スポンサーリンク

第96回(2017年)関東インカレエントリー【1部】大学別見どころ解説!

シェアする

・東洋大学…まず注目なのは1万と5千の山本・相澤選手です。おそらくこの2選手が駅伝シーズンでは主要区間に抜擢されるだろうと思いますので、この2人が他校の主力ランナーとどれくらい渡り合えるのかは大事。順調なら入賞する力はあるはずです。それからスピードのある堀選手も注目。1500や5千は得意種目ですので、乗ったときの勢いはかなりのもののはず。また、ルーキーコンビの西山・大森選手も楽しみ。4月は西山選手が自己ベストを更新するなど勢いがありましたがどうなるか。あとは3障の小室選手も優勝争いするポテンシャルがあるでしょう。
・早稲田大学…実は今期はここまでしんどいのですよね。更にエース永山選手が外れてしまいました。点が取れそうなのは3障エントリーの1年生吉田選手なのですがさすがに負担をかけるわけには…というところです。ひとまず得意種目のハーフはしっかり加点したい。安井選手などペースを刻むのが得意な選手がエントリーしています。5千も故障明けの光延・宍倉選手が間に合えば入賞ラインに迫れるか。1万は食らいつくのが得意という太田選手がどこまでいけるか、谷口選手の4年生の意地も見たいです。
・東洋大学
・早稲田大学
・順天堂大学 ・日本体育大学
////////////////////////////////////////////////////1500///////////////////////////////////////////////////
1生井宏明④3分49秒96
2堀 龍彦④3分45秒92
2谷口耕一郎④3分51秒31
1野口雄大①3分46秒04
2川合健太④3分53秒75
3城西 廉④3分51秒07
3酒匂郁海③3分51秒54
///////////////////////////////////////////////////10000//////////////////////////////////////////////////
相澤 晃②28分44秒19
渡邉奏太②28分59秒77
山本修二③29分12秒72
藤原滋記④29分03秒96
安井雄一④29分07秒01
太田智樹②29分27秒92
栃木 渡④28分19秒89
塩尻和也③28分32秒85
難波皓平②29分22秒55
冨安 央④28分49秒53
城越勇星④28分53秒09
中川翔太②28分59秒46
/////////////////////////////////////////////////3000mSC////////////////////////////////////////////////
1小柳 涼④9分06秒21
2小室 翼②8分49秒52
2小田太賀①9分09秒67
1大木皓太②8分51秒16
1渕田拓臣①9分08秒37
2吉田 匠①8分51秒66
1森下舜也①9分12秒99
2新 涼太④9分05秒50
2野田一輝②8分51秒93
1小松力歩②9分01秒55
1山口和也②9分00秒53
2白永真彦④9分04秒71
///////////////////////////////////////////////ハーフマラソン//////////////////////////////////////////////
相澤 晃②62分05秒
山本修二③62分56秒
小笹 椋③64分14秒
安井雄一④62分55秒
清水歓太③63分08秒
石田康幸④64分13秒
橋本龍一②64分12秒
金原弘直③64分13秒
藤曲寛人②
城越勇星④63分20秒
廻谷 賢②64分40秒
住田優範④64分43秒
///////////////////////////////////////////////////5000m//////////////////////////////////////////////////
西山和弥①13分51秒58
大森龍之介①13分54秒25
堀 龍彦④13分54秒39
新迫志希②13分47秒97
光延 誠④13分53秒08
宍倉健治①14分04秒54
塩尻和也③13分33秒14
栃木 渡④14分02秒39
清水颯大①14分12秒57
吉田亮壱④14分04秒03
中川翔太②14分07秒66
冨安 央④14分09秒94
・順天堂大学5千と1万は外の対抗としても学内の対抗としても見ものですよね。勿論、栃木選手と塩尻選手の話です。5千はおそらく塩尻選手、もとい表彰台のチャンスですが、1万は兵庫リレカで栃木選手が上回り、それ以来の再選なのでファンも盛り上がりそうです。得点としてもしっかりとっていきたい。またルーキーも注目、記録会で結果を残している1500mの野口選手や5千の清水選手の大学初対抗戦の結果は注目。あとは話題には上りにくいですがハーフではしっかりと総合力も見せたいところです。
・日本体育大学…日体大もちょっと自己ベストが少なめで気になっているのですが、4年生を中心に点を積み重ねていきたいところですね。前回5千で入賞している吉田選手、長い距離で安定している城越選手、前回3障9位の白永選手、主力選手の富安選手でまずは点を取っていきたいところ。これに成長期待の2年生ですね。3障の小松・山口選手はまだ伸び代があると思いますし、5千1万中川選手も主要大会で対抗の主力相手に戦う大きな経験ができそうです。しっかりステップアップする大会にしてほしいと思っています。

