岩佐壱誠②29分19秒54
佐藤諒太④29分27秒34
小野寺悠①29分32秒73
大山憲明④28分57秒62
三澤 匠④29分46秒21 
齋藤 諒③29分09秒92
林 日高④29分28秒34
中神文弘③29分40秒89 
W.D.タソ③28分19秒16
西 智也④28分47秒53
馬場祐輔③29分06秒71
/////////////////////////////////////////////////3000mSC////////////////////////////////////////////////
1鈴木 拓①9分09秒27
2田村丈哉②8分58秒84
2境 勇樹①9分10秒09
1竹下和真②9分19秒83
2作田将希③8分57秒65
2大澤智樹①9分14秒43
1谷川恒太②9分11秒61
2天野 匠④9分09秒27
1飯塚湧也④9分23秒01 
///////////////////////////////////////////////ハーフマラソン//////////////////////////////////////////////
畔上和弥③63分34秒
横井裕仁③63分47秒
吉野貴大②64分07秒
蟹沢淳平④63分44秒
上田結也②63分48秒
米満 怜②64分16秒
原 法利④63分01秒
谷川貴俊③63分52秒
川澄克弥②64分02秒 
赤﨑 暁②63分41秒
戸部凌佑③64分03秒
中井槙吾②64分37秒
///////////////////////////////////////////////////5000m//////////////////////////////////////////////////
竹下 凱③14分03秒89
島貫温太②14分12秒84
星  岳①14分14秒09
ムソニ ムイル②13分48秒44
大山憲明④13分55秒24
梅木 陸①14分29秒53
前田将太④13分55秒61
新井康平③13分56秒52
奈良凌介②14分05秒59
W.D.タソ③13分55秒72
西 智也④14分12秒70
土師悠作④14分24秒42
・大東文化大学…得点が一番期待できるのはハーフマラソンでしょう。昨年1部で4位入賞し、箱根予選で59分台を出している原選手がエントリー。力を出せれば充分入賞圏内のはずだ。また谷川選手も長い距離の方が得意なタイプの選手でW入賞を狙えそう。他種目を上げると5千と3障でしょうか。5千はスピードのある前田選手と復活した新井選手がエントリー。入賞ラインに乗せる能力はある選手たちです。1500mの渡辺選手も走るたびに自己ベストを出していて、楽しみな選手です。後は1万で斎藤選手が爆発できるか。奈良&川澄選手の2年生コンビの成長も注目です。
・拓殖大学…5千1万に主力2人がWエントリー。特にワークナー選手は1万は表彰台の真ん中を狙えるくらい爆発力がついてきました。西選手の粘りもトラックでも見られるようになってきましたので楽しみ。5千でもどこまでいけるか。得意のハーフはエース候補と言われる赤崎選手がどれだけ走れるかはポイント。他選手も注目で、4年生の戸部選手の意地や中井選手の伸びも気になるところです。あとは珍しく3人エントリーの1500mの成績も良かったらと思います。
・上武大学…チームを引っ張る4年生井上・坂本選手の成績は注目で、特に1500mの井上選手は優勝候補にも挙がっています。2年前は制しています、今回は留学生がいますが4年生になって成長を見せたいところでしょう。坂本選手も長い距離で少しずつ安定してきているだけにしっかり入賞ラインに乗せたい。他5千で大幅ベストの熊倉選手や昨シーズン終盤に大きな伸びを見せた太田黒選手や他中堅ランナーの粘りにも期待したい。
・國學院大學…1万に主力が集結。今期復活したエース向選手、大幅自己ベストを出している浦野選手、駅伝シーズン粘りの走りを見せた熊耳選手がエントリー。ここはしっかり他校と戦いたいところ。ハーフには長い距離で実績のある國澤・内田選手がエントリー。入賞ラインに乗せられるかどうか。1500mは前回入賞している添田選手に3分49秒のベストを持つ河上選手がどれだけいけるか。3障の菅家選手や5千浦野・江島選手あたりも粘っていきたい。
・上武大学 ・國學院大學 ・東京農業大学 ・専修大学
////////////////////////////////////////////////////1500///////////////////////////////////////////////////
1塩川香弥④3分51秒98
2小林淳輝④3分53秒80
4井上弘也④3分44秒12
1河野敢太④3分54秒73
3添田知宏②3分51秒70
4河上雄哉①3分49秒38
2竹内悠真①3分52秒64
3関 樹道④3分54秒39
4茂木洋晃④3分51秒97
2横山絢史②3分54秒36 
///////////////////////////////////////////////////10000//////////////////////////////////////////////////
坂本佳太④29分08秒43
太田黒卓③29分24秒46
関 稜汰③30分02秒16
向 晃平④28分59秒15
浦野雄平②29分17秒94
熊耳智貴④29分19秒25 
小山直城③29分09秒16
高田悠太②29分50秒55 
岩田拓海④29分17秒29
宮下晴貴②29分40秒05
/////////////////////////////////////////////////3000mSC////////////////////////////////////////////////
1鈴木寛英③9分19秒55
1菅家希来③9分00秒13
2川﨑 惠③9分23秒52
1森 柊斗③9分15秒50
2茂木洋晃④9分06秒05
3村田享之②9分17秒32
 
