スポンサーリンク

【中央大学】第95回箱根駅伝2019/エントリー選手戦力分析&区間オーダー予想~復路にも流れ呼び込め

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第95回箱根駅伝2019の各大学のメンバー詳細戦力分析、区間オーダー予想を行っています。   2本柱確立!上位復帰へ準備整うか 中央大学
中央大学陸上競技部(https://chuo-tf.com/) 中央大学駅伝応援サイト(http://www.chuo-u.ac.jp/ekiden/index_j.html) 中央大学陸上競技部Twitter(https://twitter.com/chuo_tf) 中央大学学員会埼玉支部(https://chuo-saitama.jimdo.com/)
スポンサーリンク
前回2年ぶりの出場、予選3位はびっくりの成績でした。そのまま往路はうまく流れに乗って10位と健闘したものの、復路は選手層の薄さから後退し総合15位に。往路の主軸選手が多く残るだけに、課題の選手層の底上げがあれば面白いと思われました。 エース選手は充実の一途で、ハーフ61分台が2人もいる状況に!これは他校もうらやむ状況になっています。一方、中堅どころに故障者が出た影響もあり、選手層の面ではまだこれからといった感じでしょうか。予選は前回から大きく落ちて8位通過。故障者の影響もあったが、前回ほど予選に合わせていなかったのもありますかね。ここからどれだけ上がり目があるか楽しみです。 エントリー選手紹介&独断戦力分析
7点:エース区間、山で貯金が望める選手  6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手 中山 顕④28分22秒59≪18:予28位、箱3区6位、17:予8位≫ 堀尾謙介④28分34秒54≪18:予6位、箱2区8位、17:予17位、箱2区21位相当、16:予51位、15:予127位≫ 5点:エース区間で区間中位以上いける選手 4点:主要区間で区間上位でいける選手 三浦拓朗①29分22秒10≪18:予53位、全国5区2位、17:国体5千11位、IH5千12位、16:高3区18位≫ 3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手 池田勘汰②29分13秒59≪18:予35位、箱9区18位、17:予74位≫ 2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手 神崎 裕④29分39秒10≪18:予143位、箱8区12位、17:予133位≫ 舟津彰馬③28分35秒07≪18:予99位、箱1区12位、17:予14位≫ 三須健乃介②29分18秒94≪18:予110位≫ 畝 拓夢②29分35秒83≪18:箱5区10位、17:予33位≫ 1点:繋ぎの区間で耐えられる選手 苗村隆広④29分35秒18≪18:箱4区13位、17:予59位、16:箱8区17位≫ 冨原 拓③29分36秒88≪18:箱6区18位≫ 岩佐快斗③30分03秒95≪17:予75位≫ 加井虎造②29分08秒09≪18:予253位≫ 川崎新太郎②29分40秒05≪17:予126位≫ 矢野郁人②30分03秒48≪18:予95位≫ 0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数 関口康平④29分49秒31≪18:予169位≫ 岩原智昭②29分58秒15 上位10人合計:29点 (参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
・2本柱に続くものは その2本柱はともに4年生。まずは入学時から期待が高かった堀尾選手。2年時あたりから一気に伸び始め、3年時は華の2区で他校のエースと戦い抜いています。そして箱根予選での激走。終盤起伏があるコースで61分台は強いですね。頼もしいエースです。 もう1人の柱は、入学時には実績がなく、正式部員にもなれなかった中山選手。急速に主力になったのは3年時。前回の箱根は怪我さえなければ、華の2区を走っていたかもしれません。春に1万mで結果を出し、箱根予選は不調も、上尾ハーフで61分台、彼の2区も見たい。どちらが2区を走るでしょうか。 その柱と差が少しありましたが、箱根予選で63分台を出した選手が2名ますね。前回9区を任された2年池田選手が一気に浮上。トラックのタイムも上がっています。これに大物ルーキー三浦選手がしっかり距離対応。11月には”1万28分台未遂”もありました。いいデビューとしたいですね。 その他の選手は横一線ですが、面白そうなメンバーは揃っていますね。