・法政大学…まずは法大が比較的得意と言える3障でしっかりと得点を重ねていきたいところでしょう。青木選手は充分に表彰台を狙える選手ですし、田辺・阿部選手も決勝進出する力はあると思います。また、今回は他種目でも得点できそうです。エースと言っていい坂東選手が5千1万とも入賞する力をつけてきています。ここで得点取れれば士気が上がりそう?あとはハーフも長い距離で安定している土井選手らが入賞を狙う走りをすると思います。
・東海大学…さてどこまで得点を重ねられるか本当に注目の大学です。素質高い選手が入部し、しかもトラックの強化をしている選手が大勢います。1500mはまさかの舘澤選手が参戦し、しかもかなりレベルの高いタイムをマークしています。いきなり制覇もあるでしょうか?木村・塩澤選手も入賞候補です。1万は安定感がある川端選手がしっかり圏内に付けそう、3障は8分46秒の三上選手をはじめ3人とも8分台がベスト。ハーフは春日選手など焼津ハーフを制したメンバーがそのままエントリー。他校が手薄になりがちな種目で複数選手の入賞を出したい。5千は本当に面白く、川崎GPで3千7分55秒を出した關選手とロードシーズンに大活躍だった鬼塚選手がどちらも表彰台を狙うでしょう。東海大内だけでなく駅伝ファン注目の一戦となりそうです。
・法政大学 ・東海大学 ・山梨学院大学 ・明治大学
////////////////////////////////////////////////////1500///////////////////////////////////////////////////
1増田蒼馬②3分51秒29
2糟谷勇輝①3分53秒45
1木村理来②3分46秒09
2塩澤稀夕①3分47秒28
3館澤亨次②3分43秒16
1清水鐘平③3分48秒60
2飯尾亮平①3分48秒52
3西山 令④3分51秒25
1河村一輝②3分42秒81
2保坂拓海④3分45秒87
3前田恋弥③3分44秒41
///////////////////////////////////////////////////10000//////////////////////////////////////////////////
坂東悠汰③28分48秒61
佐藤敏也②29分28秒94
狩野琢己③29分35秒64
川端千都④28分44秒71
松尾淳之介②28分59秒85
國行麗生④29分25秒80 
ドミニク ニャイロ③27分56秒47
市谷龍太郎④28分55秒14
永戸 聖③29分06秒89
坂口裕之③29分02秒35
阿部弘輝②29分03秒00
田中龍太③29分08秒75
/////////////////////////////////////////////////3000mSC////////////////////////////////////////////////
1青木涼真②8分51秒38
1田辺佑典①9分01秒30
2阿部泰久③9分04秒71
1三上嵩斗③8分46秒38
1西田壮志①8分55秒97
2小林和弥④8分55秒00
1太田裕也②9分07秒81
2矢ノ倉弘④8分49秒04
2比夫見将吾④9分07秒27
1東島清純③8分52秒18
2南 俊希②9分09秒07
///////////////////////////////////////////////ハーフマラソン//////////////////////////////////////////////
土井大輔③64分03秒
東福龍太郎③64分29秒
鈴木亮平③64分29秒
春日千速④62分41秒
湯澤 舜③63分07秒
中島怜利②63分12秒 
ドミニク ニャイロ③60分50秒
上田健太④62分01秒
河村知樹④63分50秒 
三輪軌道②63分35秒
中島大就②64分02秒
酒井耀史① 
///////////////////////////////////////////////////5000m//////////////////////////////////////////////////
坂東悠汰③13分49秒78
福田兼士③14分19秒28
關 颯人②13分41秒28
鬼塚翔太②13分43秒61
西川雄一朗②13分58秒54
市谷龍太郎④13分51秒46
永戸 聖③14分05秒78
井上広之②14分16秒92 
坂口裕之③13分45秒73
阿部弘輝②13分57秒15
村上純大①14分10秒76
・山梨学院大学…1部生き残りへ、ハーフで大量得点を見込んでいますね。ニャイロ選手はほぼ連覇確実ですし、絶好調ではないにしろ粘れる上田選手をハーフ一本に絞ってエントリー、長い距離が得意な河村選手もハマれば3人とも得点できます。これに5千1万ダブルエントリーした市谷・永戸選手が入賞ラインを超えることができるかどうか、主力の力が問われそうです。それから他種目の1500mで清水選手ら、3障で矢ノ倉選手らが着実に加点していければいいですね。
・明治大学…ここはもう1500mですよね。中距離ブロックの河村・保坂・前田選手は前回決勝進出で7位8位9位、今年1年間の伸びはどうでしょう。持ちタイムなら複数の選手が表彰台に立っても不思議ではありません!駅伝に参戦する勢いのある河村選手はこのブログ的にも注目でしょうか。3障の東島選手も調子さえ上がっていれば得点できそう。それから今の力が気になる坂口選手が5千1万Wエントリー、素質は高いですがどうなのでしょうか?得点できれば駅伝ファン盛り上がります。エース候補阿部選手やハーフの中島選手あたりも結果を残したいところです。
・日本大学…基本的にはワンブイ選手の2年連続2冠がなるかどうか、というところですが、これは結構高い確率のように思います。スピードもスタミナも全選手の中でトップクラスだと思います。それ以外に得点はちょっと厳しいかなぁ。1500mで決勝進出者を出せるかどうか。スタミナレースだとハーフの川口選手も可能性あるかな?それとやはり今後の対抗レースの事を考える最上級生がちょっとでも食らいつく姿勢を出せるかも鍵かなと思います。
・国士舘大学…国士舘大は1500mと3障で得点できるかもしれません。1500mエントリーの高田選手ら3人とも安定して3分50秒近くに付け安定感がありますし、決勝進出者は出せるように思います。3障は前回入賞の多喜端選手は健在、他の工藤選手らも記録会で健闘を見せています。あとは他大のエースと対決する5千や1万は住吉・ギトンガ選手が入賞ラインに迫っていきたいところ。そうできれば今後の対抗戦も注目の存在になってくると思います。
・日本大学 ・国士舘大学 ・中央大学 ・城西大学
/////////////////////////////////////////////////////1500////////////////////////////////////////////////////
1金子智哉②3分54秒74
3西村陽貴②3分49秒33
1川崎椋太④3分50秒84
2高田直也③3分49秒62
3石川大和③3分52秒42
1冨原 拓②3分47秒46
2田母神一喜②3分42秒44
3眞田 翼①3分49秒28
1佐藤友哉②3分51秒47
2荻久保寛也②3分50秒48
3福浦晶太②3分54秒31
////////////////////////////////////////////////////10000///////////////////////////////////////////////////
P.M.ワンブイ③27分54秒98
岡野佑輝④29分20秒66
高野千尋④29分31秒96
住吉秀昭③28分57秒02
八巻雄飛④29分15秒06
ポール ギトンガ①29分42秒56
二井康介②28分56秒00
竹内大地④29分12秒72
池田勘汰①29分37秒32
酒井雅喜④29分19秒70
菅 真大④29分22秒01
山本竜也④29分27秒60
//////////////////////////////////////////////////3000mSC/////////////////////////////////////////////////
2川上瑠美梨①8分55秒75
1工藤海良③8分53秒60
1多喜端夕貴③8分57秒65
2鈴木大介①9分02秒56
1神崎 裕③9分06秒40
2萩原璃来①8分59秒28
1大里凌央①9分08秒17
2竹林宏斗①9分05秒71
/////////////////////////////////////////////////ハーフマラソン///////////////////////////////////////////////
川口賢人④64分58秒
小坂太我②65分21秒
武田悠太郎①
住吉秀昭③62分53秒
藤江千紘③64分02秒
辻田拓真④65分39秒 
苗村隆広③64分34秒
蛭田雄大④65分14秒
江連崇裕④65分40秒 
大石 巧③63分42秒
金子元気③63分48秒 
////////////////////////////////////////////////////5000m///////////////////////////////////////////////////
P.M.ワンブイ③13分27秒63
石井健登④14分02秒97
野田啓太①14分21秒86
戸澤 奨③14分17秒02 
舟津彰馬②13分50秒79
堀尾謙介③13分54秒45
竹内大地④13分56秒15 
中島公平③13分54秒72
西嶋雄伸②13分54秒94
服部潤哉③14分09秒56 
・中央大学…昨年シーズン終盤のスピード強化の成果を出したいところですが入賞ラインとするとどうでしょうか?1500mは持ちタイムトップの田母神選手がここ最近もう少しなので他の2人のメンバーに期待か。それと5千に出場する舟津選手がしっかり合わせたいところですかね。竹内選手もトラックでは安定した成績が出せるようになってきましたし、上位候補の一人でしょうか。
・城西大学…この種目に注目と言われるとちょっとあげづらいですが、どこまで食い込めるか注目の選手は何人もいますね。5千は昨年驚きの入賞の中島選手と目下成長株の西嶋選手がとても楽しみになってきています。1500mも荻久保選手など好ランナーが揃っていますかね。あと、今回だけでなく今後も含めて、上級生がエントリーされている1万とハーフで粘り強い走りがほしいなと思います。