///////////////////////////////////////////////ハーフマラソン//////////////////////////////////////////////
坂本佳太④63分26秒
淵 喜輝③64分34秒
大森 樹③64分51秒
國澤優志④63分05秒
内田健太④63分55秒
長谷勇汰③65分28秒 
高良綾太郎④65分40秒
田中健祐③66分04秒
鈴木開登③66分25秒 
伊藤健太④65分24秒
櫻木健次朗④65分52秒
塚原淳之②67分15秒 
///////////////////////////////////////////////////5000m//////////////////////////////////////////////////
井上弘也④13分55秒47
熊倉優介③14分09秒81
岡山 翼②14分24秒93
浦野雄平②13分59秒23
江島崚太③14分12秒46
青木祐人②14分17秒11
小山直城③13分55秒07
瀬戸口凌③14分11秒98
高田悠太②14分22秒64
長谷川柊②14分04秒13
宮尾佳輔④14分14秒46
小林彬寛②14分25秒27
・東京農業大学…エース小山選手はやはり5千と1万でWエントリー。クレバーな走りとともに強さも身に付けつつあるところ、入賞までいけるか。若手の成長株の高田選手もどれだけ食らいつけるか注目。あとは入賞の可能性としては1500mや3障の短い種目でしょうか。茂木・竹内選手あたりもハマれば決勝進出はありそうな感じがします。
・専修大学…4年生と2年生だけのエントリーとなってますね。主力はやはり1万の岩田選手でしょうか。長い距離で粘るタイプと思うのでまとめていきたい。宮尾選手は5千で伸びてきた選手ですし、上位に行きたい。2年生は記録会で勢いのある横山・宮下・長谷川選手が主要大会でも成績を残せるか注目です。

・東京国際大学…まずは将来を担いそうな若手ランナーに注目ですかね。記録会で一気にベストを更新した伊藤選手が5千1万にWエントリー。勢いからするとどちらも入賞ラインに入ってきてもおかしくない実力を付けています。また1500mの前川選手も記録会で安定しており、ここも入賞候補。3障の鈴木コンビは決勝進出をしたいところ。予選会棄権以降勢いがないが、モグス選手も意地を見せたいところだ。
・亜細亜大学…エースの加藤選手は5千と1万にWエントリー。昨年も入賞していますが、更に順位をあげていきたいところ。楽しみなのが3障で、昨年決勝進出した米井・古川選手は勿論、最近絶好調の上土井選手がほぼ変わらないタイムを出してきており、うまくいけばトリプル入賞を狙える種目となっています。1500mも3人エントリーできましたし決勝進出を狙えるかどうか。あとは主力の佐々木・梅本選手が調子を上げられたらと思います。
・東京国際大学 ・亜細亜大学 ・その他(留学生) ・その他有力日本人)
/////////////////////////////////////////////////////1500/////////////////////////////////////////////////////
1前川優月①3分49秒19
2大澤 翔④3分52秒85
3中島哲平①3分54秒69
2森木優摩①3分54秒19
3横田大地③3分52秒20
4鹿居二郎②3分52秒16
1モタンヤ ラザラス④3分48秒18
1藤崎真伍③3分50秒08
3大谷智希③3分49秒27
3駒山魁都④3分49秒78 
/////////////////////////////////////////////////////10000////////////////////////////////////////////////////
伊藤達彦②28分51秒20
鈴木博斗④29分27秒61
佐伯 涼①30分07秒89
加藤風磨④29分07秒49
梅本龍太③29分43秒20
サイモン カリウキ③27分53秒50
タイタス ワンブア②28分36秒32
レダマ キサイヤ②29分22秒82
近藤秀一③29分03秒63
福留大樹④29分27秒45
藤井亮矢②29分30秒31
///////////////////////////////////////////////////3000mSC//////////////////////////////////////////////////
1鈴木正樹②9分09秒04
1鈴木天大①9分10秒06
2熊谷真澄①9分14秒80
1上土井雅大②9分00秒71
2米井翔也③8分58秒67
2古川 舜③9分03秒67
 
1藤崎真伍③8分58秒15
1鬼頭直己②9分13秒50
2小野隼太④9分10秒73
/////////////////////////////////////////////////ハーフマラソン////////////////////////////////////////////////
菅原直哉②66分10秒
浦馬場裕也③66分24秒
上村真司④66分38秒
関根 諒④65分46秒
市川 拓③66分18秒
河野辺祐貴④67分06秒
サイモン カリウキ③62分21秒
国川恭朗②64分52秒
西沢晃佑③65分11秒
矢澤健太④65分29秒 
////////////////////////////////////////////////////5000m////////////////////////////////////////////////////
タイタス モグス②13分46秒28
伊藤達彦②14分04秒69
佐藤雄志②14分17秒83
加藤風磨④14分05秒21
佐々木直人④14分12秒59
梅本龍太③14分22秒44
モタンヤ ラザラス④13分47秒78
タイタス ワンブア②13分52秒69
近藤秀一③14分03秒63
大谷智希③14分04秒29
福留大樹④14分19秒27
・その他(留学生)…一番持ちタイムが高いのは日本薬科大のカリウキ選手、昨年は勝ちきれなかった1万とハーフに満を持してエントリー。今度こそタイトルを獲得できるかどうかがまず注目。また1500mで2度優勝経験のあるラザラス選手も健在で3度目の栄冠を狙うでしょう。また2年生の武蔵野学院大のワンブア選手と桜美林大のキサイヤ選手はまだまだ潜在能力を発揮しきれていないような感じがして、だからこその怖さがあります。
・その他日本人…とても書ききれないので、各種目持ちタイムベスト3人を記載。前回1部で健闘していた流経大の藤崎選手は1500mでも3障でも入賞を狙える位置にいます。前回入賞している明学大の大谷選手も虎視眈々と準備をしているしょう。1500mは日本薬科大の選手など結構箱根有力校以外の選手もチャンスがありそう。実力者の東大近藤選手は3種目にエントリーしましたが、タイプ的には1万が一番面白そうか。あとはスローペースになれば麗澤大の国川選手あたりもチャンスが出てきそうです。


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    拓殖大学の1500mの一番目の選手は石川佳樹です。

  2. hakonankit より:

    >
    すみません。直しました。