スポンサーリンク

【結果】2019.4.14第34回焼津みなとマラソン/大学対抗ペアを箱根駅伝ファンが語る

シェアする

2019年4月14日には、一つ大事なハーフマラソンが行われます。

第34回焼津みなとマラソンです。

特に大学生ペア対抗が大いに盛り上がります

箱根駅伝や大学駅伝に関連するチームの選手が、最大3人で上位2人の出走タイムで対抗します。

今年の箱根駅伝2019の優勝の東海大は、前年の大会で好成績でした。

そして、2区5区9区と要の区間で全員快走しました。

今年も要チェックです。

スポンサーリンク

【概要】第34回焼津みなとマラソン

第34回焼津みなとマラソン公式HP

第34回焼津みなとマラソン開催要項

大学対抗ペアは9時スタート、そのほかのハーフは9時05分スタートです。

成績優秀者にはカツオがもらえるらしいです。

なお、大学対抗ペアマラソンは、最大3名出場、上位2名の総合タイムの少ない順番に勝敗が決定します。また、対抗以外で、オープン参加も認められています。

参加予定チーム:東海大、青山学院大、駒澤大、法政大、國學院大、拓殖大、中央学院大、日本体育大、東京国際大、明治大、大東文化大学、山梨学院大、上武大、麗澤大、亜細亜大、専修大、東京農業大、駿河台大などなど

箱根駅伝の強豪校やシード校、惜しくも出場を逃していたチームなど様々な大学が参加予定です。

第34回焼津みなとマラソンコース

高低差は6m弱!平坦で比較的走りやすいそうですが、風などもあって、例年タフさがもとめられています。

【結果】第34回焼津みなとマラソン

スポンサーリンク

大学生対抗ペアマラソン結果

1位東海大学2:06:14

1位名取燎太③63分04秒(大会新記録)
2位松尾淳之介④63分10秒(大会新記録)
3位西田壮志③63分27秒

元々強いと言われていた東海大ですが、3人が63分台でワンツースリー独占。しかも63分台はその3人だけだという…。本当に強くなってきましたね。

しかも、今年の箱根5区で好走した西田選手ではなく、惜しくも箱根駅伝のメンバーに選ばれなかった、名取・松尾選手がペア対抗でいい記録を出すという。

松尾選手は1年時からいい記録を持っていましたが、名取選手は故障がちで大学駅伝もまだ見出走です。そんな選手が1㎞3分切の63分04秒!3年生が強くなれば、東海大本当に無敵になってくるはずです。

2位東京国際大学2:09:07

4位栗原卓也③64分09秒
11位山瀬大成④64分58秒

2位はチーム力上昇で話題の東京国際大が獲得してきましたねー。しかも今年の箱根駅伝で8区を出走した山瀬選手を、駅伝未出場の栗原選手が上回って64分09秒で全体の4位!これは今後の注目株ですね。

今年の箱根駅伝出走メンバーが多く残っている東京国際大ですが、新戦力が出てくると、本当にいいチームになってくるはずです。

3位駒澤大学2:09:25

7位神戸駿介③64分38秒
9位佃 康平②64分47秒
32位大坪桂一郎④67分40秒

3位は駒大。62分台ベストの神戸・大坪選手をもって、東海大にどこまで迫れるか挑戦しに行ったようですが、今回は少し差が付きました。

神戸選手は最低限64分台で走れる感じでしょうか。大坪選手は練習は良かったですが、疲労の抜き方の部分でうまくいかなかったとか。このあたりまた修正が必要でしょう。

9位に入った佃選手が一番の収穫かもしれませんね。新2年の選手はまだまだレギュラー陣と差がありましたが、対抗戦で64分台は自信にしていっていいと思います。

4位拓殖大学2:10:39

10位清水崚汰③64分52秒
15位竹蓋草太②65分47秒
40位吉原遼太郎③68分50秒

拓殖大も長い距離の強さは見せてきましたね。今年の箱根駅伝で9区を走った清水選手はしっかりと64分台。これに最近好調の2年竹蓋選手がまずまず走れたのは収穫。これから戦力。吉原選手は我慢の時期でしょうか。

5位國學院大學2:11:16

6位茂原大悟④64分33秒
24位山城ケイン③66分43秒
44位田中義己④69分10秒

今年の箱根駅伝で往路の4区を走った茂原選手は安定して64分半ば。まずは状態キープ。残り2名は新戦力候補の選手。少し差が離れましたが、今回は山城選手が何とか踏ん張ったところです。

6位青山学院大学2:11:31

5位新号健志③64分14秒
29位森川弘康③67分17秒
41位生方敦也④68分55秒

青学大も新戦力候補で挑戦。今回はやや順位としては下がったでしょうか。その中で新号選手が、ほぼレギュラーに当確といっていいほど、冬からずっと安定して成績を残してますね。森川・生方選手は今回は苦しかったです。

7位大東文化大学2:11:35

14位佐藤 陸②65分30秒
19位吉井龍太郎③66分05秒
23位佐藤弘規④66分39秒

今年の箱根駅伝5区で区間一桁と頑張った4年佐藤選手を、駅伝未出走の2人が上回りました。2年佐藤選手が最上位、吉居選手も66分少しで踏ん張りました。その後の主要大会、箱根予選までにもっと走力がつければ、次の箱根が見えてきます。

8位法政大学2:12:11

8位糟谷勇輝③64分40秒
31位中村雅史③67分31秒
47位増田蒼馬④69分52秒

もっとアピールしたい新3年は、糟谷・中村選手が出場。今回いい成績を残したのは糟谷選手の方。64分台で粘り、個人順位の8位もいい成績です。中村・増田選手はもう少し粘りたかったでしょうかね。