1500mで今季日本トップの3年舟津選手も少しずつ状態が上向いてきています。最近絶好調になってきた2年三須選手も楽しみ、前回8区で粘った4年神崎選手も堅実に推移しています。 さらに復調組も気になりますね。全日本予選棄権のあと、一時練習をストップしていた関口主将、箱根予選欠場していたロードタイプ4年苗村、2年畝選手の調子はどうだろうか。特に畝選手は前回山登りで粘っていましたし、間に合ったかどうか。 また、前回山下りの3年冨原選手もリベンジを狙っています。前回の予選で好走している2年岩佐・川崎選手も上がってきています。新戦力候補の矢野・岩原選手に、1万mのタイムは主力級の2年加井選手もどうか。調子があってくると面白いメンバーが揃っています。
スポンサーリンク
最終!区間エントリー予想
1区三浦拓朗① 2区堀尾謙介④ 3区池田勘汰② 4区中山 顕④ 5区畝 拓夢② 6区冨原 拓③ 7区舟津彰馬③ 8区神崎 裕④ 9区三須健乃介② 10区苗村隆広④
往路はアクシデントなければ、この5人かなぁ。 1区三浦選手…期待のルーキーをまずは1区で見てみたいですね。箱根予選でしっかり距離も対応し、走力もついてきているようで何よりです。将来のエース候補、まずはスターターの役割を果たしてほしい。 2区堀尾選手…2本柱の2区争いは、やはり堀尾選手かなぁ。箱根予選で序盤から突っ込んでいってしっかり61分台出しているということ。そして過去2度走っていることが大きいです。2区は経験が凄く大事な区間なので、変える必要がないなと思います。68分切りを目指したい。 3区池田選手…3区は秋になてメキメキ力を付けてきた池田選手。トラックも5000m14分00秒まであげてきてスピードがついてきていますね。13分台出せなかった悔しさも印象的。あえてスピード区間の3区で勝負してもらえたらと思います。 4区中山選手…もう一人の柱はこちらに登場させたい。こちらもアップダウンが多くあり、最後に上るタフな区間です。4年間かけて力を付けてきた中山選手に相応しい区間ではと感じています。もう一押し、中大の総合順位を引き上げてくれればと思います。 5区畝選手…長期離脱で箱根予選も出場していません。藤原監督は箱根を見据えて外したと言われていましたね。直前で記録会には登場して、1万29分台でした。じっくり仕上げていって、昨年にどこまで近づけるか。もし間に合わなかったら、前回8区の神崎選手でしょうか。いずれにせよ何とか総合一桁で。
スポンサーリンク
・復路は誰にする? さて、復路がどうなるか。選手層は決して厚くはないのですが、ここにきてスピードランナーやスタミナタイプの選手の調子はあがりつつあるのですよね。 藤原監督も復路は重視したいと。最近になってコメントされていましたが、どうやって乗り切っていくか。 6区冨原選手…ひとまず準備している一人ではあるはずです。前回は自信持って臨んだはずも区間18位とブレーキ。ここで往路の流れが切れてしまいました。間違いなくリベンジを狙っているはずです。60分前半以内でいけるかどうか。 7区舟津選手…ここから相当メンバーを入れ替えて悩みましたね。一時8区を予想していたのですが、他の選手との兼ね合いでこの区間に。素質は高い選手ですので、調子が合えば復路どこでも好走できるはず。ぐっとシード権へ向けて流れを手繰り寄せたい。 8区神崎選手…他の選手との兼ね合いというのは神崎選手のこと。前回は単独だった中区間13位と粘りの走りを見せていました。彼もこの区間からは外せないかなぁと。1年の積み上げで区間一桁を取りたい。 9区三須選手…ここは調子の良さだけで決めました。箱根予選出走してから徐々に調子を上げ、1万m29分10秒台を出すほどまで走力を付けました。何とか乗り切りたい。他に9区出走できる選手が出てきたら、7区で起用したい。 10区苗村選手…いろんな選手が頭に思い浮かびましたけどね。2年川崎・矢野選手や4年関口主将とか…。その中でも、もし走れれば苗村選手が走れるなら起用したいですかね。前回も4区で踏ん張っていますからね。ロードの素質は高いはず。シード権争いを制することができれば。  
  あとはどうでしょう。池田選手あたりが4区走れれば、2区堀尾3区中山選手と連続してエース起用&経験を生かせますし、かなり前の方にいけるのではないかと思いますがどうでしょうか。山が自信あるなら、これでもいいですがどうでしょうか。 箱根駅伝に出場できる地力が戻ってきたところ、しっかり調整ができれば、往路だけでなく復路にも流れができるかもしれません。古豪が95回記念大会で7年ぶりシード権獲得なるか注目です。
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ひろあき より:

