スポンサーリンク

2019年度第1回世田谷陸上競技会2019.4.6【結果・駅伝ファンコメント】

シェアする

2019年4月6日(土)には様々な長距離に関連する記録会が行われます。

その一つに

2019年度第1回世田谷陸上競技会があります。

基本的に長距離種目のみ開催。

男子5000mには、実業団でHonda、カネボウや
大学生では駒澤大、國學院大、日本大など箱根駅伝常連校の選手がエントリーしています!

新年度最初の記録会の大学も多いです。まずは手ごたえをつかみたいですね!

スポンサーリンク

[概要]2019年度第1回世田谷陸上競技会2019.4.6

世田谷陸上競技会公式HP (New)
世田谷陸上競技会 会場:世田谷区立総合運動場陸上競技場

2019年度世田谷陸上競技会要項

2019年度第1回世田谷陸上競技会競技日程&エントリー


12時30分~17時55分
男子3000m、5000m、10000m
女子3000m、5000mが行われます。

【結果】2019年度第1回世田谷陸上競技会2019.4.6

[2019年度第1回世田谷陸上競技会結果]

スポンサーリンク

TOP・実業団結果

3000m
5組
平 和真(カネボウ)8分18秒82
高野千尋(サンベルクス)8分23秒50
6組
岡本雄大(サンベルクス)8分05秒96
戸田雅稀(サンベルクス)8分07秒40
大須田優二(小森コーポレーション)8分07秒53
湊谷春紀(DeNA)8分09秒33
矢野圭吾(カネボウ)8分10秒35
松田佑太(サンベルクス)8分10秒51
森田佳祐(小森コーポレーション)8分10秒56
西澤佳洋(小森コーポレーション)8分12秒44
西 智也(小森コーポレーション)8分13秒41
齊藤 諒(NDソフト)8分15秒05
桃澤大祐(サン工業)8分15秒43
代田修平(カネボウ)8分17秒28
沖守 怜(サンベルクス)8分18秒61
渡辺拓巳(サンベルクス)8分21秒75

サンベルクスがかなり多く出場しているのですよね。その中で4月からサンベルクスとなる岡本・戸田選手が8分一桁でワンツー。やはりスピードはこの2名ありますね。松田選手らもまずまずの記録。これから楽しみなチーム。

それから小森コーポレーションも全体的に上位で目立ちましたね。大須田選手が調子よく8分07秒、森田選手らスピードのある選手も8分10秒少しとなりました。

それから駅伝撤退宣言のDeNAにあえて入部した湊谷選手も力のある所を見せました。カネボウ矢野選手もこれから頼りになっていきそうです。


5000m
4組
小根山泰正(警視庁)14分25秒03
佐藤達也(警視庁)14分26秒46
5組
春日千速(ヤクルト)14分14秒92
6組
ダニエル ムイバ キトニー(カネボウ)14分00秒48
松村優樹(Honda)14分04秒95
浅石祐史(ヤクルト)14分07秒70
市山 翼(埼玉医科大G)14分17秒13
岩崎祐樹(セキノ興産)14分19秒71
内田健太(埼玉医科大G)14分19秒97
合田佳功(NTT東京)14分21秒61
7組
平賀喜裕(自衛隊体育学校)13分54秒39
文元 慧(カネボウ)13分59秒23
越智文弥(埼玉医科大G)14分00秒03
山本翔馬(NTT西日本)14分05秒45
小町昌矢(日立物流)14分09秒08
三田眞司(埼玉医科大G)14分09秒21

7組で13分台が複数人出ましたね。自衛隊体育の平賀選手は、今年も出足からいい調子。カネボウ文元選手も良し、実業団ハーフなどで活躍している山本選手が良かった。

その中でびっくりは埼玉医科大Gの越智選手。あと100分の4秒で13分台!駿河台大出身でこの時はまだ大きな実績はなかったのですが、伸びてますね!実は平賀選手と同期、駿河台大OBで活躍する選手が出てきています。