・筑波大学 ・慶應義塾大学
////////////////////////1500//////////////////////////
1森田佳祐④3分44秒67
2三津家貴也④3分51秒38
3小林航央③3分46秒35
     
///////////////////////10000/////////////////////////
       
//////////////////////3000mSC//////////////////////
1井口 謙④9分13秒77
2川瀬宙夢③9分01秒40
     
////////////////////ハーフマラソン////////////////////
河野 誉④65分19秒
武田勇美④67分51秒
根岸祐太③65分56秒    
////////////////////////5000m////////////////////////
森田佳祐④13分51秒97
小林航央③14分11秒19
     
・筑波大学…トラック中心に強化を進めているだけに1500mと5千は入賞を狙える種目となっています。1500mの森田・小林選手は入賞ライン上と言える自己ベストを持っています。5千も森田選手が僅かに可能性があるかどうかか。初日に入賞者が出れば乗っていけそうですね。
・慶應義塾大学…強化をし始めた…と言っても実質の1期生は来年以降。今年は学生連合に選手を送り込むのが目標ですが、持ちタイムトップの根岸選手がハーフエントリー。昨年は13位に入った選手が連合入りしていますし、一つの目標にはなるかも?


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ひとみ より:

    広告が邪魔。

  2. hakonankit より:

    >ひとみさん
    すみません。モバイルからだと何も対処できないかもしれません。