スポンサーリンク

もう新年度!【箱根駅伝2020の区間オーダー&順位予想・展望】を早くもやってみました

シェアする

日本学生ハーフも終わり、もうすぐ新年度ですね。

ここで、一度来年の箱根駅伝2020の展望でもやってみましょう!

区間オーダー予想&順位予想をしてみます

なお、同じ企画を

前半戦終了時、全日本大学駅伝終了時にも行います。

今回は第1弾となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020区間オーダー予想!

なお、出雲駅伝2019・全日本大学駅伝2019への出場が決まっているチームはその予想もしています。
また、全日本大学駅伝2019の出場が決まっていないチームは、予選組の予想をしています。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020シード校

東海大学

出雲:鬼塚④-館澤④-阪口④-關④-小松④-西川④
全日本:西川④-鬼塚④-館澤④-阪口④-關④-塩澤③-西田③-松尾④
箱根:鬼塚④-阪口④-西川④-松尾④-西田③ 中島④-關④-名取③-郡司④-小松④

やっぱり4年生中心になっちゃいますよね。全員万全なら、出雲は鬼塚・館澤・阪口・關選手を並べたいですよね。

あとはスピード系区間は小松・西川・塩澤選手の誰か、スタミナ系区間は松尾・郡司・名取選手、箱根の山は西田・中島選手が入りますか。

願望では高田選手、それと羽生選手が箱根駅伝2020でアンカーを願う駅伝ファンも多いと思いますが、果たしてかなうのか!?

青山学院大学

出雲:吉田③-湯原②-鈴木④-神林③-生方④-飯田③
全日本:湯原②-吉田③-鈴木④-神林③-岩見③-竹石④-吉田④-飯田③
箱根:湯原②-吉田③-鈴木④-飯田②-竹石④ 横田①-神林③-新号③-吉田④-岩見③

王者から挑戦者に変わる青学…とはいえ、出雲と全日本は連覇がかかるので何とか狙っていきたい。

吉田圭・鈴木選手らエース選手を前半からつぎ込んで有利な展開に持っていくのが一番いい作戦でしょうかね。

箱根は、理想は湯原選手1区、吉田圭選手2区推します。そしてエース区間化してきている3区に鈴木選手、あとは適性で配置出来ればと思います。

東洋大学

出雲:相澤④-西山③-吉川③-蝦夷森②-今西④-鈴木②
全日本:西山③-相澤④-児玉①-今西④-蝦夷森②-大森③-吉川③-鈴木②
箱根:西山③-相澤④-吉川③-鈴木②-今西④ 田上③-大森③-蝦夷森②-野口③-大澤③
 実質、現時点で東海大に一番対抗できる大学でしょう。往路優勝できる突進力がありますし、相澤選手が最終学年になりますから。
 基本は前半に西山・相澤選手、中後半区間に吉川・鈴木選手が出雲・全日本ですが、往路は全員突っ込んでます。
 また箱根5区も攻め区間にしたいので、今西選手を置きましたがどうかな?あと、大森・蝦夷森選手が復路で戦えれば面白くなってきます。

駒澤大学

出雲:山下④-小島③-中村大聖④-伊東③-加藤③-小原③
全日本:小島③-伊東③-加藤③-小原③-田澤①-神戸③-中村大聖④-山下④
箱根:小島③-中村大聖④-伊東③-山下④-大坪④ 中村大成④-田澤①-神戸③-小原③-加藤③

 山下選手以外にも中村大聖・伊東・小原・神戸・大坪選手等等育ってきて、一気にオーダー考えるのが面白くなってきましたね。

考え方次第で色々あるのですが、スピードもある小島選手が1区固定できれば山下・中村大・伊東選手らに主要区間ちりばめることができます。

また新潟ハーフの走りで、大坪選手山登り5区予想へ。15㎞以降単独で突っ走れるならいけるはず。突っ込んで粘れる伊東選手3区に回せたら、箱根駅伝はいいオーダーです。

スポンサーリンク

帝京大学

出雲:島貫④-岩佐④-遠藤②-小野寺③-山根③-星③
全日本:島貫④-遠藤②-岩佐④-小野寺③-鳥飼③-中村②-星③-小森④
箱根:島貫④-遠藤②-星③-岩佐④-平田④ 小野寺③-中村②-鳥飼③-小森④-吉野④