    2、4区は管理人さんの予想と同じです。もう1回1区舟津でもいい気もします。ハイペースじゃない気がするのでラスト勝負になったら面白いと思います。三浦は3区で暴れてほしいです。池田君は復路7.9あたりで勝負してほしいかなと

  2. 自悠 より:

    藤原監督が復路は元気な2年生でと言っているので、池田は9区では?7,8区重視とも言っているので、7区池田、8区舟津もあり?でも、そうなると往路がひとり足りなくなりますね。
    やはり1区舟津または三浦、3区はその逆では。

  3. たけぽっぽ より:

    去年の箱根が終わってからどれだけチーム力が上がるか期待していました。堀尾、中山の主力、ルーキーの三浦選手の活躍がプラスだったものの、舟津選手が年間通して今一つだったこと(1500メートルを3分38秒で走っているだけに多くを求めることは酷ですが)と中堅層が予想以上に伸びてこなかったことが不安材料です。

    往路については、管理人さんのオーダーが理想だと思います。ただし、シード権争いに巻き込まれる可能性は高いので、復路で逃げ切るためには往路終了時点で11位の大学に最低3分のリードは欲しいところです。

    復路は6区のスタートがかなりのポイントになると考えています。簡単ではないですが、悪くても60分前後で攻略しないと、6区のスペシャリストを配置している大学にやられる可能性大。あとは7区舟津選手がどれだけシード権を確実なものにできるか。条件にもよりますが、65分前後で切り抜けて6、7区だけで去年よりも3分30秒縮められることができれば、7年ぶりのシード権もかなり現実的になってくると考えます。

  4. wataru-6519 より:

    舟津ー堀尾ー三浦ー中山ー畝
    富原ー池田ー三須ー苗村ー神崎
    山の二人はおそらく山籠もりで予選会欠場したので、去年よりはいいと思います
    あと、三浦は1区より3区、池田は復路向きだと思います。
    スターターはやはり、舟津だと思います。

  5. アリストテレス より:

    平地のWエースが強力な中央大学

    三浦-堀尾-池田-中山-畝
    三須-舟津-矢野-苗村-関口

    往路については管理人さんのオーダーが一番上位にいけるかなと思っています。復路についてですが6区に三須選手としました。どこかで三須選手6区ではないかという話があった気がするのでそれを鵜呑みする形ですが予想しました走力はあるので決まれば前回以上に走ることは可能です。7区は舟津選手でしょうか、箱根予選会の出来ならこの区間、往路いける状態なら1区です。ひとまず崩れることはないはずです。8区は予選会好走の矢野選手に、後半上げていく走りは8区向きかなと考えます。9区には苗村選手を前回4区でまとめましたしその時と同じ状態ならここでしっかり走ってくれるはずです。10区には準部員から雑草魂で主将にまでなった関口選手に締めてもらいます、この4年間の思いを込めて走り切ってくれればと思います。シード争いに渦中にいた場合も主将の意地に賭けますしここしかないと思います。

  6. りっく より:

    ダブルエースを如何に活かすかが重要になる大学です。現状2人とそれ以外の差が大きいので2人に区間賞争いをしてもらい残りのランナーは区間10位で走る。これでシードは取れないことはないと思います。それで1区がどのような展開になるのかがわかりませんが場合によってはここに中山選手を配置してしまうのも手ではあります。理由は三浦選手が集団走よりも単独走や追う展開の方が上手いイメージだからです。それならば現在ダブルエースの次に走力があるのは彼なので飛び抜けた後に前後にランナーが見える状態の方が彼の良さを生かせる気がしてます。復路は1区間でも区間15位以下が出てしまうとシードは遠いものになってしまいます。

    中山–堀尾–三浦–池田–畝
    富原–川崎–三須–矢野–苗村

    舟津選手はピークが合うか次第の起用じゃないですかね?

  7. 山本シイタ より:

    往路は豪華な布陣になりますね。
    予想ですが
    舟津→堀尾→三浦→中山→畝
    冨原→池田→神崎→三須→矢野
    としました。
    1区は舟津選手で問題ないと思います。昨年よりも引っ張る人がいない分楽になるかと。
    2区は経験も踏まえて堀尾選手。
    3区は1年生の三浦選手。比較的走りやすいコースでありますし、スピードが魅力なので。
    4区は中山選手。タフな区間ですし、ちょうどいいと思います。
    5区、6区は経験者と予想。
    7区は復路は元気な2年生発言により池田選手。というより池田選手はタフな区間が苦手だという情報があり7区にしか置けませんでした。
    8区は昨年から連続で神崎選手と予想。
    9区は好調の三須選手。調子によって極端に左右されるのが9区のイメージなので。
    10区はマラソンも検討してるという情報があるので矢野選手を予想しました

  8. 生麦ビール工場前 より:

    舟津選手のほどの実力なら、大会までに中距離から長距離への調整はできると思いますので、1区か8区で。矢野選手は予選会では学内5位ですが、20キロ以降のラップは堀尾選手を凌ぎ学内1位、是非シード争い終盤の9区か10区に起用してもらいたいです。