9位中央学院大学2:12:42

12位畝 歩夢③65分27秒
28位藤井雄大④67分15秒

まだ大学駅伝未出走の畝選手が65分少しで個人12位は健闘の部類でしょうか。一度全日本駅伝出走している藤井選手はやや悔しい成績か。このあたりから2人とも好走が少なくなってきています。

10位麗澤大学2:12:48

20位植田陽平③66分15秒
22位杉保滉太③66分33秒
OP6位山本蒼弥②67分32秒
OP7位宮田 僚④67分44秒
33位水野優希③68分02秒

杉保選手が、焼津ハーフ前に記事特集されていてびっくりしましたが、麗澤大も注目が高くなってきましたかね。好成績とまではいかなかったですが、植田選手と共に66分台をマーク。アベレージは上がってきているでしょうかね?

他、オープンでは2年山本選手が好走。新戦力として、このまま順調に成長してくれればと思います。

スポンサーリンク

11位城西大学2:13:28

21位宮沢真太④66分18秒
26位田部雄作③67分10秒
42位佐藤忠俊④68分56秒

城西大は新戦力候補が出走。なんだかんだで箱根駅伝メンバーに入っていた宮沢選手が強かったですね。

12位日本体育大学2:14:03

17位冨田真佑④65分51秒
34位福住賢翔②68分12秒

冨田選手は全日本予選で好走した経験があるのですよね。ロード力も少しずつついてきましたかね?

13位専修大学2:14:16

18位宮下晴貴④65分55秒
37位辻 海里③68分21秒
39位茅野雅博③68分39秒

昨年末復帰した宮下選手が、ここにきて波が乗ってきました。育成チームなので、なんだかんだ4年生が大事になってきます。このまま走力で引っ張っていければ。

14位山梨学院大学2:14:35

27位荒井祐人③67分12秒
30位渡辺晶紀②67分23秒

日本学生ハーフで65分台を出して新戦力候補の荒井選手らが出場しましたが…今回は少し時間がかかってしまいました。

15位流通経済大学2:16:27

35位岡島慶典③68分13秒
36位三輪雄大④68分14秒
43位中原陸斗④68分57秒

出場した対抗3選手が68分台でまとめてきました。上級生も多いです。少しずつでもまとまっていければと思います。

16位以下、個人70分以内

16位桜美林大学2:17:19
25位前山晃太郎③66分58秒

17位上武大学2:18:01
16位野上 蓮④65分45秒

18位亜細亜大学2:19:21
13位河村 悠②65分28秒

19位帝京平成大学2:19:45
38位大久保友貴68分34秒

20位平成国際大学2:20:20
45位山口貴士②69分30秒

21位東京経済大学2:20:45
46位鈴木優斗④69分43秒

22位関東学院大学2:22:08

23位静岡大学2:32:17

ここからは片方がまずまず、もう片方は70分オーバーが多いですかね。桜美林大は前山選手が徐々に本格化。順調に練習が積めれば、学生連合候補になってくるはず。

箱根連続出場がかかる上武大は、野上選手が65分台力走、箱根予選までにもうワンランク上にいければ心強い。亜大は河村選手がしっかりと実力を付けてきていますね。

他、帝京平成大の大久保選手の68分台は非常に好走の部類ですね。

一般の部のみの出場

東京農業大学

小山日颯③68分40秒
桑原匠矢③69分20秒

【結果】かすみがうらマラソン男子10マイル

1位ニック ハーマン(シドニー)48分10秒
2位小森稜太(帝京大④)48分24秒
3位池田宗司(ヤクルト)48分52秒
4位石川拓慎(駒澤大②)49分32秒

シドニーからやってきたハーマン選手が優勝!これは良かったですね。14秒差で長距離が強い帝京小森選手が順調に2位。こういう方が安定しますね。駒大石川選手も少しタイム差がつきましたが4位。少しずつでもレギュラーに近づければと思います。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. おぎやん より:

    以前、静岡に住んでたこともあり注目していますが、なかなか侮れないレースです。
    ちょっと前に行われる日本平桜マラソンもあわせて、好走したらチームは箱根でも上位に来ていますよね。まあ、層が厚いということなんでしょうが。

    • hakonankit より:

      >おぎやんさん
      ハーフで記録が出にくい時期にだんだんなっていく中、焼津ハーフでしっかり走れる選手は、ハーフ強いですね。それにしてもあと少しで63分少しの記録で突っ走るとは…名取選手が本領発揮し始めると凄いです!

  2. たけぽっぽ より:

    法政大学は、管理人さんが仰るとおりポイントの新3年生から糟谷選手が結果を残せたと感じています。関東インカレではチームの中堅層の底上げのためにも、是非ハーフマラソンにエントリーしてほしいです。坪田監督、お願いします!

    あとは青山学院では新号選手が結果を出しましたが、オールスター感謝祭でメディアを通して紹介されるあたり、原監督からも期待されていることがよく分かりました。ここからどんな成長曲線を描くのか。
    成長次第では、箱根では青山学院のストロングポイントでもある7区にエントリーもあり得るのかも?

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      糟谷選手など新3年の世代も徐々に結果を出してきているのは今の法政大の収穫でえすよね。主要大会を経験させるのは僕も賛成です。

      青学大の新号選手は、今年の箱根16人候補にも名を連ねていましたがやはりいいですね。おっしゃる通り、7区あたりでの起用は充分ありえそうです。