10000m
鈴木太基(ラフィネ)29分15秒19

ラフィネGがここに出てきましたが、鈴木選手と帝京大の選手で一騎打ち、2人が29分10秒台。あとは30分オーバーとなりました。

大学生結果(箱根駅伝2019シード校)

駒澤大学

3000m
3組
東山静也①8分39秒57
4組
小野恵祟①8分19秒20
山野 力①8分21秒16
中島隆太①8分21秒52
蓮沼直希②8分27秒84
高見真拓①8分31秒03
5組
小倉朝陽①8分17秒31
酒井亮太①8分22秒43
宮内斗輝①8分24秒12
前垣内皓大①8分24秒42

5000m
5組
新矢連士②14分49秒44
7組
伊東颯太③14分05秒57★
中村大成④14分07秒06★

3000mで多くの新人が走りましたね。小倉選手がやはりトップのタイムで8分17秒、酒井・宮内・前垣内選手もまずまず、その手前の組小野・山野・中嶋選手も近いタイムがでましたね。まずは5000mに繋げる形かな?

5000mは一部の主力選手が出場。ハーフ62分台と走力が格段に上がった伊東・中村大成選手はやはり自己ベスト。14分一桁はまずまずのシーズンインではないでしょうか。

帝京大学

3000m
3組
吉田尭紀④8分27秒92

5000m
4組
郷明日翔②14分42秒04
吉田律哉③14分46秒75
6組
吉野貴大④14分20秒64★
中村風馬②14分28秒45
山根昴希③14分36秒91
7組
岩佐壱誠④14分00秒42★
鳥飼悠生③14分15秒84★

10000m
小森稜太④29分18秒08★

6組と7組はいい記録。ロードのイメージがある吉野選手が14分20秒のベスト。トラックから力を付けたところを見せましたね。7組では主力の岩佐選手が14分00秒と自己ベスト!力で引っ張ります。鳥飼選手もここにきて成長していますね。

また10000mに長距離タイプの小森選手が出場。実業団選手と一騎打ちで記録を縮めてきました。こちらでもチームトップ10に入る記録です。

國學院大學


5000m
3組
中西唯翔①14分44秒57
木付 琳②14分51秒64
西槇優祐①14分54秒11
4組
高嶌凌也③14分41秒07
5組
森 秀翔③14分31秒33★
藤村遼河③14分33秒97
徳備大輔③14分35秒78
島崎慎愛①14分41秒35
木下 巧③14分46秒17
7組
浦野雄平④13分52秒80★(全体トップ)
藤木宏太②14分06秒66★
土方英和④14分15秒58

7組の主力の5000m争いは見物でしたね。結果的に浦野選手が抜けて13分52秒で全体トップ!やっぱり強い、もっとレベルの高い争いならもっと40秒台までならいける?

藤木選手も箱根1区うまく走っただけあって14分一桁の好タイム。土方選手も長い距離で今後また見せてくれるでしょうか?

新戦力候補組では今回は森選手がトップ。藤村・徳備選手もまずまずでした。

拓殖大学

3000m
4組
赤﨑 暁④8分17秒68

赤崎選手が短い距離に挑戦。少しずつスピードがついて生きている印象です。総合力付けば面白い選手です。

大学生結果(箱根駅伝2019・11~20位)

中央大学

3000m
4組
黒須優翔①8分34秒02
高木航志②8分39秒67
5組
助川拓海①8分19秒30

中央大は1年生が多く出場。助川選手が8分20秒を切る好タイムで走りあmした。

日本大学

5000m
4組
松木之衣④14分37秒18
5組
山本起弘②14分29秒23★
高橋佐介③14分35秒28★
小野修平①14分35秒48
天野竜汰②14分44秒74
6組
横山 徹③14分20秒32★
野田啓太③14分27秒70
武田悠太郎③14分29秒57
阿部 涼④14分47秒35

