スポンサーリンク

第87回日本インカレ2018陸上【男子5000mエントリー&結果・記録】

シェアする

参照サイト:http://www.iuau.jp/ev2018/87ic/87ic.html

天皇賜盃第87回日本学生陸上競技対校選手権

2018年9月6日(木)~9日(日)の4日間行われます。

男子長距離4種目のうち、

男子5000mの結果を記録します。

スポンサーリンク

ページコンテンツ

男子5000m

タイムテーブル
9月8日(土)17時50分5000m決勝

ライブ配信
3日目:https://freshlive.tv/iuauj/231985

結果


動画:aoshin様

レース展開
日大・ワンブイ選手や青学・橋詰選手が引っ張るもののいきなりハイペースにはならない。3番4番には桜美・キサイヤ選手や東洋・山本選手がつける。1000m2分53秒通過後、キサイヤ選手が先頭に出てきてじわじわ縦長になる。ワンブイ、橋詰、山本、青学・吉田、第一・ギチア選手が続く。

2000mは5分36秒と一気にペースアップ。キサイヤ選手が飛ばしていく。ついていける選手は絞られていき、橋詰・ワンブイ・吉田・東海西川選手のみ。山本選手は遅れていった。2500m過ぎて2番手にワンブイ選手、さらに西田選手が浮上。、青学2人が遅れていった。6位集団は坂東選手ら。

3000mは8分20秒で通過。キサイヤ・ワンブイ・西川選手の3人、3秒差で吉田・橋詰、10秒差で石井・小野田・千明・小袖・グレ・坂東・ギチア選手。山本選手は後方となった。4000mは11分03秒。さらにペースアップしたキサイヤ選手が単独トップとなった。2位ワンブイ選手、3位西川選手もそれぞれ単独に。その西川選手に吉田選手が追い上げていく。

4400m地点、3位日本人トップ争いが熾烈になり、吉田選手が交わしていく。西川選手は5m差で耐えていく。5位集団は石井選手が抜け出していく。キサイヤ選手は残り1周、しっかりとした足取りで進んでいく。そしてそのまま2連覇&2冠へ!!2位ワンブイ選手が2種目とも2位へ。3位は青学・吉田選手が成長の3位となった。

https://twitter.com/EKIDEN_News/status/1038357697966403584

結果
1位レダマ キサイヤ(桜美林大③)13分49秒80
2位P.M.ワンブイ(日本大④)13分59秒45
3位吉田圭太(青山学院大②)14分08秒75
4位西川雄一朗(東海大③)14分12秒90
5位石井優樹(関西学院大③)14分14秒37
6位千明龍之佑(早稲田大①)14分20秒78
7位坂東悠汰(法政大④)14分21秒62
8位ローレンス グレ(札幌学院①)14分22秒58
9位小袖英人(明治大②)14分25秒94
10位橋詰太慧(青山学院大④)14分26秒28
11位小野田勇次(青山学院大④)14分27秒18
12位ジェフリ ギチア(第一工大④)14分30秒84
13位中谷雄飛(早稲田大①)14分39秒15
14位北村宙夢(日本文理大④)14分44秒19
15位福田裕大(金沢大④)14分45秒42
16位古川大晃(熊本大④)14分45秒54
17位森重恒太(山口大④)14分52秒33
18位物江雄利(駒澤大④)14分53秒33
19位山本修二(東洋大④)14分57秒84
20位中島怜利(東海大③)15分05秒59
21位小山直城(東京農業大④)15分06秒74
22位中川翔太(日本体育大③)15分12秒29
23位中島公平(城西大④)15分23秒32
24位川瀬翔矢(皇學館大②)15分38秒18
25位児玉勘太(愛知工業大④)15分49秒14
26位樋熊俊太(金沢工業大④)16分03秒46
27位音部広宣(札幌国際大①)16分23秒59

スポンサーリンク

★キサイヤ選手、誰も寄せ付けず2年連続優勝&今年2冠!ワンブイ選手も見事な安定感で2位キープ!