卒業生がいますが、遠藤・星選手ら勢いある選手が出てきているのでまた、上位戦線かき回せますね。

その両者ともに、一人で突っ走る方がいいように見えるので、序盤をどうしようかなと思いました。島貫or岩佐選手が担えれば助かりますね。

箱根に関しても10区間埋まりますので、あとはスタートダッシュと山に磨きをかけることができるかが勝負かなという印象です。

法政大学

出雲:青木④-岡原④-坪井④-久納②-鈴木③-佐藤④
全日本:青木④-岡原④-坪井④-内田①-糟谷③-松澤④-佐藤④-鎌田②
箱根:坪井④-佐藤④-岡原④-松澤④-青木④ 久納②-佐々木④-内田①-鎌田②-糟谷③

青木・佐藤・坪井選手の”山世代”が最終学年になるので、法大もある意味勝負の年になるのかなぁ?

まず青木選手は、出雲・全日本は1区で。山登りのイメージですが、3障で勝ち切れるスパートも魅力ですからね。流れを作って、久納選手ら若手にいい経験させられれば。

箱根は坪井選手も山から降ろしたいかなぁ。坪井・佐藤選手1区2区で力出し切れればいい位置で、5区青木選手に渡せるはずです。

國學院大學

出雲:浦野④-青木④-藤木②-茂原④-臼井③-土方④
全日本:中西①-浦野④-藤木②-臼井③-青木④-殿地②-土方④-茂原④
箱根:藤木②-土方④-青木④-茂原④-浦野④ 中西①-臼井③-藤村③-殿地②-高嶌③

久々の三大駅伝フル出場で勝負の年ですよね。出雲や全日本は惜しげもなく浦野選手を注ぎ込んでいくスタイル。

ポイントに藤木・青木・土方選手をしっかり配置できれば、今回もいいオーダー組めるのではないでしょうか。

箱根駅伝に関しては…、往路オーダー動かせませんでした。今のところ動かす必要性がないかなと。強いて言えば、中西・臼井・殿地選手の覚醒次第かな?

順天堂大学

出雲:野口③-藤曲④-橋本④-野田④-清水③-澤藤③
全日本:野口③-藤曲④-橋本④-牧瀬②-平①-清水③-澤藤③-難波④
箱根:野口③-藤曲④-橋本④-澤藤④-野村① 清水③-野田④-髙林④-難波④-鈴木④

大エースが卒業する順大は、上級生の調子次第かなと思ってます。できるだけ1区野口2区藤曲選手で固定できればと思ってます。

スピードの1区は野口選手、エース区間は藤曲選手が今は一番安心かな?箱根3区橋本選手、難波選手は終盤区間からあまり動かしたくないというのもあります。

山登りに関しては、1年生をできれば置きたいですが、適性ある選手がいるかどうか!?それにしてもなんだかんだ4年生多い。

拓殖大学

出雲:ジョセフ①-清松③-石川③-清水③-佐藤②-赤崎④
全日本:石川③-ジョセフ①-赤崎④-清水③-工藤①-清松③-吉原③-松岡③
箱根:石川③-ジョセフ①-赤崎④-清水③-竹蓋② 清松③-吉原③-楠本④-松岡③-中井④

強い世代が抜けて、来年どうなるのかなと思っていましたが…、13分39秒の持ちタイムのジョセフ選手が早くも日本で暮らしているとか。彼のロード適性次第では面白くなるはず。

できれば、出雲は1区、全日本・箱根は2区で起用できれば非常に助かる。赤崎・石川・清水選手らの力を引き出すことができるはずです。

長距離タイプの松岡選手、更に中井選手が戦列復帰できれば…連続シード権も見えてくるはずです。

中央学院大学

出雲:川村④-小島①-髙橋③-栗原②-吉田②-石綿③
全日予選:1組小島①高砂④、2組栗原②吉田②、3組石綿③有馬④、4組川村④髙橋③
箱根:川村④-髙橋③-小島①-有馬④-高砂④ 山盛①-栗原②-長山④-石綿③-大濱③

