スポンサーリンク

2019.3.30中央大記録会/3.31東海大記録会【結果・記録】/箱根駅伝ファンのコメントも!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

立て続けに記録会がありますね。 2019年3月30日(土)は、中央大記録会 2019年3月31日(日)は、東海大記録会があります 大学生で見ると、一部の大学の主力選手、中央大は新入生がいきなり10000mに登場していうるようです!大学長距離中心に結果をまとめ、コメントをしようと思います。
スポンサーリンク

2018年度第3回中央大記録会(2019年3月30日)

中央大記録会公式HP 2018年度第3回中央大記録会プログラム 中央大長距離で 1年生が10000mにエントリーしていますね!  
スポンサーリンク

結果

[2018年度中央大学記録会結果(.pdf)]

中央大学

1位森 凪也②29分28秒02★ 川崎新太郎③29分34秒71★ 池田勘汰③29分39秒92 千守倫央①29分50秒88★ 矢野郁人③29分55秒34★ 岩佐快斗④29分56秒19★ 手島 駿②29分56秒91★ 加井虎造③30分00秒47 若林陽大①30分15秒46 二井康介④30分15秒80 大森太楽③30分24秒56★ 井上大輝②30分59秒66 倉田健太②31分00秒62 佐々木遼太④31分04秒44 新2年の森選手が初1万で29分28秒の好記録!一気に出てきましたね。手島選手も29分台。昨年は中々記録が出なかった学年が、シーズンインから結果を残したのは期待が高まってきます。 また注目の学年新3年川崎・池田選手らもまずまず上位、矢野選手もしっかり29分台に乗せてきましたね。新4年では岩佐選手も29分台、久々に調子が上がってきたところほっとしています。まずは全体的にいいスタートだったかな?  

その他

男子100mウォームアップレース 飯塚翔太(ミズノ)10秒41 男子100m 飯塚翔太(ミズノ)10秒38 100mにはOBの飯塚選手が出場。まずは10秒4を切るところ。200mに向けて手応えは??  

第183回東海大学長距離競技会(2019年3月31日)

東海大学長距離競技会公式HP 第183回東海大学長距離競技会(日程・エントリー)

結果

[第183回東海大学長距離競技会結果(pdf)]

TOP・実業団・高校生結果

1500m 10組 大塚陸渡(日体大柏)3分55秒05 畔柳隼弥(ラフィネ)3分55秒39 11組 丸山竜也(松戸市陸協)3分57秒56 3000m 丸山竜也(松戸市陸協)8分24秒69 桃澤大祐(サン工業)8分27秒45 三野貴史(松戸市陸協)8分32秒34 合田佳功(NTT東京)8分33秒72 5000m 鈴木太基(ラフィネ)14分20秒85 石塚陽士(早稲田実業)14分24秒24 福村拳太(ラフィネ)14分32秒65 10000m 桃澤大祐(サン工業)30分13秒63 丸山・桃澤選手と言った市民ランナーが大いに沸かせていますね。3000mの争いはかなり激しかったみたいです。5000mはラフィネの鈴木・福村選手と言ったところがトップ争い、これに早稲田実業高校の石塚選手が絡んでいったのはポイントです。

大学生結果

東海大学 3000m 5組 鈴木雄太③8分36秒24 名取燎太③8分47秒72 ※両者とも1組・3組と合わせて3回目 鈴木選手と名取選手が3000mを3度記録会で走りました。結果としては3度目で鈴木選手が8分36秒と大きく上げました。ここのところぐっと実力を付けていますね!   神奈川大学 1500m 島崎昇汰①3分52秒57 荻野太成④3分52秒80 西方大珠②4分00秒84 神大は3障を控える荻野・西方選手、それに新入生で最も実力が高い島崎選手が出場。荻野選手を僅かに抑えた島崎選手がチームトップ!勢いのつく結果となればいいですね。   明治大学 3000m 4組 稲田光希③8分43秒94  
上武大学
5000m
6組
坂本貫登③14分45秒78
源川竜也②14分53秒54
渡辺一輝②14分54秒34
野上 蓮④14分54秒73
川原 巧④15分04秒14
7組
松倉頼人③14分39秒79
岩崎大洋③14分42秒38
鴨川源太④14分48秒10
武田貫誠④14分56秒55
 上武大は主力選手が5000mに出場。ひとまず今の状態がはかれましたかね。松倉選手が良かったのが一つ収穫でしょう。次は私学六大学だと思いますが、どれだけ上がるでしょうか。
亜細亜大学
5000m
5組
橋本雄太②14分49秒44★
6組
河村 悠②14分38秒90★
竹井祐貴②14分44秒38★
柿木郁人③14分46秒80★
10000m
田崎聖良④30分19秒52
まずはいいシーズンインですね。新2年となる河村・竹井選手が5000mでベスト。長くなるほどいいはずです。柿木選手も主力となっていくかな? また不調が続いていた田崎選手が長い距離で久々に結果を残せたのは大きな収穫です。やっぱり流れはよくなっています。   専修大学 1500m 高橋将也④3分55秒32 3000m 5組 横山絢史④8分27秒97 茅野雅博③8分38秒11 辻 海里③8分39秒98 勝俣航希②8分41秒68 佐々木詩音②8分43秒77 増田悠希①8分44秒54 足立龍星①8分47秒74 専修大は3000mに出場ですね。ルーキーたちも出場していました。4年の横山選手がいい結果、最後までトップ争いを繰り広げていました。まずはトラックで引っ張っていけるか。   日本薬科大学 5000m 7組 今川深透③14分55秒62   明治学院大学 10000m 市原拓実③30分54秒96 池田優斗②30分57秒50★ 坂上真生④30分58秒64 主力選手含めて10000mへ。長い距離で積極的に大会に出ていますね。池田選手が初めて30分台ですね。   関東学院大学 5組 荒川将輝④14分45秒89 渡辺拓海②14分50秒68★ 安達 駿④14分50秒78 関口大樹④14分51秒04 小野元也④15分07秒83 5000mに多く出場しましたね。新4年が上位、学生ハーフでも良かった荒川選手が今状態いいですね。また渡辺選手もベストです。   その他の大学 1500m 金子雅也(静岡大M2)3分53秒35 田中佑典(札幌学院大③)3分57秒43 1500mで他の大学の選手も出場。金子・田中選手がしっかり走力を保っています。
スポンサーリンク

フォローする