関東インカレに続き、2日前の日本インカレ10000mをも制し、ももう学生長距離界1強いランナーといっていい桜美林大・キサイヤ選手。入学時から強かったですが、昨年の日本インカレ5000mを制してから一気に名をあげたのですよね。

2年連続Vなるかというところでしたが、横綱レースでした!最初は3番手につけてエンジンを温めると、そこから満を持して引っ張り出し、1000mラップ2分45秒前後のハイペースを刻み、中盤過ぎには単独トップ、最後まで力感あるフォームを保ち優勝!お見事しか言いようがないです。次、箱根予選で昨年以上のタイムを残せるか注目です!

また、日大・ワンブイ選手もトップ選手が強すぎて優勝に手が届きませんが、彼もまた安定しています。10000mに続いて5000mも2位になっています。しっかりと結果を残し続けているのはさすがです。個々の戦いも箱根予選以降も見ていきたいです。

★三大駅伝未出場選手が3位4位!青学・吉田圭選手が見事表彰台!東海・西川選手も終盤まで健闘の4位!

さらに、3位4位が日本人ランナーとなりましたが、いずれも三大駅伝未出場の関東の選手でした。今回も3人とも出場した青学大は2年吉田圭選手が非常に調子よかったですね。上位3人が抜けた後、しっかりと4位をキープすると、残り1.5周で3位になります!そのままキープし見事表彰台!

これは出雲駅伝出場に一歩前進と言える成績ですね。短めの区間でこのスピードを生かせればと思います。もちろん、青学大の選手層なので入れるかどうかわかりませんが、メンバー争い勝ち取ってほしいです。なお、青学大はW吉田選手が日本人トップで表彰台です。

https://twitter.com/marippe618/status/1038377461946302464

また、4位西川選手は本当に果敢に攻めていきました。留学生2人が前に出ていったとき、唯一ついていったランナーです。残り1.5周で4位に落ちてしまいましたが、5位の選手の猛追はしのぎました。2年時関東IC入賞していますが、主要大会はそれ以来ですね。東海大は主力選手に不調選手がいますので、出雲重要な役割でのデビューあるかもです。

★チーム屈指のスピードエース!関西学院・石井選手が5位、法大・坂東選手が7位へ!

もう一人注目していたのは関西学院大・石井選手。昨年この種目で入賞してから一気に全国区の選手となり、今年の日本ICも日本人トップ候補の一人でした。10000mでは掴みかけた中、まさかの周回ミスに泣いて5位でした。連戦となった今回は、表彰台争いこそいきませんでしたが、5位集団をしっかり制し、4位の背中に迫りました。

また、法大・坂東選手もしっかり戦い切りましたね。関東インカレは悔しい結果となってしまいましたが、持ち前のスピード持久力は健在でした。大学最後のインカレで入賞できたのは良かったなと思います。

★出雲主要区間デビューか!?1年生早大・千明選手が6位、札幌学院・グレ選手が8位!

さて、1年生が2人入賞ラインに食い込んだのですよね。まず、6位に早大・千明選手が入りました。入学時からまずまず順調にレースを消化していた感じに見えましたが、夏もしっかりと練習を積んで来ていますね。いきなり主要区間もあるかな?スーパールーキー言われた中谷選手も一時期よりは上がっています。全日本あたりから本格参戦なればと思います。

また、出雲駅伝と全日本大学駅伝に返り咲いた札幌学院大からグレ選手が見事に8位に入りました。札幌山の手高校時代から、北海道の地にいましたが、北海道の長距離をこのまま引っ張ってくれればいいですよね。

■長距離3種目終了時合計得点■
1位桜美林16点、2位日大14点、3位東海大13点、4位青学大12点、5位早大8点
5位関西学院8点、7位筑波大7点、8位中央大6点、9位立命館5点、10位鹿屋体育4点
10位国士大4点、13位帝京大3点、14位日体大2点、14位北海道大2点、14位法政大2点、17位順大1点、17位札幌学院1点

スポンサーリンク

フォローする