故障者がいなければ密かにジャンプアップ楽しみなチームですね。川村・髙橋・有馬・石綿選手ら主要区間でやれる選手がいます。

栗原・吉田選手ら経験豊富な新2年もいますし、長い距離で高砂・長山選手ら貴重な戦力もいます。ルーキー小島選手も見物ですね。

基本的には川村選手1区固定、髙橋選手を前半の主要区間に固定できれば、オーダー編成が楽になるはず。全日本予選もトップ通過狙える陣容です。

箱根駅伝2020予選突破候補チーム(箱根駅伝2019出場校)

あとは予選会から勝ち上がらない限りは、箱根駅伝2020に出場が決まらないのですが、

今年の箱根駅伝2019の出場校に限り、オーダー予想をしてみます

なお、城西大だけ全日本大学駅伝のシード権を獲得しているので、予選ではなく本戦のオーダー予想です。

中央大学

全日予選:1組舟津④梶山①、2組大森③矢野③、3組三須③川崎③、4組池田③三浦②
箱根:舟津④-池田③-三浦②-川崎③-畝③ 若林①-三須②-大森③-矢野③-岩佐④

駒は揃ってきているけど、エース選手は抜けた。中々難しいですが、藤原監督の育成がハマれば面白いチームです。

箱根に関して言えば、往路は舟津・池田・三浦・川崎・畝選手でビシッと組めれば一番いいなと思ってます。粘って10位以内、これで矢野選手らも残せますからね。

そして箱根予選の対策があり、難しいですが、スピードがある中大に、例年以上に激戦の全日本予選突破できればと思ってます。

早稲田大学

全日予選:1組太田②太田④、2組新迫④鈴木①、3組井川①吉田③、4組中谷②千明②
箱根:太田④-千明②-中谷②-真柄④-吉田③ 渕田③-井川①-太田②-三上④-新迫④

巻き返しの年としたいところですが、まずは主力の足並みを整えるところから。

太田兄・新迫・千明・中谷選手あたりがまずはしっかり主要大会に合わせられるかどうか、こういうところがまずはポイントですね。

そのうえで井川選手ら有力ルーキー、真柄・三上選手ら叩き上げ選手のロード力が活きてくるはず。まずは一つ階段を上りたい。

日本体育大学

全日予選:1組白永④冨田③、2組中川④廻谷④、3組藤本①岩室③、4組山口④池田③
箱根:藤本①-山口④-廻谷④-岩室③-池田③ 濱田④-加藤②-白永④-中川④-亀田③

4年ぶりにシード権の喪失、そしてチームカラーから作り直しの年になりますね。

まず4年山口中川廻谷、3年岩室池田亀田選手ら上級生の主力選手が、主要区間でしっかり元気な姿を見せられるかでしょうか。

藤本・加藤選手ら若い選手にも面白い選手がいますので、主力選手がいい状態になればまた上位とと戦う芽も出てくるはずです。

日本大学

全日予選:1組金子④高橋③、2組横山②八木①、3組阿部④北野②、4組ドゥング①武田③
箱根:横山③-ドゥング①-北野②-武田③-鈴木② 宮崎③-八木①-関沼③-阿部④-高橋③

箱根駅伝で思ったより粘りを見せた日大。新たに獲得する留学生ドゥング選手は、日本で何年も生活した実業団選手ということで、即戦力になりそう。

日本人も武田・阿部・横山選手が出てきて、ルーキーでは八木選手が今一番面白いか。北野・野田選手も再び元気を取り戻せれば、いいチームになります。

箱根予選通過は選手層面でまだ不透明ですが、通過すれば、山を凌いだ経験者もいますので、ダークホースなチームになりえそうです。

東京国際大学

全日予選:1組山瀬④山谷①、2組佐伯③芳賀③、3組真船④相沢④、4組ムセンビ①伊藤④
箱根:相沢④-伊藤④-タイタス④-真船④-山瀬④ 山谷①-芳賀②-菅原④-原田③-佐伯③

新4年生に主力が多いですし、新入生のレベルもあがってきていますし、大きく浮上できるチャンスではないでしょうか。

他校のエースと戦える伊藤選手に、タイタス真船相沢山瀬選手が脇を固め、新戦力も出てきています。ムセンビ・山谷選手の新入生もいい刺激です。

箱根予選は過去最高の6位より上の順位での通過を目指せる戦力です。あとは山対策がどこまでできるかというところかも??