5組でレギュラー候補の選手が頑張りましたね。山本・高橋選手は今度こそあがってこれるか。ルーキーの小野選手も頑張りました。

6組は主力組。箱根1区の力走が光る横山選手がやはり成長していますね。野田・武田・阿部選手はこれからですかね。

神奈川大学

5000m
5組
横澤清己②14分49秒73
6組
島崎昇汰①14分20秒84★
7組
安田共貴④13分55秒36★
越川堅太④14分13秒38
成瀬隆一郎③14分54秒39

7組に出場した安田選手がやりましたね!13分55秒と大幅ベスト!トラックのイメージは少なかったのでこれはびっくり!箱根を故障で逃した悔しさもあると思いますが、まずはここで力のある所を見せてきました。

またその前の組でルーキーの島崎選手が早くも自己ベスト。いいシーズンインとなりましたね。

城西大学

3000m
4組
松尾鴻雅②8分31秒71
佐藤友哉④8分35秒13
梶川由稀③8分42秒42
5組
宮下璃久②8分23秒27
福島正訓②8分31秒39
志賀颯太③8分38秒54
山本 嵐②8分40秒99
6組
菊地駿弥③8分10秒80
砂岡拓磨②8分18秒61
中原佑仁④8分21秒66

3000mに今年の主力選手が多く出場。4組では松尾、5組では宮下選手がいい走り。6組は主力が出場、学生ハーフでいい走りをした菊地選手がここでも好タイム。一気にエースになりそうですかね?

また駅伝経験が豊富な中原選手もまずまず、砂岡選手が良かったのもいいですね。明日、私立六大学がありますが、連戦になるのでしょうか?

山梨学院大学

5000m
3組
小西耕生③14分46秒08
4組
渡辺晶紀②14分39秒69★
松倉唯斗②14分43秒18
川口竜也④14分50秒99
5組
ボニフェス ムルア①14分06秒27★
6組
井上広之④14分30秒15

注目新留学生のムルア選手が出場。途中から独走での14分06秒はまだまだ伸びしろを感じますね。細身の体からパワーが漲っています。

日本人は6組に出場した井上選手がまずまず走りました。

スポンサーリンク

大学生結果(そのほかの大学)

麗澤大学

3000m
3組
竹内奨真③8分37秒99

5000m
4組
国川恭朗④14分34秒39

国川選手が終盤に飛び出して果敢に攻めたようですね。次につながっていければ。

専修大学

5000m
3組
成島航己①14分42秒36★
4組
高瀬 桂①14分43秒66
5組
小林 純③14分45秒85
6組
小林彬寛④15分02秒29

若い組ではルーキーの多くがデビュー!成島選手が自己ベストです。6組では連合に選ばれていた小林選手が出走。これからまたあがっていければ。

創価大学

3000m
4組
鈴木大海③8分16秒08

創価大のエース格といっていい鈴木選手が組でトップを獲りましたね!タイムもまずまず。記録会とはいえ、勝ち切るレースも多くしたい。

筑波大学

5000m
6組
藤田黎士④14分56秒56

駿河台大学

3000m
3組
松本圭悟①8分40秒59

5000m
5組
石山大輝③14分34秒68★
7組
吉里 駿③13分57秒56★

吉里選手がやりましたね!日本人で初の13分台をマーク。着実に、着実に良いところを伸ばしています。今年こそインカレでもいけるか?石山選手もベストです。

関東学院大学

5000m
3組
山田拓磨③14分52秒34
6組
関口大樹④14分50秒74

10000m
荒川将輝④31分13秒69

主力組が出場。今回はベストまでもう少しでした。

その他の大学

5000m
3組
藤本能有(東京理科大②)14分53秒64
飯島修平(文教大④)14分59秒75

力のある2人が最初から14分台。理科大の藤本選手、文教大飯島選手が複数回14分台記録です。

スポンサーリンク

フォローする