神奈川大学

全日予選:1組森④川口②、2組荻野④島崎①、3組安田④北﨑③、4組越川④井手③
箱根:井手③-越川④-森④-安田④-山崎① 荻野④-川口②-小笠原③-北﨑③-藤村④

箱根本戦は光もあり選手層の薄さもでてしまいというところ、選手層に関しては今年もまだまだ課題なのかなと思います。

主力は越川・安田・荻野・北崎・井手選手と複数人揃ってきていますので、チームが万全なら予選会しっかり戦えるのかなと言う印象です。

個人的には新2年・1年から突き上げがあれば、面白いチームになるのかなと言う印象です。川口・島崎選手らが暴れれば!

明治大学

全日予選:1組前田③櫛田①、2組村上②佐々木④、3組三輪④小袖③、4組阿部④鈴木②
箱根:鈴木②-阿部④-三輪④-中島④-酒井③ 前田③-櫛田①-村上③-佐々木④-小袖③

予選会校の中で、選手層が一番豊富なチームを上げると明治大でしょう。1万27分台阿部選手をはじめ、三輪・中嶋・鈴木選手ら主要区間で戦える人材が豊富です。

長距離になるにつれて全体的に安定感が課題になってくるところがあるので、このあたりどれだけ修正できるかでしょうか。

全日本・箱根とも終盤までは戦えていますので、今年全員でワンランクアップの強さを身につけられればと思います。

国士館大学

全日予選:1組大西④濱田④、2組福田④小早川②、3組石川④鼡田④、4組ライモイ②長谷川②
箱根:長谷川②-ライモイ②-福田④-石川④-鼡田④ 鈴木③-小早川②-濱田④-大西④-荻原②

一気に選手層が薄くなりますね。ライモイ選手とギトンガ選手のバトルの楽しみはありますが、2番~6番手あたりは他校からはまだ手薄かな…。

まず全日本予選で、どのくらい他校と戦えるかどうか。鼡田・石川・福田選手ら4年に、勢いのある長谷川・小早川選手ら2年が食いつけるかどうか。

現時点では、来年の箱根本戦は厳しいと思っているのですが、全日本予選でその光が見えてくるかどうかでしょうか。

大東文化大学

全日予選:1組佐藤④服部②、2組片根②佐藤②、3組三ツ星③藤岡③、4組川澄④奈良④
箱根:片根②-奈良④-三ツ星③-川澄④-佐藤④ 藤岡③-井田①-阿比留③-佐藤②-服部②

箱根本戦で現3年生以下の奮起が多くみられた大東大。もう一度しっかり立て直したいですよね。

奈良・川澄選手の走れば4年連続箱根出走のコンビに、4年佐藤・三ツ星・藤岡選手が著し成長を遂げているのですよね。

選手層は少し薄いですが2年生がカギですかね。片根・佐藤・服部選手らが力を付ければ、予選通過しシード権を狙っていけるチームになっていけるはずです。

城西大学

全日本:荻久保④-大里③-西嶋④-松尾②-菅原③-砂岡②-菊地③-中原④
箱根:荻久保④-菊地③-松尾②-大里③-西嶋④ 砂岡②-菅原③-野上③-中原④-宮沢④

出雲・全日本善戦も箱根でコケてしまった城西大。まずは出雲・全日本で引っ張った荻久保選手の回復を待ちたいところ。

他、箱根で奮起した西嶋・中原・大里選手、さらにロードで力を付けてきた菊地選手と少しずつ戦える選手は増えてきていますね。

持ちタイムはよくなってきた松尾・菅原・雲井・野上選手らが、主要大会でも戦うことができれば、再び上昇気流に乗れるはずです。

山梨学院大学

全日予選:1組宮地④山田④、2組坪井②オニエゴ②、3組齊藤③川口④、4組首藤④森山③
箱根:森山③-首藤④-齊藤③-宮地④-都築① 坪井②-オニエゴ②-荒井③-川口④-山田④

現状厳しい戦力になってますね。30年以上続けている箱根駅伝の連続出場が続けられるかどうか正念場です。

長い距離では以前から記録を伸ばしている首藤・宮地・川口・山田選手らがまず主要大会で元気に走れるかどうか。

これに森山・オニエゴ・坪井・齊藤選手らスピードがある選手がうまく長い距離を走れるようになれば、何とか箱根本戦ボーダー絡めるかどうか??

上武大学

全日予選:1組西井③松倉③、2組齊藤④川原④、3組坂本③岩崎③、4組佐々木④鴨川④
箱根:佐々木④-坂本③-鴨川④-岩崎③-橋立④ 齊藤④-武田④-松倉③-川原④-野上④

今年も、箱根本戦に出場できるかどうかギリギリの戦力という印象です。何とか勝ち取ってきていますが、今年も継続できるかどうか。

長い距離は新3年坂本選手が一番安定している印象ですが、新4年佐々木・橋立・鴨川・川原・齊藤選手がまずはしっかりとチームを率いていくこと。

これに前回箱根予選で頑張った岩崎選手に、日本学生ハーフで出てきた新戦力らで、何とか戦っていけるかどうか!

他、箱根駅伝2019に出場していないけど、箱根駅伝2020に出場する可能性があるチームも複数ありますが、これはまた別の特集で行います。

箱根駅伝2020順位予想&戦力分析

ざっと順位予想しちゃいます。

ひとまず15位くらいまでにしておきます。

箱根駅伝2020順位予想

1位東海大学

2位駒澤大学

3位東洋大学

4位青山学院大学

5位國學院大學

6位帝京大学

7位法政大学

8位中央学院大学

9位日本大学

10位東京国際大学

11位早稲田大学

12位明治大学

13位順天堂大学

14位日本体育大学

15位拓殖大学

箱根駅伝2020戦力分析

本命:東海大、対抗は駒大かも!?東洋・青学は!?

東海大は戦力としては少なくとも抜けています。スカウト時から話題になった世代が4年生、各個人それぞれ色々なことがありながらも、やはり強いです。

トラックとの両立は簡単ではないですが、もう一度11月以降に集中できるかどうかなのかなと思います。

さて、対抗するチームは面白い。まずは往路優勝した東洋大と、復路優勝した青学大ということになってくるのですが…

選手層と言う面では今年4位だった駒大が、ここに来て一気に上がってきています。往路・復路ともハーフ61分・62分台のベストの選手をずらりと並べることができます。山もまだ伸びる余地が残っているので、面白いチームではないでしょうか。

4強の壁は厚いか、帝京・國學院大・法大・中学大らが続く

さて、4位と5位の間に大差がついた今年の箱根駅伝。7区あたりまでは健闘していたチームもあったのですが、4強(東海・青学・東洋・駒大)が抜けていました。

そして4強は今年も戦力キープか戦力アップが見込まれているので、ここを破るのはそう簡単ではなさそうです。

対抗できる可能性があるのは、往路3位のメンバーがそのまま残っている國學院大。山登りに名手がいる法大、復路3位と健闘して選手層が厚い帝京大、駅伝巧者の中央学院大も中々充実しているように見えます。

まずはこの4チームが追いかける展開でしょうか。全日本大学駅伝のシード8校もこのままという可能性があります。

シード校復帰へ、日大と東京国際大がダークホースか

箱根予選から戦うチームを見ます。まずは箱根11位中央大、12位の早稲田大、選手層豊富な明治大は少なくとも上位候補にも上がってくると思います。

ここではダークホース候補にあがるチームを紹介します。まず日本大。箱根14位は大方の前評判よりは高かったと思います。

留学生の選手だけでなく、いくつか主要区間で戦える選手が何人か出てきています。しっかり流れを掴めれば面白いチームに仕上がりつつあります。

また新勢力の東京国際大は勝負をかけることができる年になります。エースとなった伊藤選手中心に4年生が充実しています。

新戦力も出てきていますし、新入生のレベルがぐっと浮上。充分、箱根駅伝で他校とバチバチとやり合えるチームになってきました。この2校は要チェックかなと思います。


以上が、箱根駅伝の一ファンとしての見方です。最初に書きましたように、前半戦終了時(夏)、全日本大学駅伝終了時(11月上旬)ともう一度詳しく行っていきたいと思っています。

また、現時点での箱根本戦ボーダー特集も近いうちにあげようと思っていますので、そちらも楽しみにしていただければと思います。

コメントで皆さんの意見も、是非お聞かせください。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ユーポン より:

    城西大はシードを取ってるので、全日本の予選会には出てこないのでは?

  2. 一般ピープル より:

    新入生の成長*適正
    2〜4年生の成長
    で東海大学以外の順位もかなり変動しそうですね。
    でも8位迄の中央学院大学とその他の大学群とは少し開きがある様な気がします。
    シード及び予選会熱い戦いになりそうで
    待ちきれません。
    第2弾楽しみにしております。
    今後とも激アツの情報宜しく申し上げます。

    • hakonankit より:

      >一般ピープルさん
      東海大も完璧にハマったわけですから、まだまだ分からないのですけどね。自分自身も8校はある程度戦力が充実、そのあとはまだ分からないという印象です。

      また、これからも記事作成頑張ります!

      • 一般ピープル より:

        一般ビープルです。
        早速の返信ありがとうございました。
        毎日貴方様の記事を寝る前に確認して床に入ります。
        恐らくボランティア的精神で頑張っているのが目に浮かびます。
        大変なスケジュールでの作業だと思いますが毎日楽しみに見ているファンがいます。
        お身体に重々おきおつけて頂き箱根駅伝迄の道のり楽しませて頂ければ幸いです。
        因みに私は法政大学の初優勝を目に焼き付けたいと思っています。
        勝つだけでは無く部員の人生の為に必ずお気土産を残す坪田監督が妙に好きなんです。

        • hakonankit より:

          >一般ピープルさん
          ありがとうございます。体調が整わないことが多いのですが、できる限り更新を続けていきます。

  3. アリストテレス より:

    國學院大學は7区or9区に茂原選手が入れると5位以内も見えてきます。4区が空きますが現状中西大選手、臼井選手、殿地選手が候補になります。タイプ的には殿地選手が一番合ってそうです、復路は核となる4年生の存在が大きく影響しますので主力の茂原選手もしくは稲毛選手や小杉選手が復路を担う力をつけていってほしいです

    中央学院大学は個人的に横川選手が一定レベルまで走力を戻し安定することを条件に山下り横川選手というロマンを見てみたいです、58分台か62分台のどちらかな気はするのであくまでロマンですが

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      そうですね。茂原選手はできれば僕も9区に置ければいいなと思うタイプの選手です。臼井・中西選手らスピードがある選手が往路入れればと思います。

      中学大は横川選手もいますね。一線級のスピードはある選手なので、最終学年の復活を祈ります。

  4. 道玄坂52 より:

    後で書かれると思いますが、創価大学がダークホースになるかもしれません。
    ルーキー葛西選手が強いですし、ムイル選手が戻ってくれば1区葛西2区ムイルで先行逃げ切りであっと驚かす可能性があると思います。
    東海大学ですが、館澤が世界陸上に出場できる場合は出雲は走れないでしょう。全日本のみの出場になるかもしれません。箱根の1区は松尾が適任かなと思います。2年前の日本インカレや今年の学生ハーフみたいに流れにのって走るのが得意だと感じます。
    往路優勝争いは東洋本命、対抗國學院と見ます。それに駒澤東海法政、出場できれば創価が絡んで来るかなと思います。青学は苦戦すると思います。
    総合優勝は読めません。有力校に何かしら弱点があり、かなりもつれると思います。来年の箱根は各校4年生にエース級を据えているため、大混戦、大波乱が予想されます。これほど面白い箱根駅伝は初めてなんじゃないかなと思います。

    • hakonankit より:

      >道玄坂52さん
      ルーキー葛西選手が調子まずまず保っていますね。世界クロカンも頑張りました。

      館澤選手1500m世界陸上出場の場合は確かに出雲はきついかもですね?戻ってきた塩澤選手がキーになってくるのかなと思います。

      全体的にまだまだこれからというチームが多くなるので、まだ細かい順位予想は難しいですね。2020年の箱根駅伝が楽しみなのは間違いないのですが。